熊本の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 大観峰で阿蘇の絶景を満喫!グルメ&スポットも
PR
九州の温泉宿・ホテルの宿泊予約は「たびらい九州」でどうぞ

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

大観峰で阿蘇の絶景を満喫!グルメ&スポットも

  阿蘇・大観峰からは、阿蘇五岳からくじゅう連山までが一望できる。阿蘇エリア屈指の絶景スポットの魅力に迫る。

雄大な阿蘇五岳の風景が目の前に広がる展望台

  標高936メートル、阿蘇北外輪山の最高峰に位置する天然の展望台「大観峰(だいかんぼう)」。阿蘇五岳を一望でき、広大なカルデラ盆地や大分県のくじゅう連山まで、360度の大パノラマが楽しめる阿蘇随一のビュースポットだ。

古くは遠見ヶ鼻と呼ばれていたが、明治から昭和初期にかけて活躍した熊本県出身のジャーナリスト・徳富蘇峰が大正11年(1922)、この地を訪れた際にその雄大な眺めに感動し、「大観峰」と命名。現在は、休日や連休はもちろん平日でも、全国から多くの観光客が訪れるスポットとなっている。

取材/熊本の編集プロダクション「ポルト」


◆その他のおすすめ熊本観光情報
熊本観光のおすすめ情報8選
阿蘇観光のおすすめ情報5選

小野秀一さん
(おの ひでかず)
小野 秀一さん

大観峰の達人
  大観峰入口にある人気の土産物&食事スポット「大観峰茶店」を運営する大観峯観光株式会社の代表取締役。生まれも育ちも阿蘇市内。現在61歳。仕事の関係で一時阿蘇を離れていたが、戻ってきてからは大観峰に登らない日がほとんどないという生活を送っている。阿蘇地区にイチゴ栽培を広めた立役者の1人としても知られる。

達人が語る 大観峰の楽しみ方

大観峰から眺める北外輪山の様子

  悩み事がある人は、大観峰を訪れるといい。ここから壮大な阿蘇の風景を眺めていると、悩みなど吹っ飛ぶような気がするからだ。昭和9年(1934)、熊本県と大分県にまたがる広大なエリアが、阿蘇くじゅう国立公園に指定された。以来、大観峰は阿蘇を代表する絶景スポットとして、多くの観光客が訪れている。その数は年間120〜130万人。大観峰茶店の駐車場には、全国から訪れる観光客が乗ってくる車やバイクでいつも賑わっている。

見どころはもちろん、阿蘇山の風景だ。世界最大級の大カルデラの中央には、阿蘇五岳が連なる。展望台から見て、向かって最も左が根子岳、そして高岳、中岳、烏帽子岳、杵島岳と続く。最高峰は高岳で1592メートル。その他の山も1400メートル級の高さを誇る。

五岳を基準にして北側が阿蘇谷である。阿蘇谷方面から眺める五岳は、お釈迦様が寝ている姿、つまり涅槃像に似ているため、阿蘇涅槃像とも呼ばれる。いろいろな場所から見ることができるが、中でも、ここ大観峰からの眺めは格別だ。山頂がギザギザしている根子岳がお釈迦様の顔。高岳は胸。中岳はヘソ。そして、烏帽子岳と杵島岳はヒザの部分に当たる。大観峰の展望台に立つと、五岳まで何も遮るものがない。まさに特等席だ。訪れた人からは、「国内ではなかなかお目にかかれない風景」と絶賛する声も聞く。

阿蘇五岳は年間を通じて眺めることができるが、おすすめは6~7月の雨上がり。空気も澄み渡り、阿蘇の風景がことのほかクリアになる。ちょうど緑の草原が生き生きとし始める時期であり、太陽の日差しに輝く緑の山と大地は、一見の価値がある。

雲海と360度の大パノラマは必見

神秘的な阿蘇の雲海。11月がベストシーズン

  運が良ければ、早朝の大観峰で阿蘇の雲海を見ることができるだろう。カルデラ盆地を埋め尽くす雲海は、神秘的かつ幽玄。発生する条件はいくつかあるが、日中の寒暖差が大きく、風がおだやかな日とおぼえておいてほしい。おすすめの季節は春と秋。とくに11月はベストシーズンだ。また、前日の夕方に雨が降った翌日は狙い目である。

雲海には2種類あり、阿蘇五岳の麓の低い位置に沿って、直線的にかかるもの。もう一つは、もこもこと柔らかそうな雲が五岳の中腹までかかるもの。個人的には、後者がおすすめ。とくに上空に雲のない日、ふわふわとした雲海に浮かぶ五岳の姿は、まるで水墨画のよう。ハイシーズンでも条件によっては発生しない日もあるが、代わりに美しい日の出を楽しめるので、決して早起きは損にはならない。

