熊本の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 山鹿温泉の魅力を訪ねて

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

山鹿温泉の魅力を訪ねて

  かつて“山鹿千軒たらいなし”と謳われたほど、豊富な湯量を誇る山鹿温泉。とろりと肌に優しい温泉に加え、歴史浪漫が漂う町並みを紹介する。

平成24年(2012)に再建された「さくら湯」

  平安時代の文献『和名抄(わみょうしょう)』にも登場する山鹿は、熊本を代表する温泉地の一つ。湯量が豊富なことから、“山鹿千軒たらいなし”(洗濯するのにさえたらいを使わず、掛け流しの湯を使う意)と謳われたこともある。起源は約800年前と古く、保元の乱に敗れて下ってきた宇野親治(うのちかはる)が保元2年(1157)、手負いの鹿が湯浴みをして傷を癒やしている姿を見て、温泉を発見したと伝えられている。

現在も、昔の面影を残す共同浴場や温泉旅館が点在。まろやかな肌ざわりの湯が楽しめるのはもちろん、江戸時代に交易の中継地や参勤交代の道として栄えた豊前街道を中心に広がる情緒あふれる町並みも魅力だ。

井口裕二さん
(いのくち ゆうじ)
井口 裕二さん

山鹿温泉の達人
  天保年間創業の「木屋本店」の九代目。雑誌『週刊新潮』の特集「人気の麹食品」で全国ナンバーワンを獲得した「奇跡の…塩こうじ」をはじめ、多数のヒット商品がある老舗麹屋の主人。現在は家業の傍ら観光客向けのツアーガイドも務めるなど、山鹿の活性化に尽力している。

達人が語る 山鹿温泉の魅力

昭和48年(1973)、解体直前の「さくら湯」

  山鹿の魅力といえば、真っ先に思い浮かぶのが温泉。平安時代から温泉郷として知られる山鹿の湯は、わずかにラジウムを含んだ弱アルカリ性(PH9.4~9.7)。無色透明でくせのない泉質で知られ、とろとろと柔らかな肌触りをしている。また、源泉は40℃前後と温度が低いため、長湯しても湯あたりしにくい。

そんな良質の温泉を持つ山鹿の町には、江戸時代の御殿湯を起源とする「さくら湯」をはじめ、共同浴場や温泉旅館が点在している。さくら湯は細川藩の御茶屋に端を発し、明治初期の大改修以降、改築と改修を重ねながら昭和48年(1973)に一度取り壊されたが、平成24年(2012)11月、見事によみがえった。柱と梁の軸組み工法、黄土漆喰や紅柄漆喰による化粧壁など、日本古来の伝統工法で、明治期の雰囲気が忠実に再現されている。

この再生事業では、外観は昭和48年(1973)の解体前、内観は昭和33年(1958)の改修前の姿に。館内には貴賓客が使用したという「龍の湯」や、その休憩室として使われた「池の間」、屋根の箱棟(はこむね)に開けられた湯気抜き用の穴などを見ることができる。観光案内所や温泉資料室も併設されているので、山鹿観光の拠点として、旅のスタートにふさわしい場所といえる。

人情あふれる公衆浴場でまったり

地元客や温泉通でにぎわう山鹿の公衆浴場

  山鹿の公衆浴場や温泉旅館には老舗が多く、昔ながらの温泉町風情を楽しめる。ビギナーでも訪れやすい立ち寄り湯も多くあるが、せっかくなら地元の人間だからこそ知っているような公衆浴場の魅力も知ってほしい。

吉田川沿いにある「熊入温泉センター」は、素朴なしつらえと優れた泉質の公衆浴場で、地元の常連客が絶えず訪れている。日光が降り注ぐ浴室には、温度ごとに分かれた浴槽が。一見すると寂しげな外観なのだが、ぜひ勇気を出して足を踏み入れてほしい。体のすみずみまで染み渡るような優しい湯と、気取らない雰囲気に、身も心も癒やされるはずだ。

歴史浪漫の道をぶらり散策

山鹿には江戸時代から昭和初期の木造建築が多数現存する

  山鹿にはもう一つ、忘れてはならない魅力がある。それは、江戸時代には宿場町として、明治~昭和初期にかけては交易の中継地として栄えた歴史浪漫あふれる町並みだ。中でも参勤交代の道としてにぎわい、かの天璋院篤姫も旅したといわれる豊前街道は、いにしえの面影を今に伝える山鹿のメインストリートだ。

