1. たびらい
  2. 観光情報
  3. 佐賀観光情報
  4. 【保存版】唐津観光15選 現地編集部が厳選

【保存版】唐津観光15選 現地編集部が厳選

鏡山西展望台

01

鏡山西展望台

鏡山の山頂に用意された人気のビュースポット

唐津市東部にそびえる鏡山は、神功皇后が山頂に鏡を祀ったことに因んでその名が付けられたとされ、古来より数多くの歌人や詩人が歌を詠んだと伝わる山。標高284メートルの山頂には、展望台や展望テラスが設置され、唐津ならではの風光明媚な風景を楽しめるビュースポットとして有名です。天気が良い日には、長崎県の壱岐が見えることもあるとか。夜景スポットとしても有名で、180度大パノラマの煌びやかな夜景も必見です。

基本情報
【住所】
佐賀県唐津市鏡
【問い合わせ】
0955-74-3355(唐津観光協会)
【交通アクセス】
JR唐津駅から車で約22分
【駐車場】
あり(135台)

旧唐津銀行本店

02

旧唐津銀行本店

日本近代建築の故郷・唐津にたたずむ辰野様式の洋館

東京駅や日本銀行本店などの設計で有名な建築家の辰野金吾。唐津は、辰野金吾の故郷であり、辰野イズムを注ぎ込んだ「旧唐津銀行本店」が建つ地。監修者の辰野、辰野と藩校からの旧友であり、唐津銀行初代頭取でもあった依頼者の大島小太郎、辰野の愛弟子である設計施工者の田中実と、近代唐津の巨匠が三位一体となって誕生した傑作です。館内には、近代唐津の歴史を紹介したスペースがあったり、レストランがあったりと、内部見学も楽しみです。

基本情報
【住所】
佐賀県唐津市本町1513-15
【営業時間】
9時~17時
【料金】
無料(企画展時は除く)
【問い合わせ】
0955-70-1717
【交通アクセス】
JR唐津駅から徒歩約8分
【駐車場】
あり(19台)

産栄市場

03

産栄市場

地元の方や食材との出合いが楽しみな昔ながらの市場

JR唐津駅から徒歩で5分ほどの場所に位置する「唐津市中町通り」。多くの飲食店が軒を連ねる「唐津市中町通り」の一角に、「産栄市場(さんえいいちば)」があります。「産栄市場」は、「唐津の台所」として名を馳せており、青果店や精肉店も昔ながらの対面販売で営業を続けています。玄海灘や唐津湾で水揚げされた種類豊富な魚介類や、きさくに接してくれる地元の方との触れ合いを楽しんでください。

基本情報
【住所】
佐賀県唐津市中町1879-1
【営業時間】
7時~(16時ごろには終了する店が多い)

からつ 鮨 笑咲喜(えさき)

04

からつ 鮨 笑咲喜(えさき)

舌が肥えたグルメな人を唸らせる新進気鋭の鮨屋

玄界灘に面した唐津には、長い歴史を持つ老舗店から新たに誕生した店舗に至るまで、寿司の名店が点在しています。その中でも、ひときわ高い人気を集めているのが笑咲喜(えさき)。メニューは「おまかせにぎり」と「おまかせ肴とにぎり」のみ。新鮮なネタ、2種類の米をブレンドしたシャリ、マツキンの醤油、七山産のお多福生姜を使用したガリなど、もてなしのひとつ一つに唐津産へのこだわりが詰まっています。滋味豊かな唐津の食材と店主の確かな腕によって生み出される逸品が、数多くの人を魅了してやみません。

基本情報
【住所】
佐賀県唐津市中町1840-1
【営業時間】
平日……17時~22時
日曜……12時~14時
※祝日は要問い合わせ
【定休日】
月曜
【問い合わせ】
0955-75-2014
【交通アクセス】
JR唐津駅から徒歩約5分
【メニュー例】

・おまかせにぎり(小鉢・にぎり・吸物・甘味) 3500円
・おまかせ肴とにぎり(小鉢・刺身・肴・吸物・甘味) 4800円

春季例大祭

05

唐津神社 春季例大祭

春のくんちとして親しまれる唐津神社の春の祭典

「唐津くんち」に、春のくんちもあることをご存じですか? ユネスコ無形文化遺産にも指定されている唐津くんちと言えば、唐津神社の秋季例大祭であると同時に、収穫の感謝を捧げる祭りでもあり、秋祭りのイメージが強いですが、実は例年4月29日に、「春のくんち」と呼ばれる唐津神社の春季例大祭も開催されています。唐津神社に、獅子や鯛、亀などの形をした巨大な唐津くんちの曳山14台が一堂に会する姿は、まさに圧巻の光景。無料開放された「曳山展示場」に並ぶ曳山グッズや唐津焼の作品、神社周辺の屋台などもお見逃しなく。

基本情報
【開催日】
毎年4月29日
※雨天中止の場合あり
【開催時間】
10時~15時
【会場】
唐津神社
佐賀県唐津市南城内3-13
【交通アクセス】
JR「唐津駅」から徒歩約5分
【電話番号(問い合わせ)】
0955-72-4963(唐津駅総合観光案内所)

