1. 小樽運河の見どころと楽しみ方を徹底ガイド

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

小樽運河の見どころと楽しみ方を徹底ガイド

  小樽運河は、ただ眺めて楽しむだけの観光スポットではない。小樽運河は「港町・小樽」の記憶を現在に伝える場所。周囲に点在する歴史的建造物を見学しながら、そのノスタルジックな雰囲気を味わうエリアなのだ。小樽運河の観光を楽しむために立ち寄るべき場所、そして小樽運河へ行く前に知っておいてほしい歴史を“小樽運河の達人”が紹介する。

古い建物が日常に溶け込んでいるのが小樽らしさ。

  札幌駅から快速列車で30分あまりの港町・小樽市は人口およそ12万5000人(道内第7位)。早くから商業都市として発展し、明治から大正中期にかけては札幌を凌ぐ人口を抱えていた。その繁栄を支えたのが小樽港であり、運河だったのである。

北海道への上陸地のひとつとして、また物資の運搬や交易の拠点として機能していた小樽。当時は荷物を積んだたくさんの艀(はしけ※船幅が広く平底の小舟)が運河を出入りしていた。しかし、世界の港湾では、艀を使わずに大型船が直接接岸する“埠頭方式”が主流となっていく。昭和40年代には、小樽からも艀が完全に姿を消した。今でこそ全国区の知名度を誇る小樽運河だが、この当時は、地元住民以外にはほとんど知られていない“当たり前の街の景色”だった。

しかし、市が、港としての役割を終えた運河を埋め立て、道路にすることを決定したことで、様相は一変。工事が進み古い倉庫が壊され始めると、「埋めたてか」「存続か」の、市民を巻き込む大論争が勃発したのだ。これがマスコミに報じられたことで、皮肉にも「小樽運河」の名が全国に知れ渡ることになった。

ライター/札幌の出版社「あるた出版」編集部  和田 哲
投稿/平成27年(2015)9月

《この記事を読む人におすすめの情報》




[小樽運河も満喫!小樽宿泊ツアー特集]

小樽に宿泊する、現地スタッフおすすめツアー(航空券+宿泊)をご紹介



北海道ローカル案内役が厳選おすすめホテル特集


[たびらいセレクション]

小樽運河の魅力を伝える達人
(かわしま きみし)
川嶋 王志さん

小樽運河の魅力を伝える達人
  小樽生まれの古民家写真家。運河周辺などに点在する、古民家や古い建物の写真を撮り続けている。高校卒業後は札幌や富山県などに住んだが、帰郷するたびに歴史的な街並みが壊されていく様子に危機感を抱く。小樽に戻った平成23年(2011)から古民家等の写真を撮り始め、自身のfacebookページ「いつまでも、小樽にあり続けてほしい家・店がある」で紹介。ほぼ毎日新たな写真をアップし続けている。NPO法人小樽民家再生プロジェクト理事。

小樽運河に見る、港町として栄えた時代の記憶

この風景が小樽の象徴になったのは、意外にも近年のこと

  実は小樽運河は、陸地を切り込んで作られたものではなく、埋め立てで作られたことをご存じだろうか。小樽は海と山が非常に近く、平地が狭い地域。そのため、沖に向かって埋め立てて港を造る方法が採用されたのだった。貿易港として、築港計画の調査研究が始まったのは明治29年(1896)。最初は、(当時は)先進的な埠頭方式が計画されたが、欧米視察から帰った顧問技師が「埠頭方式は時期尚早」と講演したことで計画が変更。運河を造り、艀で荷物を陸揚げする方針に変わった。そうした議論に決着がついて着工したのが大正3年(1914)。

その後も設計変更や第一次世界大戦の影響などで工事が遅れ、ようやく完成したのは大正12年(1923)のこと。調査研究から完成まで、実に27年もの歳月を費やしたことになる。完成の翌年には、小樽港に入港した船が6,284隻を記録。第一次世界大戦で被害を受けたヨーロッパ諸国への物資輸送などで早くも全盛期を迎え、沖には入港待ちの船が並ぶほどだった。定期航路でつながった樺太との交易は特に隆盛を極めた。しかし第二次大戦終了後は、樺太を含めた諸外国との貿易が激減。その役目を終ることになった。

それから年月がたち、市は昭和61年(1986)、小樽運河の南側部分の幅を半分の20メートルに削って大きな道路を開通させることに。これが、現在は6車線も走る小樽臨港線である。小樽運河に訪れた際には、現在も姿が残る運河だけを見るのではなく、並列して走る小樽臨港線の下にも運河あったことをイメージしてみるべき。交易の拠点として栄えた、港町・小樽のスケールが感じられる。

港町らしい本来の風情を残す「北運河」

運河の北端。ここから運河全体の湾曲を眺めることができる

  「観光で訪れた方にはぜひ、埋め立てられていない北側部分(通称『北運河』)まで足を延ばしていただきたいですね」と達人。本来の40メートル幅の運河の姿を残す北運河には、今も現役の倉庫があり、小型船も通行している。「南側に比べると地味な風景ですが、それがかえって港町らしい空気感を醸し出しているのです。雰囲気の良い小さなカフェが点在し、人混みを離れてのんびり散歩できるのも魅力。当たり前の風景だったかつての運河の雰囲気を感じることができます」と達人は続ける。

