1. 球磨川下り 日本三大急流を木船で体感

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

球磨川下り 日本三大急流を木船で体感

  最上川、富士川と並ぶ日本三大急流の一つ、球磨川(くまがわ)。そんな九州きっての急流を木船で下るアクティビティが「球磨川下り」だ。間近に迫る巨岩や大小の荒波を、船頭が巧みな舵さばきですり抜けていく川下りは、人吉球磨を代表する体験メニューでもある。

球磨川下りの木船からは、人吉の美しい自然が味わえる

  船上から人吉の豊かな自然を満喫できる「球磨川下り」は、100年以上の昔から球磨川で楽しまれてきた。15人ほどが乗れる木船を操るのは、船の先頭にいる“船頭”と、船の後ろで舵を握る“ともはり”の2人。人力だけで、エンジンなどの動力はない。たった2人の巧みな舵さばきで船が進む球磨川下りの、魅力と楽しみ方を教わった。

取材/熊本の編集プロダクション「ポルト」、平成27年(2015)9月


◆その他のおすすめ熊本観光情報
熊本観光のおすすめ情報8選

[たびらいセレクション]

井上幸生さん
(いのうえ ゆきお)
井上 幸生さん

球磨川下りの達人
  熊本県球磨郡あさぎり町出身。くま川下り株式会社の代表取締役社長。大阪で就職後、地元のホテルや旅館などの支配人を経て、現職に就任。球磨川を熟知するスペシャリストでもある船頭の育成に尽力している。「球磨川下りは貴重な文化遺産。国内はもちろん、世界中の方々に楽しんでほしい」と語る。

100年以上の歴史を持つ球磨川下り

与謝野鉄幹・晶子夫妻も球磨川下りを楽しんだという

  人吉盆地や八代平野を経由して八代海(不知火海)に注ぐ球磨川は、日本三大急流の一つとしても知られる。そんな急流を人力の木船で下る「球磨川下り」は、豪快でスリリングなアクティビティだ。

球磨川下りの歴史は古く、生まれたのは今から100年以上前といわれる。球磨川は昔から物資輸送の手段として利用されてきたのだが、明治42年(1909)に門司-人吉-鹿児島間に鉄道が全線開業すると、物資輸送の中心は船から鉄道へと変わっていってしまった。

そこで、交通手段の移行に伴って使われなくなった船を活用しようと、老舗旅館が考案したのが球磨川下りだったのだという。かの与謝野鉄幹・晶子夫妻も、人吉を訪れた際に球磨川下りを楽しみ、球磨川についての句を詠んでいる。

船を操る“船頭”と“ともはり”の熟練の技術

川岸から見る球磨川下りの木船は、人吉ならではの光景だ

  球磨川下りの木船には、エンジンなどの動力装置は一切ない。“船頭”と“ともはり”の2人が、船の前後に立って船を操るだけだ。船頭は川の流れを読みながら進行方向に舵を取り、ともはりは木製の長い艪(ろ)をこぐ。一見すると簡単に動かしているように見えるのだが、どちらの役目にも熟練の技術が必要で、経験を積まなければ務めることはできない。

ともはりがこぐ艪は、てこの原理で動いている。この艪には1センチにも満たない穴が開いており、それを船にある突起部分とかみ合わせて、極力少ない力で艪を動かす。時には球磨川下りの最中に、高い波や巨岩に艪がぶつかって外れ、ともはりが川に飛び込んで取りに行くこともある。

球磨川下りの船頭になるためには、ともはりとして10年以上の修業を積まなければならない。船頭は水位や水の流れ、岩の場所、支流の水量などを確認しながら、瞬時の判断で進路を決める。風の強さも船の進行に大きな影響を与える要素だという。

船頭たちは川面を見て風が来る予兆が分かるため、風の向きや強さによって船の進路を変える。そのため時には危険を予測して、川下りの途中で船を止めることもある。こうした船頭の的確な状況判断によって、船と乗客の安全が守られているのだ。

球磨川下りの船上から眺める自然も見どころ

球磨川の両岸に広がる雄大な自然を水上から眺められる

  球磨川下りの船上からは、球磨川沿いの雄大な自然を眺めることができる。季節ごとに表情が変わる山々や、切り立った断崖を水上から見る景色は、まさに山水画のようだ。また、球磨川の水は透明度が高いので、水をのぞき込むとアユが泳ぐ姿を目にできることも。船上で聞こえるのは、“チャプッ、チャプッ”という艪をこぐ音と、波や風、野鳥のさえずりだけだ。

「これだけ自然の情緒を楽しめる乗り物は他にないと、皆さん感激されますよ」(井上さん)

ちなみに球磨川下りでは、飲食物の持ち込みは自由。船上で名物の鮎弁当を味わうもよし、地元の球磨焼酎を楽しむもよし。ただし、コースによっては船が大きく揺れることもあるので、こぼしたり落としたりしないように注意が必要だ。

