1. 八朔祭 山都町に秋を告げる祈願祭へ

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

八朔祭 山都町に秋を告げる祈願祭へ

  毎年9月の第1土曜・日曜に、自然豊かな上益城郡山都町(やまとちょう)で行われる祭り、「八朔祭(はっさくまつり)」。祭りの目玉である「大造り物の引き廻し」に加えて、通潤橋の上空に打ち上げられる花火も見どころとなっている。

竹やシュロの皮など自然の素材で作られた「大造り物」

  江戸時代中期から上益城郡山都町(やまとちょう)に伝わる「八朔祭(はっさくまつり)」は、毎年田の神に豊作を祈願するために始まったとされる。

祭り最大の見どころは、何といっても「大造り物(おおつくりもん)の引き廻し」だ。地元の住民が連合組ごとに団結し、地域に伝わる技術を駆使して、竹や杉など自然の材料を使って、題材をリアルに表現した造り物を披露する。1カ月以上かけて造り上げられる巨大像は迫力満点だ。

取材/熊本の編集プロダクション「ポルト」、平成28年(2016)5月

[たびらいセレクション]

橋本浩彰さん
(はしもと ひろあき)
橋本 浩彰さん

八朔祭の達人
  山都町浜町出身。浜町商店街で代々写真屋を営む写真家。八朔祭には約20年にわたって携わっており、地元「下市連合組」の大造り物制作を指揮するリーダーでもある。“頭の中で設計図が出来上がっている”とメンバーからの信頼も厚い。ただ、祭り当日も中心となって参加するため、祭りの様子を撮影できたことがないのが少し寂しいとか。

最大の見せ場は、「大造り物の引き廻し」

巨大な像が町内を引かれる「大造り物の引き廻し」

  “放水する石橋”として全国的に知られる山都町の「通潤橋(つうじゅんきょう)」は日本最大級の石造りアーチ水路橋で、国の重要文化財に指定されている。この通潤橋の近くにある浜町商店街一帯で、毎年9月の第1土曜・日曜に開催されているのが、この「八朔祭(はっさくまつり)」だ。両日とも商店街全域が歩行者用道路となり、多くの露店が軒を連ねる。

1日目の土曜には豊年祈願祭や七畝稲荷御神幸などが粛々と行われるが、祭りの最大の見どころとなるのは、2日目の日曜に行われる「大造り物の引き廻し」。これを見るために、県内外から多くの見物客が訪れるのだ。「大造り物(おおつくりもん)」とは、竹や杉、シュロの皮といった自然の素材だけを使って、地元の各連合組が技術を競い合いながら制作する巨大な像のこと。歴史上の人物や伝説上の生き物、動物など、毎年さまざまな像が造られるが、中には高さ4~5メートルに及ぶものもあり、間近で見上げると迫力がある。

「自然の素材だけを使い、これだけの大きさで精巧に作り上げられた大造り物は、他にないのではないでしょうか。ぜひ実際に見て、その迫力を体感してほしいですね」(橋本さん)
にぎやかな八朔囃子の音色とともに、何体もの大造り物が町内を引き廻される光景は、ここでしか見ることができないものだ。

受け継がれる技と、情熱を注ぎ込む大作

間近で見ると自然の材料だけで仕上げる技術の巧みさがよくわかる

  大造り物の制作には、浜町の連合組ごとに毎年10組前後が参加し、それぞれの組で1体を完成させる。年によっては高齢化による人員不足などが原因で、参加を断念せざるを得ない組もあるという。

「近年は、世相を風刺したり、現代の人々の願いを具現化したりしたものが多い」と橋本さんは説明する。祭り当日まで、各組の題材は秘密。足場が組まれた制作場所には、外から様子が分からないようにテントが張られる。制作に携わる者の中に、造形を生業とする職人がいるわけではない。地域に伝えられてきた技術と培った経験を頼りに頭の中に設計図を描き、形にしていくのだ。

「大造り物」の最大の特色は、竹や杉、黒松の皮、松笠、ススキの穂など、すべて自生する材料を使用していること。できるだけありのままの姿形を生かすため、材料を削ることも極力しない。

中心となって制作するのは1組につき10人程度で、材料集めにも同じ程度の人数を割く。大造り物1体の制作に携わる人の数は、延べ30〜40人にも上るという。制作にかかる期間は、およそ1カ月強。“他の地区には負けられない”という情熱と意地が、連日の制作に没頭させる。佳境に入ると、男性は家族に家業を任せて、早朝から夜中まで制作にかかり切りになることも少なくない。制作は、祭り前日の深夜まで及ぶという。

