1. 「ジュエリーアイス」十勝の海に訪れる海の宝石を見に行こう。1月から単日ツアーが開始に

ニュース

お得なパッケージツアーやアクティビティ、イベント情報、新発売の商品など、現地編集部が独自の視点で取材したニュースを毎日配信しています。

「ジュエリーアイス」十勝の海に訪れる海の宝石を見に行こう。1月から単日ツアーが開始に

【投稿日】2017年12月07日(木)| 北海道発

ジュエリーアイス

「ジュエリーアイス」と呼ばれる氷をご存じでしょうか。

この氷、十勝地方の豊頃町(とよころちょう)・大津海岸に出現する氷の塊。ここ数年間人気を集めている“宝石”のような氷、ジュエリーアイスを見る単日のツアーが1月中旬から始まります。

ジュエリーアイス/女の子
▲ジュエリーアイスには、子どもが持てる拳大ほどの大きさのものも

北海道で見られる、厳冬期の海の氷に「流氷」があります。これはロシアのアムール川から大量に流れ出た真水がオホーツク海で海水と混じり合い、海の中で氷となって知床や網走、紋別沿岸に漂着するもの。

十勝のジュエリーアイスは海へ流れ出た十勝川河口の氷が、冬の荒れた天候によって再び浜に打ち上げられるものです。ジュエリーアイスは波や氷同士のぶつかり合いによって角がとれ、丸くなっており、流氷と違って透明なのも特徴的。

1月からの「ジュエリーアイス&スノーワールド周遊」を実施するのは、新しい着眼点で十勝地方の観光コンテンツを制作するサムライプロデュース。代表の西脇あつしさんは「最初はただの氷でしょ、と思っていましたが、実際に自分の目で見ることで、とても幻想的な風景であることを実感しました。女性や子どもにもおすすめできる冬の自然観察コースですよ」と太鼓判。

特に写真好きの人には一度、訪れてほしいスポットです。

ジュエリーアイス

ジュエリーアイス体験には、温かい飲み物・お菓子の用意があり、帯広市から約4時間のコースで6000円。プロのネイチャーカメラマンによる撮影指導のオプションを付けることもできます。

浜辺は風が強く、体感温度が下がるため防寒着・手袋・カイロなどはしっかりと準備を。

■ジュエリーアイス&スノーワールド周遊
【開催時期】平成30年(2018)1月12日(金)~3月11日(日)
      ※天候により変動の可能性あり
【集合時間】13時
【集合場所】帯広駅南口または帯広市内、十勝川温泉・幕別温泉の宿泊施設
【所要時間】約4時間
【料金】6000円(子ども料金はなし)
【予約】http://opt.hokkaidotour.net/detail/?plan_id=9066
※開催時期、所要時間、催行については天候などの諸条件によって変更あり

あわせて読みたい!

今、この宿、見られてます