人吉城跡や街並みを眺められるミドルコースがおすすめ

春は球磨川に沿うように人吉城跡の石垣に桜が咲く

  4種類ある球磨川下りのコースの中でも、達人・井上さんのおすすめは「ミドルコース」。JR人吉駅から歩いて20分ほどの場所にある人吉発船場から出発し、約50分で温泉町へと向かうコースだ。鎌倉時代から幕末まで、およそ700年間にわたって人吉・球磨地方を統治した相良氏の居城跡である「人吉城跡」をはじめ、人吉の街並みを球磨川に浮かぶ船上から眺めることができる。おすすめの時期は春で、人吉城跡の石垣に桜が咲き誇るさまは風物詩となっている。

他にも「ショートコース」(30分)や「激流コース」(45分)、貸し切り船の「ロングコース」(2時間~2時間30分)と合計4種類の球磨川下りコースがある。激流コースとロングコースは4月~10月のみの運行だが、ミドルコースとショートコースは年間を通して楽しめる。

特に冬季(12月~2月)に登場するミドルコースのこたつ船バージョンは、木船に設置されたこたつに入りながらの川下りが体験できる。少々冷え込みはするが、夏場とは違った風情を味わえるので、ぜひ挑戦してほしい。

[たびらいセレクション]

球磨川下りとあわせておすすめ! 人吉・球磨の観光スポット

人吉・球磨の歴史を感じられる神社や仏閣

  約700年にわたって相良氏が統治していた人吉には、国宝に指定された青井阿蘇神社をはじめ、由緒正しい神社や仏閣が点在している。球磨川下りとあわせて巡ってみよう。

  • 非業の死を遂げた女性の幽霊が出たとされる「永国寺」
  • 歴代藩主の夫人や親戚のものを含めると、墓の数は200を超える
  • 県道304号沿いにあり、裏手に球磨川が流れる「柴立姫神社」
おすすめポイント
  別名“幽霊寺”とも呼ばれる「永国寺」には、幽霊が描かれた掛け軸があり、年に一度の「幽霊祭り」で公開される(レプリカはいつでも見学可能)。「願成寺」は人吉を治めた相良氏の氏寺として創建された。球磨村の「柴立姫神社」は、婦人病や子宝、安産祈願に訪れる人が多い、知る人ぞ知る神社だ。球磨川沿いにあるので、球磨川下りの途中で船上から見ることもできる。

球磨川を望む眺望抜群の温泉宿

  球磨川下りを目的に人吉を訪れた際には、球磨川を望むロケーションの良い温泉宿に泊まってほしい。清流を眺めながら、良質の温泉や地元ならではの食材を使用した料理を味わおう。

  • 歴史ある浴槽と泉質を堪能できる「翠嵐楼」
  • 球磨川に面した「清流山水花 あゆの里」の露天風呂付き和洋室
  • 「鍋屋本館」の大浴場にある御影石の浴槽
おすすめポイント
  北原白秋や斎藤茂吉などの文豪にも愛されてきたのが、客室から悠然と流れる球磨川を眺められる「翠嵐楼」。「清流山水花 あゆの里」と「鍋屋別館」は球磨川の河畔にあり、人吉城跡が望める。抜群の眺望とともに人吉の山・川の幸も堪能できる。時間があれば、球磨川の河畔や城下町を散策してみよう。

人吉でおすすめの土産物ランキング

  人吉ならではの土産を厳選。銘菓から郷土玩具まで、個性あふれる品ばかりだ。

  • 一口サイズで食べやすい「焼酎もなか」
  • 丸く大きな目がどこか愛らしい郷土玩具「きじ馬」
  • 温もりのある木目に、鮮やかな椿柄が映える「花手箱」
おすすめポイント
  銘菓「焼酎もなか」は、球磨焼酎のボトルを形どったもなかに、焼酎を練り込んだあんが入っている。アルコール分は残っていないので、アルコールが苦手な人でも楽しめる。「きじ馬」と飾り箱の「花手箱」は、人吉・球磨に伝わる郷土玩具。木の温もりを感じられる素朴さと鮮やかな絵柄が特徴だ。

熊本旅行をもっと楽しく。お得な旅行情報

編集部の視点
  熊本の旅をもっと楽しく充実させられるように、温泉宿やレンタカー、パッケージツアーの予約情報を厳選して紹介。お得に賢く熊本を旅するヒントがたっぷり詰まっているので、自分好みのプランがきっと見つかるはず。

