1. 【最新版】知床の人気観光スポット28選!知床旅行はまずここ!

特集

現地スタッフが厳選した旅行と観光に関する「便利」で「すぐに役立つ」情報をまとめた特集記事を紹介しています。

【最新版】知床の人気観光スポット28選!知床旅行はまずここ!

自然・景観

北海道といえばやっぱり大自然!知床の豊かな自然や美しいビュースポットを紹介。

01

知床峠(知床横断道路)

日本一開通期間の短い絶景国道

知床八景 知床峠

斜里町ウトロと羅臼町の間を結ぶ、知床横断道路(国道334号線)の頂上が、標高738メートルの知床峠。駐車場と展望台が整備されており、ドライブ客やツーリング客、観光バスも立ち寄るビュースポットとして高い人気があります。目の前には雄大な羅臼岳がそびえ、天気が良ければ遠く北方領土の国後島までを望むことも可能。7月下旬でも見ることができる残雪や、秋の紅葉の眺めも絶景です。冬期間は積雪のため通行止めとなりますが、除雪が進む春には、開通にひと足早く「雪壁ウォーク」イベントを実施。高さ3~5メートルの雪の絶壁が道の両脇を覆うレアな光景の中、ウォーキングを楽しめます。

基本情報
【住所】
北海道斜里郡斜里町~目梨郡羅臼町
【駐車場】
あり、バス12台、乗用車66台(無料)
【問い合わせ】
0152-22-2125/知床斜里町観光協会

02

知床五湖

必見! 海外旅行者にも大人気の水辺スポット

知床八景 知床五湖

知床連山の原生林に囲まれた、美しい5つの湖。周囲の緑を湖面に映し、静かな自然の楽園を形成しています。往復約40分ほどの「高架木道」は、誰でも一湖のそばまで行くことができる気軽な散策ルート。より自然深い道を行く「地上遊歩道」は、一湖~五湖までをめぐるコース設定がありますが、ヒグマの生息域のため、ガイド同伴義務ありの期間と、レクチャー受講義務ありの期間とがあります。知床五湖が最も美しいのは5~6月頃と言われ、残雪の山とともにミズバショウの群生やエゾエンゴサクなど花々の開花が見られます。

基本情報
【住所】
北海道斜里郡斜里町遠音別村(知床国立公園内)
【見学期間】
4月下旬~11月下旬
【見学時間】
知床五湖フィールドハウス:7時30分~18時(閉館は時期により変動)
【駐車場】
普通車 500円、バイク 200円(7時30分より営業)
【問い合わせ】
0152-24-3323/知床五湖フィールドハウス
【備考】
「地上遊歩道」の散策利用は時期により条件が異なる  ・ガイド同伴義務あり:5月10日~7月31日  ・レクチャー受講義務あり:4月下旬~5月9日、8月1日~10月20日

03

フレペの滝

ほろほろと海に流れ落ちる「乙女の涙」

知床八景 フレペの滝

断崖絶壁の中腹から湧き出すように落ちる滝。上部に川はなく、地中の水が崖からほろほろとこぼれてオホーツク海に注ぎ込んでいます。付いた別名は「乙女の涙」。その全貌を見るには遊覧船で海上へ出なければならず、クルーズ観光の見どころのひとつとなっています。冬に氷瀑となった姿も、異なる情景が楽しめると人気。また知床自然センターからは、原始の森の遊歩道を20分ほど歩いて滝の断崖上にある展望台まで行くことができ、滝の脇から流れの一部を観賞可能。スノーシューで雪原を歩いていく冬のツアーも実施されています。

基本情報
【住所】
北海道斜里郡斜里町字岩尾別(知床国立公園内)
【交通アクセス】
徒歩:知床自然センターから遊歩道を歩き片道20分
【料金】
無料(冬期のスキー・スノーシューの貸し出しは有料)
【駐車場】
知床自然センターにあり(無料・フレペの滝まで遊歩道を歩いて片道20分)
【問い合わせ】
0152-22-2125/知床斜里町観光協会

北海道ローカル案内役が厳選おすすめホテル特集

[たびらいセレクション]