大観峰の魅力はそれだけではない。阿蘇を正面と考えると、後方には見渡す限りの草原が広がる。その先には大分県のくじゅう連山も見える。そんな360度大パノラマの風景をゆっくりと楽しんでほしい。

訪れる時間帯は基本的に何時でもよいが、より絶景を楽しみたいなら、朝夕がよい。朝は阿蘇五岳にのぼる日の出を。夕方はオレンジ色をしたまん丸の夕日を見ることができる。夕日は、空気のきれいな11月ごろが一番の見頃となる。

大観峰観光の所要時間は約1時間が目安

展望台の背後には見渡す限りの草原が広がる

  大観峰での滞在時間は、最低1時間を予定しておいてほしい。まずは大観峰茶店の駐車場に車やバイクを停め、展望台方面へ徒歩で向かう。7分ほどもすると大観峰の石碑に到着。至る所にベンチが設置してあるので、ゆっくり座って風景を眺めるも良し、歩き回りながら、さまざまな角度で阿蘇の風景を楽しむも良し。

茶店には名物のジャージー牛乳ソフトクリームやフランクフルトもあるので、出発前に購入し、食べながら散策する人も多い。ただし、大観峰は阿蘇の自然が生み出した天然の展望台。ゴミを捨てたり、タバコのポイ捨てをしたりするのは厳禁だ。自然を守る意識を忘れずに、ここからの絶景を楽しんでほしい。

温ぱらユーザーが選んだ宿TOP20 ユーザー満足度ランキング

達人おすすめの大観峰周辺グルメ&スポット

「大観峰茶店」売れ筋グルメランキング

  毎日多くの観光客が訪れる大観峰茶店。店頭には、阿蘇産の素材を使ったグルメが勢ぞろい。その中で売れ筋の商品を紹介する。

  • 甘さ控えめの「ジャージー牛乳ソフト」。濃厚な風味を堪能できる
  • 脂身の少ない阿蘇のあか牛はとってもヘルシー!
  • パリッとした皮の食感、あふれる肉汁の「フランクフルト」
おすすめポイント
  昭和30年代(1655~1964)に阿蘇の小国に導入されたジャージー牛は、その自然な甘みや豊富な栄養素で今や、阿蘇を代表する名物の一つに。そんなジャージー牛乳の素材の良さを損なわずに作り上げたソフトクリームは子どもから大人まで人気を集めている。季節限定で登場する、あか牛の串焼きと馬肉の串焼きも要チェック。

「大観峰茶店」人気土産ランキング

  せっかく旅行で阿蘇に訪れたなら、阿蘇ならではの土産品を購入したいもの。そこで、大観峰茶店で人気を集める商品ベスト3を紹介。

  • ゴマ風味やカラシ風味など、種類も多彩にそろう
  • ジャージー牛乳100%のホワイトチョコレートが絶品!
  • 「大観峰茶店」の売店コーナーに並ぶくまモングッズの数々
おすすめポイント
  阿蘇特産の高菜漬けをはじめ、ジャージー牛乳クッキーやくまモングッズなど、持ち帰りやすい商品が人気。特にここ数年は、熊本県のイメージキャラクターとして知られるくまモングッズの売り上げが上昇。他にも原材料にこだわったハムやソーセージなども好評だ。

大観峰近くのパワースポット

  訪れただけで元気が出るパワースポット。大観峰の近くには、阿蘇の大地のパワーがみなぎるスポットが点在している。

  • 大草原の中に突然、巨大な岩が現れる
  • まるでシルクのカーテンのように美しい「鍋ヶ滝」
おすすめポイント
  ここ数年、お店に問い合わせが多いのが、阿蘇のパワースポット。特に草原に不思議な巨石が並ぶ押戸石は大観峰に近いので、一緒にまわっている観光客が多いようだ。そのほか、2000年の歴史を持つ阿蘇神社や、絹糸のような水が流れ落ちる鍋ヶ滝などが人気を集めている。

九州の宿探しなら「宿くらべ」

  • 湯布院で露天風呂が自慢の温泉旅館6選
  • 別府で泉質が自慢の温泉旅館5選
  • 指宿で食事が自慢の温泉旅館5選
編集部の視点
  たびらいの「推し宿予約」は、九州の宿泊予約プランが満載。実際に見て、泊まって調査!九州のいい宿研究会が厳選した九州の宿を目的別にご紹介。

