1. たびらい
  2. 観光情報
  3. 北海道観光情報
  4. 北海道旅行の7月は何がイチオシ? この夏のおすすめ体験
北海道7月のおすすめ

ローカル案内役がガイドする
北海道旅行 7月のおすすめ情報

更新:2018年6月28日

北海道の7月は真夏日を超える日も多く、1年の中で最も夏らしく盛り上がる時期。湿気のない爽やかな風も吹き、街中にいても爽快感があります。7月は観光イベントが多く開催され、海や山、グルメなど夏の北海道を存分に楽しめますよ。移動そのものが楽しく、各地を自由に巡るドライブもおすすめです。

[たびらいセレクション]

北海道7月の基本情報

  • 7月の北海道って、どんな季節?

    北海道7月のキホン

    北海道の夏の観光シーズンまっさかりがまさにこの7月。夏らしい暑さもありながら、湿気は少なく、爽快な気候が「何度も北海道に訪れたい」とリピーターを増やす理由と言えるでしょう。

    札幌や盆地の旭川は30℃を超える日もありますが、道東は20℃前後。太平洋側では曇りや霧の日も多いですが、北海道を全体的に見ると雨の日は少なく旅行には最適です。じゃがいもや甘みの強いスイートコーンが旬を迎えるのもこの時期。ドライブ中には「ゆできび=ゆでたトウモロコシ」を販売する直売所も見られますので、時には立ち寄って朝どれの新鮮風味を味わってみてください。

    7月は観光イベントが多く、全道で約200の行事が行われます。特に7月ならではのイベントが花火大会とビアガーデン。国内最大級の規模となる札幌・大通公園のビアガーデンは蒼天のもと、昼から楽しむ様子も。湿度は低く涼しめの気候の中で観光を楽しめますが、熱中症と紫外線にはどうか気をつけて。爽やかな夏の北海道旅行を楽しみましょう。

  • 7月の気候・服装

    7月の気候・天気、おすすめの服装を紹介
    7月の気候・天気、おすすめの服装を紹介

    北海道の7月は夏本番。広い青空に入道雲が映え、森林や水辺には心地よい風が吹きます。湿気の少ない爽やかな夏の気候には、北海道ファンになること必至。風も気持ちよく日中は半袖で過ごせる季節です。ただ夜は20℃を下回る日も多いので、花火大会やビアガーデンなどを楽しむ場合、カーディガンや薄手のトレーナーを持参しましょう。また、日差しも強くなるため帽子やサングラス、日焼け止めなど紫外線対策も忘れずに。爽快ではありますが水分補給も大事な時期。熱中症対策も必要です。

    海沿いは風が強いのが特徴。特に北海道の海風は体感温度を下げますので、オホーツク地域や利尻・礼文の離島を訪れるならジャケットが必要です。道東は30℃近くになる日もありますが、釧路などの海沿いの地方は霧がかかり肌寒い日が多いことを覚えておきましょう。

  • 7月のイベント

    北海道旅行 7月のおすすめ情報イベント
    北海道旅行 7月のおすすめ情報イベント

    7月の北海道は短い夏を楽しむように、昼夜にかけてさまざまなイベントが催されます。「おたる潮まつり」や「おしゃまんべ毛がにまつり」など、海のお祭りが多いのもこの季節ならでは。

    夜のイベントは花火大会やビアガーデンが一斉にスタート。札幌・大通公園の5丁目から11丁目までの広域で行われる国内最大級のビアガーデンは、一度は体験したいビアイベント。夜は21時までと意外に早く終わるので要注意です。

    地域色豊かなイベントとしては富良野の「北海へそ祭り」があります。テレビドラマ「北の国から」の舞台になった富良野は、北海道のまん中に位置し、北海道のへそと呼ばれているのがお祭り名の由来。お腹にボディペイントした人々が踊るユニークなお祭りです。

    また歴史・文化に触れるイベントとして一見の価値ありなのが「函館野外劇」。アイヌ時代からペリーの黒船来航、五稜郭築城、サムライ、箱館戦争などさまざまな函館の歴史の様子を上演します。

  • 7月の北海道の旬のもの

    北海道7月の旬のもの
    北海道7月の旬のもの

    大通公園の移動販売でおもわず買ってしまう、焼きとうもろこし。市街地で簡単に味わえる北海道の7月の旬のグルメです。トウモロコシの中でも甘味種と呼ばれる品種群をスイートコーンといいます。生産量日本一は芽室町で甘みの強いスイートコーンを作り出します。

    北海道は全国シェア78%を誇るジャガイモ王国。道内でもっとも収穫量が多いのは十勝の芽室町です。粉吹きイモなどに合う男爵をはじめ、煮崩れしにくいので煮込み料理に適したメークイン、フライドポテトに向くホッカイコガネなどを栽培しています。ニセコ地方の倶知安町(くっちゃんちょう)では、8月に「くっちゃんじゃが祭り」を開催。

    また、意外に知られていない旬が昆布。7月~9月が旬の昆布は北海道全域で獲れますが、地域によって種類が異なり、香りや味、色、食感などさまざま。有名な利尻昆布は、葉の基部がくさび型で黒褐色をし、約3メートルと長いのが特徴。甘さやコクが強く、深みのある上品でクセのない少々塩味のあるダシがとれることから懐石料理に広く用いられ、特に京料理には欠かせない食材です。

  • 7月の旅行費目安

    北海道旅行 7月の旅行費用の目安
    北海道旅行 7月の旅行費用の目安

    9月に並び、年間を通して最高値になるのがこの7月。湿気もなく過ごしやすい気候に加え、夏休みに入り、値段が大きく上がるのも要因です。ただ、通常の休前日は8月よりも高くなりますが、平日は若干安い日も。

    リーズナブルなLCCは函館にも就航しているので、旅行の対象地が函館に決まっている場合はこちらのフライトを取るのがおすすめです。

今、この宿、見られてます

最新情報はこちらからチェック!

旬な観光情報を現地からお届け
×