1. 玉名温泉 歴史ある“疋野長者伝説”の湯の魅力

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

玉名温泉 歴史ある“疋野長者伝説”の湯の魅力

  有明海や菊池川など、豊かな自然に恵まれた玉名市。古くから商人の町として栄えたこの地に、玉名温泉は1300年以上前から、こんこんと湧き続けている。つるりとすべりの良い無色透明の湯は、やさしい肌触り。湯冷めしにくいと評判だ。

立願寺公園にある「しらさぎの足湯」は、夜はライトアップされる

  かつては“立願寺温泉(りゅうがんじおんせん)”と呼ばれていた玉名温泉では、阿蘇の麓を源流とする菊池川の支流・繁根木川(はねぎがわ)周辺に、十数軒の旅館やホテルが点在している。立ち寄り利用が可能な温泉宿が多く、周辺には公衆浴場や家族湯もあるため、気軽に湯めぐりを楽しめる。平成23年(2011)には九州新幹線の新玉名駅が開業し、熊本県外からのアクセスがさらに便利になった。

取材/熊本の編集プロダクション「ポルト」、平成28年(2016)1月

[たびらいセレクション]

坂本季之さん
(さかもと としゆき)
坂本 季之さん

玉名温泉の達人
  玉名ラーメン「大輪」の店主。昭和27年(1952)の創業以来、濃厚で甘味のある豚骨スープでラーメンファンを魅了し続ける人気店の2代目。趣味は車とバイクで、休日は河原でアウトドア料理を楽しむなどアクティブに活動するほか、「ふらりと一人で近所の温泉へ出かけるのが楽しみ」という温泉好きでもある。

約1300年前からこんこんと湧く名湯

県内外から水汲み客が訪れる「疋野神社」

  かつて“立願寺温泉”と呼ばれていた玉名温泉の歴史は古く、約1300年前から湧き続けているといわれる。

開湯の言い伝えとして知られているのは「疋野長者伝説」で、傷を負った白鷺が湯に漬かって元気に飛び立っていく姿を、疋野長者(ひきのちょうじゃ)が目にしたというものだ。約2000年の歴史を持つといわれる地元の疋野神社には、境内に湧水が湧く「長者の泉」がある。県内外から水汲み客が訪れるパワースポットとしても名高い。

「玉名温泉は、近代では炭鉱の労働者でにぎわっていたようです」と達人・坂本さんは説明する。明治時代から昭和初期にかけて日本の近代化を支えた三井三池炭鉱は、熊本県荒尾市および福岡県大牟田市に坑口があった。この炭鉱から比較的近かったこともあり、当時の玉名は“三井の奥座敷”と呼ばれていたという。

「近年の玉名温泉は宿泊目的の人が多い印象ですが、昔は至るところに町湯がありました。私も子どものころは、家族でよく町湯へ通っていましたね」(坂本さん)

つるりとしたやさしい肌触りで、湯冷めしにくい玉名の湯

地元の常連が通う公衆浴場の一つ、「玉の湯」

  玉名温泉の泉質は、弱アルカリ性の単純温泉だ。ラジウムの含有量が多いため、古くからリウマチや神経痛に効くとされ、玉名温泉は湯治場として知られるようになった。

また、無色透明のやさしい肌触りの湯は刺激が少なく、ついついゆっくり長湯したくなる。湯から上がると肌がすべすべになったと言う人も多い。湯温が高めで湯冷めしにくく、夕方に温泉に入ると寝るまで温かさが続く。

「温度が高いのも、玉名温泉の特徴だと思います。小さいころからこの熱い湯に慣れているから、よそでぬるい温泉に入ったときは風呂に入った気がしません」と坂本さんは笑顔で話す。「余談ですが、町湯の一番風呂は昔からの常連客が多く、体を洗う席がたいてい決まっているんです。初めてのお客さんが常連客に『そこはおれの場所だ』と怒られたという話も聞くくらいです(笑)」

有明海や菊池川など、自然に恵まれた温泉街

旅館やホテルのほか、気軽に利用できる家族風呂も充実

  もっと気軽に玉名温泉の湯を楽しむなら、温泉街の一角にある立願寺公園内にある「しらさぎの足湯」がおすすめだ。広々とした庭園風の足湯に漬かると、足先からじんわりと温まる。熱すぎず、ぬるすぎない、ほどよい温度で、しばらく漬かっていると全身までぽかぽかになる。足湯は22時までライトアップされるので、夜間でも利用できる。

