1. 【最新版】佐賀観光といえばココ!佐賀を120%楽しめる観光スポット18選

特集

現地スタッフが厳選した旅行と観光に関する「便利」で「すぐに役立つ」情報をまとめた特集記事を紹介しています。

佐賀旅行を満喫

【最新版】佐賀観光といえばココ!佐賀を120%楽しめる観光スポット18選

呼子

朝市とイカの活きづくりを楽しむ
「呼子」
呼子といえば“イカの町”。透明度抜群の「イカの活きづくり」を目当てに、年間で90万人以上が訪れるという。人気が高い呼子の朝市や海底散策ができる遊覧船も見逃せないが、そんな呼子にはイカに次ぐ新しい名物「サバの活きづくり」が誕生し、新たな呼子ブランドとして注目されている。

基本データ

【住所】佐賀県唐津市呼子町呼子
【交通アクセス】
・JR博多駅から福岡市地下鉄空港線で約1時間15分でJR唐津駅、昭和バス(約30分)で呼子
・福岡から車で福岡市都市高速~西九州自動車道~二丈・浜玉道路で約50分で唐津、さらに約30分で呼子
【電話番号(問い合わせ)】0955-82-3426(唐津観光協会 呼子観光案内所)

嬉野温泉

日本三大美肌の湯の楽しみ方
「嬉野温泉」
古くから湯治場として利用されてきた嬉野温泉は、栃木県の「喜連川温泉」、島根県にある「斐乃上温泉」に並び、「日本三大美肌の湯」と称されている。泉質は、美肌に効果があるといわれる無色透明の「重曹泉」。成分にナトリウムが多く含まれているため、角質化した皮膚をなめらかにし、みずみずしい肌によみがえらせてくれるという。

基本データ

【住所】佐賀県嬉野市嬉野町
【交通アクセス】
・九州道の鳥栖ジャンクションから車で約1時間で嬉野インターチェンジ、さらに約5分で嬉野温泉  
・有明佐賀空港から車で約1時間20分
・JR博多駅から佐世保線特急(約1時間)でJR武雄温泉駅、嬉野温泉行バス(約30分)で嬉野温泉
【電話番号(問い合わせ)】0954-43-0137(嬉野温泉観光協会)

武雄温泉

偉人たちに愛された美人の湯
「武雄温泉」
「美人の湯」と称される佐賀の名湯・武雄温泉。効能高い泉質もさることながら、町を印象づける歴史ある建物も魅力のひとつ。武雄温泉のシンボルとして圧倒的な存在感を放っているのが、鮮やかな朱色が美しい「武雄温泉楼門」だ。実は温泉だけではない旅の楽しみとして、この建物と東京駅にまつわる干支の謎が、ちょっとした話題になっている。

基本データ

【住所】佐賀県武雄市武雄町
【交通アクセス】
・JR特急みどり号もしくはハウステンボス号で、JR博多駅から武雄温泉駅まで約1時間5分
・長崎自動車道の福岡インターチェンジから武雄北方インターチェンジまで車で約1時間
【電話番号(問い合わせ)】0954-23-7766(武雄市観光協会)

九州ローカル案内役が厳選おすすめホテル特集

[たびらいセレクション]

2000年の歴史を持つ佐賀の名湯 古湯温泉

2000年の歴史を持つ佐賀の名湯
「古湯温泉」
湯治場として歌人の斉藤茂吉や画家の青木繁など多くの文人墨客も訪れた名湯「古湯温泉」。昭和41年「古湯・熊の川温泉郷」として、国民保養温泉地に指定されています。ヌルヌルとしたアルカリ性の湯は肌に優しく、皮膚病やリウマチのほか、美白、美肌にも良いと評判で美人湯としても名高い温泉です。

基本データ

【住所】佐賀県佐賀市富士町古湯
【交通アクセス】長崎自動車道佐賀大和インターチェンジから富士町へ車で約12分
【電話番号(問い合わせ)】0952-58-2860(古湯・熊の川温泉地活性化運営委員会)

唐津

城下町で、歴史散策とグルメ観光
「唐津」
唐津湾に突き出した丘陵にそびえるしっくいの天守閣。その眼下に広がる唐津は、江戸時代初期の町割りがそのまま残り、随所に歴史の足跡をとどめる城下町だ。唐津散策は、城下町の成り立ち抜きには語れない。ひとたびその歴史をひもとけば、街歩きからグルメに至るまで、旅の楽しみは何倍にも膨らむ。

