熊本の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 阿蘇温泉 南阿蘇・中阿蘇・小国へ訪れる

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

阿蘇温泉 南阿蘇・中阿蘇・小国へ訪れる

  雄大な阿蘇火山の周辺には、良質な温泉があちこちから湧いている。絶景露天風呂から秘湯まで、阿蘇温泉のおすすめ情報を紹介。

地獄温泉の代名詞、清風荘「すずめの湯」(現在は休業中)

  活火山として知られる阿蘇の麓には、多彩な温泉地が点在する。阿蘇五岳の南側に広がる“南阿蘇エリア”は、秘湯として名高い地獄温泉や垂玉温泉(たるたまおんせん)から、田園風景の中に佇む久木野温泉(くぎのおんせん)まで、熊本空港からのアクセスも良い人気の温泉地がある。

一方、五岳北側の“中阿蘇エリア”は、阿蘇最大の温泉地である内牧(うちのまき)温泉を擁する。さらに北に足を延ばすと、小田温泉(おたおんせん)や満願寺温泉など、隠れた名湯が点在する“小国エリア”に。いずれも阿蘇火山の恵みを感じさせる良質の温泉だ。3エリアの魅力をそれぞれ紹介する。


◆その他のおすすめ熊本観光情報
阿蘇観光のおすすめ情報5選

山下恵さん
(やました めぐみ)
山下 恵さん

阿蘇温泉の達人
  温泉ソムリエ。熊本県下益城郡美里町出身。熊本市在住。温泉好きが高じて、温泉ソムリエの資格を取得。一男二女の母親で、週末は家族みんなで家族湯巡りに出掛ける。趣味は旅行と映画鑑賞。自他ともに認める酒好きで、とくにビールとワインに目がない。

達人が語る 阿蘇温泉の楽しみ方

多彩な泉質の湯が楽しめる阿蘇の温泉で火山の息吹を体感

  熊本県内の源泉数は全国で5位。総湧出量も全国5位を誇る。中でも、阿蘇には源泉の半数があるといわれている。今回紹介する“南阿蘇”と“中阿蘇”、“小国”という3つのエリアは、単純泉から硫黄泉まで多彩な泉質がそろい、効能もさまざまだ。風呂の形態も家族湯や絶景露天風呂など、実にバラエティに富んでいる。

阿蘇温泉の魅力は、何度訪れても新しい発見があることだ。阿蘇の大自然が目の前に広がる絶景の露天風呂、地元で愛されている町湯、お洒落な湯宿、100年以上の歴史を持つ秘湯など、阿蘇の温泉巡りは日帰りではとても時間が足りない。せめて1泊2日の旅を計画してほしい。

阿蘇五岳の南山麓に広がる温泉地

竹の倉山荘の露天風呂。阿蘇外輪山の山並みが一望できる

  “南阿蘇エリア”は、阿蘇くまもと空港から車で約30分。交通アクセスの良さも魅力の一つだ。阿蘇五岳の南山麓に広がる南阿蘇温泉郷には、江戸時代創業の湯治宿や湯宿から、湯船から五岳や南外輪山の絶景が楽しめる温泉施設までそろう。宿を変えれば、泉質がまったく異なるのも魅力だ。

湯治宿として古くから人気なのが、地獄温泉「清風荘」。敷地内に3つの源泉を持ち、白っぽい灰色のにごり湯を16もの浴槽で堪能できる。秘湯の宿と呼ぶにふさわしい風雅な佇まいもいい。

絶景の露天風呂が多いのも特徴。根子岳を望む露天風呂で知られる「月廻り温泉館」をはじめ、雄大な五岳の風景が目の前に迫ってくるような露天風呂を持つ「ホテルグリーンピア南阿蘇」や、南外輪山の山並みを一望できる「竹の倉山荘」や「ゆうやけ」など、阿蘇に訪れたことを風呂の中から実感できるものばかりだ。湯船から夕焼けを楽しみたい人には、「ゆうやけ」の貸し切り湯がおすすめ。

阿蘇最大級の温泉地「内牧」

内牧温泉の町湯。地元常連客との触れ合いも魅力だ

  “中阿蘇エリア”には、阿蘇最大級の温泉地である内牧温泉がある。ここだけで、源泉の数は130を超えるといわれ、温泉施設のほとんどが源泉かけ流し。多くの文人たちが訪れた由緒ある湯宿から、家族向けのサービスが充実したホテルまで約20軒の宿泊施設が点在している。

