1. たびらい
  2. 観光情報
  3. 長崎観光情報
  4. グラバー園で 探検&グルメでタイムスリップ
グラバー園

グラバー園で
6つのミステリー探検を

更新:2018年04月17日

グラバー園は、長崎を代表する観光スポット。平成27年(2015)には世界遺産に認定されました。 洋館ファンのみならず、だれもが楽しめるミステリースポットを散策。高台から望む、気持ちのよい ティータイムにでかけましょう。

[たびらいセレクション]

グラバー園

グラバー園で
ミステリー探検

ハートストーン
グラバー園内には、ハートストーンが2つあります。
「ふれると恋が叶う」という
恋を成就させたいというカップルにもおすすめ。
ソテツ
グラバー邸にそびえ立つ存在感のある大樹は、樹齢300歳のソテツ。
こま犬
薩英戦争の終戦の仲立ちをしたり、
軍艦の建造に尽くしたりしたグラバーに、薩摩藩主が贈ったもの。
国内最大級のソテツと言われています。
麒麟
龍と馬が組み合わさった麒麟(きりん)は、
中国の伝説上の生き物で、幸運の象徴。
グラバーは、ビール会社を発足させ、
このこま犬をモデルにラベルを作ったとか。
鏡
まったく姿が見えません!
この鏡、部屋を明るくするためだけに設置されたものです。
部屋
グラバーの妻・ツルが使っていた夫人部屋の廊下の天井には、
窓のない隠し部屋が。
龍馬 をはじめとした幕末の志士たちが出入りし、
密談を重ねていたのでしょうか。
コンニャクレンガ
台所の床に使われているコンニャクのレンガ。
コンニャクのように薄い形をしているから名前がつきました。
現存する、日本最古の木造洋館建築として知られるグラバー園。園内には、変わった形の敷石や 巨大な木、奇妙な鏡など、“不思議なもの”がいたるところにあります。どこにあるのか探しながら 散策してみて。グラバーは巨大な鏡をどうやって使ったの?隠し部屋に龍馬も入ったの?など、 調べればもっと深くグラバー園を知ることができますよ。

[たびらいセレクション]

喫茶室&ガーデンカフェ

グラバー園でタイムスリップ
喫茶室&ガーデンカフェ

自由亭喫茶室

自由亭喫茶室
グラバー園内にある自由亭喫茶室。レトロな雰囲気が漂っていて、優雅なひとときへと誘われているよう。
コーヒーとコーヒーゼリー
24時間かけて抽出する、ダッチコーヒーを使った
「自家製コーヒーゼリー」(700円/税込)。
ほろ苦いコーヒーゼリーに、生クリームとバニラアイスがたっぷり。

オープンカフェ

カフェ
オープンカフェエリアは、花と緑に囲まれた開放的な空間。長崎港を一望しながら、軽食が楽しめますよ。
サイダー
BANZAI サイダー(400円/税込)は、
明治時代に発売された、サイダーの復刻版。
上品な大人のサイダーとして、土産物にも人気です。
ソフトクリーム
クレミアソフトクリーム(500円/税込)は、濃厚でコクのある逸品。
生クリーム25%のクリームをラングドシャというクッキーで包んでいます。
自由亭喫茶室は江戸時代の終わり頃、日本人シェフによる初の西洋料理としてオープン。当時は長崎一のレストランとして多くの要人たちが足を運んだそう。邸宅内に入ると、文明開化の日本を 追体験できます。オープンカフェでは、グラバー園オリジナルの「そのぎ茶」や「そのぎ茶ラテ」も味わえますよ。

■自由亭喫茶室

【メニュー例】自由亭オリジナルブレンドコーヒー500円、自家製コーヒーゼリー 700円
【営業時間】9時~17時30分(os17時)※季節によって変動あり
【定休日】無休
【駐車場】なし

■オープンカフェ

【メニュー例】BANZAI サイダー400円、クレミアソフトクリーム500円
【営業時間】9時~17時30分(os17時)※季節によって変動あり
【定休日】無休
【駐車場】なし
もっと見る

[たびらいセレクション]

リンガー住宅

グラバー邸だけじゃない
現存する2邸も巡って

リンガー住宅内部
グラバー商会に勤め、ホーム・リンガー商会を設立したフレデリック・リンガーの旧邸。日本には例の少ない、石造りの洋風住宅。重厚な中に優美さが漂っています。
リンガー住宅 食器
極東一豪華なホテルとうたわれた、ナガサキホテルで使用された
カトラリー(ナイフ、フォーク、スプ ーン)。
見ているだけでうっとり。
オルト住宅
モッコウバラが咲き乱れる洋館「旧オルト住宅」。大浦天主堂を手掛けた小山秀之進が建築しました。
オルト住宅庭
石造りの円柱が並ぶ、ベランダの中央には
切妻(きりづま)屋根のポーチがあり、
庭の噴水は日本最古といわれています。

Lovefesラブフェス 秋の夜空の大花火大会

Lovefesラブフェス 秋の夜空の大花火大会
「Lovefesラブフェス 秋の夜空の大花火大会」で、昼は音楽ライブ、夜は花火と一度で二度楽しんで。

グラバー園 光の庭園

グラバー園 光の庭園
クリスマスイルミネーション「グラバー園 光の庭園」。美しい光に包まれ、デートスポットとして人気です。
グラバー園は、イギリス人商人グラバー、リンガー、オルトの旧邸があった敷地内に、長崎の歴史的建造物などが移築されています。4月にはサクラやツツジ、5月にはバラ、6月にはアジサイといった花々を、季節ごとに見ることができるフォトスポット。夏には夜景が楽しめる「グラバーナイト」も。期間中は開園時間が延長され、洋館建築のライトアップや音楽ライブ、ビアガーデンなど夜のグラバー園が満喫できますよ。
もっと見る

[たびらいセレクション]

ローカル案内役
藤田 秀樹(たびらい編集部)

福岡県出身。九州内の食べ歩きスポットを探し続ける編集スタッフ。カメラ片手に友人・知人を巻き込んで観光スポットにも出没。

    

今、この宿、見られてます

最新情報はこちらからチェック!

旬な観光情報を現地からお届け