豊前街道を湯あがりにぶらり散策すれば、京都の町屋を思わせる間口の狭い商家や、100年以上の歴史を持つ造り酒屋、明治時代に地元の実業家集団・旦那衆が私財を投げ打って建築した芝居小屋「八千代座」などが立ち並ぶ。これらの歴史ある建築物には見学可能なものが多く、「米米惣門ツアー」や「八千代座見学」、「山鹿旅先案内人の会ボランティアガイドツアー」など、地元ガイドと一緒に巡るツアーもある。より深く知りたければ、ツアーの利用がおすすめだ。

山鹿の町は、熊本市内に続いて県内で2番目に電話が引かれたほど、商業の町としてにぎわっていた。石畳の街道や小路(しゅうじ)を浴衣で歩きながら、当時のざわめきに耳を澄ませてほしい。

灯籠の明かりの幻想的な風景に浸る

闇夜に灯る和傘や竹灯りが美しい「山鹿灯籠浪漫・百華百彩」

  山鹿では、毎年8月15日~8月17日の期間に行われる「山鹿灯籠まつり」や、2月に街道沿いを和傘や竹灯りが照らす「山鹿灯籠浪漫・百華百彩」など、灯籠の光にフォーカスした祭りが名物となっている。特に夏の風物詩である山鹿灯籠まつりでは、灯籠の光と踊り子の優美な舞いが、“よへほ(=酔いなさい、ほら)”の調べにのって温泉街を包み込む。ハイライトともいえる「千人灯籠踊り」では、光の輪が幾重にも重なるさまが観る者を幻想の世界へと誘う。

《厳選ホテル》

山鹿温泉をもっと楽しめる。おすすめスポット

豊前街道の見どころ3選

  江戸時代から明治・大正・昭和初期の雰囲気を色濃く残す豊前街道。湯あがりの散策にぴったりの豊前街道沿いにあるスポットを紹介する。

  • 現在も現役の芝居小屋として活躍を続けている
  • 「木屋本店」では米麹を使った甘酒の試飲もできる
  • 人力車では博識な俥夫が山鹿の歴史やトリビアを教えてくれる
おすすめポイント
  北九州の小倉から熊本城までを結ぶ豊前街道は、山鹿のメインストリート。温泉はもちろん、観光や土産物選び、体験なども楽しめる。今回取り上げた「八千代座」や「米米惣門ツアー」など、歴史的な史跡めぐりに加えて、古い町屋や蔵を利用したカフェなどもおすすめ。女性や若者からも注目されるスポットだ。

おすすめの立ち寄り湯3選

  初めて訪れる観光客でも気軽に利用できる立ち寄り湯をピックアップ。

  • 平成24年(2012)に見事復活を遂げた「さくら湯」
  • 吉田川沿いにたたずむ「サンパレス松坂」
  • 温泉マニアにも人気が高い放射能泉が楽しめる「ならのさこ温泉」
おすすめポイント
  市民温泉として愛されてきた「さくら湯」をはじめ、山鹿には魅力的な立ち寄り湯が点在。宿泊施設を持たない共同浴場と旅館の大浴場を開放したものがあり、それぞれに味わいやサービスが異なる。温泉旅館の代表として挙げた「サンパレス松坂」は、レトロな造りの大浴場となめらかな湯、家族的な温かいサービスが好評だ。「ならのさこ温泉」は明るい雰囲気の施設で、歩行浴など多彩な湯船がそろう。

おすすめグルメ&土産3選

  山鹿ならではの伝統的な和菓子や、米どころならではの美味な日本酒など、郷土色あふれる土産物が充実している。その中からおすすめ三つを紹介する。

  • 金灯籠の形をした手のひらサイズのもなか
  • 甘さ控えめのこし餡を牛皮で包んだ和菓子
  • 女性に人気の「桜ほのか」はさくらんぼを使ったリキュール
おすすめポイント
  明治初期から受け継がれてきた伝統菓子「山鹿羊羹」や、山鹿灯籠を模した「灯籠最中」は土産物の定番。また、古くから米の集積地として栄えた山鹿は、麹や日本酒など、米を原料とした特産品も充実している。阿蘇の伏流水と良質の米を生かした日本酒は、全国でも高い評価を受ける。また、近年では菊鹿産ブドウを100%使用したワインが、数々の賞を受賞している。

山鹿温泉旅行をもっと楽しく。お得な旅行情報

編集部の視点
  山鹿温泉旅行をもっと楽しく、充実させられるように、温泉宿やレンタカー、パッケージツアーの予約情報を厳選して紹介。お得に賢く山鹿温泉を旅するヒントがたっぷり詰まっているので、自分好みのプランがきっと見つかるはず。