基本データ

【住所】佐賀県唐津市東城内8-8-1
【交通アクセス】
・JR唐津駅より徒歩約25分
・福岡方面から、福岡前原道路と国道202号を通り約1時間
【電話番号(問い合わせ)】0955-72-5697(唐津城管理所)

佐賀バルーンフェスタ

大空を彩る熱気球
「佐賀バルーンフェスタ」
佐賀の秋の風物詩ともいえる「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」。世界各国から選手が集まるアジア最大級の熱気球大会で、期間中は約80万人の観客が押し寄せる。風の吹くまま自然と一体になって、澄み渡る大空いっぱいに広がる色とりどりのバルーン。まるで絵本の1ページのような心躍る景色は、見る者に大きな感動を与える。そんな、ゆったりとした見た目とは裏腹に、熱気球は意外とハードなスカイスポーツだ。

基本データ

【住所】佐賀県佐賀市嘉瀬町大字荻野
【交通アクセス】
・JR長崎本線肥前山口方面・JR唐津線多久方面(下り)普通列車で、JR佐賀駅からJRバルーンさが駅まで約5分
・長崎自動車道の佐賀大和インターチェンジから佐賀市街地・佐賀空港方面へ国道264号線、国立病院前交差点から長崎方面へ国道34号線(佐賀バイパス)を進み、嘉瀬大橋(バルーン会場)まで
【電話番号(問い合わせ)】0952-29-9000(熱気球大会佐賀運営委員会)

[たびらいセレクション]

伊万里・大川内山

伝統が息づく焼き物の町
「伊万里・大川内山」
佐賀県の伊万里・有田は約400年にわたって日本を代表する磁器の生産地として栄えた場所だ。中でも、かつて伊万里市大川内山には佐賀藩直営の窯が置かれ、技術の粋を集めた焼き物がつくられた。現在では「鍋島焼」あるいは「鍋島」と呼ばれている焼き物である。険しい地形が広がるこの地に、藩窯が設けられている。

基本データ

【住所】佐賀県伊万里市大川内町乙1848
【交通アクセス】
・福岡や熊本、大分方面からは長崎自動車道を使用し、鳥栖ジャンクション(長崎・佐賀方面)→武雄北方インターチェンジ→伊万里方面→大川内山
・博多駅から高速バスを使用し、博多バスターミナル(昭和自動車株式会社「いまり号」)→(約1時間50分)→伊万里駅前バス停→大川内山行きバス→(15分)→終点
【電話番号(問い合わせ)】0955-23-3479(伊万里市観光協会)

三瀬

どんぐり村に三瀬そば ―盛りだくさんなドライブ
「三瀬」
福岡と佐賀の県境に位置する三瀬高原。国道263号を通れば、それぞれの市街地から車で片道40分足らずでたどり着ける。標高400~500メートルの山間に里山の風景が広がるドライブコースには、レジャー施設やグルメスポットも多い。春は新緑、夏は渓流のせせらぎ、秋は紅葉、冬は山並みの雪化粧と、四季折々の自然を楽しむことができる。そんな三瀬ドライブも、コースの組み立て次第で、楽しみ方がぐんと広がる。まずは王道の「どんぐり村」や秋の定番“りんご狩り”を中心に据えて、直売所やグルメを織り交ぜた日帰りコースに加えて、農家民宿やカフェを組み合わせた一泊コースも可能。

基本データ

【住所】佐賀県佐賀市三瀬村杠2234-67
【交通アクセス】
・長崎自動車道の佐賀大和インターチェンジから車で約25分
・JR佐賀駅から車で約35分
【電話番号(問い合わせ)】0952-56-2141(三瀬ルベール牧場 どんぐり村)

吉野ヶ里遺跡

邪馬台国ロマンを体感
「吉野ヶ里遺跡」
吉野ヶ里遺跡が新聞やテレビのニュースに取り上げられ、全国的な古代史ブームを巻き起こしたのは平成元年(1989)のこと。かねてから発掘調査が行われていた遺跡から、『魏志倭人伝』の邪馬台国に類似した遺構や遺物が次々と発見されたのだ。現在、吉野ヶ里遺跡は国営の「吉野ヶ里歴史公園」として整備され、弥生時代の環壕集落(周囲に堀をめぐらせた集落)が復元されている。ここは卑弥呼がいた邪馬台国なのか? そんな歴史ロマンに駆り立てられ、多くの観光客が全国各地から訪れている。