熊本県の北西部に位置する玉名市は、“豊穣の海”と呼ばれた有明海に面している。古くから熊本県北における水運の大動脈であった菊池川や、ハイキングコースとして知られる小岱山(しょうだいさん)など、豊かな自然に囲まれている。菊池川に運ばれた河川の土砂は、有明海で豊かな干潟を形成する。玉名では、その干潟で獲れる“シャク(シャコ)”やアサリ貝などの新鮮な海の幸も楽しめる。

新玉名駅の登場で、県外からの利用がぐっと便利に

九州新幹線の新玉名駅は、県北の玄関口に

  14世紀の南北朝時代から、商人の町としてにぎわったこの地は、江戸時代には米の積出港として栄えた。その中心地であった高瀬界隈の蔵には、菊池川流域から上質な米が集まった。米は菊池川を経由して当時“天下の台所”であった大坂へと運ばれ、肥後藩の財政を支えた。明治10年(1877)の西南戦争により、この蔵は焼失したが、「俵ころがし跡」と呼ばれる石畳の船着場跡が、当時の繁栄の名残を今に伝えている。

玉名温泉街は、そんな高瀬界隈からほど近い場所にある。菊池川の支流で、菊池川と平行して流れる繁根木(はねぎ)川の周辺には、十数軒の旅館やホテル、公衆浴場、家族湯などが点在している。在来線が走るJR鹿児島本線玉名駅からはバスで約5分。九州自動車道菊水インターチェンジから車で約15分。

平成23年(2011)には九州新幹線が全線開業し、新玉名駅が設置されたことで、熊本県外から玉名温泉までの利便性は飛躍的に向上した。博多から新玉名駅までは約40分、鹿児島からは約1時間半、大阪からは約3時間半で行ける。県外から行きやすくなったことで、これからの発展が期待できる温泉地ともいえる。

[たびらいセレクション]

玉名温泉おすすめ情報

玉名温泉の源泉掛け流し家族湯3選

  贅沢な源泉掛け流しの家族湯を紹介。いずれも清掃が行き届いており、清潔感があるのも大事なポイント。

  • 日本庭園のように上品で落ち着いた雰囲気の「竹乃香」
  • 広く開放的な「つかさの湯」の大浴場
  • 「庄屋の湯」貸切風呂
おすすめポイント
  全室に内湯と露天風呂を備えた「竹乃香」は、檜や御影石などすべて異なる造りの浴槽から選べる。また「つかさの湯」は広々とした造りでゆっくりできるのが魅力。私も休日によく入りに行くお気に入りのひとつだ。最後に、タイル張りの浴槽が落ち着いた雰囲気を演出する「庄屋の湯」は、リーズナブルな料金でも人気を集める。

玉名温泉の湯宿3選

  和の情緒あふれる玉名の湯宿を紹介。良質な温泉はもちろん、行き届いたもてなしや工夫を凝らした料理を、存分に堪能できる。

  • 夜には日本庭園がライトアップされ幻想的な雰囲気になる「尚玄山
  • 浴槽の中まで畳が敷き詰められた八芳園の「畳の湯」
おすすめポイント
  趣のある“大人の隠れ家”的な宿をピックアップ。格調高い空間で、特別な時間を過ごしてほしい。

玉名のおすすめグルメ3選

  熊本ラーメンのルーツといわれる「玉名ラーメン」から、玉名の若手料理人たちが集まり腕を振るう「玉名のキズナめし」まで。新旧の人気グルメを紹介する。

  • 玉名ラーメンの老舗「桃苑(とうえん)」のラーメン
  • 熱き志で活動する玉名の若き料理人たち
  • バターの香ばしさが食欲をそそる橘屋本舗の「バター焼き」
おすすめポイント
  「玉名ラーメン」は、濃厚な豚骨スープと中細のストレート麺が特徴。達人・坂本さんの店を含め、香ばしい焦がしニンニクを使っている店が多い。玉名の飲食店が年に数回、テーマを決めて創作料理を提供する「玉名のキズナめし」にも注目。個性豊かな各店の味を食べ歩こう。

九州の宿探しなら「推し宿予約」

  • 黒川温泉 黒川荘
  • 最安値プランがあるホテル特集 熊本ホテル編
  • 熊本の推し宿予約
編集部の視点
  熊本の旅をもっと楽しく充実させられるように、温泉宿やレンタカー、パッケージツアーの予約情報を厳選して紹介。お得に賢く熊本を旅するヒントがたっぷり詰まっているので、自分好みのプランがきっと見つかるはず。

