北海道の気温と気候

平均気温、降水量、雪情報まで

道南の一部を除いてほぼ全域が亜寒帯気候の北海道は、年間を通じて気温が低く、30℃を超える日は数日で、25℃以上の熱帯夜はほとんどない。真冬は日中でも氷点下の日が多く、最低気温は氷点下20℃前後。オホーツク地域では、まれにブリザードが吹き荒れることもある。地域によって異なるが札幌で年間の降雨量は約1100ミリ、降雪量は600センチ余。季節によって気温差も大きく、四季がはっきりしているので、気候の特徴を知って準備をすれば、より快適に北海道の旅行ができる。

[たびらいセレクション]

気温

日本の夏は湿気で蒸し蒸しするイメージだが、北海道の夏は気温が低いので蒸し暑い日は少なく朝夕は肌寒い日もある。気温は地域によって異なり、夏は道東がもっとも低く8月の平均は17.5℃と20℃に届かない。25℃を超える夏日は少なく、吹く風はすがすがしい。ほかの地域は、夏日はあるものの30℃を過ぎる真夏日は数えるほど。真冬はオホーツク沿岸と旭川周辺が低く2月の平均は氷点下7.5℃。明治35年(1902)、旭川は氷点下41℃の日本最低気温を記録している。

年間平均気温

札幌、旭川、函館、釧路の北海道主要都市と東京、那覇の年間の平均気温を比較した。北海道では年間の気温差が大きく、冬は半年以上も続く。道東では9月下旬、道央では10月中旬には最高気温が20℃を下回り、11月下旬には各地のスキー場がオープンし、ゴールデンウィークまで滑れるところが多い。

北海道主要都市と各地の年間平均気温

北海道主要都市と各地の年間平均気温

湿度

北海道は年間を通して東京よりも湿度が高い。東京の8月平均湿度が71%に対して北海道主要都市の総合平均湿度は約81%もある。特に釧路の平均湿度は88%と高い。湿度の高い夏の北海道が涼しく感じられるのは、平均気温が東京よりも低く湿気が1年間の中でも比較的少ないから。夏の北海道は爽やかに感じられ過ごしやすく、観光には適したシーズンだ。

北海道主要都市と各地の年間平均湿度

北海道主要都市と各地の年間平均湿度

日照時間

北海道は雪のイメージの通り年間の日照時間は少ない。札幌を参照すると11月から3月まで雪や曇りの日が多く、晴れるのは平均で1ヶ月9日前後。7月と8月も晴れの日が少なく、本州など梅雨の時期である6月に晴天の日が多い。梅雨期に道南の半分の地域で雨量が多くなる現象を「蝦夷梅雨」というが、北海道には梅雨がない。

年間日照時間

年間日照時間

気象庁のデータによると、日照時間の全国平均は1897時間なのに対して、北海道は1740時間と全国36位。1位の山梨県は2183時間あり、その差は443時間で1日当たり約1.2時間少ない。11月~2月の札幌を見ると日照時間は平均で1ヶ月約96時間と短く、長いのは4月~6月。1ヶ月の平均は188時間で、短い時期の約2倍。5月上旬には北海道に春を告げる桜が開花し、約2週間かけて最北端の町・稚内へと達する。

年間晴れ日数

年間晴れ日数

晴れ日数の全国平均の217日に対し、北海道はほぼ平均の205日だが全国37位と低い。北海道より低いのは青森、秋田、山形、新潟、富山、石川、福井などの日本海側で、これらの地域は冬になると大陸から次々と寒気が入るため、曇りや雪の日が多くなることが晴れの日を減らす理由だ。1位は香川県の249日。4位の高知県まで4日の差で四国4県が上位を占めている。快晴日数を見ても北海道は13.5日(全国平均は28.4日)と低く全国41位。同じく日本海側の地域も北海道同様に低い。意外に思われるが、最下位は沖縄だ。

