福岡の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 門司港レトロ観光 港の記憶を継承する町へ
PR
九州の温泉宿・ホテルの宿泊予約は「たびらい九州」でどうぞ

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

門司港レトロ観光 港の記憶を継承する町へ

  北九州市にある「門司港(もじこう)」の一帯は、明治から昭和にかけての歴史的な建物が残る“門司港レトロ”のエリアとして知られている。随所にれんが造りの建物が残された街並みは夜になるとライトアップされ、レトロとモダンの交錯した独特の雰囲気に。焼きカレーなどのグルメだけではない門司港の魅力を紹介する。

門司港から望むライトアップされた関門大橋

  福岡県北九州市に位置する「門司(もじ)」は、明治から昭和初期にかけての時期に栄華を極め、本州との結節点として交通の要所となった場所。「門司港」が開港したのは明治22年(1889)で、海外との交易における“西の門戸”として日本有数の国際貿易港となり、周辺には海運会社や商社などの西洋建築物が次々と建てられた。

ここには現在でも、門司港の発祥の地である「第一船だまり」を中心に、歴史的な建築物が残されており、見どころとなっている。また、門司港レトロエリアには歴史ミュージアムや美術館などもあるほか、少し足を延ばした先の和布刈(めかり)エリアには、隣県の山口県と繋がる関門大橋や和布刈公園など、絶好のビューポイントも点在している。

そんな門司港レトロの味わい方を、門司出身の“達人”に聞いた。

取材/Photo Office K、平成28年(2016)5月


◆その他のおすすめ福岡観光情報
福岡観光のおすすめ情報10選
北九州観光のおすすめ情報6選

春木英利さん
(はるき ひでとし)
春木 英利さん

門司港レトロの達人
  福岡県北九州市門司の出身。元々はラジオのパーソナリティをしながら下関で店舗を構えていたが、以前から出店したいと思っていた出身地の門司で「Bar & Cafe ノスタルヂア」を開く。“門司港レトロに来て昔を思い出してほしい”との思いから、店内はクラシカルな内装に。看板わんこの公子ちゃんが出迎えてくれる。もちろん来店者も、わんこ同伴で入店OKだ。

Bar & Cafe ノスタルヂア
【住所】福岡県北九州市門司区西海岸1丁目4-8
【電話番号(問い合わせ)】093-321-4005

旧門司税関 港横にあるれんが造りの姿

夜間はライトアップされて闇に浮かび上がる「旧門司税関」

  門司港レトロを代表するイメージといえば、何といっても港にたたずむれんが造りの建物だ。そんな門司港レトロを象徴する建物の一つである「旧門司税関」は、港のそばの「第一船だまり」近くに立っている。

この建物が誕生したのは明治45年(1912)で、昭和2年(1927)までは税関庁舎として使用されていたが、その後は民間に売却されて倉庫などとして使用されていた。平成7年(1995)に大規模な復元工事が行われた際に、モダンとレトロが合わさった現在の建物へと生まれ変わっている。

無料で入館できる旧門司税関の見どころは、何といっても2階と3階にある展望室だ。ここからは、はね橋の向こうに広がる入り江である「第一船だまり」を眺めることができる。

かつては石炭や飼料などの荷役の際に活躍した艀(はしけ)の係留場所だった第一船だまりは、いわば“門司港発祥の場所”だ。現在でもこの場所を中心に、建築物や店が点在している。門司港散策で最初に訪れるなら、門司港レトロの雰囲気を感じられるとともに、門司港の“始まりの地”を眺められる旧門司税関がおすすめだ。

ブルーウィングもじ 日本で唯一の歩行者専用はね橋へ

“恋人たちの聖地”でもある「ブルーウィングもじ」

  旧門司税関のすぐ近くにある橋は「ブルーウィングもじ」という名のはね橋で、24メートルの親橋と14メートルの子橋が、最大で60度の角度まで跳ね上がる。毎日10時~16時の間に6回、約20分間かけて開橋する青い橋の姿は、名前の通り広がる翼のように見える。

見どころとしては、はね橋が跳ね上がる時間帯もさることながら、ぜひ夜の景色を見てほしい。何を隠そう、この橋は“恋人の聖地”としても知られるスポット。ライトアップされた橋の上からは関門海峡と関門大橋の姿や、同じくライトアップされた旧門司税関のれんが造りの建物などが見られる。

恋人と訪れて、光と闇の幻想的な世界に浸れる場所なのだ。

昼間のぶらり立ち寄りにおすすめの「三宜楼」

高浜虚子が俳句を詠んだ「三宜楼」3階の客間

  門司港レトロの昼間の散策でおすすめなのが、ここ「三宜楼(さんきろう)」。かつてここは“門司港料亭の頂点”といわれ、木造3階建ての料亭の建屋としては、九州に現存するものでも最大級の大きさを誇る。