たびらいの推し宿予約には、九州の宿泊予約プランが満載。九州の温泉を熟知したスタッフが、おすすめを紹介している。
⇒熊本の宿はこちらで検索

玉名温泉への交通アクセス

車(レンタカー)で

  熊本空港から国道208号経由で約40キロ、車で約1時間30分。

電車(JR)で

  九州新幹線新玉名駅から県道4号経由で約3キロ、車で約5分。

バスで

  熊本交通センターから玉名駅行きで約50分。

玉名温泉の達人が答える旅のQ&A

Q 玉名温泉の由来、「長者伝説」ゆかりの疋野神社とは?
A 2000年の歴史を持つ由緒ある神社。平安時代の『続日本後紀』にも明記されている。社殿は江戸時代初期の元禄4年(1691)、藩主・細川綱利公によって造営されたもの。ちなみに達人・坂本さんにとっては、子どものころによく遊んだ思い出の場所でもある。
Q 周辺の立ち寄りスポットは?
A 玉名温泉街から徒歩約15分。小岱山の麓にある「蛇ヶ谷(じゃがたに)公園」は、湯上がり後の散策にぴったり。高台に広がる敷地に、アスレチックや芝生広場、スポーツ施設などが点在し、展望所からは玉名市内や有明海、隣の長崎県の雲仙などを一望できる。春には桜やツツジの名所として、多くの人でにぎわう。
Q 周辺のおすすめイベントは?
A 菊池川と平行して流れる高瀬裏川には、江戸時代に造られた水運の遺構や石橋が今も残り、風情あふれる公園が整備されている。ここで毎年5月下旬~6月上旬に玉名市の市花である「肥後しょうぶ」をはじめ約6万6000本の花しょうぶが見ごろを迎え、「高瀬裏川花しょうぶまつり」が開催される。平成27年(2015)で25回目を迎え、今や玉名を代表するイベントとして県内外に広く知られている。期間中は高瀬蔵で物産展などのイベントも実施される。
Q おすすめの玉名土産は?
A 玉名に江戸末期から伝わる「高瀬飴」は、当時は砂糖が入手困難だったため、米と麦芽による麦芽水飴を主原料として作られていた。現在も昔ながらの製法で、一つ一つ丁寧に手作りされている。自然な甘味とやわらかな食感が楽しめる素朴な菓子で、妊婦が食べると母乳の出が良くなるという言い伝えも。温泉街の各所で購入可能。
熊本の宿を探す、予約する

たびらいの「推し宿」

  たびらいの「推し宿」には、九州の宿泊予約プランが満載。九州の温泉宿を熟知した現地スタッフが、選りすぐりの情報を紹介している。

また、希望の宿が満室表示されている場合には、スタッフが宿に直接交渉をしてくれるリクエストサービスも。


⇒熊本の宿はこちらで検索

いざないの一枚

その他にも、九州のおすすめ観光情報を紹介。

あなたの気になる記事は?

