北海道の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 屈斜路湖観光 雲海と日帰り入浴の楽しみ方

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

屈斜路湖観光 雲海と日帰り入浴の楽しみ方

  日本最大のカルデラ湖「屈斜路湖」は近年、“雲海”の湖として評判が高まっている。奥屈斜路温泉に宿泊すれば、早朝の雲海と壮大な展望を一挙に楽しめる。風景だけでなく野趣あふれる露天風呂やグルメまで、屈斜路湖の満喫方法を紹介!

屈斜路湖

  千島火山帯の活動により形成された屈斜路湖は、今なお活発な火山活動が見られる硫黄山やトレッキング感覚で山歩きが楽しめる藻琴山(もことやま)などの外輪山(がいりんざん)に囲まれた、東西約26キロメートル・南北約20キロメートルの日本最大のカルデラ湖だ。

この湖の周辺には美幌峠津別峠藻琴峠という3つの峠があり、それぞれの峠から湖を一望できる。屈斜路湖で評判となっている「パノラマ風景」「雲海」をはじめ、周辺の湯めぐりやグルメを満喫するならどこがおすすめ? 弟子屈町(てしかがちょう)に生まれ育った達人に話を聞いた。

取材・文/たびらい編集部 投稿/平成28年(2016)6月

屈斜路湖の達人
(たてだ やすし)
館田 康さん

屈斜路湖観光の達人
  弟子屈町(てしかがちょう)出身。大学進学を機に千葉県に出るも、「生まれ育った地方の役に立ちたい」と卒業後に帰郷。弟子屈町役場の環境生活課で長くまちのインフラ構築に携わった。現在は、釧路市・釧路市阿寒町とともに広域観光圏を形成、シンガポールやベトナムなど海外からの観光客の数をさらに増やすため、精力的に動いている。趣味は、地元・弟子屈町でとれた新鮮そばを打つこと。

屈斜路湖の「雲海」を見るなら津別峠がおすすめ

津別峠から見た屈斜路湖の大雲海

  屈斜路湖周辺で今、最大の話題を呼んでいるのが「雲海」。雲海とは放射冷却により霧や層雲状に発生した雲が海のように広がる様子のこと。雲の中に浮かぶ山々はまるで島のようだ。

湖を望む三つの峠(津別峠美幌峠藻琴峠)にある展望台の中でも、雲海を見るならおすすめスポットは「津別峠展望台」と達人の館田さん。「津別峠展望台は標高947メートルと3つの峠のなかで一番高い位置にあり、他の峠が雲の中に入ってしまう時でも、その上から眺めることができます」。6月~10月の早朝、特に日の出の瞬間がおすすめのシーズンと時間帯だ。

津別峠には大型バスが入ることができないため、雲海を見るなら個人の車で、または奥屈斜路温泉からの早朝ガイドツアーに参加するのがおすすめ。ガイドツアーは大人ひとり3000円前後、「ランプの宿 森つべつ」「屈斜路プリンスホテル」「屈斜路原野ユースゲストハウス」などから出発するものがある。

また、さらにマニアックに雲海を眺めたいという人におすすめなのが「W(ダブル)雲海」だ。条件が整えば、屈斜路湖東の摩周湖に発生する雲海と、屈斜路湖の雲海を同時に見られる。これを狙うのなら、摩周湖第一展望台、第三展望台へ行こう。地元の自然ガイド「ツーリズムてしかが」がW雲海ツアー(大人ひとり2700円)を実施しており、こちらに参加するのもおすすめだ。

晴れた日の雄大なパノラマを望むなら美幌峠へ

美幌峠は通年通行可能。午前遅く~昼頃がおすすめの時間帯

  早朝の雲海とは別に、屈斜路湖の風景を見るならば「美幌峠展望台」をすすめたい。雲海のベスト展望スポットである「津別峠」は標高が高いために冬季通行止めになるが、こちらは通年で通行可能だ。

道の駅「ぐるっとパノラマ美幌峠」から少し登った所に美幌峠展望台がある。ここは、駐車場も広いので、大型車も止められる。晴れた日に美幌峠から望むパノラマは非常にダイナミック。「道の駅『ぐるっとパノラマ美幌峠』の2階は休憩所を兼ねた広い展望室になっており、ここからの眺望も素晴らしいですよ」と館田さん。