基本データ

【住所】佐賀県神埼郡吉野ヶ里町田手1869
【交通アクセス】
・佐賀駅から約9分で神埼駅へ、さらに約12分で吉野ヶ里公園駅
・神埼駅、吉野ヶ里駅から徒歩約15分
【電話番号(問い合わせ)】0952-55-9333(吉野ヶ里遺跡)

[たびらいセレクション]

虹の松原

伝説のダイバーも愛した名勝を観光
「虹の松原」
唐津湾の浜辺に沿って弧を描く絶景パノラマ。唐津湾に面した白い砂浜に沿って延びる名勝「虹の松原(にじのまつばら)」。約4.5キロに渡り、約100万本の黒松林が広がるこの松原は多くの人を魅了してきた。世界的に有名な海洋冒険家ジャック・マイヨールも生涯にわたり愛したという。松林を走る長い道は、ドライブにおすすめだ。

基本データ

【住所】佐賀県唐津市東唐津
【交通アクセス】
・博多から福岡地下鉄空港線で姪浜まで約20分、JR筑肥線で虹ノ松原駅まで約50分
・JR唐津駅から筑肥線で約7分、虹ノ松原駅で下車
【電話番号(問い合わせ)】0955-72-9127(唐津市観光課)

佐賀県小城市のパワースポット清水の滝

佐賀県小城市のパワースポット
「清水の滝」
幅13メートルの清流が落差75メートルの崖を垂直に流れ落ちる、迫力と美しさが魅力の「清水の滝」。秋には紅葉がライトアップされる「清水竹灯り」が開催され、多くの人で賑わいます。清水の滝へ続く川沿いには小城の名物「鯉料理」を味わえる料亭や旅館も。1年を通して楽しめる名瀑です。

基本データ

【住所】佐賀県小城市小城町松尾字清水
【交通アクセス】長崎自動車道「佐賀大和インターチェンジ」から車で約20分
【駐車場】あり(30台)
【電話番号(問い合わせ)】0952-37-6129(小城市役所商工観光課)

太良町のフォトジェニックスポット海中鳥居・道路

太良町のフォトジェニックスポット
「海中鳥居・道路」
佐賀県太良町にあるフォトジェニックなスポット「海中鳥居」は、有明海に位置します。鳥居と灯篭の幻想的な世界を楽しむことができる「千乃灯篭(せんのとうろう)まつり」が有名で、毎年遠方からやってくる方も多いです。撮影の際は、朝日や夕日が見える時間帯に行くのがおすすめです。

基本データ

【住所】佐賀県藤津郡太良町大字多良1874-9
【交通アクセス】長崎自動車道武雄北方インターチェンジから車で約1時間
【電話番号(問い合わせ)】0954-67-0065(太良町観光協会)

[たびらいセレクション]

地上からは見えない世界遺産三重津海軍所跡

地上からは見えない世界遺産
「三重津海軍所跡」
佐賀の「三重津海軍所跡」は、平成27年(2015)には「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産として世界遺産に登録されました。現在は保護のため地中に埋め戻され、地上からは実物を見られませんが、約160年前の三重津海軍所の様子をイメージしたパノラマCG画像を見ながら史跡散策できる「みえつSCOPE(スコープ)」を体験できます。

基本データ

【住所】佐賀県佐賀市諸富町大字為重川副町大字早津江
【営業時間】9時~19時 ※体験、有料展示室は17時まで
【休館日】月曜(祝日の場合は翌日)、12月29日~1月3日
【利用料金】無料(三重津タイムクルーズ) ※雨天時はVR機器(みえつSCOPE)の屋外利用は不可、貸し出しには運転免許証・保険証などの身分証明の提示が必要
【交通アクセス】九州自動車道「みやま柳川インターチェンジ」から約40分
【電話番号(問い合わせ)】0952-34-9455(佐野常民記念館)

