鹿児島の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索

鹿児島観光情報

  1. 屋久島トレッキングで縄文杉に会う
PR
九州の温泉宿・ホテルの宿泊予約は「たびらい九州 (旧温泉ぱらだいす九州) 」でどうぞ

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

屋久島トレッキングで縄文杉に会う

  樹齢幾千年の巨樹。長距離トレッキングで、屋久島のカリスマ・「縄文杉」に会いに行く。

深い森の中で生き続ける縄文杉。名実共に屋久島のシンボルだ

  屋久島では、樹齢1000年を超える杉を「屋久杉」と呼ぶ。その中の1本が「縄文杉」だ。単に観光で屋久杉を見てみたいと思えば、車で行ける樹もあるし、手軽に散策できる森もある。しかし、この縄文杉に会いたいと思ったら、往復22キロ・約10時間という長い距離を歩かなければ、その姿を見ることができない。山道を歩き、体力を使い、大雨に打たれることもある。それなりの準備も必要だ。普通の観光旅行とは、ひと味もふた味も違う。
 それでも、深い森の真ん中に立つこの巨木は、多くの人を惹きつけてやまない。体が疲れ切っても顔は笑顔になっている。これが屋久島の遊び方だ。実際に歩かなければ体感はできないことは承知だが、その魅力を少しでも伝えられるよう、言葉と写真で紹介する。


◆その他のおすすめ鹿児島観光情報
鹿児島観光のおすすめ情報6選

皆川直信さん
(みながわ なおのぶ)
皆川 直信さん

縄文杉ガイドの達人
  ガイド&フォトグラファー。1976年に秋田で生まれ、新潟で育ち、東京で10年。大学卒業後に就職した会社の社員旅行が屋久島。「住まなければこの島の魅力は理解できないのでは?」と思い、何も考えず単身移住。いろいろな縁が縁を呼び、今では山と森のガイドとして毎日のように山に入る。その傍ら、暇を見つけては山や森を中心に写真を撮り続けている。
【写真&文章提供雑誌】『日本の世界遺産 屋久島』(朝日新聞出版社)ほか多数。

屋久島トレッキングの開始。線路は続くどこまでも

平らで歩きやすいものの、距離は長い

  登山口に着くと、まず目に入ってくるのが使い古された線路。屋久島というと“原生林”のイメージが強いが、高度経済成長期には、屋久杉が大量伐採されていた。その木材を運んだのがこのトロッコ道だ。登山道もこの線路で、平らで歩きやすいものの単調な道のりが続く。登山道にあるトイレの整備などのために、今なおトロッコが走る時がある。
 登りで3時間も歩いていると眠気が襲ってくることもあるので、トロッコ道はだらだら歩くのではなく、休憩を少なめにしてリズミカルに歩き続けるのが大切だ。終点には登山者用のトイレもある。山道に入るとトイレはないので、ここで済ませておく。また、登山者のペースは人それぞれで足の速い人も多いので、後ろがつっかえないように道を譲ることも登山のマナーだ。

小杉谷事業所跡

ここは屋久杉伐採の前線基地だった

  登山口から歩くこと約1時間。小杉谷橋を渡ると、昭和45年(1970)まで人が住んでいた集落跡に到着する ―― 小杉谷事業所跡だ。ここは屋久杉伐採をするために作られた集落で、多い時で540人もの人々が生活をしていた。小中学校もあり、100人以上の生徒がいた。形こそ違うが、昔も今もこの森を人が必要としていることに違いはない。現在、当時の建物はない。若い杉が育っており、塀や階段などには苔が付き、遺跡のようなスポットとなっている。休憩所もあり、ひと息つくことができる。

