宮崎の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 青島 鬼の洗濯板に囲まれた宮崎の聖なる島

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

青島 鬼の洗濯板に囲まれた宮崎の聖なる島

  “鬼の洗濯板”と呼ばれる奇岩の地形に囲まれる宮崎・青島。青島神社が鎮座するこの神聖な島で、自然の造り出す美と海幸山幸神話に触れる。

洗濯板の上に亜熱帯の森、上空から見ても特異な景観をなす青島

  周囲1.5キロメートルの小さな島・青島(あおしま)。古くは聖なる島として、普段は青島神社の神職しか入島できなかったが、現在は弥生橋を渡って誰でも参拝することができる。

近づくほどに驚かされるのが、「鬼の洗濯板」と呼ばれる奇岩の成す景観。波の浸食と隆起によって生み出された独特の景観は、「青島の隆起海床と奇形波蝕痕」として国の天然記念物に指定されている。

島へ渡ると、青島神社の真っ赤な社殿が迎えてくれる。ここは海幸山幸兄弟の伝説の地であり、また山幸彦と豊玉姫のロマンスの地でもある。縁結びの神様としても人気が高く、多彩な神事で運を試したり願いをかける老若男女でにぎわう。

島全体はビロウをはじめとする亜熱帯性植物群落に包まれ、潮風を感じながらのんびり散策するのも心地良い。


▼その他の宮崎観光情報はこちら
宮崎観光のおすすめ情報8選

===============
■青島に宿泊するパッケージツアーをお得に予約
⇒格安ツアーをチェックする

長友安隆さん
(ながとも やすたか)
長友 安隆 さん

宮崎・青島の達人
  青島神社第20代宮司。明治神宮で神主を務めたのち、帰郷して先代宮司であった父・隆二さんより宮司職を引き継ぐ。日向神話の山幸彦と豊玉姫のロマンスにちなんだ縁結び神事をはじめ、さまざまな願掛け祈願を仕掛けるなど、多彩なアイデアで縁結びの神様として青島神社の名は全国区に。神社を中心とする青島地域全体の観光振興に尽力する。

宮崎・青島の周囲に広がる巨大な岩「鬼の洗濯板」の絶景

波の浸食によって砂岩と泥岩が織りなす奇跡の光景が生まれた

  青島を訪れてまず驚かされるのが、島の周囲に広がる“鬼の洗濯板”とよばれる波状岩。あまりに整然と刻まれた岩の景観に、「これだけ造るのは大変だったでしょうねえ」と、すっかり人工物と思い込んでいる観光客もしばしば。

まさに鬼がゴシゴシと洗濯しそうなギザギザの岩は、自然が作り上げた奇跡の景観だ。砂岩と泥岩が交互に重なり、波に浸食された後に隆起して海面に台状に現れ、そこに打ち上げられた砂が積もってできたのが青島。天然記念物になっているこの岩の景観は、撮影スポットとして最高のロケーション。岩に近づいてみると、蜂の巣状に空いた穴や潮の流れに押されて渦を巻く貝、岩場に生息するさまざまな生き物など、見ていて飽きない。

一方、島を包む森は亜熱帯性植物の群落となっており、こちらも国の天然記念物。タブやアコウ、ハマボウ、クワズイモなど226種が島内にあり、中でもヤシ科の高木「ビロウ」の大群落が見どころで樹齢300年を超えるものもある。参拝客・旅行者に涼しげな木陰を提供するとともに、南国ムードを盛り上げてくれる。

入島禁止が守った、貴重な島の景観

貴重なビロウの大群落。木陰の散策道をトゥクトゥクが走る

  宮崎県内でも珍しい亜熱帯植物群落がなぜ青島にのみあるのか? これは研究者の間でも意見の分かれるところで、南方の植物が海流に乗って流れ着いた「漂着帰化植物説」と、太古の植物のなかでも気候の合ったものだけが残った「残存説」の2説がある。いずれにしてもロマンが膨らむ。