たびらいの推し宿予約は九州の宿泊予約プランが満載。
⇒山鹿温泉の宿はこちらで検索

山鹿温泉への交通アクセス

  山鹿温泉の代名詞・「さくら湯」までの交通アクセスを紹介。

車(レンタカー)で

  熊本空港から国道325号経由33キロ、約50分。
熊本駅から国道3号経由30キロ、約50分。
※さくら湯に隣接した温泉プラザ山鹿に駐車場あり(1時間無料)

◇たびらい熊本レンタカーで
⇒阿蘇の格安レンタカーを予約

路線バス

  熊本交通センターから山鹿バスセンター行きで約1時間30分。

達人が答える山鹿温泉Q&A

Q 立ち寄り湯には手ぶらでいい?
A 山鹿の温泉施設には、ボディソープやシャンプーなどのアメニティを無料で備えているところもある。しかし、さくら湯をはじめとする共同浴場には、各自で持参するスタイルの温泉も多い。ただし、タオルや石鹸などの最低限の入浴アイテムを購入できる施設がほとんどなので、持っていない場合は受付で気軽に尋ねてみよう。
Q 効率的に山鹿観光をするコツは?
A そんな時は地元ガイドの利用がおすすめ。「米米惣門ツアー」「山鹿人力車」、「八千代座バックステージツアー」に加え、豊前街道を知り尽くしたボランティアガイド「山鹿旅先案内人」が待機している。とくに山鹿旅先案内人は、オーダーメイドのツアーを組んでくれるため、要望や所要時間を伝えるだけでオリジナルの旅が楽しめる。
Q 灯籠娘に会いたい時は?
A 優美な舞いを披露する灯籠娘といえば、「山鹿灯籠踊り保存会」のメンバーたちがいる。しかし残念ながら、舞妓さんのように普段から山鹿の町を歩いているわけではない。どうしても彼女たちに会いたいという場合は、山鹿温泉観光協会のホームページで紹介される祭りやイベントに合わせて山鹿を訪れるか、「山鹿灯籠踊り保存会」が主催する山鹿灯籠踊り体験に申し込んでみよう。憧れの灯籠娘に会えるほか、自分自身も浴衣と灯籠を身に付け、灯籠娘に変身できる。
Q どうしても立ち寄り湯に入る時間がない時は?
A 湯の町・山鹿を訪れたからには、ぜひ温泉を満喫してほしいが、どうしても時間がない場合は、あし湯がおすすめ。さくら湯から国道325号線を挟んだ向かいにあり、足先で山鹿のとろとろの湯を満喫できる。
山鹿温泉の宿を探す、予約する。

たびらいの「推し宿」

  たびらいの「推し宿」は、九州の宿泊予約プランが満載。九州の温泉宿を知り尽くした現地スタッフが選りすぐりの情報を紹介している。

また、希望の宿が満室表示されている場合に、スタッフが宿に直接交渉をしてくれるリクエストサービスも魅力。


⇒山鹿温泉の宿はこちらで検索

いざないの一枚

その他にも、九州のおすすめ観光情報を紹介。

あなたの気になる記事は?

