1. たびらい
  2. 観光情報
  3. 福岡観光情報
  4. 門司港レトロの楽しみ方を現地編集部が徹底ガイド
門司港レトロ

門司港レトロの楽しみ方を
徹底ガイド!

更新:2018年10月01日

北九州市にある「門司港(もじこう)」の一帯は、明治から昭和にかけての歴史的な建物が残る“門司港レトロ”のエリアとして知られています。随所にレンガ造りの建物が残され、レトロとモダンの交錯した独特の雰囲気が、門司港レトロの魅力です。今回は焼きカレーなどのご当地グルメにも触れながら、門司港の魅力を紹介します。

[たびらいセレクション]

大正ロマン漂う港町

門司港レトロの
大正ロマン漂う港町を散策

JR門司港駅
1914年に建てられた「JR門司港駅」。当時の面影の残る青銅製の手水鉢や、大理石とタイルばりの洗面所などを見る事ができます(現在駅舎を大規模保存修理工事中、2019年3月完了予定)。
旧門司三井倶楽部
1921年に三井物産の接客・宿泊施設として
建設された「旧門司三井倶楽部」。
アインシュタイン博士が来日した際に宿泊した当時の部屋
アインシュタイン博士が来日した際に宿泊した
当時の部屋の様子が再現されています。
旧大阪商船
八角形の塔屋と鮮やかなオレンジ色の外壁が目印の「旧大阪商船」。現在1階はギャラリーやアンテナショップになっています。
旧門司税関
1909年に門司税関が発足したのを契機に、
1912年に建てられたレンガ造りの「旧門司税関」。
エントランスホール
1階には天井吹き抜けの広々としたエントランスホール、休憩室、フルーツカフェ「フルーツファクトリーモーンデレトロ」があります。3階はギャラリーと展望室になっており、関門海峡を行き交う船やはね橋を一望できます。
門司港レトロ展望室
高層マンション「レトロハイマート」の
31階にある「門司港レトロ展望室」。
高さ103メートルから見渡す関門海峡や門司港レトロ
高さ103メートルから見渡す関門海峡や
門司港レトロな街並みはまさに絶景。
大連友好記念館
白と茶のコントラストの美しい建物は「大連友好記念館」。1階は中華レストラン、2階は休憩スペースや大連市の紹介コーナーが併設されています。
明治から昭和にかけての歴史的な建物が残る門司港レトロ地区。関門海峡を望め、旧門司税関や旧門司三井倶楽部など、ノスタルジックな街並みが最大の魅力です。夜はライトアップされ、より幻想的な雰囲気に。昔懐かしい景観や潮風を感じながら、自由気ままに散策してみてください。

[たびらいセレクション]

九州の鉄道

門司港レトロで
見て触れて学ぶ九州の鉄道

九州鉄道記念館

九州鉄道記念館
1891年に旧九州鉄道会社本社屋として建てられた赤レンガの「九州鉄道記念館」の中央ゲート。
「明治の客車」が展示
本館に入ってすぐのところには、明治から昭和初期まで活躍した「明治の客車」が展示されています。
当時の車内の様子
畳の座席や落とし窓など当時の車内の様子が再現されています。
811系運転シミュレーター
「811系運転シミュレーター」では、電車の運転台に座って門司港ー折尾間の運転疑似体験ができます。まるで本当に運転しているかのように感じられてドキドキ!
九州の鉄道大パノラマ
鉄道模型で九州一周の旅を楽しめる「九州の鉄道大パノラマ」。
博多駅を中心に九州中の人気列車が走ります。
本物の列車と同じような運転体験ができます
ミニ鉄道公園では、1周130メートルの線路を、
「つばめ」や「かもめ」など5つの列車が走ります。
本物の列車と同じような運転体験ができ、
子どもに人気のスポットです。

北九州銀行レトロライン 門司港レトロ観光列車 潮風号

北九州銀行レトロライン 門司港レトロ観光列車 潮風号
「北九州銀行レトロライン 門司港レトロ観光列車 潮風号」は、九州鉄道記念館駅から関門海峡めかり駅までを走る観光トロッコ列車。
関門海峡の景色
車窓からはゆっくりと関門海峡の景色が楽しめます。
門司港駅のすぐそばに赤レンガで建てられたレトロな建築物が「九州鉄道記念館」。鉄道の歴史を楽しみながら学べるスポットです。館内には、タイムトリップしたような懐かしい鉄道関連のものが多く展示されています。当時の客車の展示や811系近郊型電車の運転台で実際の路線風景での運転を疑似体験できる運転シミュレーターや、明治時代から活躍してきた客車、九州の鉄道の歴史を映した写真、蒸気機関車の模型や実物資料もあります。 また、「北九州銀行レトロライン 門司港レトロ観光列車 潮風号」は、鉄道記念館の最寄りにある「九州鉄道記念館駅」から「関門海峡めかり駅」までを約2.1キロ走る観光トロッコ列車です。片道約10分でゆっくりと進むので、のんびりと関門海峡の景色を楽しむことができますよ。ぜひ潮風を楽しむ列車の旅に出かけてみてください。