中でも楽しいのは、“町湯”と呼ばれる昔ながらの日帰り入浴施設巡りだ。温泉街に数軒あり、全て徒歩圏。100円で入浴できる施設もあり、リーズナブルな点も魅力だ。施設ごとに源泉や泉質が異なるところにも、内牧温泉の豊かさを体感できるはずだ。

JR阿蘇駅近くにある「阿蘇坊中(ぼうちゅう)温泉」もおすすめスポットの一つだ。中でも駅前にある「夢の湯」は一押しで、泉質はナトリウム炭酸水素塩泉・マグネシウム硫酸塩泉の掛け流し。14室の家族風呂があり、気兼ねなく良質の温泉を満喫できる。

小国エリアには黒川温泉以外にも魅力的な温泉地が点在

満願寺温泉の共同浴場「川湯」

  最後に“小国(おぐに)エリア”を紹介したい。ここには、全国的な知名度を誇る黒川温泉をはじめとして、筑後川沿いに広がる杖立温泉、小田温泉、田の原温泉、満願寺温泉など、知る人ぞ知る名湯・秘湯が多い。

黒川温泉もそうだが、このエリアの温泉はロケーションが実に素晴らしい。例えば、小田温泉は、緑あふれる野山の風景に温泉施設が溶け込んでいて、とにかくのどか。開湯は昭和50年とまだまだ新しい温泉地だが、メタケイ酸を多く含む良質のお湯や山の奥に広がる秘湯の雰囲気で人気を集めている。

歴史ある温泉地としては、南小国町の満願寺温泉がある。満願寺を流れる志津川から温泉が湧いており、川の中にある湯船が特徴的。そこに住む人たちは昔から、お風呂として利用したり、野菜を洗ったり、米を研いだりしてきた。温泉と暮らしが密接に結びついている風景は、眺めているだけで心が和む。

《厳選ホテル》

泉質もロケーションも抜群。阿蘇のおすすめ温泉施設

中阿蘇エリアのおすすめ温泉施設3選

  130以上の源泉を持ち、阿蘇最大の温泉として知られる内牧温泉を擁する「中阿蘇エリア」。多彩な泉質がそろう中から源泉した3つの施設を紹介する。

  • 和の情緒あふれる「湯巡追荘」の玄関
  • JR阿蘇駅から徒歩すぐ。貸切家族風呂が計14室も揃っています
  • 純和風の「桜」。離れの一室なので、周りを気にせず過ごせます
おすすめポイント
  内牧温泉といえば町湯巡りが魅力だが、阿蘇五岳の風景が一望でき、家族湯も充実した旅館「湯巡追荘」を推薦したい。そのほか、国道57号からすぐの温泉地を選んだ。いずれも阿蘇市内にあって、熊本空港や熊本市内、大分方面からの交通アクセスの良さも考慮した。

南阿蘇エリアのおすすめ温泉施設3選

  阿蘇五岳の南麓に広がる「南阿蘇エリア」。多くの文豪も訪れた歴史ある秘湯から、家族で気軽に楽しめる温泉施設が点在する。その中から、達人お気に入りの3件をピックアップ。

  • 「すずめの湯」は、まさに“秘湯”といった雰囲気
  • 湯上がりは肌が滑らかに。大浴場や食事処日帰りでも利用できる
  • 貸し切り風呂から阿蘇外輪山の雄大な姿を望める「ゆうやけ」
おすすめポイント
  すずめの湯で知られる地獄温泉や、滝を間近に臨む絶景露天を持つ垂玉温泉など、秘湯と呼ぶにふさわしい温泉はぜひ立ち寄ってほしい。そのほか、白水温泉の「竹の倉山荘」や蘇峰温泉の「ゆうやけ」は湯船からの景観が魅力。阿蘇五岳や外輪山を眺めながらの湯浴みは格別だ。

小国エリアのおすすめ温泉施設3選

  阿蘇と大分県のくじゅう連山の間に位置する小国エリアには、全国にその名を知られる黒川温泉のほか、杖立温泉や小田温泉など、ロケーションから泉質まで、バラエティーに富んだ温泉地が点在している。