九州の各地を味わうグルメ

「太平燕」 熊本のおすすめ郷土料理を食す

熊本・太平燕

人吉・球磨のグルメ旅 自然が育んだ食文化

熊本・人吉球磨

呼子で朝市やイカの活きづくりを楽しむ

佐賀・呼子

博多の水炊き。人気の郷土料理を味わう

福岡・博多の水炊き

旦過市場 昭和レトロに誘われて

福岡・旦過市場

門司港グルメ レトロな港町で焼きカレーを

福岡・門司港

久留米ラーメン とんこつラーメン発祥の味

福岡・久留米ラーメン

霧島エリアの自然とグルメでパワーチャージ

鹿児島・霧島

佐世保バーガー 大人気のご当地グルメ

長崎・佐世保

長崎ちゃんぽん 発祥からおすすめ情報まで

長崎・長崎ちゃんぽん

九州を歴史散策・文化探訪

人吉温泉 いで湯とグルメと歴史の町

熊本・人吉

熊本の城下町“新町と古町”を巡る

熊本・熊本市

熊本城 日本三名城に選ばれる魅力とは

熊本城

熊本・水前寺公園。湧水あふれる庭園を歩く

熊本・水前寺公園

三角西港で不思議発見。世界遺産登録が決定

熊本・三角西港

吉野ヶ里遺跡で邪馬台国ロマンを体感

佐賀・吉野ヶ里遺跡

軍艦島 タイムカプセルとなった廃墟の島

長崎・軍艦島

産業都市北九州で、工場見学を楽しもう

福岡・北九州

太宰府天満宮 深く知ると観光も楽しさ倍増

福岡・太宰府天満宮

福岡・秋月 筑前の小京都、秋月城下を散策

福岡・秋月

九州の絶景を堪能する

大観峰で阿蘇の絶景を満喫

熊本・大観峰

阿蘇観光で雄大な自然と出合う旅

熊本・阿蘇

「山鹿灯籠まつり」で幻想的な灯りの世界へ

熊本・山鹿温泉

福岡タワー 海と街を一望する人気スポット

福岡・福岡タワー

宮崎・青島 鬼の洗濯板に囲まれた聖なる島

宮崎・青島

屋久島トレッキングで縄文杉に会う

鹿児島・屋久島

加計呂麻島の楽しみ方

鹿児島・加計呂麻島

糸島観光でスローバケーションを

福岡・糸島

稲佐山から眺める長崎1000万ドルの夜景

長崎・稲佐山

冬の風物詩・長崎ランタンフェスティバル

長崎・新地中華街

九州の温泉や名所でのんびりと

杖立温泉 “九州の奥座敷”で風情に浸

熊本・杖立温泉

阿蘇温泉 南阿蘇・中阿蘇・小国へ訪れる

熊本・阿蘇

黒川温泉 湯めぐり温泉と多彩な露天

熊本・黒川温泉

山鹿温泉の魅力を訪ねて

熊本・山鹿温泉

別府温泉 世界に名だたる温泉天国

大分・別府温泉

長湯温泉・日本一と名高い炭酸泉を堪能する

大分・長湯温泉

武雄温泉 偉人たちに愛された「美人の湯」

佐賀・武雄温泉

嬉野温泉 日本三大美肌の湯の楽しみ方

佐賀・嬉野温泉

湯布院 全国屈指の温泉観光地へ

大分・湯布院温泉

水郷柳川で舟遊び。お堀めぐりを楽しむ

福岡・柳川

その他の達人指南を見る

雄大な阿蘇五岳の風景が目の前に広がる展望台

大観峰の ツウな楽しみ方を現地編集部が徹底ガイド
阿蘇五岳からくじゅう連山までが一望できる大観峰。阿蘇北外輪山の最高峰に位置する天然の展望台で、360度の大パノラマが楽しめる阿蘇随一のビュースポットです。実は展・・・

堂々たる熊本城の天守閣は、熊本のシンボルだ

熊本城 日本三名城に選ばれる魅力とは
日本三名城の一つとして名高い「熊本城」。築城の名手といわれた加藤清正が手掛けた中世の要塞の魅力を、ベテラン案内人が紹介する。

素材のうま味が凝縮されたスープと、食感の良い春雨が好相性

タイピーエン 熊本のおすすめ郷土料理
学校給食にも登場するほど、熊本ではポピュラーな「タイピーエン(太平燕)」。たっぷりの野菜と春雨(ジャガイモや緑豆のでんぷんから作られる麺)を、やさしい味わいのあ・・・

レトロな雰囲気が漂う人吉の老舗公営温泉、「堤温泉」

人吉観光 昭和が香る“町湯”の城下町へ
山間の自然に恵まれ、日本三大急流の一つである球磨川(くまがわ)が望める熊本の城下町・人吉。古くから熊本の南の玄関口とも呼ばれ、“九州の小京都”という異名を持つ。・・・

人吉グルメの一つ、鰻の蒲焼き(上村うなぎ屋)

人吉・球磨グルメ 自然が育む食文化
日本三大急流の球磨川が流れ、九州の小京都とも呼ばれる人吉・球磨。盆地という独特の土地条件が生んだ食文化は実にユニークだ。

平成24年(2012)に再建された「さくら湯」

山鹿温泉のツウな巡り方を 現地編集部が徹底ガイド
九州の“美肌の湯”として親しまれている山鹿温泉。江戸時代、参勤交代の宿場町として豊前街道を中心に栄えた町は情緒溢れていて趣深く、かつて市民が毎日利用した「町湯」・・・

洗濯板の上に亜熱帯の森、上空から見ても特異な景観をなす青島

青島 縁を結ぶ聖なる島を現地編集部が徹底ガイド
周囲1・5キロメートルの小さな島、青島。「鬼の洗濯岩」と呼ばれる奇岩に囲まれ、亜熱帯植物のビロウ樹約5000本が自生するこの島は、古くは聖なる島として一般人が入・・・

異国情緒あふれる街並み。広大な敷地内には様々なエリアがある

【最新版】ハウステンボスを楽しむための23のスポット
訪れるたびに新たなアトラクションや風景が変わるハウステンボスの楽しみ方を紹介。現地編集部が実体験したものばかり。最新のVRの館やVR-KING,天空のレールスタ・・・

太宰府天満宮。美しく迫力のある楼門は記念撮影ポイント

太宰府天満宮で5つの体験 境内アートも盛りだくさん
「太宰府天満宮」は、年間1000万人が訪れる人気の観光スポット。天神さま(菅原道真公)をお祀りしていることから、学問の神として有名ですが、実はそれだけではないデ・・・
×