この奇跡の景観が現代に伝わるには、神と人との深い関わりがあった。海幸山幸神話の地である青島は、島自体が信仰の対象とされ、約270年前までは神職と島奉行以外は入島を禁止されていた。一般の参拝者が渡れるのは年に一度の旧暦3月10日のみで、それも陸続きになる干潮時を見計らっての参拝だった。

つまり、神を恐れ敬う人の心が、意図せずして島の自然を守ったというわけだ。

南国ムード満点。縁結びの御利益も満点? 今も昔も“恋”の島

海神の国で楽しく暮らす山幸彦と豊玉姫(日向神話館)

  青島はラブロマンスの地でもある。日向神話に登場する山幸彦は、兄である海幸彦に借りた釣り針を無くしてしまい、探しているうちに海神(わだつみ)の国にたどり着く。そこで出会ったのが海神の娘・豊玉姫。たちまち恋に落ちた二人は海神宮で夫婦となるが、月日は流れ、山幸彦は陸へと戻ることに……。

青島神社は、山幸彦と豊玉姫命、海神である塩筒大神を祭り、縁結び・安産・航海・交通安全の神として信仰されている。場内にある日向神話館では、二人の出会いをはじめ日向神話の物語が精巧な蝋人形で再現されている。キャンプに訪れる巨人軍との縁も深く、長嶋茂雄名誉監督の蝋人形も(入館料は大人600円、中高生400円、小学生300円、幼児無料)。

神々の恋の物語が残るこの地では、今も全国から恋人たちや女性参拝客が多く訪れ、縁結びを願っている。

縁結び、運試し、験担ぎ。10の願掛け神事、あなたは何を祈る?

山幸彦と豊玉姫命、塩筒大神を祀る、縁結びで名高い青島神社

  青空に朱塗りの社殿がまぶしい本殿を参ったら、無数の絵馬が吊り下げられたアーチをくぐり、亜熱帯植物の森を抜けて元宮へ。島のほぼ中央に位置するこの場所では、弥生式土器や勾玉、獣骨などが多数出土し、古代祭祀が行われていたことを示している。

青島神社では、普通の参拝に加え、さまざまな願掛け神事が受けられる。たとえば「彦霊紙縒(むすびこより)」は、5色の紙縒に願いをかけて“夫婦ビロウ”の樹に結ぶという神事。紫は「心身健全」、黄は「商売繁盛」などそれぞれの色に意味があり、一番人気はやはり「良縁」を願うピンクの紙縒。

ほかにも、神社前の浜辺で宝貝を探して波状岩に供える「真砂の貝文」や、“縁”や“金”など出た目が導きとなる「賽の目神事」など、子どもから大人までアトラクション気分で楽しめるのも魅力。

また平成23年(2011)より、参道から青島神社まで三輪タクシートゥクトゥクが無料運行。これによって年配客や小さい子ども連れでも気軽に参拝ができるようになった。運が良ければトゥクトゥクの運転手が地域に伝わる「浜下り歌」を歌ってくれることもある。

サーフィン、温泉、海の幸グルメ……南国リゾート満喫

一年を通して波が穏やかで、マリンスポーツも盛んな青島ビーチ

  青島神社を中心として、周辺にはリゾート気分を満喫できるスポットがいっぱい。

「青島ビーチ」は宮崎県随一の海水浴場として知られ、サーフィンやボディボードなどマリンスポーツ客でもにぎわう。初心者向けのサーフィン体験スクールや、ビーチバレーやビーチフラッグなどのイベントも開催される。

ビーチに面する「こどものくに」は、昭和14年(1939)に開園した老舗のレジャースポット。スワンボートや蒸気機関車、花のイベント、パークゴルフ場などがあり、子どもから年配者まで三世代が楽しめるスポットとして人気。隣接する「ANAホリデイ・イン リゾート宮崎」は日帰り温泉入浴や宿泊も可能。日向灘のパノラマを望む展望風呂は、開放感満点だ。

「宮崎県立青島亜熱帯植物園」は、ビロウをはじめとするヤシ科の植物や熱帯果樹などトロピカルな気分を味わえる植物園。初夏にはジャカランダやブーゲンビリアが見事に咲き乱れる。知る人ぞ知る、ハート型のアコウを園内で探すのも面白い。

《厳選ホテル》

ANA 便利用なのに格安な「旅作」活用術7つを紹介!