呼子台場の湯(呼子台場みなとプラザ)

06

呼子台場の湯(呼子台場みなとプラザ)

効能豊かな2種類の温泉をたたえた日帰りの温泉施設

多くの観光客が訪れる呼子で、いやしのスポットとして親しまれているのが、「呼子台場みなとプラザ」内にある「呼子台場の湯」です。肌触りが優しい高串温泉は美人の湯としても人気で、湯上りには肌がツルツルになると評判だとか。併設された漁協直営の直売所でいかやウニなどの新鮮な魚貝類を買ったり、休憩談話室でご飯を食べたり、観光の合間に何度も立ち寄ったりと、観光の拠点にも最適です。

基本情報
【住所】
唐津市呼子町呼子1740-11
【営業時間】
10時~20時
【利用料金】

大人(中学生以上)510円、午後5時以降は410円 子ども(4歳以上から小学生まで)300円 午後5時以降は200円
【問い合わせ】
0955-82-2111
【交通】
呼子町観光案内所付近から車で約5分
【定休日】
第3水曜、12月31日~1月2日
【駐車場】
40台(臨時駐車場あり)

旧高取邸

07

旧高取邸

「肥前の炭鉱王」と称される高取伊好が贅を凝らした屋敷

杵島炭鉱を経営していたことから「肥前の炭鉱王」と呼ばれていた高取伊好(これよし)。石炭で財を成した伊好が、細部の一つひとつまでこだわり抜いて建てた屋敷があります。それが、唐津城本丸の西南、唐津湾に望み建つ「旧高取邸」。重な大広間の能舞台、趣向を凝らした欄間、色鮮やかに描かれた杉戸絵、独自のうねりをみせる手すきガラス、主人用と家族用、来賓用の3つもある玄関などの特徴を持ち、居宅であると同時に、迎賓館としての役割も果たしていました。昭和初期の姿へと復原された「旧高取邸」は一般公開されており、自由に内部を見学できます。

基本情報
【住所】
佐賀県唐津市北城内5-40
【営業時間】
9時30分~17時(入場は16時30分まで)
【料金】
一般510円、小・中学生250円
【問い合わせ】
0955-75-0289

虹の松原

08

虹の松原

日本三大松原の一つにも数えられるほどの光景が魅力

玄海国定公園内に位置する「虹の松原」は、唐津湾に沿うように長さ約4.5メートルに渡り、約100万本のクロマツが続く景勝地。国内の松原の中で唯一の特別名勝に指定され、白砂青松100選やかおり風景100選にも選ばれるほどの美しさです。江戸時代のはじめ、初代の唐津藩主であった寺沢広高が防砂や防風のために、植林をしたのがはじまりだそう。海の近くにありながらも海水ではなく真水が湧く井戸や豊臣秀吉にまつわるスポットなど、7つの不思議な伝説も残っており、巡る楽しみもあります。

基本情報
【住所】
佐賀県唐津市虹の松原
【問い合わせ】
0955-74-3355(一般社団法人 唐津観光協会)

宝当神社

09

宝当神社

日本各地から宝くじの高額当選者が足繁く訪れる神社

唐津城すぐ側の桟橋から船で約10分、高島に鎮座し宝くじ当選にご利益があるといわれている「宝当神社」。元々は島に平穏な生活をもたらした英雄、野崎綱吉を「当島の宝」として祭る神社ですが、縁起の良い名前にあやかりたいという参拝者の中から宝くじの高額当選者が多く出たことから、一躍金運スポットとして有名になりました。運試しとして宝当神社を参拝後に宝くじを買ってみてはいかかですか。

基本情報
【住所】
佐賀県唐津市高島523
【問い合わせ】
0955-74-3715
【交通アクセス】
宝当桟橋から定期船で約10分の高島桟橋から徒歩約3分

唐津シーサイド温泉

10

唐津シーサイド温泉

唐津屈指のスパリゾートで堪能する上質な時間

雄大な唐津湾ビューを楽しめることでも人気の「唐津シーサイドホテル」は、全室オーシャンビューの客室やプール、活きの良い海の幸を生かした料理など、多彩な魅力を備えた海辺のホテル。2018年には、新たな癒やし空間の天然温泉が満たす展望浴場「唐津シーサイド温泉」が仲間入りしました。自慢の展望露天には、疲労回復や神経痛などに効くと評判のナトリウム塩化物強塩泉が注がれ、刻一刻と変化する唐津湾の風景を眺めながらの湯浴みを満喫できます。

基本情報
【住所】
佐賀県唐津市東唐津4-182
【問い合わせ】
0955-75-3300(唐津シーサイドホテル)
【施設名】
唐津シーサイドホテル 「唐津シーサイド温泉」

からつバーガー(グルメ)

11

からつバーガー

ご当地バーガーの発祥とされるからつバーガーに舌鼓

ご当地バーガーの始まりとされている「からつバーガー」。エッグバーガー、ハムエッグバーガーなどが揃うメニューの中でも、おすすめは「スペシャルバーガー」です。佐賀県産のビーフパテや新鮮なレタス、チーズやハム、エッグなどの具材の旨味を、酸味や甘みの効いた独自オリジナルのソースが引き立てています。虹の松原からも程近い県道347号沿いにショップがあるので、虹の松原を訪れた際にはぜひ立ち寄ってみてください。