1階には現在、関門のふぐ料理を味わえる料亭「三宜楼」が営業しているほか、当時の器類や芸妓衣装、来訪した文化人らの名刺といった資料が無料で見学できる展示室がある。料亭は日本のふぐ料理公許第1号店である割烹旅館「春帆楼」がプロデュースしており、昼は3000円~、夜は5000円~(予約制)と、ふぐ料理としては手ごろな価格で御膳料理が提供されている。

また、2階の“百畳敷”と呼ばれる巨大な大広間(未使用時)や、俳人の高浜虚子が句を詠んだ3階の客間「俳句の間」も、無料で見学が可能(3階は事前のガイド申し込みが必要)。昭和6年(1931)に現在の場所に建築された三宜楼の建物は、門司港が横浜や神戸と並ぶ貿易港として栄えていた当時、出光興産の創業者・出光佐三(いでみつさぞう)など政財界の要人たちの情報交換の場として大いににぎわった場所。往時の雰囲気を感じさせる建物と展示が、基本的には無料で見学できるため、気軽に訪れる場所としておすすめだ。

海峡プラザでショッピングやものづくり体験も

夜空と第一船だまりに浮かび上がる「海峡プラザ」の店舗群

  平成11年(1999)にオープンした複合商業施設の「海峡プラザ」のコンセプトは、“忘れかけていた心のやすらぎを呼び起こす、ロマンあふれるマーケット”。ここには30店舗を超すレストランやショップが入店しており、海峡ずしや小倉焼うどん、ふぐ蒲鉾、平塚明太子といった北九州ならではのご当地グルメが購入できる。

また、オルゴール作りができる「オルゴール工房」や、オリジナルグラス作りができる「赤煉瓦ガラス館」など、ものづくり体験ができる店もある。土産物の購入はもちろん、地元の食やものづくりにも没頭できる空間だ。

《厳選ホテル》

歴史スポットに絶景、グルメ。門司港のおすすめ観光情報

門司港レトロの歴史に触れるスポット

  古き良き時代と現代が融合した街、門司港。ここには、大正から昭和の歴史ある建物が、今でも数多く残っている。旧門司税関のほかにも、門司港を代表する建物を紹介。

  • 現在も現役で使用されているJR門司港駅の構内
  • ドイツ人技師が設計した「国際友好記念図書館」の異国風な外観
  • 大小五つの切妻屋根が特徴的な「旧門司三井倶楽部」
おすすめポイント
  関門海峡をはじめとする美しい自然、歴史ある港や建物などの、古い物と新しい物の織りなすノスタルジックな街並みなどの景観が、門司港レトロ魅力の一つだといえる。さらに、随所に眺望のポイントが設けられている。

和布刈地区から望む関門海峡

  日本三大急潮流の一つとされる関門海峡。約9.4ノットの潮流は1日に4 回、約6時間ごとに向きを変える。

  • 「和布刈公園」の駐車場からは、門司港レトロを見渡せる
  • 関門海峡の海底へと延びる「関門トンネル人道」
  • 展望広場から関門海峡の夕焼けが望める「めかりパーキングエリア
おすすめポイント
  関門海峡は、西の日本海と東の瀬戸内海を二つの海を結ぶ。国内では関門海峡とだけとされる、市街地と一体化した希少なロケーションで、1日に約700隻以上の船が海峡を通る姿を間近に見られる場所だ。時間に余裕があれば、門司港レトロから少し足を延ばして寄ってみるのにおすすめだ。

焼きカレーだけじゃない。門司港レトログルメ

  さまざまな食文化が混在している門司港には、新鮮な魚介類から昔懐かしい洋食まで、数多くの店が軒を連ねている。さまざまなジャンルからのおすすめを紹介する。

  • 地ビールのテイクアウトも可能な「門司港地ビール工房」
  • 片手サイズで気軽にテイクアウトできる「関門くじらメンチカツ」
  • お茶の苦みが味に深みを与えている茶寮の「抹茶パフェ」
おすすめポイント
  関門海峡の速い海流にもまれて育った関門の海産物は、身が引き締まって風味が豊か。交通の要であったこの海峡では洋食などもいち早く入ってきたため、多様な食文化が混ざり合っている。門司港の歴史と文化を生み育ててきた食を味わってほしい。

◆焼きカレーにふぐ、バナナの叩き売り、ちゃんらーまで。門司港グルメの“定番”を紹介
⇒達人コラム「門司港グルメ レトロな港町で焼きカレーを」

福岡の旅をもっと楽しく。お得な旅行情報

編集部の視点
  福岡の旅をもっと楽しく充実させられるように、温泉宿やパッケージツアー、レンタカーなどの予約情報を厳選して紹介。お得に賢く福岡を旅するヒントが詰まっているので、自分好みのプランがきっと見つかるはず。

