1. たびらい
  2. 観光情報
  3. 佐賀観光情報
  4. 武雄温泉のツウな巡り方を現地編集部が徹底ガイド
武雄温泉楼門

武雄温泉の
ツウな巡り方を現地編集部が徹底ガイド

更新:2019年03月18日

およそ1300年前に書かれた『肥前風土記』に登場する武雄温泉。古くは神功皇后や徐福も入ったと言われる古湯で、“美人の湯”として今も多くの人々に愛され続けています。今回は、温泉はもちろんのこと、情緒あふれる歴史的な建物や、四季折々の雄大な自然、地元の特産品などにも触れながら武雄の魅力を紹介します。

[たびらいセレクション]

武雄温泉

偉人も浸った
武雄温泉

武雄温泉新館
武雄温泉駅から徒歩約12分の「武雄温泉楼門」。楼門の奥には、国指定重要文化財の「武雄温泉新館」があります。
資料館
武雄温泉新館の資料館では、
当時から貴重であったマジョリカタイルや、
陶板デザインタイルなども見学できます。

楼門干支見学会

楼門干支見学会
楼門干支見学会は、国重要文化財である楼門を観光ボランティアガイドの解説付き。楼門の2階に上ることができます。
干支の彫絵
武雄温泉楼門2階の天井にはなぜか
東京駅にある干支とセットになった4つの干支の彫絵があります。
明治・大正時代を代表する建築家 辰野金吾氏が仕掛けたミステリーです。
武雄温泉楼門亭
一言で武雄温泉と言ってもさまざまな温泉が。
武雄温泉楼門亭では、大衆浴場の「元湯(もとゆ)」、
「蓬莱湯(ほうらいゆ)」、「鷺乃湯(さぎのゆ)」などに
入ることができます。

元湯

元湯
明治9年に建築され、現在使用されている温泉施設の建物としては、日本最古の「元湯」。高い天井と広い浴槽で、ゆったりとした雰囲気の情緒漂う温泉です。

詳細はこちら

蓬莱湯

蓬莱湯
シンプルな「蓬莱湯」。ゆっくり落ち着いて入れますよ。

殿様湯

殿様湯
江戸時代中期、武雄領主の鍋島氏専用の風呂として造られた総大理石の風呂「殿様湯」。休憩にも使える4畳半と3畳の控室が用意されているので、家族連れにも人気です。

詳細はこちら

楼門朝市

楼門朝市
毎週日曜、朝7時30分から催される「武雄温泉楼門朝市」。採れたての野菜、農家自家製の食品、名物の温泉たまごなどが並び地元の人だけでなく観光客も多く訪れます。
“美人の湯”と称される佐賀の名湯・武雄温泉。鮮やかな朱色の「武雄温泉楼門」と、2003年に復原された「武雄温泉新館」は、国指定重要文化財。武雄温泉新館では、土産物屋と武雄温泉の資料館が併設され、当時から貴重であったマジョリカタイルや、陶板デザインタイルを無料で見学することもできます。また、毎週日曜、朝7時30分(1月~3月は8時~10時)から始まる「楼門朝市」や、武雄温泉楼門と東京駅にまつわる干支のミステリーに迫る「楼門干支見学会」など温泉に入る前に朝活を楽しむのもおすすめです。周囲には、立ち寄り湯が楽しめる旅館やホテルが点在しています。それぞれに趣の違った浴場で、トロリなめらかな「美人湯」を堪能しましょう。

武雄温泉

【住所】武雄市武雄町大字武雄7425
【電話番号】0954-23-2001
【駐車場】あり(無料)
【営業時間・定休日】 各温泉により異なる
【公式サイト】http://www.takeo-kk.net/spa/(武雄市観光協会)

[たびらいセレクション]

たけお温泉プリン

武雄温泉の
グルメ&お土産処

武雄温泉物産館

武雄温泉物産館
佐賀・西九州の土産物や、地元の特産品も豊富に取りそろえている「武雄温泉物産館」。茶葉や珍味、海産物や陶磁器などさまざまな土産物を購入することができます。
無農薬、無化学肥料の武雄産のレモングラス
無農薬、無化学肥料の武雄産のレモングラス。ハーブティーや料理、入浴剤などさまざまな用途があります。地元産の卵を使用した濃厚なめらかプリンの「たけお温泉プリン(210円/税込)」。

詳細はこちら

創作家庭料理 月の音

創作家庭料理 月の音
JR武雄温泉駅から徒歩約5分のところにある創作家庭料理「月の音」。地元のお野菜を中心に使ったユニークでヘルシーな創作料理が魅力です。
畑の肉コロッケランチ
畑の肉コロッケランチ(860円/税込)は、佐賀県産大豆フクユタカをふんだんに使用したコロッケが主役のランチメニュー。コロッケの中には大豆がごろごろと。
暖かな雰囲気の店内
暖かな雰囲気の店内では、お得な日替わりランチからコースランチまでを気軽に楽しめます。地元素材にこだわったユニークでヘルシーな創作料理です。

詳細はこちら

喫茶 古都

喫茶 古都
喫茶「古都」は、温泉宿「京都屋」内にあります。レトロな雰囲気の店内にはアンティークな家具や雑貨、陶芸品などが置かれており、大正ロマンを感じながらコーヒーや、スイーツをいただくことができます。
冷水で約8時間かけて抽出した水出しコーヒー
冷水で約8時間かけて抽出した水出しコーヒー(432円/税込)や、武雄温泉の地熱を利用して作ったという「温泉ヨーグルト(432円/税込)」がいただけます。
温泉ヨーグルト
ほんのり酸味がありなめらかな舌触りのヨーグルトは、自家製のりんごのジャムを合わせて。どこか懐かしい味わいで湯上がりにぴったり!