九州の各県を味わうグルメ

久留米ラーメン とんこつラーメン発祥の味

福岡・久留米ラーメン

旦過市場 昭和レトロに誘われて

福岡・旦過市場

博多の水炊き。人気の郷土料理を味わう

福岡・博多の水炊き

呼子で朝市やイカの活きづくりを楽しむ

佐賀・呼子

人吉・球磨のグルメ旅 自然が育んだ食文化

熊本・人吉球磨

門司港グルメ レトロな港町で焼きカレーを

福岡・門司港

黒糖焼酎 奄美群島だけで造られる稀有な酒

鹿児島・黒糖焼酎

太平燕 熊本のおすすめ郷土料理を食す

熊本・太平燕

佐世保バーガー 大人気のご当地グルメ

長崎・佐世保バーガー

九州を歴史散策・文化探訪

福岡・秋月 筑前の小京都、秋月城下を散策

福岡・秋月

宰府天満宮 深く知ると観光も楽しさ倍増

福岡・太宰府天満宮

博多座で初めての歌舞伎見物を

福岡・博多座

産業都市北九州で、工場見学を楽しもう

福岡・北九州

軍艦島 タイムカプセルとなった無人島へ

長崎・軍艦島

吉野ヶ里遺跡で邪馬台国ロマンを体感

佐賀・吉野ヶ里遺跡

三角西港で不思議発見。世界遺産登録が決定

熊本・三角西港

熊本・水前寺公園。湧水あふれる庭園を歩く

熊本・水前寺公園

熊本城 日本三名城に選ばれる魅力とは

熊本城

宮崎・青島 鬼の洗濯板に囲まれた聖なる島

宮崎・青島

九州の絶景を堪能する

糸島観光でスローバケーションを

福岡・糸島

加計呂麻島の楽しみ方

鹿児島・加計呂麻島

屋久島トレッキングで縄文杉に会う

鹿児島・屋久島

大観峰で阿蘇の絶景を満喫

熊本・大観峰

宮崎・青島 鬼の洗濯板に囲まれた聖なる島

宮崎・青島

糸島観光でスローバケーションを

福岡・糸島

霧島エリアの自然とグルメでパワーチャージ

鹿児島・霧島

志賀島を巡る旅 古代ロマンと絶景を楽しむ

福岡・志賀島

鵜戸神宮 絶壁に囲まれた岩窟の縁結び神社

宮崎・鵜戸神宮

人吉・球磨のグルメ旅 自然が育んだ食文化

熊本・人吉球磨

九州の温泉や名所でのんびりと

糸島観光でスローバケーションを

福岡・糸島

杖立温泉 “九州の奥座敷”で風情に浸る

熊本+大分・杖立温泉

ハウステンボス 長崎代表のおすすめ観光地

長崎・ハウステンボス

湯布院 全国屈指の温泉観光地へ

大分・湯布院温泉

嬉野温泉 日本三大美肌の湯の楽しみ方

佐賀・嬉野温泉

熊本・水前寺公園。湧水あふれる庭園を歩く

熊本・水前寺公園

黒川温泉 湯めぐり温泉と多彩な露天

熊本・黒川温泉

阿蘇温泉 南阿蘇・中阿蘇・小国へ訪れる

熊本・阿蘇温泉

別府温泉 世界に名だたる“温泉天国”

大分・別府温泉

長湯温泉・日本一と名高い炭酸泉を堪能する

大分・長湯温泉

その他の達人指南を見る

無数の灯りが舞う千人灯籠踊りは、山鹿灯籠まつりのハイライトだ

山鹿灯籠まつり 幻想的な灯りの世界へ
良質な温泉と浪漫あふれる町並みで知られる山鹿の夏の風物詩といえば、毎年8月15日~8月16日に開催される「山鹿灯籠まつり」(雨天の場合は17日に順延)。“よへほ・・・

どんこ舟が連なる柳川ならではの光景が見られる

柳川の歴史と文化にふれる町歩き
「お堀めぐり」で有名な柳川は、かつて柳川藩10万9000石の城下町として栄えた城下町。昔ながらの白壁の建物や藩主の別邸、柳川ゆかりの詩人や小説家の記念館など点在・・・

古い町屋の風景が残る新町の一角で、代々続く「森からし蓮根」

“新町と古町” 熊本の城下町を巡る
熊本駅と熊本城の間に広がる新町と古町。今から約400年前に熊本城が築城された際に造られた城下町だ。熊本ならではの伝統工芸や食を伝える店が軒を連ねる、風情あふれる・・・

雄大な阿蘇五岳の風景が目の前に広がる展望台

大観峰で阿蘇の絶景を満喫!グルメ&スポットも
阿蘇・大観峰からは、阿蘇五岳からくじゅう連山までが一望できる。阿蘇エリア屈指の絶景スポットの魅力に迫る。

堂々たる熊本城の天守閣は、熊本のシンボルだ

熊本城 日本三名城に選ばれる魅力とは
日本三名城の一つとして名高い「熊本城」。築城の名手といわれた加藤清正が手掛けた中世の要塞の魅力を、ベテラン案内人が紹介する。

地獄温泉の代名詞、清風荘「すずめの湯」(現在は休業中)

阿蘇温泉 南阿蘇・中阿蘇・小国へ訪れる
雄大な阿蘇火山の周辺には、良質な温泉があちこちから湧いている。絶景露天風呂から秘湯まで、阿蘇温泉のおすすめ情報を紹介。

噴煙たなびく中岳火口は迫力満点

阿蘇観光で雄大な自然と出合う旅
圧倒的スケールの大自然が広がる阿蘇。世界有数のカルデラ台地には、地球の鼓動を感じる出合いが待っている。

レトロな雰囲気が漂う人吉の老舗公営温泉、「堤温泉」

人吉観光 昭和が香る“町湯”の城下町へ
山間の自然に恵まれ、日本三大急流の一つである球磨川(くまがわ)が望める熊本の城下町・人吉。古くから熊本の南の玄関口とも呼ばれ、“九州の小京都”という異名を持つ。・・・

黒川温泉は「入湯手形」を使った湯めぐりができることで知られる

黒川温泉 山間の湯めぐりと多彩な露天
阿蘇山と、くじゅう連山の間に広がる大自然の中に、ひっそりとある黒川温泉。多彩な露天風呂や情緒あふれる湯宿がひしめくこの温泉地には、全国から癒やしを求める旅人が訪・・・