鍋島藩の歴史を深く学ぶ佐賀城本丸歴史館

鍋島藩の歴史を深く学ぶ
「佐賀城本丸歴史館」
日本最大級の建築物を誇る「佐賀城本丸歴史館」。佐賀藩の歴史を伝える資料館として、佐賀城本丸御殿の一部を忠実に復元して整備されています。館内には「本丸御殿を3D画面で探検できる「バーチャル佐賀城」や大隈重信の声が聞こえる電話など、子どもから大人まで楽しめるコンテンツが盛りだくさんです。

基本データ

【住所】佐賀市城内2-18-1
【営業時間】9時30分~18時
【利用料金】なし※募金を受付
【駐車場】あり(39台、臨時駐車場、車71台、バス9台)
【交通アクセス】JR佐賀駅南口から県庁方面へ徒歩25分、タクシーで10分
【電話番号(問い合わせ)】0952-41-7550

佐賀屈指の紅葉スポット九年庵

佐賀屈指の紅葉スポット
「九年庵」
明治時代に佐賀の大実業家・伊丹弥太郎(いたみやたろう)が造った別荘と庭園「九年庵」。毎年、紅葉の時期と新緑の時期にだけ一般公開されています。苔の青々とした深緑と紅葉の深紅の色彩の対比を見に観光客が訪れます。かやぶきの屋根や土壁などの独特の外観なども併せて楽しんんで。

基本データ

【住所】佐賀県神埼市神埼町仁比山
【駐車場】あり※吉野ヶ里歴史公園臨時駐車場(1台300円)を利用(シャトルバスの運行あり)
【交通アクセス】長崎自動車道の東脊振インターチェンジから車で約10分
【電話番号(問い合わせ)】0952-37-0107(神埼市商工観光課)

[たびらいセレクション]

大川と佐賀を結ぶ可動式鉄橋 筑後川昇開橋

大川と佐賀を結ぶ可動式鉄橋
「筑後川昇開橋」
現存する昇降式可動橋としては全国で最古を誇る「筑後川昇開橋」は、筑後川にかかる、全長約507メートルの橋です。佐賀線の廃止にともない線路としての利用は終わりましたが、町のシンボルでもある昇開橋を残そうと地元住民の強い要望により平成8年(1996)に開通。遊歩道として1日に数回可動しており、夜間にはイルミネーションも点灯されます。

基本データ

【住所】佐賀県佐賀市諸富町大字為重
【通行料】無料
【駐車場】あり(無料)
【休業日】月曜(祝日の場合は翌日)
【交通アクセス】九州自動車道「みやま柳川インターチェンジ」から約40分
【電話番号(問い合わせ)】0944-87-9919(財団法人 筑後川昇開橋観光財団)

宝くじの有名願掛けスポット宝当神社

宝くじの有名願掛けスポット
「宝当神社」
神社のもともとの「寶當(ほうとう)」の字が縁起が良いということから、平成になって参拝者が増え、宝くじの高額当選者が多く出たという「宝当神社」。唐津城近くの桟橋から定期船に乗って、10分ほどで島へ渡ることができます。土産物におすすめな瓶詰めソーダ「当たりソーダ」などを販売しています。

基本データ

【住所】佐賀県唐津市高島523
【交通アクセス】宝当桟橋から定期船で約10分の高島桟橋から徒歩約3分
【電話番号(問い合わせ)】0955-74-3715

嬉野の歴史型テーマパーク肥前夢街道

嬉野の歴史型テーマパーク
「肥前夢街道」
遊び処には忍者になりきって遊べる「手裏剣打道場」や「吹屋道場」、からくりを駆使した「忍者屋敷」などがある、嬉野の歴史型テーマパーク「肥前夢街道」。その他、忍者ショーが行われる忍者屋敷や、江戸時代の着物や忍者の七つ道具を展示している代官所など、見どころも満載。小さい子供から大人まで楽しめるエンターテインメント施設です。

基本データ

【住所】佐賀県嬉野市嬉野町大字下野甲716-1
【通行料】無料
【駐車場】あり(無料)
【定休日】無休
【営業時間】平日9時~16時、土・日曜、祝日9時~17時※春休み、夏休み、冬休みは17時まで営業
【交通アクセス】長崎自動車道「嬉野インターチェンジ」より車で約5分
【電話番号(問い合わせ)】0954-43-1990

[たびらいセレクション]

九州旅行の予約は
たびらい九州におまかせ

各種九州旅行の予約はこちら。

今、この宿、見られてます

今が旬のおすすめ観光情報

×