詳細はこちら

武雄に来たらここでしか味わえないグルメを堪能しましょう。お土産選びなら、連日にぎわいを見せている「武雄温泉物産館」へ。武雄焼やレモングラスなど武雄の土産物はもちろんのこと、佐賀・西九州のお土産品もそろいます。
もっと見る

[たびらいセレクション]

御船山楽園

武雄温泉周辺の
人気観光スポット

御船山楽園

御船山楽園
「御船山楽園」は、標高210メートルの御船山山麓にある武雄領主鍋島茂義の別邸跡で、広さ15万坪の池泉回遊式庭園。秋になると木々が色付き、荘厳な秋景色が見られます。
庭園のもみじ
庭園に広がる赤、黄、橙の鮮やかなグラデーションを心ゆくまで堪能してみて。

詳細はこちら

武雄神社

武雄神社
武雄市内で最も古い神社「武雄神社」。縁結びスポットとしても有名で、「夫婦檜」は、2本の檜が仲睦まじく立っているその姿から縁結びの象徴として信仰されています。
武雄神社本殿
白を基調とした外観が美しい武雄神社本殿。
武雄の大楠
武雄神社の本殿左に進んで行くと樹齢3000年と言われる御神木「武雄の大楠」が。高さ27メートル、根回り26メートルの巨木は圧巻です。

詳細はこちら

武雄市図書館

武雄市図書館
2013年4月にリニューアルオープンした武雄市立図書館。
武雄市図書館
広く開放的な空間に膨大な書籍が美しく陳列されており、借りた本をテーブルやテラスで、コーヒーやお茶を飲みながら、ゆっくり楽しめるという新しいスタイルに。県外からも連日多くの来館者が訪れています。
武雄市こども図書館
2017年10月にオープンした「武雄市こども図書館」。館内には、しばふ広場やプレイ&ワークスペースなど、子ども達が遊び、学べるコーナーがもりだくさん。

詳細はこちら

武雄は温泉以外にもたくさんの行くべきスポットが。まずは、人気の紅葉スポット「御船山楽園」。御船山を借景とした紅葉や桜の名所で、夜はライトアップが楽しめます。最近ではテクノロジーとデザインやアートを掛け合わせたイベントやスポットを多く手がける「チームラボ」とコラボレーション。鮮やかな映像と歴史ある庭園が組み合わさった新しい演出にも注目が集まっています。また、神秘的な雰囲気を感じたいなら「武雄神社」。境内の奥には樹齢3000年を超えるという大楠が、神々しくそびえ立ち荘厳な雰囲気が感じられます。そして、県外からも多くの人が訪れるのが「武雄市図書館」。従来の図書無料貸し出しはもちろんのこと、蔦屋書店の併設により、本の購入が可能。また、館内にはスターバックスコーヒーもあり、コーヒーを飲みながら読書が楽しめます。武雄温泉に行かれる際はぜひ立ち寄ってみてくださいね!
もっと見る

[たびらいセレクション]

星降る露天とかにまぶし 豊洋荘

武雄温泉周辺で宿泊
おすすめ宿情報

嬉野温泉 旅館 千湯樓

嬉野温泉 旅館 千湯樓
野趣溢れる奥嬉野にたたずむアットホームな温泉旅館。川のせせらぎが心地よく響く露天風呂は、目の前に川が流れる開放的なロケーションが魅力です。

詳細はこちら

星降る露天とかにまぶし 豊洋荘

星降る露天とかにまぶし 豊洋荘
かに料理と有明海を一望できる星降る露天風呂が自慢。コース料理はかにの姿煮、雑炊、かに刺し、焼きかになどかにづくし。

詳細はこちら

風がささやく離れの宿 山あかり

風がささやく離れの宿 山あかり
全室離れ、風情たっぷりの宿。古き良き日本家屋の温もり感じながら、古湯特有の「ぬる湯」で全身ポカポカ、すべすべ美肌に。

詳細はこちら

河畔の宿 千曲荘

河畔の宿 千曲荘
清流沿いの小宿で、美肌の湯と店主自慢の日本酒を満喫。安心安全な食材と鮮度にこだわった手作り夕食に舌鼓。

詳細はこちら

もっと見る

佐賀のホテル通が選んだ
嬉野・武雄ホテルランキング

嬉野・武雄のホテルを目的やテーマ別にピックアップ。実際に見て泊まって選んだおすすめ宿をランキング形式で紹介します。

詳細はこちら

嬉野・武雄の宿でよく見られている推し宿特集

ローカル案内役
藤田 秀樹(たびらい編集部)

福岡県出身。九州内の食べ歩きスポットを探し続ける編集スタッフ。カメラ片手に友人・知人を巻き込んで観光スポットにも出没。

[たびらいセレクション]

佐賀でローカルの魅力に触れる

今、この宿、見られてます

あわせて読みたい!

最新情報はこちらからチェック!

旬な観光情報を現地からお届け
×