宮崎・青島を楽しむおすすめ情報

青島神社の人気神事とは?

  願掛け、運試し、験担ぎ……青島神社には10の神事があり、参拝客は願いを込めながら楽しんでいる。

  • NO1願いが解けぬよう、しっかりと結び切るのがポイント
  • NO2小声で願いを込めて、磐境に向かって天の平瓮を投げる
  • NO3願いを込めながら静かに「玉の井」の神水を願い符にかける
おすすめポイント
  青島は島全体が聖域でありパワースポット。観光レジャーで訪れる人も、楽しみながら神事を体験することで、感謝の心や自然への畏敬の念が自然と生まれるもの。神聖なる祈りを捧げたら、ぜひゆっくりと島内を1周して、太古の森からパワーを受け取ってほしい。

青島おすすめ祭り・イベント

  古くより人々の信仰の対象であった青島や青島神社には、季節ごとに故事に由来する伝統行事があります。また、最近では地域おこしの一環として新しい祭りやイベントも。

  • NO1神輿船の周囲を大漁旗を掲げた船団が彩る
  • NO2寒さを耐えきった参加者は一様にすがすがしい表情
  • NO3毎月第2土曜日は青島の朝が元気!
おすすめポイント
  神話や故事に由来しつつ、海の街らしく活気ある勇壮な祭りは迫力満点。一般客にも門戸が開かれているので、ぜひ参加して体感してほしい。また、近年は町おこしの取り組みも盛んで、街市をはじめ地元主催の催しが活性化している。

青島エリアおすすめグルメ

  新鮮海の幸や、南国ムード満点のカフェなど。青島ならではののんびり気分が味わえる店を紹介する。

  • NO1新鮮な魚介中心のメニュー(季節や水揚げによって内容は替わる)
  • NO2串かつダイニングひろやのメニュー例
  • NO3開放的なテラス席には、ゆっくりパンと読書を楽しむ一人客も
おすすめポイント
  なんといっても海の幸はぜひ味わってほしい。港直送の新鮮な魚介は、お値段もリーズナブルでボリューム満点。お土産やテイクアウトなら、国道沿いに出店の並ぶ「青島ういろう」はぜひ。看板おかあさんとの会話も楽しい。冷やしパインは定番テイクアウト。

九州の宿探しなら「宿くらべ」

  • 湯布院で露天風呂が自慢の温泉旅館6選
  • 別府で泉質が自慢の温泉旅館5選
  • 指宿で食事が自慢の温泉旅館5選
編集部の視点
  たびらいの「推し宿予約」は、九州の宿泊予約プランが満載。実際に見て、泊まって調査!九州のいい宿研究会が厳選した九州の宿を目的別にご紹介。

⇒九州の推し宿予約はこちら

温ぱらユーザーが選んだ宿TOP20 ユーザー満足度ランキング

青島神社への交通アクセス

  【住所】
宮崎県宮崎市青島2-13-1
【電話番号】
0985-65-1262
【参拝時間】
6時~夕暮れまで
【ホームページ】
www9.ocn.ne.jp/~aosima/