基本情報
【住所】
佐賀県唐津市虹ノ松原
【営業時間】
10時~20時
【定休日】
無休
【問い合わせ】
0955-70-6446
【交通アクセス】
唐津駅から車で約8分
【駐車場】
あり
【メニュー例】

・スペシャルバーガー 490円
・エッグバーガー 370円
・ハムエッグバーガー 370円
・チーズバーガー 370円
・ハンバーガー 310円

魚ロッケ(グルメ)

12

魚ロッケ

地元の人に愛され続ける魚の旨味を閉じ込めた魚ロッケ

玄界灘や唐津湾に面している唐津は、昔から港町として栄えてきた地。港町唐津を象徴するように、魚を生かしたご当地グルメがあります。それが、発祥と伝わる老舗ふじ川蒲鉾本店の「魚ロッケ」。「あっさり塩味」と「カレー風味」とが用意された「魚ロッケ」とは、魚のすり身に人参や玉ねぎ、カレー粉などを混ぜたものにパン粉をまぶし、コロッケ状に揚げたもので、衣のカリカリ感と中のモチモチ感が楽しみな一品。おやつやおつまみ、ご飯の惣菜としても重宝がられる魚ロッケは、地元の方にとってはなじみ深い逸品です。

基本情報
【住所】
佐賀県唐津市中町1859
【営業時間】
8時~17時
【定休日】
日曜
【問い合わせ】
0955-72-3745
【交通アクセス】
JR唐津駅から徒歩約4分
【メニュー例】
魚ロッケ(カレー風味、あっさり塩味) 1枚80円

唐津城天守閣 展望室

13

唐津城天守閣 展望室

殿様気分を味わいながら360度の大パノラマを愛でる

慶長13年(1608)に、唐津藩の初代藩主であった寺沢広高によって築かれた「唐津城」。天守閣の両側に西の浜松原や虹の松原が広がり、鶴が翼を広げた姿に似ていたことから「舞鶴城」とも呼ばれる名城です。360度のパノラマを誇る展望室では、唐津湾や松浦川、虹の松原、西の浜などが紡ぐ印象深い光景と出合えます。昔に思いをはせながら、絶景を眺めるのも素敵ですよ。

基本情報
【住所】
佐賀県唐津市東城内8-1
【営業時間】
9時~17時
【料金】
一般 410円/小・中学生 200円
【問い合わせ】
0955-72-5697
【定休日】
12月29日~12月31日

曳山展示場

14

曳山展示場

唐津くんちの主役を担う壮麗な曳山と年中出合える館

毎年11月2日から4日にかけて開催される「唐津くんち」は、豪華絢爛な曳山が町を練り歩くことで有名な唐津を代表する秋祭りです。唐津くんちに実際に登場する全14台もの曳山を展示した「曳山展示場」は祭りの期間だけでなく、一年中貴重な山車を間近で眺めることのできる貴重なスポット。獅子頭や鯛など、独特の形をした曳山に、色鮮やかな装飾が施されているのが特徴で、佐賀県の重要有形民俗文化財にも指定されています。土産コーナーの豊富な曳山グッズも必見です。

基本情報
【住所】
佐賀県唐津市西城内6-33
【営業時間】
9時~17時
【料金】
一般300円、小・中学生150円
【問い合わせ】
0955-73-4361
【定休日】
12月の第1火曜・水曜、12月29日~12月31日
【交通アクセス】
JR唐津駅から徒歩約10分
【駐車場】
あり(30台)

キャラバン

15

キャラバン

中町商店街に建つミシュランも認めたステーキ専門店

食通が集う中町商店街に建つステーキ専門店の「キャラバン」。ミシュランガイド福岡・佐賀2014特別版でひとつ星に輝いた名店ながらも、アットホームな店内で、肩ひじを張らずに肉厚のステーキが堪能できると評判の人気店です。看板メニューは、最高ランクの黒毛和牛である「佐賀牛」のステーキ。きれいなサシが入った佐賀牛は、赤身がやわらかく、甘みやコクを味わえるのが特徴。手軽なランチから本格的なステーキコースまで揃っていますので、幅広いシーンで活用できます。

基本情報
【メニュー例】

・佐賀牛伊万里牛ハンバーグコース 2200円
・佐賀牛伊万里牛特選ヒレコース5オンス、同特選サーロインコース5オンス、同特選ヒレ・サーロインMixコース 各8750円
【住所】
佐賀県唐津市中町1845
【営業時間】
11時30分~14時30分ラストオーダー、17時~20時30分ラストオーダー
【定休日】
火曜(祝日の場合は営業)
【電話番号】
0955-74-2326
【交通アクセス】
JR唐津駅より徒歩約5分
【駐車場】
提携駐車場あり

今、この宿、見られてます

    

あわせて読みたい!

最新情報はこちらからチェック!

旬な観光情報を現地からお届け
×