⇒九州の推し宿予約はこちら

温ぱらユーザーが選んだ宿TOP20 ユーザー満足度ランキング

大観峰への交通アクセス

車(レンタカー)で

  熊本空港から国道57号経由で約38キロ、約1時間。
熊本駅から国道57号経由で約50キロ、約1時間20分。

※大観峰茶店に駐車場140台あり(無料)

バスで

  豊肥本線阿蘇駅から、阿蘇周遊観光バス「だいかんボーイ 」運行中

施設情報

  【住所】熊本県阿蘇市端辺山田2090-8
【電話番号】0967-32-3856
【営業時間】月~金曜は8時~17時、土・日曜は8時~18時
【定休日】なし
【備考】大観峰茶店の公式ページ(http://www.asodaikanbou.com/index.html)

達人が答える大観峰のQ&A

Q 大観峰茶店では食事もできるの?
A 大観峰茶店には、阿蘇ならではの食材を使った料理を味わえる食事処もある。おすすめは、たかな飯やだご汁がセットになった大観峰定食1300円。そのほか、あか牛肉がたっぷりの、あか牛牛丼600円は、ツーリングで訪れるライダーたちに人気。
Q 大観峰は入場料が必要?
A 展望台に入るのも、駐車場に車やバイクを停めるのも無料になっているのでご安心を。
Q 雲海を見に行く時に気をつけることは?
A 阿蘇の雲海がハイシーズンを迎える頃は、大観峰付近の気温はとても低くなる。11月の最低気温は0℃前後になる。そのため、大観峰に訪れる際は必ず、防寒着を忘れないようにしてほしい。
Q 大観峰付近で見られる山野草は?
A 周囲に大草原が広がる大観峰では、年間を通じてさまざまな山野草を見れるが、特に夏場は、鮮やかな黄色の花が咲くユウスゲや、幻の花といわれるヒゴタイのほか、ツリガネソウやアソノコギリソウなど、可憐で美しい花々と出合える。ススキが黄金色に輝く秋に訪れるのもおすすめしたい。
阿蘇の温泉宿を探す、予約する。

九州専門の宿泊予約サイト「温泉ぱらだいす九州」

  たびらいのパートナーサイト「温泉ぱらだいす九州」は、九州の宿泊予約プランが満載。九州の温泉宿を知り尽くした現地スタッフが選りすぐりの情報を紹介している。

また、もし希望の宿が満室表示されていた場合に、温泉ぱらだいすのスタッフが宿に直接交渉をしてくれるリクエストサービスも魅力。

九州専門の宿泊予約サイト「温泉ぱらだいす九州」
⇒阿蘇の温泉宿はこちらで検索

温ぱらユーザーが選んだ宿TOP20 ユーザー満足度ランキング

いざないの一枚

その他にも、九州のおすすめ観光情報を紹介。

あなたの気になる記事は?