九州鉄道記念館

【住所】福岡県北九州市門司区清滝2-3-29
【営業時間】9時~17時(最終入館16時30分)
【料金】大人:300円、中学生以下:150円
※4歳未満は無料(30人以上の場合は20%引)
【定休日】第2水曜(但し、8月は除く)
7月は、第2水・木曜日
※第2水曜日が祝日の場合は、翌日に休館日を振り替え
【問い合わせ(TEL)】093-322-1006

北九州銀行レトロライン 門司港レトロ観光列車 潮風号

【住所】福岡県北九州市門司区西海岸1-7-1
【運行日】2018年3月17日~2018年11月25日の土・日・祝日
※3月24日~4月5日、4月28日~5月6日、7月21日~8月31日の間は毎日運行
【料金】大人300円、小人150円
【問い合わせ(TEL)】093-331-1065
もっと見る

[たびらいセレクション]

三宣楼

門司港レトロの
グルメ&イベント

三宣楼

三宣楼
1931年に建てられた九州最大級の料亭「三宣楼(さんきろう)」は2014年4月にリニューアルオープン。
関門名物ふぐ料理
三宜楼茶寮では、関門名物ふぐ料理をはじめ旬のおいしい食材をふんだんに使った料理が楽しめます。

詳細はこちら

BEAR FRUITS(ベアフルーツ)

BEAR FRUITS(ベアフルーツ)
門司港に来たら絶対に外せないご当地グルメ「焼きカレー」。BEAR FRUITS(ベアフルーツ)の焼きカレーは上戸彩さんが「地球が滅亡する時に最後に食べたいもの」として、語ったことでも有名です。
スーパー焼きカレー(850円/税込)
スプーンを入れると、ルーのなかに隠れた半熟の卵黄がとろんと広がり、一番底のライスと混じり合います。さらに、17種のスパイスをブレンドして作られた“びっくりスパイス”を投入することで、さらにコクとうまみが際立つおいしさに!

詳細はこちら

フルーツファクトリーモーンデレトロ

フルーツファクトリーモーンデレトロ
「旧門司税関」の1階にあるのが、果物専門店直営のフルーツカフェ「フルーツファクトリーモーンデレトロ」。
旬の5種盛(1580円/税込)
その時期の一番おいしいフルーツを使ったパフェ「旬の5種盛(1580円/税込)」。レトロな街並みを眺めながら、彩り豊かなみずみずしいパフェを味わって。

詳細はこちら

門司港地ビール工房

門司港地ビール工房
北九州地区で唯一のビール醸造所を併設するレストラン「門司港地ビール工房」。
門司港地ビール工房
熱処理を施さず作られる生ビールは、一度に700リットルと少量生産。ピッツァやジンギスカンを味わいながら、風味豊かな門司港地ビールを楽しめます。

詳細はこちら

九州オクトーバーフェストin門司港

九州オクトーバーフェストin門司港
毎年10月には門司港レトロ中央広場で「九州オクトーバーフェストin門司港」が開催されます。九州の地ビールメーカー4社と本場ドイツで造られたフェストビアを飲み比べることができますよ!

詳細はこちら

もっと見る

[たびらいセレクション]

くぼて鷹勝 卜仙の郷

門司港レトロ周辺で宿泊
おすすめ宿情報

ダイワロイネットホテル小倉駅前

ダイワロイネットホテル小倉駅前
門司港や下関観光の拠点におすすめ。標準仕様のクオリティの高さが評判で、朝食はナポリピッツァの名店でブッフェを。

詳細はこちら

くぼて鷹勝 卜仙の郷

くぼて鷹勝 卜仙の郷
割烹料理「鷹勝(たかしょう)」がもてなす美食の秘湯宿。豊前近海や玄海の旬の魚、鮮度抜群のヤリイカを満喫して。

詳細はこちら

ホテルリソルトリニティ博多

ホテルリソルトリニティ博多
地下鉄中洲川端駅から徒歩1分、素足で過ごせる客室と大浴場で安らぎの滞在を。万全のセキュリティと豪華アメニティで女子旅も安心。

詳細はこちら

ホテルクリオコート博多

ホテルクリオコート博多
博多駅筑紫口から徒歩0分で、雨の日や深夜の帰宅も安心。朝食バイキングのふわふわオムレツは必食のおいしさ。

詳細はこちら

もっと見る

ローカル案内役
藤田 秀樹(たびらい編集部)

福岡県出身。九州内の食べ歩きスポットを探し続ける編集スタッフ。カメラ片手に友人・知人を巻き込んで観光スポットにも出没。

[たびらいセレクション]

福岡でローカルの魅力に触れる

今、この宿、見られてます

最新情報はこちらからチェック!

旬な観光情報を現地からお届け
×