たびらいの推し宿予約には、球磨川下りと合わせて予約できる宿泊プランが満載。九州の温泉を熟知したスタッフが、おすすめを紹介している。
⇒熊本の宿はこちらで検索

球磨川下りの交通アクセス・施設情報

車(レンタカー)で

  人吉発船場:九州自動車道・人吉インターチェンジから県道54号経由2キロ、約5分/肥薩線JR人吉駅から国道445号経由1.5キロ、約5分。

電車(JR)で

  人吉発船場:肥薩線JR人吉駅から徒歩約20分。

球磨川下りの施設情報

  くま川下り株式会社
【住所】熊本県人吉市下新町333-1
【電話番号(問い合わせ)】0966-22-5555
【営業時間】8時~18時
【定休日】なし
【料金】
・ショートコース(30分)
 大人2160円、子供1404円、幼児648円、貸し切り3万2400円(定員12名)
・ミドルコース(50分)
 大人2700円、子供1782円、幼児648円、貸し切り4万500円(定員12名)
・激流コース(4月~10月/45分)
 大人3240円、子供2160円、幼児648円、貸し切り4万8600円(定員12名)
・ロングコース(4月~10月/2時間~2時間30分)
 貸し切り6万4800円(定員12名)
・ミドルコース こたつ船(12月~2月/50分)
 貸し切り3万2400円(定員10名)

球磨川下りの達人が答える旅のQ&A

Q 雨が降っても、球磨川下りの営業はある?
A 球磨川下りでは、雨が降っても木船に雨除けのテントを張って出航する。ただし、河川の増水などにより危険と判断された場合は、川下りが中止になることもある。
Q 球磨川下りのコースと所要時間は?
A 球磨川下りのコースは全部で四つ。「ショートコース」(30分)、「ミドルコース」(50分)、「激流コース」(45分)、貸し切り船のみの「ロングコース」(2時間~2時間30分)がある。12月~2月は「ミドルコース」にこたつ船も登場。ただし、スリリングな球磨川を体感できる「激流コース」と「ロングコース」は、4月~10月のみの運行なので注意しよう。
Q 船の上で濡れることはある?
A 波の高さは日によって変わるが、多少の水しぶきは覚悟しよう。もし気になる場合は、レインコートを着用するといい。発船場の売店でも販売されている。また、カメラなども濡れる可能性があるため、持ち込む場合は自己責任で。
Q 船酔いをすることはある?
A 海のように上下に揺れることがなく、船の揺れ自体が少ないので、基本的に船酔いはない。ただし、二日酔いで乗船した場合はその限りではない。
Q 球磨川下りの発船場までは、マイカーで行くことは可能?
A 人吉発船場には無料の駐車場も完備。川下り終了後、着船場から人吉発船場まで戻る際の交通手段は、無料シャトルバスがある。詳細は事前に「くま川下り株式会社」へ電話で確認するかホームページでの確認を。
熊本の宿を探す、予約する。

たびらいの「推し宿」

  たびらいの「推し宿」には、九州の宿泊予約プランが満載。九州の温泉宿を熟知した現地スタッフが、選りすぐりの情報を紹介している。

また、希望の宿が満室表示されている場合には、スタッフが宿に直接交渉をしてくれるリクエストサービスも。


⇒熊本の宿はこちらで検索

いざないの一枚

その他にも、九州のおすすめ観光情報を紹介。

あなたの気になる記事は?