屋久島最大級の切り株・ウィルソン株

株の中から上を見上げるとハートが見える

  長いトロッコ道を終え、山道に入ること30分。巨大な切り株が目の前に現れる。大正1年(1912)と大正3年(1914)に2度も来島した植物学者のアーネスト・ヘンリー・ウィルソン博士の名にちなんで付けられた切り株、「ウィルソン株」だ。
 辺りには樹齢300年~400年ほどの杉が生い茂り、森としても見応えがある。切り株だけでなく、上を見たり下を見たり、その場の雰囲気も楽しみたい。広場にもなっているので、ほどよい休憩ポイントだ。
 ウィルソン株は“ハートの切り株”としても有名。株の中に入ると1カ所だけ切り口がハートに見える場所がある。連休などで混雑する日はハート見たさに長蛇の列ができることもあるが、綺麗なハートの形を写真に撮るのはなかなか難しい。日帰りで行く場合は、帰りにもう1回チャンスがあるので空いている時に挑戦したい。
 忘れたくないのは株の中にある祠(ほこら)。ハートに夢中で神様を忘れてしまう人もいるが、森への感謝の気持ちは忘れないようにしよう。

世界自然遺産の森

世界遺産にふさわしく濃厚な森が続く

  急斜面を汗だくになって歩き、縄文杉の手前30分からが世界自然遺産登録地域に入る。全島が世界自然遺産ではなく、島の21%、約5分の1が遺産エリア。平成5年(1993)、白神山地とともに日本で初めて世界遺産に登録された。当時は世界遺産という言葉すら日本には広まっていなかった時代だ。観光ばかりが注目される世界遺産だが、屋久島の場合は純粋に自然保護の観点から世界遺産登録へとつながっていった経緯がある。
 よく勘違いされることだが、“縄文杉が世界遺産”なのではない。人が住む標高の低い所は沖縄や奄美大島などの亜熱帯の気候で、屋久島最高峰の宮之浦岳(1936メートル)は北海道の平地と同じ亜高山帯。標高ごとに植物が変化していき、小さな島に多様な生態系が凝縮されているのだ。標高の高い山は冬に雪も積もる。“日本の縮図”と呼ばれることもあり、世界自然遺産登録の理由も「生物多様性」が最も注目された。
 周辺は無名の屋久杉も多く、登山道以外は人の手が加わっていない森。登山中はつい下ばかりを見て歩きがちだが、歩く速度を少し落として世界レベルの森を味わいたい。

屋久島のカリスマ・縄文杉

トロッコ道を3時間、山道を2時間、約5時間で縄文杉とご対面

  時間ばかりを気にすると長くと感じるが、実際は道中の屋久杉や風景も素晴らしく、時間の感覚を忘れるディープな森だ。縄文杉も1本で生きているわけではなく、この深い森の中の1本として生きている。「樹を見て森を見ず」ではないが、樹も森も見て全身で感じたい。
 縄文杉は樹から10メートルほど離れた所にある展望デッキから鑑賞する。登山者が樹の根を踏んだり、周りの環境を荒らさないためだ。時間帯によっては混雑する時もあるが、写真を撮る時など周りの登山者にも気を配りたい。
 気になる樹齢だが、正確にはわかっていない。2170年とも7200年ともいわれ、諸説がある。しかし正直なところ、縄文杉の前に立つと年齢はどうでもよくなってしまう。時間という概念そのものが人間の尺度の一つであって、樹にとっては重要なことではないだろう。幾度となく風雪に耐え、台風の嵐をくぐり抜け、深い森の中で生きている。自分の足で歩き、縄文杉の前に立った人にしかわからない感覚がそこにある。この存在感が屋久島のシンボルであり、屋久島を訪れる人にとってカリスマ性を持つ理由だろう。

屋久島のおすすめ情報3選

知っておきたい“屋久島の作法”

  遊び相手は大自然。あくまで人間がお邪魔させてもらうという謙虚な気持ちが大事。屋久島初心者&登山初心者が知っておきたいトピック。

  • 屋久島登山道の休憩スペース
  • トイレの維持管理は寄付や募金でまかなわれている
  • 雨を楽しむには、まず装備から
おすすめポイント
  年間8万人前後の人が訪れる縄文杉。ちょっとしたことを知っているだけで、トレッキングをもっと楽しめるようになります。次の世代にこの自然をバトンタッチするためにも、一人一人の心構えが大事。登山者が小さな事を心がけるだけで、森や登山道を守る大きな力になります。自然にも優しく、人にも優しく、元気いっぱい歩きましょう!