北海道指折りのそばの産地で旬の味を

弟子屈町は北海道屈指のそばの産地。そばスイーツもつくっている

  屈斜路のグルメを最大に楽しむ秘訣、それは、素材を楽しむこと。北海道でも屈指のそば生産地であるこの地域では、収穫されたそばの実がその日の内に工場に運ばれる。「蕎麦の三たて」という言葉がある。これは、「挽きたて」「打ちたて」「茹でたて」がおいしい蕎麦の条件だということ。生産地ではこれに「収穫したて」がプラスの味わいをもたらす。弟子屈の老舗のそば屋「かねはち」では毎朝お店で打っているそばを使用したかしわそばが人気。また、自家栽培のそばを使用した「摩周そば道楽」では、手打ちでは珍しい十割そばを使った田舎そばが楽しめる。

周辺酪農家が生産した新鮮ミルクを使ったソフトクリーム・そばの実のジェラートなど、お手軽スイーツも充実。「川湯温泉の温泉熱を利用した『摩周マンゴー』(夏期と冬期の二期栽培)や『摩周メロン』などのフルーツをお土産にするのもいいですよ」。一年を通して冷涼な弟子屈町でとれる「摩周メロン」は8月上旬~9月上旬)が旬だ。

また、道の駅「摩周」の「ホーム・スイート・ホーム」ではスナック感覚でジビエが楽しめるし、レストランではそばのガレットや摩周ポークを使った地元ならではの料理を味わえる。GW~10月末頃まで期間限定で営業している「屈斜路湖 鶴雅オーベルジュ SoRa」などもあり、子どもから大人まで幅広い層がそれぞれの食の楽しみを探すことができる。

屈斜路周辺の野趣あふれる温泉で日帰り入浴を楽しむ

手を伸ばせば屈斜路湖に手が届く露天風呂「コタンの湯」

  雲海・パノラマ展望とともに、屈斜路観光で面白いのが「湯めぐり」。湖周縁にはいくつもの野趣あふれる温泉が点在していて、無料で楽しめる。効能よりもロケーションやシチュエーションを重視しよう。

家族で遊びながら軽く楽しむなら、屈斜路湖畔の砂湯で体験できる「砂湯」がおすすめ。湖岸の砂を掘ってみるとお湯が染み出してくる。ここに体を浸して砂湯体験ができる面白いスポットだ。ここはレジャー感覚で、気温がまだ高い昼間の時間帯に楽しむのがベターだ。

また、キャンパーに人気なのが和琴湖畔キャンプ場から徒歩3分ほどにある「和琴の湯」。ここには脱衣所があり、40℃ほどのお湯はウォータースポーツの後に入るのに適している。和琴半島の付け根にあり、湖と一体化した感覚で入浴できる場所だ。ただ、前述の「砂湯」と「和琴の湯」は周辺に人の姿が多いので、水着をつけて入るのが得策。

屈斜路湖の無料温泉で最も“入浴寄り”のスポットが「コタンの湯」。脱衣所・浴槽も男女別にしっかりと管理されていて、最近は海外の人にも人気が高まっている場所だ。近隣の「アイヌ民族資料館」とともにセットで楽しもう。

夕方、各露天風呂周辺は人の姿が少なくなる。「砂湯」以外の場所は夕方に訪れ、ゆったりとした時間を過ごすのもよい。「和琴の湯」は屈斜路の中でも特に鮮やかな紅葉を目にできるとして人気のスポットだ。

冬にしか体験できない白鳥展望露天風呂

ハクチョウは屈斜路湖の氷の張らない温泉周辺で休んでいる

  冬の期間、屈斜路湖にはロシア・シベリア地方からオオハクチョウが飛来する。その数は約300羽。周縁に温泉が湧き、凍らない箇所のある屈斜路湖は、彼らの絶好の休息の場となっている。

このオオハクチョウ観察を楽しむのも、無料温泉周辺となる。特に「砂湯」と「コタンの湯」の近くはハクチョウの数が多く、「コタンの湯」では実際に温泉に入浴しながらその姿を見られる。目の前には群れるオオハクチョウ、温泉から手を伸ばせば、すぐそこには湖。冬ならではの絶景露天風呂を体験できるのが、冬の屈斜路湖なのだ。

