北海道の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 知床斜里で出合える蜃気楼も紹介。「蜃気楼のすべて!」が出版

ニュース

お得なパッケージツアーやアクティビティ、イベント情報、新発売の商品など、現地編集部が独自の視点で取材したニュースを毎日配信しています。

知床斜里で出合える蜃気楼も紹介。「蜃気楼のすべて!」が出版

【投稿日】2016年06月03日(金)| 北海道発

知床斜里で見られる珍しい蜃気楼を紹介するビジュアルガイドブック「蜃気楼のすべて!」(日本蜃気楼協議会著、草思社)が出版された。執筆を担当した知床蜃気楼・幻氷研究会の佐藤トモ子さんは「神秘的でダイナミックな自然景観の蜃気楼は斜里ならでは。多くの人に知ってほしい」と話している。

蜃気楼とは、暖かい空気と冷たい空気の境界層で光が屈折することにより起きる光学現象。遠くの景色が伸びたり、歪んだりと、みるみるうちに変化する不思議な光景を目にすることができる。オホーツク海に面した湾状の地形の真ん中にあたる斜里では、昔からよく蜃気楼が観察されていたが、実態はよく分かっていなかった。
 
しかし、数年前から地元有志で作る研究会メンバーが観測を始め、ほぼ1年中、蜃気楼が見られる貴重な場所だということが分かってきた。富山県・魚津市や北海道の小樽市など蜃気楼が有名な他の地域とは違って斜里沿岸に人工物は少なく、水平線や太陽など自然そのものが変化して見える「おおらかな蜃気楼」であることも特徴。また流氷の蜃気楼である「幻氷」は、春のオホーツク海の水平線に流氷が伸び上がって見える現象で、この地域特有の美しい光景だ。

「蜃気楼のすべて!」では、蜃気楼のメカニズムなど基礎知識のほか、推奨観測地点など実用的な情報も紹介されている。観察には双眼鏡やカメラの望遠レンズがあると分かりやすい。世界自然遺産知床を擁する斜里の海辺で蜃気楼を楽しむ。そんなひと味違った旅はいかがだろうか。

文・構成/知床のミニコミ誌「シリエトクノート編集部」

■「蜃気楼のすべて!」
【発行】
日本蜃気楼協議会著 草思社

【価格】
1800円(税別)

斜里町のおすすめ観察地:以久科原生花園
【住所】
北海道斜里郡斜里町以久科北
※JR知床斜里駅より3.6キロ、車で約5分

知床蜃気楼・幻氷研究会の公式サイト
http://shiretoko-mirage.blogspot.jp

---------------

>>「ニュース一覧」に戻る

---------------

毎週、北海道の旬な観光情報&お得な旅行プランを配信中♪
登録は無料!「たびらい北海道 メールニュース」の登録はこちら

---------------

【今、この記事、読まれてます!】

「朝食のおいしいホテル2016」
全国TOP5に北海道のホテル3施設がランクイン!



北海道&数量限定発売!
ロッテリアの「北海道産ジビエ エゾ鹿バーガー」



上着の準備はどうすればいいの?
「夏休み」の北海道服装ガイド




=======================
■北海道のレンタカー比較・予約サイト「たびらい北海道レンタカー」
札幌発のレンタカーをチェックする

■北海道旅行のパッケージツアー、ホテル、レンタカー、遊びをお得に予約!
★北海道旅行の情報サイト「たびらい北海道」はこちら

この記事を見ている人におすすめ情報