九州の各地を味わうグルメ

人吉・球磨のグルメ旅 自然が育んだ食文化

熊本・人吉球磨

「太平燕」 熊本のおすすめ郷土料理を食す

熊本・太平燕

呼子で朝市やイカの活きづくりを楽しむ

佐賀・呼子

久留米ラーメン とんこつラーメン発祥の味

福岡・久留米ラーメン

門司港グルメ レトロな港町で焼きカレーを

福岡・門司港

旦過市場 昭和レトロに誘われて

福岡・旦過市場

博多の水炊き。人気の郷土料理を味わう

福岡・博多の水炊き

霧島エリアの自然とグルメでパワーチャージ

鹿児島・霧島

黒糖焼酎 奄美群島だけで造られる稀有な酒

鹿児島・黒糖焼酎

長崎ちゃんぽん 発祥からおすすめ情報まで

長崎・長崎ちゃんぽん

九州を歴史散策・文化探訪

熊本城 日本三名城に選ばれる魅力とは

熊本城

三角西港で不思議発見。世界遺産登録が決定

熊本・三角西港

熊本・水前寺公園。湧水あふれる庭園を歩く

熊本・水前寺公園

軍艦島 タイムカプセルとなった廃墟の島

長崎・軍艦島

太宰府天満宮 深く知ると観光も楽しさ倍増

福岡・太宰府天満宮

福岡・秋月 筑前の小京都、秋月城下を散策

福岡・秋月

人吉温泉 いで湯とグルメと歴史の町

熊本・人吉

伊万里・大川内山 伝統が息づく焼き物の町

佐賀・伊万里

志賀島を巡る旅 古代ロマンと絶景を楽しむ

福岡・志賀島

九州国立博物館 体感型展示で歴史を学ぶ

福岡・大宰府

九州の絶景を堪能する

大観峰で阿蘇の絶景を満喫

熊本・大観峰

宮崎・青島 鬼の洗濯板に囲まれた聖なる島

宮崎・青島

糸島観光でスローバケーションを

福岡・糸島

加計呂麻島の楽しみ方

鹿児島・加計呂麻島

屋久島トレッキングで縄文杉に会う

鹿児島・屋久島

阿蘇観光で雄大な自然と出合う旅

熊本・阿蘇

「山鹿灯籠まつり」で幻想的な灯りの世界へ

熊本・山鹿温泉

稲佐山から眺める長崎1000万ドルの夜景

長崎・稲佐山

冬の風物詩・長崎ランタンフェスティバル

長崎・新地中華街

福岡タワー 海と街を一望する人気スポット

福岡・福岡タワー

九州の温泉や名所でのんびりと

山鹿温泉の魅力を訪ねて

熊本・山鹿温泉

水郷柳川で舟遊び。お堀めぐりを楽しむ

福岡・柳川

湯布院 全国屈指の温泉観光地へ

大分・湯布院温泉

ハウステンボス 長崎代表のおすすめ観光地

長崎・ハウステンボス

阿蘇温泉 南阿蘇・中阿蘇・小国へ訪れる

熊本・阿蘇

杖立温泉 “九州の奥座敷”で風情に浸る

熊本+大分・杖立温泉

別府温泉 世界に名だたる温泉天国

大分・別府温泉

うみたまご 大分の老舗水族館の楽しみ方

大分・うみたまご

キャナルシティ博多 1日遊べる運河の街

福岡・博多

武雄温泉 偉人たちに愛された「美人の湯」

佐賀・武雄温泉

その他の達人指南を見る

レトロな雰囲気が漂う人吉の老舗公営温泉、「堤温泉」

人吉観光 昭和が香る“町湯”の城下町へ
山間の自然に恵まれ、日本三大急流の一つである球磨川(くまがわ)が望める熊本の城下町・人吉。古くから熊本の南の玄関口とも呼ばれ、“九州の小京都”という異名を持つ。・・・

人吉グルメの一つ、鰻の蒲焼き(上村うなぎ屋)

人吉・球磨グルメ 自然が育む食文化
日本三大急流の球磨川が流れ、九州の小京都とも呼ばれる人吉・球磨。盆地という独特の土地条件が生んだ食文化は実にユニークだ。

入園するとすぐ目の前に優雅な桃山式日本庭園の景色が広がる

水前寺公園 湧水あふれる熊本の庭園を歩く
熊本城と並び、熊本市内の定番観光スポットとして知られる水前寺公園。その歴史と魅力を、参道沿いの商店の人たちに教えてもらった。

まるでタイムスリップしたような、弥生の風景に思いを巡らせよう

日本最大級の環壕集落跡「吉野ヶ里遺跡」で邪馬台国ロマンを体感
弥生時代の代表的な遺跡として、歴史の教科書にも登場する「吉野ヶ里遺跡」。今では「吉野ヶ里歴史公園」として整備され、古代の暮らしを見て、感じて、体験できるスポット・・・

三角西港を盛り上げる地元の人たちが大集合!

世界文化遺産・三角西港で不思議発見
石積みの埠頭や水路、そして明治の面影を残す建築物……。平成27年(2015)に「明治日本の産業革命遺産」の一つとして、世界文化遺産に登録された三角西港の魅力に迫・・・

堂々たる熊本城の天守閣は、熊本のシンボルだ

熊本城 日本三名城に選ばれる魅力とは
日本三名城の一つとして名高い「熊本城」。築城の名手といわれた加藤清正が手掛けた中世の要塞の魅力を、ベテラン案内人が紹介する。

噴煙たなびく中岳火口は迫力満点

阿蘇観光で雄大な自然と出合う旅
圧倒的スケールの大自然が広がる阿蘇。世界有数のカルデラ台地には、地球の鼓動を感じる出合いが待っている。

素材のうま味が凝縮されたスープと、食感の良い春雨が好相性

タイピーエン 熊本のおすすめ郷土料理
学校給食にも登場するほど、熊本ではポピュラーな「タイピーエン(太平燕)」。たっぷりの野菜と春雨(ジャガイモや緑豆のでんぷんから作られる麺)を、やさしい味わいのあ・・・

開放感抜群の露天風呂「ガニ湯」は長湯温泉の名物

長湯温泉 日本一と名高い炭酸泉を堪能する
長湯温泉(ながゆおんせん)は、世界屈指の炭酸泉が人気を集める奥豊後の温泉地。その泉質は素晴らしく、歌人の与謝野鉄幹や種田山頭火らも長湯温泉に関する詩を残したほど・・・