約250年前から伝わる豊年祈願の祭り

浜町商店街一帯が熱気に包まれる「八朔祭」

  「八朔」とは、稲穂が実り始める旧暦の八月朔日(ついたち)のこと。豊作を祈り、普段からお世話になっている人へ新穀を贈答するなどの慣習が全国各地で見られる。

山都町の「八朔祭」は江戸時代中期に始まり、約250年の歴史を持つ。当初は、商家の人々が店に作物を卸す農家をねぎらうために、酒や肴を用意するとともに、目でも楽しんでもらおうと店ごとに造り物を飾って手厚くもてなしていたのが始まりだという。それがいつの間にか浜町全体で協力し合って大々的に行うようになり、「八朔祭」という祭りになった。

今でこそ祭りの代名詞になっている「大造り物」も、当初はそれほど大きいものではなかったという。各連合組が造り物の出来を競い合ううちに、徐々に大きくなっていった。さらに大勢の人が見学できるように、いつしか「大造り物」を大八車に乗せて、商店街を引き廻すようになったという。

「八朔祭は、生まれた時から当たり前のように身近に存在する祭り。浜町に住む者は何かしら八朔祭や大造り物と関わり続けます。親から子へ代々受け継がれてきた技術と精神を、先人たちと同じように次の世代へ引き継いでいくことが私たちの使命だと思っています」と達人・橋本さんは力を込める。

観客の歓声が、祭りへの情熱を掻き立てる

各組が力を注いだ大造り物に、観客たちが声援を送る

  大造り物が見物客の前に姿を現すのは、祭り2日目(日曜)の午後。歓声を浴びながら町中を練り歩いた後、祭り本部に到着したものから順番で審査員による審査を受ける。全ての組の審査が終了したら、結果が発表される。金賞を受賞した作品は、「道の駅 通潤橋」の駐車場に1年間展示される栄誉を与えられるのだ。

「毎年、緊張する瞬間ですね。誰もが金賞という栄光を目指して頑張ってきたわけですから」と橋本さんは生き生きとした表情で語る。「大造り物の制作は、自分たちの仕事と関係あるわけではないし、お金がもらえるわけでもない。それなのになぜ生活を犠牲にしてそこまで力を注げるのか、と聞かれることがあります。だけど、祭りで大造り物を引き廻している時に観客から挙がる歓声を聞くと、自分の中の血が騒ぐというか、何とも表現しようのない達成感に包まれるんです」

八朔祭は、あくまで浜町に住む地元の人たちのための祭り。いつまでも地域のコミュニティを大切にすることで、結果的に多くの人が集まるような魅力を放つことができればいい、というのが浜町の人たちのスタンスだ。

朝起こしに花火大会 ―― 引き廻し以外にも見どころあり

八朔祭のフィナーレを飾る花火大会

  八朔祭は9月の第1土曜・日曜の2日間で行われるが、金曜の夜に行われる前夜祭「朝起こし」の存在は、観光客にもあまり知られていない。古くから各町内で伝わる創作音楽を、三味線や太鼓で奏でながら回る“おはやしパレード”だ。色とりどりのちょうちんが下がる町中を、鮮やかな飾り付けが施された台車を率いながら、住民たちがゆっくりと練り歩く。古くは、祭りの開催を知らせるために町人を起こして朝まで演奏し歩き続けたことから、朝起こしと呼ばれるという。

また、祭りのフィナーレを飾るのが、2日目の夜に通潤橋周辺で行われる「花火大会」。ライトアップされた通潤橋を背景にして約1000発の花火が打ち上げられるが、花火に合わせて通潤橋の特別放水も行われる。大輪の打ち上げ花火とライトアップされた通潤橋の放水のコラボレーションは、「道の駅 通潤橋」の敷地内から見るのがおすすめだ。

[たびらいセレクション]

達人がおすすめする「八朔祭」の楽しみ方

「八朔祭」の見どころ

  せっかく八朔祭へ足を運ぶなら、見どころを把握してから出かけよう。金曜の夜には前夜祭「朝起こし」があり、ハイライトの「大造り物の引き廻し」は2日目の日曜13時から。また、同日19時30分から通潤橋周辺で行われる花火大会で、祭りは締めくくられる。

  • ちょうちんの淡い光がパレードを照らす「朝起こし」
  • アニメのキャラクターなども登場する「大造り物の引き廻し」
  • 通潤橋の周辺で打ち上げられる大輪の打ち上げ花火
おすすめポイント
  八朔祭が開催されるのは土・日曜の2日間だが、実は金曜の夜に「朝起こし」と呼ばれる前夜祭が厳かに行われている。これは、“今年も祭りが始まる”という町人たちへの知らせ。八朔祭のメインイベントで、2日目の午後から始まる「大造り物の引き廻し」では、各組に昔から伝わる創作音楽とともに大造り物が浜町の端から端まで引き廻される。2日目の夜に通潤橋の上空に打ち上げられる花火は、田の神に感謝する祭りのフィナーレにふさわしい。