屋久島おすすめトレッキング

  縄文杉以外にも屋久島には遊び場がたくさん。自分の体力&レベルに合わせて森と山を楽しもう。

  • NO1苔が作り出した緑色の世界、「白谷雲水峡」
  • NO2名前からは想像できないディープな森
  • NO3巨岩の上が黒味岳の頂上は、奥岳を望む絶好のポイント
おすすめポイント
  屋久島は、“やくちゅう(屋久島中毒)”という造語があるぐらいリピーターの多い島。知れば知るほど、楽しくて美しいスポットがあります。アウトドアに慣れていない人でも比較的に手軽に歩ける森や、山好きは登りたくなる山がいっぱい。ハードに歩くもよし、まったり自然の中で過ごすもよし、自分の楽しみ方を探しましょう。

屋久島旅行をもっと楽しく、お得な旅行情報

編集部の視点
  屋久島旅行をもっと楽しく、充実できるように、温泉宿、レンタカー、パッケージツアーの予約情報を厳選して紹介。お得に賢く屋久島を旅するヒントがたっぷり詰まっているので、自分好みのプランがきっと見つかるはず。

鹿児島中央駅からの移動に便利なレンタカーを予約しよう!
⇒鹿児島中央駅の格安レンタカーはこちら

たびらいのパートナーサイト「温泉ぱらだいす九州」は、九州・山口の宿泊予約プランが満載。
⇒屋久島の宿はこちらで検索

縄文杉への交通アクセス情報

3月から11月までは登山バスを利用

  3月から11月末までは駐車場の混雑緩和のために車両規制があり「荒川登山バス」を利用して登山口まで行く。登山バス乗り場は「屋久杉自然館」。屋久杉自然館までは路線バス、タクシー、レンタカーを利用。