九州の各県を味わうグルメ

久留米ラーメン とんこつラーメン発祥の味

福岡・久留米ラーメン

旦過市場 昭和レトロに誘われて

福岡・旦過市場

博多の水炊き。人気の郷土料理を味わう

福岡・博多の水炊き

呼子で朝市やイカの活きづくりを楽しむ

佐賀・呼子

人吉・球磨のグルメ旅 自然が育んだ食文化

熊本・人吉球磨

門司港グルメ レトロな港町で焼きカレーを

福岡・門司港

熊本・阿蘇グルメ 新旧うまかもん対決

熊本・阿蘇グルメ

長崎ちゃんぽん 発祥からおすすめ情報まで

長崎ちゃんぽん

宮崎グルメ旅 地元の食材を存分に味わう

宮崎グルメ

黒糖焼酎 奄美群島だけで造られる稀有な酒

鹿児島・黒糖焼酎

九州を歴史散策・文化探訪

福岡・秋月 筑前の小京都、秋月城下を散策

福岡・秋月

太宰府天満宮 深く知ると観光も楽しさ倍増

福岡・太宰府天満宮

博多座で、はじめての歌舞伎見物

福岡・博多座

産業都市北九州で、工場見学を楽しもう

福岡・北九州

軍艦島 タイムカプセルとなった廃墟の島

長崎・軍艦島

吉野ヶ里遺跡で邪馬台国ロマンを体感

佐賀・吉野ヶ里遺跡

三角西港で不思議発見。世界遺産登録が決定

熊本・三角西港

熊本・水前寺公園。湧水あふれる庭園を歩く

熊本・水前寺公園

熊本城 日本三名城に選ばれる魅力とは

熊本城

宮崎・青島 鬼の洗濯板に囲まれた聖なる島

宮崎・青島

九州の絶景を堪能する

稲佐山から眺める長崎1000万ドルの夜景

長崎・稲佐山

加計呂麻島の楽しみ方

鹿児島・加計呂麻島

屋久島トレッキングで縄文杉に会う

鹿児島・屋久島

糸島観光でスローバケーションを

福岡・糸島

福岡タワー 海と街を一望する人気スポット

福岡・福岡タワー

宮崎・青島 鬼の洗濯板に囲まれた聖なる島

宮崎・青島

加計呂麻島の楽しみ方

鹿児島・加計呂麻島

大観峰で阿蘇の絶景を満喫

熊本・大観峰

冬の風物詩・長崎ランタンフェスティバル

長崎・新地中華街

佐賀バルーンフェスタ 大空を彩る熱気球

佐賀・嘉瀬川

九州の温泉や名所でのんびりと

糸島観光でスローバケーションを

福岡・糸島

わいた温泉 涌蓋山を望む絶景の温泉郷

熊本・わいた温泉

嬉野温泉 日本三大美肌の湯の楽しみ方

佐賀・嬉野温泉

ハウステンボス 長崎代表のおすすめ観光地

長崎・ハウステンボス

水郷柳川で舟遊び。お堀めぐりを楽しむ

福岡・柳川

熊本・水前寺公園。湧水あふれる庭園を歩く

熊本・水前寺公園

湯布院 全国屈指の温泉観光地へ

大分・湯布院温泉

黒川温泉 湯めぐり温泉と多彩な露天

熊本・黒川温泉

長湯温泉・日本一と名高い炭酸泉を堪能する

大分・長湯温泉

杖立温泉 “九州の奥座敷”で風情に浸る

熊本+大分・杖立温泉

その他の達人指南を見る

噴煙たなびく中岳火口は迫力満点

阿蘇観光で雄大な自然と出合う旅
圧倒的スケールの大自然が広がる阿蘇。世界有数のカルデラ台地には、地球の鼓動を感じる出合いが待っている。

地獄温泉の代名詞、清風荘「すずめの湯」(現在は休業中)

阿蘇温泉 南阿蘇・中阿蘇・小国へ訪れる
雄大な阿蘇火山の周辺には、良質な温泉があちこちから湧いている。絶景露天風呂から秘湯まで、阿蘇温泉のおすすめ情報を紹介。

全国からも取材が殺到する「いまきん食堂」の「あか牛丼」

熊本・阿蘇グルメ 新旧うまかもん対決
鎌倉時代から受け継がれている郷土料理から、最新のご当地グルメまで。阿蘇の大自然が生んだ味覚を余すことなく紹介する。

昭和の風情あふれる杖立温泉街

杖立温泉 “九州の奥座敷”で風情に浸る
豊かな自然に囲まれ、“九州の奥座敷”とも呼ばれる杖立温泉(つえたておんせん)。開湯は約1800年前と伝えられ、古くから湯治場として栄えてきた名湯。あちこちから白・・・

黒川温泉は「入湯手形」を使った湯めぐりができることで知られる

黒川温泉 山間の湯めぐりと多彩な露天
阿蘇山と、くじゅう連山の間に広がる大自然の中に、ひっそりとある黒川温泉。多彩な露天風呂や情緒あふれる湯宿がひしめくこの温泉地には、全国から癒やしを求める旅人が訪・・・

人吉グルメの一つ、鰻の蒲焼き(上村うなぎ屋)

人吉・球磨グルメ 自然が育む食文化
日本三大急流の球磨川が流れ、九州の小京都とも呼ばれる人吉・球磨。盆地という独特の土地条件が生んだ食文化は実にユニークだ。

レトロな雰囲気が漂う人吉の老舗公営温泉、「堤温泉」

人吉観光 昭和が香る“町湯”の城下町へ
山間の自然に恵まれ、日本三大急流の一つである球磨川(くまがわ)が望める熊本の城下町・人吉。古くから熊本の南の玄関口とも呼ばれ、“九州の小京都”という異名を持つ。・・・

宿泊も日帰り利用もできる「すやま温泉」

平山温泉 “奥座敷”のとろり美肌の湯
まるで美容液のようにとろりとした湯が近年注目を集め、一躍人気の温泉地となった平山温泉。その歴史は古く、起源は8世紀の延暦年間といわれる。静かな山あいに湧く“美肌・・・

古い町屋の風景が残る新町の一角で、代々続く「森からし蓮根」

“新町と古町” 熊本の城下町を巡る
熊本駅と熊本城の間に広がる新町と古町。今から約400年前に熊本城が築城された際に造られた城下町だ。熊本ならではの伝統工芸や食を伝える店が軒を連ねる、風情あふれる・・・