たびらいの推し宿予約は九州の宿泊予約プランが満載。
⇒福岡の宿はこちらで検索

門司港レトロエリアへの交通アクセス

車(レンタカー)で

  【九州自動車道を利用の場合】
・門司港インターチェンジ(本州方面)を下車後、門司港レトロエリアまで車で約5分
・門司港インターチェンジ(九州方面)を下車後、門司港レトロエリアまで車で約7分

【北九州都市高速を利用の場合】
・春日インターチェンジを下車後、門司港レトロエリアまで車で約5分
※門司港インターチェンジで下車することはできないため、注意が必要

電車で

  【北九州空港から】
最寄駅は「JR門司港駅」。北九州エアポートバスの「小倉駅ノンストップバス」に乗り、JR小倉駅新幹線口で降車後、JR小倉駅から門司港行きの電車に乗り換える。約1時間

【福岡空港から】
最寄駅は「JR門司港駅」。福岡空港から福岡空港線バスに乗り小倉駅前で降車、JR小倉駅から門司港行きの電車に乗り換える。約2時間

【JR博多駅から】
JR博多駅から門司港行きに乗り「JR門司港駅」で下車、約1時間

門司港レトロ観光のQ&A

Q 観光時間はどれぐらいかかる?
A コンパクトに回れば3時間から、じっくり回れば1日で、主要な観光施設を見ることができる。
Q 家族連れで楽しめる?
A 特に「海峡プラザ」には小さな子どもが楽しめる体験型の施設もあるので、家族連れで満喫できる。
Q 無料のガイドはある?
A 事前申し込み不要の門司港レトロ観光ガイドツアーは、土・日曜、祝日で受付が可能。ほかにもガイドがあるので、希望や確認の場合は門司港駅観光案内所へ連絡を。

【電話番号(問い合わせ)】
093-321-6110(門司港駅観光案内所)
Q 駐車場はある?
A 周辺にあるコインパーキングなどが利用できる。
福岡の宿を探す、予約する。

たびらいの「推し宿」

  たびらいの「推し宿」には、九州の宿泊予約プランが満載。九州の温泉宿を知り尽くした現地スタッフが選りすぐりの情報を紹介している。

また、希望の宿が満室表示されている場合に、スタッフが宿に直接交渉をしてくれるリクエストサービスも。


⇒福岡の宿はこちらで検索

いざないの一枚

その他にも、九州のおすすめ観光情報を紹介。

あなたの気になる記事は?