問い合わせ先:屋久島山岳部車両運行対策協議会
専用TEL&FAX 0997-46-3317

達人が答える旅のQ&A

Q 登山初心者で体力にも自信がありません。それでも縄文杉まで行けるでしょうか?
A 一概に「行けます!」とは言えません。日常でほとんど運動をしていない人にとっては、とても厳しい道のりになります。途中でリタイアする人も少なからずいます。「縄文杉に行く」と決めたら、歩くトレーニングをして体を作る必要があります。とくに体重がある方は、体を軽くしてから登山をするようにおすすめしています。逆に普段から体を動かして、歩くことに慣れていれば問題はありません。
Q ガイドさんなしでも行けますか?
A 行けることは行けます。しかし、登山初心者や経験の少ない方は、ガイドと一緒に森歩き、山歩きをすることをおすすめしています。ただ歩いただけでは屋久島の自然はよくわかりません。表面的な所だけ見て終わるのはあまりにもったいない。道案内としてではなく、森を楽しむツールとしてガイドさんと一緒に歩くと屋久島を何倍も楽しめます。
 言い方を変えれば、“心の案内人”とでも呼べるかもしれません。万が一、ケガや事故を起こしてしまった時でも、力強いサポートになってくれますし、ガイドは毎日のようにフィールドに出て活動していますから、森の楽しみ方をよく知っています。
Q 山の中で携帯は通じますか?
A 基本的には通じませんが、つながるポイントがあります。ヤクスギランドは比較的通じやすく、縄文杉で数カ所、白谷雲水峡で数カ所あります。スマートフォンなどは「機内モード」にして、バッテリーの消耗を防ぐとベターです。
Q 何を持って行けばいいですか?
A レインウェア、トレッキングシューズ、折り畳み傘、お弁当、おやつ。最低でもこれらは揃えてください。レインウェアは防寒着としても使えるしっかりしたもの、シューズは底が厚めのものが望ましいです(島内でレンタルもできます)。雨が多い島ですので、折り畳み傘があると、お弁当を食べる時や休憩する時にとても便利です。
Q 登山道にトイレはありますか?
A 縄文杉ルートにはトイレが3カ所あります。ですが、縄文杉近くにはトイレがありません。どうしても山中でトイレに行きたくなった時のために携帯トイレを持って行くと心強いです。島内でも販売していて、各登山口に回収ボックスも設置されています。
Q 一番良い季節はいつですか?
A 難しい質問です。春は新緑が美しく、夏は水遊びができ、秋は快適なトレッキング。南に位置する島ですが、冬は雪が降ることも。四季折々、様々な表情が楽しめます。行ってみたいと思った時が屋久島に行くチャンスだと思います。
Q 縄文杉は大混雑すると聞いたんですが、そんなに混雑しますか?
A 連休は混雑しますが、それ以外はそれほどでもありません。シーズン中でも平日は快適に歩けます。縄文杉の展望デッキで少し待つことがあっても、不快に思うことはまずありません。逆に連休はトイレも登山道も大混雑します。休みがとれるのであれば、連休は避けた方が無難です。
Q 入山料はいくらですか?
A 平成25年(2013)時点で、縄文杉に行くための入山料はありません。検討はされていますが、実現にはもう少し時間がかかりそうです。その代わり、500円から「山岳保全募金」を募っています。このお金は山や森の登山道整備、トイレの管理費などとして使われます。この募金があるからこそ、現在も縄文杉ルートが維持できているのも事実です。次に来る登山者のため、さらには次世代のために、ぜひとも募金を!
屋久島の宿を探す、予約する。

九州・山口専門の宿泊予約サイト「温泉ぱらだいす九州」

  たびらいのパートナーサイト「温泉ぱらだいす九州」は、九州・山口の宿泊予約プランが満載。九州の温泉宿を知り尽くした現地スタッフが選りすぐりの情報を紹介している。
 また、希望の宿が満室表示されている場合に、温泉ぱらだいすのスタッフが宿に直接交渉をしてくれるリクエストサービスも魅力。

九州・山口専門の宿泊予約サイト「温泉ぱらだいす九州」
⇒屋久島の宿はこちらで検索

いざないの一枚

その他にも、九州のおすすめ観光情報を紹介。

あなたの気になる記事は?