  • 緑の木々に囲まれた杖立川沿いの斜面に佇む温泉施設
  • ここの露天風呂から眺める満天の星空は格別
  • 開放感が格別な「川湯」。入るのには少し勇気が必要だ
おすすめポイント
  中阿蘇や南阿蘇の温泉も良いが、もう少し足をのばして小国方面まで行くと、これぞ温泉という名湯・秘湯と出合える。杖立川にレトロな温泉街が広がる杖立温泉や、昔から温泉とそこに住む人々が密接な関係を持つ満願寺温泉の共同浴場を紹介。里山に広がる小田温泉は、のどかな雰囲気が魅力だ。

熊本旅行をもっと楽しく。お得な旅行情報

編集部の視点
  熊本の旅をもっと楽しく充実させられるように、温泉宿やレンタカー、パッケージツアーの予約情報を厳選して紹介。お得に賢く熊本を旅するヒントがたっぷり詰まっているので、自分好みのプランがきっと見つかるはず。

たびらいの推し宿予約には、九州の宿泊予約プランが満載。九州の温泉を熟知したスタッフが、おすすめを紹介している。
⇒熊本の宿はこちらで検索

阿蘇エリアへの交通アクセス

中阿蘇エリア

  ・車(レンタカー)で
 阿蘇くまもと空港から国道57号経由30キロ、 40分
 九州自動車道・熊本ICから国道57号経由36キロ、50分
・電車で
 JR豊肥本線阿蘇駅または内牧駅にて下車

南阿蘇エリア

  ・車(レンタカー)で
 阿蘇くまもと空港から県道28号経由20キロ、30分
 九州自動車道・熊本ICから国道57号経由30キロ、40分
・電車で
 JR豊肥本線立野駅から南阿蘇鉄道乗り換え、長陽駅~南阿蘇水の生まれる里白水高原駅付近で下車

小国エリア

  ・車(レンタカー)で
 阿蘇くまもと空港から国道212号経由50キロ、約1時間15分
 九州自動車道・熊本ICから国道57号・212号経由55キロ、約1時間20分

阿蘇温泉のQ&A

Q 内牧温泉の町湯巡りで持っていくものは?
A 100円から入浴できるのが魅力の内牧温泉の町湯。ほとんどが石けんやシャンプーを設置してないので持参が必要となる。もちろん、ただザブンと入浴するだけなら、タオルだけでOK。
Q 阿蘇には混浴風呂はあるの?
A 有名なところでは、南阿蘇の地獄温泉「すずめの湯」。ここは脱衣所が男女分かれていて、白濁の湯なので初心者でも入りやすい。そのほか、黒川温泉の露天風呂や、歴史の古い温泉地の共同浴場には混浴が多い。いずれも注意したいのは、バスタオルを巻いて浸るのはマナー違反なので湯浴み(ゆあみ)着を持参すると安心である。
Q 家族湯の賢い利用法は?
A 家族や友達とのんびり温泉が満喫できる家族湯は、阿蘇でも人気が高く、入浴まで1時間以上待たなければならないこともしばしば。おすすめは比較的空いている午前中の10時~11時ごろに行くこと。ちなみに料金は60分1500円が目安となる。
Q 1週間ほどのんびり湯治を楽しみたいのだが。
A 阿蘇には、自炊ができる湯治宿や食事付きで格安料金の宿がいくつかある。昔から人気なのが、地獄温泉「清風荘」。こちらは自炊ができて1泊3000円前後とリーズナブル。また、湯治場として知られる杖立温泉には、1泊3食付きで6000円前後の宿がある。ほかにも、わいた温泉郷の「豊礼の湯」には、全国でも珍しいベッドを備えた湯治専用の客室があるのでこちらも要チェックだ。
熊本の宿を探す、予約する。

たびらいの「推し宿」

  たびらいの「推し宿」には、九州の宿泊予約プランが満載。九州の温泉宿を熟知した現地スタッフが、選りすぐりの情報を紹介している。

また、希望の宿が満室表示されている場合には、スタッフが宿に直接交渉をしてくれるリクエストサービスも。


⇒熊本の宿はこちらで検索

いざないの一枚

その他にも、九州のおすすめ観光情報を紹介。

あなたの気になる記事は?