04

オシンコシンの滝

爽やかさと迫力に魅了される人気の名所

知床八景 オシンコシンの滝

国道334号線沿いにあり、斜里から知床半島の観光スポットへ向かって車を走らせるとまず最初に現れる人気の滝。幅約30メートル、高さ約80メートルの落差を水しぶきを上げ落ちる姿は涼味たっぷり、迫力満点。流れが途中から二筋に分かれるため「双美の滝」とも呼ばれ、「日本の滝100選」にも選定されています。雪解け水で水量が増す新緑の季節や、水の流れを残したまま凍りつく厳冬期など、四季によって変わる風情も魅力。間近まで階段で近づけるようになっているので、滝の美しさを堪能できます。

基本情報
【住所】
北海道斜里郡斜里町ウトロ西
【交通アクセス】
車:斜里町ウトロから斜里方面へ約10分
バス:JR知床斜里駅から斜里バス「ウトロ温泉行き」で約40分。オシンコシンの滝下車、徒歩すぐ
【駐車場】
あり(無料)
【問い合わせ】
0152-22-2125/知床斜里町観光協会

[知床の観光スポットを自由に楽しむ旅]

知床の魅力を満喫、お得なツアー(航空券+宿泊)予約はこちら

05

カムイワッカ湯の滝

短い夏にだけ楽しめる“流れる”温泉

知床八景 カムイワッカ湯の滝

滝自体が温泉になっている珍しい滝。夏場、滝壺の水温はおよそ30度となり、水着を持ってきて入浴する観光客も多数。滝は、カムイワッカ川の流れの一部。この川には、なんと温泉が混ざっています。そのため一帯の川の水も心地よい温かさがあり、足を浸して川を歩いたり、子どもたちが水遊びをしたりと、入浴でなくとも流れる天然温泉に親しむ人でにぎわっています。傾斜のある自然の川を登ることになるので、滑らない水中用の靴やサンダルは必須。現在は「一の滝」まで行くことができます。

基本情報
【住所】
北海道斜里郡斜里町遠音別村岩尾別
【交通アクセス】
シャトルバス:夏季限定の運行。斜里バスターミナル、ウトロバスターミナル、知床自然センター、知床五湖などから乗車できる。「カムイワッカ湯の滝」バス停下車、滝までは徒歩10分。斜里バスターミナルからの場合、所要約2時間。ウトロバスターミナルからの場合、所要約1時間ほど。
【利用期間】
6月初旬~11月初旬頃まで(※気象状況等により変動あり)
【料金】
無料
【問い合わせ】
0152-22-2125/知床斜里町観光協会
【備考】
※時期により車両規制等がある。マイカーでの通行が禁止の場合は専用シャトルバスを利用

06

プユニ岬

オホーツク海に沈む夕陽の名所

知床八景 プユニ岬

ウトロから知床五湖へ向かう途中の登り坂にあるビュースポット。オロンコ岩などのあるウトロ港周辺を一望し、澄み切ったオホーツクの海、その後ろに阿寒国立公園の山並みまでも見渡すことができる絶景地として知られています。特に夕陽の美しさが有名で、海をオレンジ色に染め沈んでいく太陽の光景は格別。ドラマチックな自然のショーを見られます。また、冬はオホーツク海の中でも早い時期に流氷が訪れる場所。ウトロ港に一面の真っ白な平原が出現し、夏と異なる趣ある風景を眺めることができます。

基本情報
【住所】
北海道斜里郡斜里町
【交通アクセス】
車:斜里町ウトロから約5分
【料金】
無料
【駐車場】
なし
【問い合わせ】
0152-22-2125/知床斜里町観光協会

07

オロンコ岩

階段でアクセス可能。上からの眺望も楽しめる巨岩

知床八景 オロンコ岩

ウトロ港近くにそびえ立つ、高さ約60メートルの巨岩。先住民族「オロッコ族」、そして「そこに座っている岩」という意味のアイヌ語に由来し、ごろりとした不思議な形で鎮座しています。手すりのついた急な階段を登って頂上へ行くことができ、平坦になっている岩上部からの眺めは抜群。ウトロの町並みや知床連山など、石段を登り切った達成感とともに360度の風景を楽しめます。岩の下にはトンネルがあり、抜けた先の駐車場のそばには、北海道の名付け親でもある幕末の探検家「松浦武四郎」の記念碑や、森繁久彌の「知床旅情」の歌碑が立っています。