そして、達人がすすめるのがもうひとつ。「小樽には昭和に入ってから完成したもう一つの運河があるのです。JR南小樽駅の付近、勝納川(かつないがわ)の河口にある60メートル幅の第二期運河です。こちらは、自然の川の河口も兼ねていたことから埋め立てられることなく、現役のまま現在に至っています」。達人いわく、ここに観光で訪れる人は少ないそう。しかし、昭和40年代までの小樽運河は、市民にとって、まさに現在の第二期運河のような存在だったのだ。第二期運河にも足を運んで、原風景に近い景色も眺めてほしい。

北海道開拓を支えた鉄路の跡 「旧国鉄手宮線」

線路上で作品展が行われることも。(川嶋王志さん撮影)

  運河と平行するように、列車の来ない線路がある。これは、今は廃線となった旧国鉄手宮線。南小樽駅から手宮の小樽市博物館の位置までの2.8キロメートルを結んでいたこの線路、実は明治13年(1880)に北海道で初めて、日本で3番目に開通した鉄道の一部なのだ。幌内炭鉱(三笠市)で産出した石炭はこの鉄道で小樽の港まで運び、全国に輸送されていた。旧国鉄手宮線は、北海道開拓を支える重要な鉄道だったと言えるだろう。

しかし、函館方面への線路が南小樽から分岐されたことや、室蘭・苫小牧の両港が発展したことなどから輸送量が減り、手宮線の旅客輸送は昭和37年(1962)に、貨物輸送は昭和60年(1985)に廃止、105年の歴史に幕を下ろす。その直後から、市民が中心となり跡地利用について話し合われ、その結果、ほとんどの区間のレールを残して散策路として活用することになったのだ。

ここに訪れたなら、ぜひ線路跡の上を歩いてみよう。北海道開拓のために汽車が走り抜けた時代に、想いを馳せることができる。また、手宮線の敷地を使って、観光イベントが行われている場合もある。

運河周辺の建物に注目することで、散策がもっと楽しく

いたるところにレトロな建物が並ぶ

  オリンピックや急激な人口増加で変貌した札幌の街並みとは異なり、小樽には今も多くの古い建物が残っている。それを探しながら散策すると小樽運河観光をもっと楽しめる、と達人は語る。「明治32年(1899)に創業した『田中酒造本店』。店舗は昭和2年(1927)建築の木造2階建て。店内には古い看板や帳簿が 展示されています。『ホテルビブラントオタル』は旧拓銀。旧日本銀行小樽支店と並び「北のウォール街」と呼ばれた商都小樽の金融街を象徴する建物です。その他にも、古い倉庫を改造したカフェや商店が、運河周辺にはたくさんあるのです」。

しかし、古い建物は20年前と比べても半分以下に減ってしまっているそう。そんな中、手放したいという人と、古い建物を手に入れたいという人とがうまく出会い、建物が幸福な「第二の人生」を歩むケースも増えつつあるのだとか。今も現役で街並みをつくる、クラシックな姿の建造物にも注目しながら散策を楽しもう。


ローカルな魅力が満載!おすすめホテル特集


[たびらいセレクション]

札幌で夜景の綺麗なおすすめのホテル5選

「小樽運河」周辺のおすすめ観光情報

地元気分を味わえる飲食店へ

  散策の後は、地元市民が集う店で街に溶け込むのもおすすめ。運河からほど近い3軒を紹介!

おすすめポイント
  『小樽を観光する人の多くは、昼間の数時間だけ小樽を慌ただしく回り、夕方には札幌に行ってしまいます。でも、もし可能ならば小樽で夜を過ごしてみてください。古い建物を再生した酒場や、港町らしい人情あふれるお店がたくさんあります。北海道のソウルフードの一つ「若鶏半身揚げ」が誕生した「若鶏時代なると」では、その元祖の味を楽しむことができます。歴史を刻む建物も味わい深い「小樽たけの寿司」はお財布にも優しく、大将の笑顔が魅力』

運河・旧手宮線で行われるイベント

  荷役の艀や列車が消えた場所に、今は街の人々が集う。

おすすめポイント
  『小樽は、未来に向け新しいものがどんどん造られる街ではありません。小樽運河にはもはや艀の姿はなく、旧手宮線に列車が来ることはありません。でも、そうした場所には人を惹きつける力があります。廃線の上に出品者が自由に写真を展示する「小樽・鉄路・写真展」、その廃線を自転車式の自走車で走る「レールカーニバル」、冬の運河や堺町通りを美しく染める「小樽雪あかりの路」など、運河周辺で開催される手作り感あふれるイベントも、小樽散策にはぜひ取り入れたいところです。』