九州の各県を味わうグルメ

久留米ラーメン とんこつラーメン発祥の味

福岡・久留米ラーメン

旦過市場 昭和レトロに誘われて

福岡・旦過市場

博多の水炊き。人気の郷土料理を味わう

福岡・博多の水炊き

呼子で朝市やイカの活きづくりを楽しむ

佐賀・呼子

人吉・球磨のグルメ旅 自然が育んだ食文化

熊本・人吉球磨

門司港グルメ レトロな港町で焼きカレーを

福岡・門司港

黒糖焼酎 奄美群島だけで造られる稀有な酒

鹿児島・黒糖焼酎

太平燕 熊本のおすすめ郷土料理を食す

熊本・太平燕

佐世保バーガー 大人気のご当地グルメ

長崎・佐世保バーガー

九州を歴史散策・文化探訪

福岡・秋月 筑前の小京都、秋月城下を散策

福岡・秋月

太宰府天満宮 深く知ると観光も楽しさ倍増

福岡・太宰府天満宮

博多座で、はじめての歌舞伎見物

福岡・博多座

産業都市北九州で、工場見学を楽しもう

福岡・北九州

軍艦島 タイムカプセルとなった廃墟の島

長崎・軍艦島

吉野ヶ里遺跡で邪馬台国ロマンを体感

佐賀・吉野ヶ里遺跡

三角西港で不思議発見。世界遺産登録が決定

熊本・三角西港

水前寺公園 湧水あふれる庭園を歩く

熊本・水前寺公園

熊本城 日本三名城に選ばれる魅力とは

熊本城

九州の絶景を堪能する

糸島観光でスローバケーションを

福岡・糸島

加計呂麻島の楽しみ方

鹿児島・加計呂麻島

屋久島トレッキングで縄文杉に会う

鹿児島・屋久島

大観峰で阿蘇の絶景を満喫

熊本・大観峰

宮崎・青島 鬼の洗濯板に囲まれた聖なる島

宮崎・青島

糸島観光でスローバケーションを

福岡・糸島

霧島エリアの自然とグルメでパワーチャージ

鹿児島・霧島

九州の温泉や名所でのんびりと

水郷柳川で舟遊び。お堀めぐりを楽しむ

福岡・柳川

ハウステンボス 長崎代表のおすすめ観光地

長崎・ハウステンボス

湯布院 全国屈指の温泉観光地へ

大分・湯布院温泉

嬉野温泉 日本三大美肌の湯の楽しみ方

佐賀・嬉野温泉

熊本・水前寺公園。湧水あふれる庭園を歩く

熊本・水前寺公園

黒川温泉 湯めぐり温泉と多彩な露天

熊本・黒川温泉

阿蘇温泉 南阿蘇・中阿蘇・小国へ訪れる

熊本・阿蘇温泉

別府温泉 世界に名だたる“温泉天国”

大分・別府温泉

その他の達人指南を見る

平成24年(2012)に再建された「さくら湯」

山鹿温泉の魅力を訪ねて
かつて“山鹿千軒たらいなし”と謳われたほど、豊富な湯量を誇る山鹿温泉。とろりと肌に優しい温泉に加え、歴史浪漫が漂う町並みを紹介する。

噴煙たなびく中岳火口は迫力満点

阿蘇観光で雄大な自然と出合う旅
圧倒的スケールの大自然が広がる阿蘇。世界有数のカルデラ台地には、地球の鼓動を感じる出合いが待っている。

露天風呂から見える雄大な由布岳。四季折々の景色はまさに絶景

湯布院観光 全国屈指の温泉観光地へ
温泉地ランキングで常に上位を占める大分の人気観光地、「湯布院(ゆふいん)」。温泉だけでなく、食・自然・文化……とさまざまな観光の魅力がそろう湯布院にはリピーター・・・

雄大な阿蘇五岳の風景が目の前に広がる展望台

大観峰で阿蘇の絶景を満喫!グルメ&スポットも
阿蘇・大観峰からは、阿蘇五岳からくじゅう連山までが一望できる。阿蘇エリア屈指の絶景スポットの魅力に迫る。

「21世紀に残したい日本の風景百選」に選ばれた別府の湯煙

別府温泉 世界に名だたる“温泉天国”
日本一の湧出量、世界でも第2位を誇る別府温泉。全11種類に分類される泉質のうち、なんと10種類を有している。情緒あふれる温泉街の雰囲気も人気のポイントだ。その魅・・・

開放感抜群の露天風呂「ガニ湯」は長湯温泉の名物

長湯温泉 日本一と名高い炭酸泉を堪能する
長湯温泉(ながゆおんせん)は、世界屈指の炭酸泉が人気を集める奥豊後の温泉地。その泉質は素晴らしく、歌人の与謝野鉄幹や種田山頭火らも長湯温泉に関する詩を残したほど・・・