熊本ホテル・旅館の宿泊予約サイト

推し宿予約

ローカル案内役が取材&提案

宿探しに迷ったら

現地在住スタッフがご相談にお応えします!

たびらいスタッフ

注目のホテル特集

今、読まれています!
旬の推し宿特集

おすすめポイントからホテルを探す

どこよりも詳しい、ローカル案内役による熊本県の温泉エリア 早わかり一覧

黒川のホテルランキング、温泉、グルメと町歩き

黒川のホテルランキング、温泉、グルメと町歩き

黒川温泉ってどんなところ?

熊本県阿蘇郡南小国町にある黒川温泉は、阿蘇の山懐に抱かれた自然豊かな場所にあります。街の中心部には筑後川の源流の一つ、清流・田の原川(たのはるがわ)が流れ、20軒以上の湯宿が点在しており、風情あふれる景観を生み出しています。川沿いに旅館が軒を連ねる“温泉街エリア”と、街中から少し離れた里山にぽつりぽつりと一軒宿が並ぶ“奥黒川エリア”があるので、温泉街を満喫したい人や、自然の中でゆったりしたい人など、それぞれの目的に合わせて宿を選ぶことができます。

泉質

黒川温泉の泉質は主に三種類で、単純温泉、硫酸塩泉、単純硫黄泉。いずれの泉質も、主成分は宿によって様々で、ph値もそれぞれ異なります。これは1か所の源泉を複数の宿で共有しているのではなく、それぞれの宿の多くが自家源泉を持っていることも理由のひとつです。
弱アルカリ性単純温泉 硫酸塩泉 単純硫黄泉

阿蘇のホテルランキング、温泉、グルメと町歩き

阿蘇のホテルランキング、温泉、グルメと町歩き

阿蘇ってどんなところ?

圧倒的スケールの大自然が広がる阿蘇エリアは、東西18キロ、南北25キロにおよぶ世界最大級のカルデラが有名です。阿蘇五岳がそびえたつ見渡す限りの大草原や荒涼たる原野をはじめ、泉質の良い温泉地、阿蘇の伏流水が絶え間なくあふれる湧水地など、阿蘇火山の恵みを享受できるスポットが満載。国内では他に見ることのできない地球の鼓動を感じることができる場所です。

泉質

「南阿蘇」と「中阿蘇」、「小国」という3つのエリアは、単純泉から硫黄泉まで多彩な泉質が揃い、効能も様々。また、阿蘇の温泉には日本で珍しい微量の"リチウム"が含まれており、ストレス解消に効果的といわれています。
単純温泉 塩化温泉 硫酸塩泉

山鹿・平山のホテルランキング、温泉、グルメと町歩き

山鹿・平山のホテルランキング、温泉、グルメと町歩き

山鹿・平山温泉ってどんなところ?

熊本県北部に位置する山鹿市は、平安時代の文献『和名抄(わみょうしょう)』にも登場する、熊本を代表する温泉地の一つでもあります。山鹿温泉は“山鹿千軒たらいなし”(洗濯にさえたらいを使わず、掛け流しの湯を使うという意味)と謳われたほど、湯量が豊富。現在も、昔の面影を残す共同浴場や温泉旅館が点在し、まろやかな肌ざわりの湯が楽しめます。また、江戸時代に交易の中継地や参勤交代の道として栄えた豊前街道を中心に広がる情緒あふれる町並みも魅力です。

泉質

山鹿温泉はアルカリ性単純温泉。肌触りがなめらかなとろりとしたお湯は、美肌効果が高いとされ、「美人湯」と評判です。 36℃~45℃と比較的低めの湯温のため、ゆったりと長湯するのに向いています。
単純温泉

日奈久・湯の児で楽しむ宿、温泉、グルメと町歩き

日奈久・湯の児で楽しむ宿、温泉、グルメと町歩き

日奈久・湯の児ってどんなところ?

熊本県八代市の最南端に位置する「日奈久温泉」は、開湯600年と熊本県下で一番古い温泉地です。石畳の道や古い板塀など、当時の風情あるレトロな町並みが魅力で、町の中心部には薩摩街道が通り、数々の温泉施設や旅館が軒を連ねています。一方、熊本県水俣市の北部に位置する「湯の児温泉」は、九州の地中海とも呼ばれている不知火海に面しています。美しい不知火海沿いに旅館が建ち並び、情緒ある日本の佇まいとリゾート感が融合した温泉街です。

泉質

「日奈久温泉」は、弱アルカリ性単純温泉で、無色透明。”美人の湯”と称されるやわらかな肌触りの湯は、飲用も可能です。「湯の児温泉」は、ナトリウム炭酸水素塩泉と塩化物泉を含み、美肌に加え保温作用の効果も期待できます。
弱アルカリ性単純温泉

宿探しに迷ったら

現地在住スタッフがご相談にお応えします!

たびらいスタッフ

テーマ別 ホテル選び特集

何にこだわる?

どのエリアに泊まる?