車(レンタカー)で

  宮崎空港より国道220号を経由して約15分
 宮崎駅より国道220号を経由して約25分

レンタカー予約⇒宮崎のレンタカー比較といえば、たびらいレンタカー【早割で最大50%OFF】

バスで

  最寄バス停は「青島バス停」
 ・宮崎駅から飫肥または青島方面へ乗車 約50分
 ・宮崎空港駅から飫肥行きへ乗車 約25分
 青島バス停から青島まで、徒歩約10分

電車で

  最寄駅は、JR日南線「青島駅」
 JR宮崎駅から JR日豊本線・日南線 油津・志布志(下り)方面 約30分
 青島駅から青島まで、徒歩約10分

宮崎・青島のQ&A

Q 青島へは入場料が必要ですか?
A 入場料は無料です。誰でも自由に参詣することができます。
Q 青島神社前まで車で行けますか?
A 神社前までは車は入れません。徒歩で渡るか、足に自信のない方は三輪タクシートゥクトゥクの利用を。トゥクトゥクは無料で乗車できますが、皆さんの寄付金で成り立っています。
Q 周辺に駐車場はありますか?
A JR青島駅東側・西側の市営駐車場(無料、8時~17時)か、周辺の有料駐車場を利用。
Q 初めてでも分かりやすい観光案内はありますか?
A 参道入り口に青島観光インフォメーションがあります。ボランティアガイドによる無料ガイドもあるので、初めての方はぜひ。
Q 車いすトイレはありますか?
A 青島ビーチ内のトイレに車イス用トイレがあります。
Q おすすめの青島土産・名物はありますか?
A 伝統的なお土産として、ソテツの実でできた猿のキーホルダーがあります。茶色い南男猿と黒い黒尾猿がありますが、それぞれ「難を去る」「苦労去る」にかけて縁起物として人気です。最近では青島神社の、ヤシの木をあしらった幸せ守(700円)や夫婦守(1000円)も人気。
宮崎・青島周辺の宿を探す、予約する。

たびらいの「推し宿」

  たびらいの「推し宿」は、九州の宿泊予約プランが満載。九州の温泉宿を知り尽くした現地スタッフが選りすぐりの情報を紹介している。

また、希望の宿が満室表示されている場合に、スタッフが宿に直接交渉をしてくれるリクエストサービスも魅力。


⇒宮崎・青島周辺の宿はこちらで検索

温ぱらユーザーが選んだ宿TOP20 ユーザー満足度ランキング

いざないの一枚

その他にも、九州のおすすめ観光情報を紹介。

あなたの気になる記事は?