山都町周辺の立ち寄りスポット

  山都町の旧矢部町エリアに点在する “矢部48滝”の中で最大の規模を誇る五老ヶ滝のほか、豊かな緑に映える近代的な鮎の瀬大橋や菅地区の棚田など、風光明媚な風景がそろう。

  • 圧倒的な水量の「五老ヶ滝」。運が良ければ虹を見られることも
  • 緑川渓谷の深い緑に白いデザインが映える斜張橋「鮎の瀬大橋」
おすすめポイント
  通潤橋の近くにある落差50メートルの名瀑布「五老ヶ滝」では、水しぶきがシャワーのようにかかる近距離まで近付ける。平成11年(1999)に完成した「鮎の瀬大橋」は、140メートル下に緑川を臨むスタイリッシュなデザインの橋。また、山都町の最南にある「菅(すげ)地区」は“日本の棚田百選”に選出されている米どころで、「縁側カフェ」や「里山レストラン」など、観光客をもてなす取り組みも盛んだ。

旧矢部町のおすすめテイクアウトグルメ

  浜町商店街や通潤橋がある山都町の旧矢部町エリアでは、旅のお供にぴったりのテイクアウトグルメが見逃せない。中でもおすすめの新旧グルメを紹介しよう。

  • 山都産の食材を使ったご当地グルメ、「山都ころっけ」
  • その場でかぶりつきたくなる風味の“矢部のケンチキ”
  • 通潤橋を眺めながら食べるミルキィウェイの抹茶アイスは格別
おすすめポイント
  近年誕生した「山都ころっけ」は山都町の一大グルメとして定着しており、趣向を凝らした数種類のコロッケが常時味わえる。“矢部のケンチキ”の愛称で知られる鶏モモ肉は、ジューシーかつスパイシーな味わい。山都町(旧矢部町)の特産である矢部茶の香り豊かな「抹茶アイス」も、ぜひ味わってほしい。

熊本旅行をもっと楽しく。お得な旅行情報

編集部の視点
  熊本の旅をもっと楽しく充実させられるように、温泉宿やレンタカー、パッケージツアーの予約情報を厳選して紹介。お得に賢く熊本を旅するヒントがたっぷり詰まっているので、自分好みのプランがきっと見つかるはず。

たびらいの推し宿予約には、九州の宿泊予約プランが満載。九州の温泉を熟知したスタッフが、おすすめを紹介している。
⇒熊本の宿はこちらで検索

八朔祭への交通アクセス

  八朔祭が行われる上益城郡山都町への交通アクセスを紹介。

車(レンタカー)で

  ・九州自動車道の御船インターチェンジから国道445号経由で約30キロ、約40分
・九州自動車道の松橋インターチェンジから国道218号経由で約35キロ、約45分
※「道の駅 通潤橋」に無料駐車場あり

バスで

  ・熊本交通センターからバスで約1時間30分、「通潤橋前」下車徒歩すぐ

八朔祭のQ&A

Q 会場周辺まで車で行ける?
A 会場周辺には祭りの2日間にわたって、多数の臨時駐車場が用意される。特に2日目は「大造り物引き回し」や「花火大会」など見どころが多く、遠方からの見物客が増えるため、各駐車場と会場を結ぶシャトルバスも運行する。周辺は渋滞することもあるので、出かける際は時間に余裕を持とう。
Q 「大造り物」のおすすめ鑑賞スポットは?
A 町中を練り歩いた大造り物は、全て審査会場である祭り本部に集まる。各チームの代表が自分たちの作品を最終アピールする場でもあるので、全部の作品をじっくり鑑賞するなら、本部の近くがおすすめだ。
Q 通潤橋の放水も行われる?
A 両日とも特別放水が実施される。1日目は計3回、2日目は計4回が予定されているが、中でも花火大会に合わせて行われる祭り最後の放水は必見。ライトアップされた通潤橋からの放水と、夜空に打ち上がる大輪の花火による見事なコラボレーションが繰り広げられる。
Q おすすめの露店はある?
A 山都ころっけやヤマメの塩焼きなど、山都町ならではの味をぜひ楽しんでほしい。ちなみに、商店街の商店や食事処など、ほとんどの店が祭り期間中も営業している。
Q 休憩できる場所は?
A 会場周辺には、ベンチを備えた休憩所が至る所に設置される。授乳所や障がい者用トイレもあるので、赤ちゃん連れや体の不自由な人も、安心して祭りを楽しめる。
熊本の温泉宿を探す、予約する。

たびらいの「推し宿」

  たびらいの「推し宿」には、九州の宿泊予約プランが満載。九州の温泉宿を熟知した現地スタッフが、選りすぐりの情報を紹介している。

また、希望の宿が満室表示されている場合には、スタッフが宿に直接交渉をしてくれるリクエストサービスも。


⇒熊本の宿はこちらで検索

いざないの一枚