《厳選ホテル》

北海道【レンタカー】スマートトラベルレンタカー

屈斜路湖をもっと楽しもう!おすすめ観光情報

屈斜路湖周辺レイクビューポイント3選

  屈斜路湖の絶景レイクビューポイントを紹介! 雲海を見るか、パノラマ風景を見るかで峠を選定しよう。

おすすめポイント
  午前遅く~昼間の時間帯、晴れた屈斜路湖を眺めるおすすめスポットNo.1が「美幌峠」。雄大な屈斜路湖を広角で望め、多くの観光客を魅了し続けている展望台だ。また、屈斜路湖周辺の峠の中で最も高く、硫黄山や周辺の山々の景色を見られるのが「津別峠」。早朝、運が良ければ屈斜路湖にかかる雲海を見ることができ、新たな観光のポイントにもなっている。「津別峠」は他の峠よりも標高が高いため(947メートル)、雲海を見られる確率が最も高いスポット。

屈斜路湖周辺おすすめの遊び方3選

  心も体も解放できる充実の体験。屈斜路湖のアクティビティや散策路、冬の特別な楽しみ方を紹介!

おすすめポイント
  屈斜路湖のきれいな水と豊かな自然をバックに、屈斜路湖をアクティブに堪能できるのが魅力のネイチャーボート。静かにゆっくりと自然を楽しみたいのなら、屈斜路湖にせり出した和琴半島の「自然探勝路」がおすすめだ。約2.5キロ、およそ1時間ほどで半島を1周できる。和琴半島は日本最北のミンミンゼミの生息地だ。

屈斜路湖周辺おすすめスポット3選

  レジャー感覚で楽しめる家族向けの場所から、アイヌ文化を学べる施設まで屈斜路湖周辺の観光スポットを紹介!

おすすめポイント
  屈斜路湖観光でまず外せないのが「砂湯」。読んで字のごとく屈斜路湖畔の砂を掘ると、温かい温泉が出てくるという不思議なスポットである。周辺には湧き出すお湯を利用した足湯もあり、ゆっくりと屈斜路湖の景色を満喫できる。また、人目を避けるかのようにひっそりとたたずむ「キンムトー」は、河川の流入ではなく、雨水や雪解け水がたまって形成された沼だ。湖周辺の歴史を学ぶなら「アイヌ民俗資料館」がおすすめ。ここは、日本建築学会賞を受賞した建築家・毛綱毅曠氏の設計なので、建物自体をじっくりと観賞するのも面白い。

北海道の宿探しなら「宿くらべ」

  • 温泉・スパがある北海道ホテルランキング
  • 札幌で朝食がおいしいホテル3選
  • 函館で朝食がおいしいホテル3選
編集部の視点
  北海道のいい宿研究会が厳選したホテルを目的別にご紹介。お得に楽しくホテルを選んで北海道を旅するヒントがたっぷり詰まっています。自分好みのプランがきっと見つかるはず。

⇒「宿くらべ」をもっと見る

北海道のホテル特集最安値プラン!公式サイトからのご予約がお得

屈斜路湖への交通アクセス

  やはり車がアクセス面で良好だが、「弟子屈えこパスポート」と呼ばれるチケットも販売されている。釧路駅から川湯温泉まで列車で旅し、その後、公共の交通機関を使ってゆっくりとまわってみるのもいいだろう。このパスポートにはCO2を削減し、きれいな水質や豊かな森を守りたいという願いが込められている。

「弟子屈えこパスポート ぐるっと周遊バス乗り放題」
JR釧網本線(川湯温泉駅~摩周駅)普通・快速列車、期間中限定運行される2路線のバス、既存の路線バスが2日~7日日間乗降自由で、レンタサイクルも無料になるお得なパスポートだ。(二日券/大人1500円 こども500円)
【利用期間】7月16日(土)~10月10日(月)
※平成28年(2016)の利用期間
【公式サイト】http://www.eco-passport.net/

車(レンタカー)で

  新千歳空港から高速道路(阿寒IC下車)と国道を利用して約4時間25分
たんちょう釧路空港より 約1時間30分
中標津空港より約1時間
女満別空港より約1時間15分