小樽の宿探しなら「推し宿」

  • 小樽で朝食がおいしい宿5選
  • 小樽で夕食がおいしい宿5選
  • 小樽で温泉がおすすめの宿3選+番外編
編集部の視点
  北海道のいい宿研究会が厳選したホテルを目的別にご紹介。お得に楽しくホテルを選んで北海道を旅するヒントがたっぷり詰まっています。自分好みのプランがきっと見つかるはず。

⇒「推し宿」をもっと見る

札幌で大浴場がおすすめのホテル4選

小樽運河のアクセス情報

  小樽駅から小樽運河までは歩いて8分程度。運河周辺で車を止めるなら、有料の駐車場を利用しよう。

■車(レンタカー)で

  新千歳空港から高速道路(新千歳ICから小樽IC)で約1時間5分。運河周辺の観光駐車場まで約5分。
レンタカー予約⇒北海道のレンタカー比較といえば、たびらいレンタカー【早割で最大50%OFF】

■電車で

  新千歳空港から快速エアポートで約1時間10分。JR小樽駅下車。小樽港方面へ徒歩8分。

■バスで

  札幌駅前ターミナルから高速バスで約1時間で小樽駅前ターミナルに到着。
日帰り観光バスで、らくらく&便利に小樽観光!

達人に聞く小樽運河のQ&A

Q 運河のライトアップは何時までですか?
A 場所によっても異なりますが、散策路のガス灯は日没~24時まで(6~8月は18時~)点灯しています。
Q 運河の写真スポットを教えてください
A やはり人気は浅草橋街園。いつも観光客の皆さんで賑わっています。浅草橋には小樽の旬な情報を入手できる観光案内所もあります。
Q 運河を会場にして開催されるイベントはありますか?
A 毎年2月に開催される「小樽雪あかりの路」が有名です。浮き玉キャンドルが水面を照らし、運河周辺が幻想的な雰囲気に包まれます。
小樽観光のホテル選びに役立つ「小樽 ホテルランキング」

小樽

  小樽運河に近いホテルも!小樽のホテル人気ランキング
明治、大正期の街並み!小樽エリアのホテル満載
小樽駅近く、小樽運河まで近いなど、小樽のホテルを様々な切り口でご紹介致します。

北海道【レンタカー】スマートトラベルレンタカー

いざないの一枚

その他の達人指南を見る

北一硝子トップ

小樽「北一硝子」 朝イチのカフェタイムをおすすめする理由
北一硝子は、市内に17店舗を展開する、小樽を代表するガラスブランド。質の高さや種類の豊富さで人気の北一硝子ですが、その楽しみは土産選びだけではありません。見て、・・・

小樽のガラス

「小樽で体験」旅の思い出をつくろう!
小樽はガラス制作をはじめ、様々な制作体験が可能である。今回は主に天気の悪い時でも楽しむことのできる『制作体験』について紹介。

小樽運河

小樽観光 おすすめのロマンチックスポット
小樽はカップルには最適な観光地。少しレトロで情緒ある趣やロマンチックスポットが満載!

メルヘン

雑貨店からカフェまで、ぶらり堺町通り
「堺町通り」は小樽運河に次ぐ、小樽の人気観光スポット。小樽オルゴール堂のあるメルヘン交差点から、北のウォール街へ向かってのびる約900メートルの通りを指す。この・・・

神威岬の神威岩

積丹観光-うに丼と魅惑のシャコタンブルー
北海道内で唯一の海中国定公園に指定されている透き通った海と、断崖絶壁・奇岩・大岩の絶景を楽しめる積丹半島。「生うに」をはじめとした新鮮で豊富な海鮮グルメも楽しも・・・

季節や時間帯によって表情を変える石づくりの建物

ニッカウヰスキー余市蒸溜所 試飲を楽しむ、ほろ酔いオトナ旅
日本を代表するウイスキーブランド「ニッカウヰスキー」。香り深い味わいを育む余市蒸溜所は、全国からウイスキーファンが集まる人気スポット。リピーター続出の施設の魅力・・・

JRタワー外観

JR札幌駅エリア・JRタワーの楽しみ方を徹底ガイド!
札幌市の中心部に位置し、道内の交通の拠点でもあるJR札幌駅。平成15年(2003)に駅周辺の再開発事業によって駅ビル「JRタワー」が誕生し、今や一大ショッピング・・・

いつでも&誰でも心地よく過ごせる大通公園

大通公園 札幌中心部の公園が人気の理由
都市と自然が見事に溶け込む街、札幌。そのシンボル的観光地が、大通公園だ。市民にとっては憩いの場であり、年中イベントが行われる舞台でもある。人気の秘密と、もっと楽・・・

雄大な石狩平野と樽前山から手稲山まで連なる山々

札幌近郊半日ドライブ 地元のお楽しみルート、ガイドします!
北海道の爽やかな春~初秋はドライブに絶好のシーズン。気ままに車を走らせ、束の間の住人となって北海道を地元目線で楽しもう。例えば北海道旅行の最終日、半日しかない貴・・・
×