九州の各地を味わうグルメ

久留米ラーメン とんこつラーメン発祥の味

福岡・久留米ラーメン

呼子で朝市やイカの活きづくりを楽しむ

佐賀・呼子

タイピーエン 熊本のおすすめ郷土料理を食す

熊本・タイピーエン

門司港グルメ レトロな港町で焼きカレーを

福岡・門司港

人吉・球磨のグルメ旅 自然が育んだ食文化

熊本・人吉球磨

博多の水炊き。人気の郷土料理を味わう

福岡・博多の水炊き

熊本・阿蘇グルメ 新旧うまかもん対決

熊本・阿蘇グルメ

長崎ちゃんぽん 発祥からおすすめ情報まで

長崎ちゃんぽん

宮崎グルメ旅 地元の食材を存分に味わう

宮崎グルメ

黒糖焼酎 奄美群島だけで造られる稀有な酒

鹿児島・黒糖焼酎

九州で歴史散策・文化探訪

福岡・秋月 筑前の小京都、秋月城下を散策

福岡・秋月

三角西港で不思議発見。世界遺産登録が決定

熊本・三角西港

グラバー園 長崎港を望む洋館群を訪ねて

長崎・グラバー園

小倉城 歴史と文化の観光散策

福岡・小倉城

西都原古墳群 神話が息づく花と歴史の名所

宮崎・西都原古墳群

伊万里・大川内山 伝統が息づく焼き物の町

佐賀・伊万里

軍艦島 タイムカプセルとなった廃墟の島

長崎・軍艦島

吉野ヶ里遺跡で邪馬台国ロマンを体感

佐賀・吉野ヶ里遺跡

柳川の歴史と文化にふれる町歩き

福岡・柳川

鵜戸神宮 絶壁に囲まれた岩窟の縁結び神社

宮崎・鵜戸神宮

九州の絶景を堪能する

稲佐山から眺める長崎1000万ドルの夜景

長崎・稲佐山

都井岬へ 日本在来の野生の馬を訪ねて

宮崎・都井岬

屋久島トレッキングで縄文杉に会う

鹿児島・屋久島

糸島観光でスローバケーションを

福岡・糸島

福岡タワー 海と街を一望する人気スポット

福岡・福岡タワー

宮崎・青島 鬼の洗濯板に囲まれた聖なる島

宮崎・青島

加計呂麻島の楽しみ方

鹿児島・加計呂麻島

大観峰で阿蘇の絶景を満喫

熊本・大観峰

冬の風物詩・長崎ランタンフェスティバル

長崎・新地中華街

佐賀バルーンフェスタ 大空を彩る熱気球

佐賀・嘉瀬川

九州の温泉や名所でのんびりと

別府温泉 世界に名だたる温泉天国

大分・別府温泉

わいた温泉 涌蓋山を望む絶景の温泉郷

熊本・わいた温泉

嬉野温泉 日本三大美肌の湯の楽しみ方

佐賀・嬉野温泉

ハウステンボス 長崎代表のおすすめ観光地

長崎・ハウステンボス

水郷柳川で舟遊び。お堀めぐりを楽しむ

福岡・柳川

平山温泉 “奥座敷”のとろり美肌の湯

熊本・平山温泉

湯布院 全国屈指の温泉観光地へ

大分・湯布院温泉

黒川温泉 湯めぐり温泉と多彩な露天

熊本・黒川温泉

長湯温泉・日本一と名高い炭酸泉を堪能する

大分・長湯温泉

杖立温泉 “九州の奥座敷”で風情に浸る

熊本+大分・杖立温泉

その他の達人指南を見る

門司港グルメの代名詞といえば、やはり「焼きカレー」だ

門司港グルメ レトロな港町で焼きカレーを
かつて国際貿易港として栄えた門司港は、明治から大正期に建てられた洋館が立ち並ぶ。レトロな洋館めぐりが観光の定番だが、近年は発祥の焼きカレー、関門海峡の海の幸など・・・

旦過市場の北側アーケードに食い込むようにスーパー丸和が建つ

北九州市民の台所「旦過市場」 昭和レトロに誘われて
北九州市民の台所「旦過市場」をクローズアップ。昭和30年代築の長屋式の商店は、裸電球の光に照らされ、昔風情たっぷり。旦過市場は近年、県内外の観光客からも注目を集・・・

小倉城と市役所の間に延びる「小倉城歴史の道」

小倉城 歴史と文化の観光散策
“九州の玄関口”ともいわれる小倉の中心部に位置する「小倉城」。城の周辺には歴史的な文化財に加え、小倉にゆかりのある文人の足跡も多く残されている。のんびりと散策し・・・

南側から見たタワーの外観。周囲は、近代的な建物が並ぶ百道地区

福岡タワー 海と街を一望する人気スポット
高さ234メートル。海浜タワーとしては日本一の高さを誇り、地上123メートルの展望台から博多湾や福岡の街を見晴らすことができる「福岡タワー」。その大パノラマは一・・・

海上安全の神として古代より篤く信仰されてきた「志賀海神社」

志賀島 古代ロマンと絶景を巡る旅
「金印」発掘の地として知られる志賀島は、その歴史はもちろん、玄界灘や福岡市街を見晴らす絶景も魅力。1周して約11キロメートルという規模は、レンタカーでぶらりとま・・・

TOTO小倉第一工場で身近な衛生陶器の製造工程を見学

産業都市北九州で、工場見学を楽しもう
港の開港と鉄道開通を機に、目覚ましい産業発展を遂げた北九州市。煉瓦造りの古い建物、巨大な工場群やものづくりの現場を見学すれば、眠っていた知的好奇心が呼び起こされ・・・

青い海と白い砂浜が美しい糸島

糸島観光でスローバケーションを満喫
福岡市街から車で30分ほどの「糸島(いとしま)」は、のどかな田園風景やマリンブルーの海が広がる自然豊かな観光地。自然に囲まれたドライブや、地元の産物を使ったグル・・・

鍋の世話をしてくれる仲居さん。テーブルで弾む会話も楽しんで

博多の水炊き  あっさりしながら奥深い、繊細な郷土料理
地元ではもちろん、観光客にも人気が高い「博多水炊き」。一言でいえば、シンプルな鶏鍋料理。しかし、その味わい方には独特の作法と楽しみ方がある。いわゆるB級グルメと・・・

夏の名物「スプラッシュジャンプ」

うみたまご 大分の老舗水族館の楽しみ方
大分の老舗水族館「うみたまご」は、年間の入場者数が約85万人。創業50年もの歴史を持ちながら、常に時代と共に進化を遂げてきた。大分で愛され続けるうみたまごの魅力・・・