レンタカー予約⇒北海道のレンタカー比較といえば、たびらいレンタカー【早割で最大50%OFF】

電車で

  釧路駅からJR釧網本線(網走行)を利用し、川湯温泉で下車。約1時間45分

屈斜路湖観光 旅のQ&A

Q 雲海を見たいのですが、日の出の時間を詳しく教えてください。
A 7月1日は3時45分、8月1日には4時15分、9月1日頃ならば4時45分がその目安です。
Q 雲海スポットへは車でどれくらいかかるのですか?
A 摩周温泉、川湯温泉からアクセスしましょう。最も高い位置にある津別峠はどちらからも約1時間で到着します。また、摩周湖第1展望台は摩周湖温泉から約15分、川湯温泉からは30分の道のり。藻琴峠は川湯温泉からのアクセスがよく、約20分。摩周温泉からは約50分となります。行きたい雲海スポットに合わせて宿をとるのもおすすめですよ。
Q 弟子屈町のおすすめ土産はありますか?
A 紹介した「摩周メロン」のほかに、「摩周そば」「摩周そば焼酎 sora傍」もおすすめ。また、弟子屈町には昭和の大横綱・大鵬関の偉業を伝える記念館もあり、ここで販売している「大鵬せんべい」も人気が高いです。
屈斜路 ホテルランキング

屈斜路湖

  屈斜路エリアのホテル選びで悩んでいる方。ランキングをチェックしてあなたにピッタリのホテルを見つけてはいかがですか?

⇒ニセコのホテルランキングを見る

札幌で朝食がおいしいホテル3選

いざないの一枚

その他の達人指南を見る

川湯温泉の足湯

「川湯温泉」知る人ぞ知る北海道の秘湯
道東の秘湯、川湯温泉は泉質も独特で古くから湯治場として親しまれてきた温泉。そんな歴史ある温泉街と新たにできたおすすめスポットをご紹介。

能取岬の日の出

網走観光、海と歴史のロマンに出会う旅
オホーツクの海と大小7つを数える湖。国定公園にも指定される網走エリアは、豊かな海を駆け巡った北方の先住民の足跡が残る土地でもある。美しい自然と歴史のロマン、そし・・・

滝つぼ水槽

北の大地の水族館 北見の小さな人気水族館
「北の大地の水族館」は、北海道の川の環境を再現した新しい生態展示の手法で人気を集める水族館。かつては来館者の減少と老朽化で大ピンチに陥っていたが、リニューアルを・・・

じゃがいも畑

根室本線を行く鉄道旅-自然とグルメの宝庫
広い北海道。地図を眺めても実感することは難しいかもしれませんが、それは東北6県がすっぽり入ってしまうほど。鉄道で車窓を眺めながら、広大な大地を目いっぱい楽しんで・・・

釧路川 初夏の釧路湿原

釧路湿原観光 水の上から原生自然を満喫する方法
釧路観光の目玉スポットである釧路湿原は、「くしろ湿原ノロッコ号」や展望台など、眺めて楽しむ観光スタイルが一般的です。でも、カヌーを使えば湿原の世界はもっとディー・・・

和商市場の「勝手丼」は店員さんとのおしゃべりが楽しい

釧路グルメ おすすめの味わい方、楽しみ方
釧路は北海道でも有数の食の宝庫。魚介はもちろんのこと、独自の発展を遂げたグルメが盛りだくさん。そんな釧路グルメの魅力をご紹介。

帯広のご当地グルメ

「帯広グルメ」おすすめの楽しみ方
日本の食糧基地といわれる北海道の中でも、十勝は食の王国として飛び抜けた存在感をもつ。豊かな大地が生み出すおいしい食材が多彩だ。その良質な素材が十勝中から集まって・・・

羅臼シャチウォッチング

知床体験。その興奮、感動、ワールドクラス
人を拒むような厳しい自然が多い知床では、昔から船による海からの観光クルーズが人気だった。ところが昨今の体験型観光の人気も相まって、最近は羅臼からのシャチやホエー・・・

知床グルメ

豊かな海が育むとびきりの美味。知床グルメ
とびきり新鮮で美味しい海の幸は、知床旅行の大きな魅力のひとつ。その味わいを支えているのは、実はオホーツクの流氷。そして知床羅臼の前浜に広がる理想的な漁場にあった・・・