九州の各県を味わうグルメ

久留米ラーメン とんこつラーメン発祥の味

福岡・久留米ラーメン

旦過市場 昭和レトロに誘われて

福岡・旦過市場

博多の水炊き。人気の郷土料理を味わう

福岡・博多の水炊き

呼子で朝市やイカの活きづくりを楽しむ

佐賀・呼子

人吉・球磨のグルメ旅 自然が育んだ食文化

熊本・人吉球磨

門司港グルメ レトロな港町で焼きカレーを

福岡・門司港

黒糖焼酎 奄美群島だけで造られる稀有な酒

鹿児島・黒糖焼酎

太平燕 熊本のおすすめ郷土料理を食す

熊本・太平燕

佐世保バーガー 大人気のご当地グルメ

長崎・佐世保バーガー

九州を歴史散策・文化探訪

福岡・秋月 筑前の小京都、秋月城下を散策

福岡・秋月

太宰府天満宮 深く知ると観光も楽しさ倍増

福岡・太宰府天満宮

博多座で、はじめての歌舞伎見物

福岡・博多座

産業都市北九州で、工場見学を楽しもう

福岡・北九州

軍艦島 タイムカプセルとなった廃墟の島

長崎・軍艦島

吉野ヶ里遺跡で邪馬台国ロマンを体感

佐賀・吉野ヶ里遺跡

三角西港で不思議発見。世界遺産登録が決定

熊本・三角西港

熊本・水前寺公園。湧水あふれる庭園を歩く

熊本・水前寺公園

熊本城 日本三名城に選ばれる魅力とは

熊本城

福岡・秋月 筑前の小京都、秋月城下を散策

福岡・秋月

九州の絶景を堪能する

糸島観光でスローバケーションを

福岡・糸島

加計呂麻島の楽しみ方

鹿児島・加計呂麻島

屋久島トレッキングで縄文杉に会う

鹿児島・屋久島

大観峰で阿蘇の絶景を満喫

熊本・大観峰

糸島観光でスローバケーションを

福岡・糸島

霧島エリアの自然とグルメでパワーチャージ

鹿児島・霧島

志賀島を巡る旅 古代ロマンと絶景を楽しむ

福岡・志賀島

鵜戸神宮 絶壁に囲まれた岩窟の縁結び神社

宮崎・鵜戸神宮

人吉・球磨のグルメ旅 自然が育んだ食文化

熊本・人吉球磨

九州の温泉や名所でのんびりと

糸島観光でスローバケーションを

福岡・糸島

水郷柳川で舟遊び。お堀めぐりを楽しむ

福岡・柳川

ハウステンボス 長崎代表のおすすめ観光地

長崎・ハウステンボス

湯布院 全国屈指の温泉観光地へ

大分・湯布院温泉

嬉野温泉 日本三大美肌の湯の楽しみ方

佐賀・嬉野温泉

熊本・水前寺公園。湧水あふれる庭園を歩く

熊本・水前寺公園

黒川温泉 湯めぐり温泉と多彩な露天

熊本・黒川温泉

阿蘇温泉 南阿蘇・中阿蘇・小国へ訪れる

熊本・阿蘇温泉

別府温泉 世界に名だたる“温泉天国”

大分・別府温泉

長湯温泉・日本一と名高い炭酸泉を堪能する

大分・長湯温泉

その他の達人指南を見る

鳥居を抜け、楼門から社殿に向かう

鵜戸神宮 絶壁に囲まれた岩窟の縁結び神社
日南海岸の日向灘(ひゅうがなだ)に面した自然の洞窟内にある「鵜戸神宮(うどじんぐう)」。地元では“鵜戸さん”の呼び名で親しまれ、夫婦円満・安産祈願の聖地として知・・・

古墳群を彩る桜の花と菜の花

西都原古墳群 神話が息づく花と歴史の名所
日本有数の古墳群として知られる宮崎の特別史跡公園、「西都原古墳群(さいとばるこふんぐん)」。ここは、天孫降臨の神話が息づく地。花の名所としても有名で、四季の花に・・・

島の風土、蔵元の個性を感じさせる奄美黒糖焼酎

黒糖焼酎 奄美群島だけで造られる稀有な酒
日本で唯一、奄美群島だけで造られている奄美黒糖焼酎。黒糖の甘い香りと米麹のまろやかな旨味、そしてきりっとした後口は、島々の風土が凝縮された味わいだ。奄美を訪れた・・・

高千穂峰西側の「御鉢」。火口の形からそう呼ばれるようになった

霧島エリアの自然とグルメでパワーチャージ
食べて遊んで癒やされて。ただ訪れるだけで元気になれる場所、それが霧島だ。

深い森の中で生き続ける縄文杉。名実共に屋久島のシンボルだ

屋久島トレッキングで縄文杉に会う
樹齢幾千年の巨樹。長距離トレッキングで、屋久島のカリスマ・「縄文杉」に会いに行く。

強い生命力を感じられる加計呂麻島の自然

加計呂麻島 おすすめ観光と楽しみ方
奄美大島のさらに南にある「加計呂麻島(かけろまじま)」。良港を持つことから琉球と大和の文化が交錯し、歴史や民俗に奥深い魅力を持つ。訪れた人が“初めてなのに、どこ・・・

黒川温泉は「入湯手形」を使った湯めぐりができることで知られる

黒川温泉 山間の湯めぐりと多彩な露天
阿蘇山と、くじゅう連山の間に広がる大自然の中に、ひっそりとある黒川温泉。多彩な露天風呂や情緒あふれる湯宿がひしめくこの温泉地には、全国から癒やしを求める旅人が訪・・・

三角西港を盛り上げる地元の人たちが大集合!

世界文化遺産・三角西港で不思議発見
石積みの埠頭や水路、そして明治の面影を残す建築物……。平成27年(2015)に「明治日本の産業革命遺産」の一つとして、世界文化遺産に登録された三角西港の魅力に迫・・・

地獄温泉の代名詞、清風荘「すずめの湯」(現在は休業中)

阿蘇温泉 南阿蘇・中阿蘇・小国へ訪れる
雄大な阿蘇火山の周辺には、良質な温泉があちこちから湧いている。絶景露天風呂から秘湯まで、阿蘇温泉のおすすめ情報を紹介。