紫外線

年間紫外線量の推移

紫外線量は太陽が高ければ高いほど強いといわれ、赤道に近い地域ほどその量は多い。北海道は北に位置するため紫外線量は、年間を通じて沖縄の半分。7月~8月は高いが、9月以降は著しく低下する。しかし、冬の北海道は直接太陽からの紫外線に加え雪の影響もあり、地表で反射した紫外線も浴びる。特にウィンタースポーツを行う場合は日焼け対策が必要だ。

降水量

8月と9月は降水量が多く、札幌は12月と1月も100ミリを超える。年間では約1100ミリで、全国44位(1位は高知県の2548ミリ。全国平均が1611ミリ)。中でもオホーツク海側は1000ミリに満たない地域が多く、北見市常呂(ところ)が700ミリと日本でもっとも降水量が少ない。

北海道主要都市と各地の年間降水量

北海道主要都市と各地の年間降水量

亜寒帯気候の南限に位置する北海道は、冬には多くの雪が降るが降水量は全国的に見ても少ない。もっとも降水量が多い8月と9月の北海道主要4都市の平均は280ミリで、この数値は東京の74%、那覇の56%とかなり少ない。北海道は梅雨がなく台風の影響を受けないので、年間の降水量は低い。過去30年の天気出現率で見ると道北は7月、8月が曇り、9月下旬~10月は雨が多い。道南は7月が曇り、9月に雨が多く、全般的に3月下旬~11月下旬は、比較的晴れの日が続く。11月下旬から3月は降雪期だ。釧路は霧の町といわれ、5月~9月は1ヶ月平均15日間も発生し、年間約100日も霧に包まれる。

北海道のイメージは雪。冬になると大陸から日本に向かって乾いた風(季節風)が吹いてくる。この風は日本海を通過する際、多くの水蒸気を吸って水分をたっぷりと含んだ雲に成長する。この雲が日本海側やオホーツク地域に豪雪をもたらす。しかし、北海道の中央部には大雪山などの高い峰々が連なり、その峰を越えた後は、乾いた空気となって太平洋に抜けるため、釧路など道東の降雪量は比較的少ない。冬の北海道は、空港や列車などの交通機関の雪対策は万全だが、万が一に備えて雪情報を確認しよう。

降雪の深さ

北海道主要都市と各地の降雪の深さ

年間の降雪の深さ(積雪量)は地域によって異なる。もっとも多いのは道北の幌加内町で過去30年間の年間平均値は1348センチ。逆に少ないのは道央の苫小牧市で同138センチと幌内町の約10分の1だ。道内の主要道路のほとんどは除雪され、朝早く除雪車を見かけることが多い。車道は、歩く人々によって踏み固められているが、滑るので要注意。オホーツク地域では数年に一度、ブリザードのような猛吹雪に見舞われることがある。平成25年(2013)3月2日、オホーツク海上で急速に発達した爆弾低気圧により、稚内で最大瞬間風速34.1メートルを記録し、暴風雪により死者9人、負傷者8人の人的被害が生じた。吹雪のときは宿泊先から出ないようにすること。道内でもっとも寒いのは「日本一寒い町」をスローガンにしている道東の陸別町だ。ちなみに旭川は、氷点下41℃の日本最低気温の記録をもっている。

雪日数

北海道主要都市と各地の年間雪日数

札幌と旭川は12月から3月、函館は12月から2月にかけて、ほぼ毎日のように雪が降る。年間雪日数も札幌、旭川、函館は100日を超える。だが、釧路は70日と長野よりも少ない。北海道の雪はサラサラとした粉雪。なので、北海道の人は傘をささないで歩くことが多く、その代わりフードやニット帽をかぶり、手で簡単に粉雪をはらって建物の中に入る。冬の北海道旅行には、フード付きの厚手のコートと手袋は必携だ。

あわせて読みたい!

今、この宿、見られてます