九州の各県を味わうグルメ

久留米ラーメン とんこつラーメン発祥の味

福岡・久留米ラーメン

旦過市場 昭和レトロに誘われて

福岡・旦過市場

博多の水炊き。人気の郷土料理を味わう

福岡・博多の水炊き

呼子で朝市やイカの活きづくりを楽しむ

佐賀・呼子

人吉・球磨のグルメ旅 自然が育んだ食文化

熊本・人吉球磨

門司港グルメ レトロな港町で焼きカレーを

福岡・門司港

黒糖焼酎 奄美群島だけで造られる稀有な酒

鹿児島・黒糖焼酎

太平燕 熊本のおすすめ郷土料理を食す

熊本・太平燕

佐世保バーガー 大人気のご当地グルメ

長崎・佐世保バーガー

九州を歴史散策・文化探訪

福岡・秋月 筑前の小京都、秋月城下を散策

福岡・秋月

太宰府天満宮 深く知ると観光も楽しさ倍増

福岡・太宰府天満宮

博多座で、はじめての歌舞伎見物

福岡・博多座

産業都市北九州で、工場見学を楽しもう

福岡・北九州

軍艦島 タイムカプセルとなった廃墟の島

長崎・軍艦島

吉野ヶ里遺跡で邪馬台国ロマンを体感

佐賀・吉野ヶ里遺跡

三角西港で不思議発見。世界遺産登録が決定

熊本・三角西港

熊本・水前寺公園。湧水あふれる庭園を歩く

熊本・水前寺公園

熊本城 日本三名城に選ばれる魅力とは

熊本城

宮崎・青島 鬼の洗濯板に囲まれた聖なる島

宮崎・青島

九州の絶景を堪能する

糸島観光でスローバケーションを

福岡・糸島

加計呂麻島の楽しみ方

鹿児島・加計呂麻島

大観峰で阿蘇の絶景を満喫

熊本・大観峰

宮崎・青島 鬼の洗濯板に囲まれた聖なる島

宮崎・青島

糸島観光でスローバケーションを

福岡・糸島

霧島エリアの自然とグルメでパワーチャージ

鹿児島・霧島

志賀島を巡る旅 古代ロマンと絶景を楽しむ

福岡・志賀島

鵜戸神宮 絶壁に囲まれた岩窟の縁結び神社

宮崎・鵜戸神宮

人吉・球磨のグルメ旅 自然が育んだ食文化

熊本・人吉球磨

九州の温泉や名所でのんびりと

糸島観光でスローバケーションを

福岡・糸島

水郷柳川で舟遊び。お堀めぐりを楽しむ

福岡・柳川

ハウステンボス 長崎代表のおすすめ観光地

長崎・ハウステンボス

湯布院 全国屈指の温泉観光地へ

大分・湯布院温泉

嬉野温泉 日本三大美肌の湯の楽しみ方

佐賀・嬉野温泉

熊本・水前寺公園。湧水あふれる庭園を歩く

熊本・水前寺公園

黒川温泉 湯めぐり温泉と多彩な露天

熊本・黒川温泉

阿蘇温泉 南阿蘇・中阿蘇・小国へ訪れる

熊本・阿蘇温泉

別府温泉 世界に名だたる“温泉天国”

大分・別府温泉

長湯温泉・日本一と名高い炭酸泉を堪能する

大分・長湯温泉

その他の達人指南を見る

高千穂峰西側の「御鉢」。火口の形からそう呼ばれるようになった

霧島エリアの自然とグルメでパワーチャージ
食べて遊んで癒やされて。ただ訪れるだけで元気になれる場所、それが霧島だ。

強い生命力を感じられる加計呂麻島の自然

加計呂麻島 おすすめ観光と楽しみ方
奄美大島のさらに南にある「加計呂麻島(かけろまじま)」。良港を持つことから琉球と大和の文化が交錯し、歴史や民俗に奥深い魅力を持つ。訪れた人が“初めてなのに、どこ・・・

島の風土、蔵元の個性を感じさせる奄美黒糖焼酎

黒糖焼酎 奄美群島だけで造られる稀有な酒
日本で唯一、奄美群島だけで造られている奄美黒糖焼酎。黒糖の甘い香りと米麹のまろやかな旨味、そしてきりっとした後口は、島々の風土が凝縮された味わいだ。奄美を訪れた・・・

人吉グルメの一つ、鰻の蒲焼き(上村うなぎ屋)

人吉・球磨グルメ 自然が育む食文化
日本三大急流の球磨川が流れ、九州の小京都とも呼ばれる人吉・球磨。盆地という独特の土地条件が生んだ食文化は実にユニークだ。

三角西港を盛り上げる地元の人たちが大集合!

世界文化遺産・三角西港で不思議発見
石積みの埠頭や水路、そして明治の面影を残す建築物……。平成27年(2015)に「明治日本の産業革命遺産」の一つとして、世界文化遺産に登録された三角西港の魅力に迫・・・

地獄温泉の代名詞、清風荘「すずめの湯」(現在は休業中)

阿蘇温泉 南阿蘇・中阿蘇・小国へ訪れる
雄大な阿蘇火山の周辺には、良質な温泉があちこちから湧いている。絶景露天風呂から秘湯まで、阿蘇温泉のおすすめ情報を紹介。