基本情報
【住所】
北海道斜里郡斜里町ウトロ東
【交通アクセス】
車:JR知床斜里駅から約40分     
バス:JR知床斜里駅から知床線バスにて乗車約50分、ウトロバスターミナルで下車し徒歩5分
【見学期間】
4月下旬~12月上旬(無雪期)
【駐車場】
あり。夏期のみ有料
【問い合わせ】
0152-22-2125/知床斜里町観光協会

08

夕陽台

時間を見計らって出かけたい夕陽の展望台

知床八景 夕陽台(写真提供:知床斜里町観光協会)

ウトロ温泉のある高台の展望台で、名前の通り夕陽の名所。目の前に広がるオホーツクの海面に、沈み行く太陽のオレンジ色の光がまっすぐな道筋を作る、感動の光景が見られます。すぐそばには「夕陽台の湯」という温泉もあり、その露天風呂に浸かりながら夕陽を眺めることも可能。贅沢な眺めを堪能しに、時間帯を狙って訪れるのがおすすめです。

基本情報
【住所】
北海道斜里郡斜里町ウトロ
【交通アクセス】
車:JR知床斜里駅から約40分
【料金】
夕陽台の湯:入浴料 大人500円、老人・小人250円
【駐車場】
夕陽台の湯の駐車場を利用(無料)
【問い合わせ】
0152-22-2125/知床斜里町観光協会

09

羅臼岳

知床半島の中央にそびえる火山群の主峰

羅臼八景 羅臼岳

羅臼町と斜里町の間、半島を二分するように続く大山脈・知床連山の最高峰。別名「知床富士」と呼ばれるのが羅臼岳です。標高は1660メートル。ランドマーク的な存在で、知床半島のどこからでもその姿を望むことができますが、知床峠から見る姿が特におすすめ。緑多い山肌や、夏まで残る白い雪の美しさが目を引きます。山開きは毎年7月の第1日曜日。登山道沿いでは多くの野草や高山植物を見られ、斜面が花畑のように彩られます。

基本情報
【住所】
北海道目梨郡羅臼町、斜里郡斜里町
【交通アクセス】
車:JR知床斜里駅から約1時間/中標津空港から約1時間30分(国道335号経由)
【問い合わせ】
0153-87-2111/羅臼町役場

[たびらいセレクション]

10

羅臼湖

原始の自然風景に囲まれた幻の湖

羅臼八景 羅臼湖

原生林に囲まれ、50年ほど前までは近づく人もなかった幻の湖として知られる、知床半島で最大の湖。近年では、ガイドツアーを前提としてトレッキングができるようになり、原始の風景を楽しめる穴場に。茂る笹薮やハイマツを分け入って、一部木道を通り、大小5つの沼を通過して、羅臼湖に至ることができます。特に途中の「三の沼」では、羅臼岳が水面に映る様子が映えます。ヒグマの高密度生息地域のため、熊対策は万全に。

基本情報
【住所】
北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢町225林班
【交通アクセス】
車:JR知床斜里駅から約1時間10分/中標津空港から約1時間30分(国道335号経由)     
バス:知床峠から阿寒バス・斜里バス利用 羅臼湖入口下車徒歩約10分
【駐車場】
なし
【問い合わせ】
0153-87-2828/羅臼ビジターセンター

11

しおかぜ公園

オホーツク老人の像が立つ小さな公園

羅臼八景 しおかぜ公園(写真提供:知床羅臼観光協会)

羅臼漁港を一望し、潮風を受けてのんびりできる、気持ちの良い公園。大俳優・森繁久彌氏が主演をつとめ、羅臼が舞台となった昭和35年(1960)の映画「地の涯に生きるもの」の記念銅像「オホーツク老人」が出迎えてくれます。昭和45年代(1970)、加藤登紀子氏が歌って大ヒットした「知床旅情」は、同映画の撮影時に森繁氏が作詞作曲した名曲。その自筆の歌詞が彫られた石碑も設置され、おおらかな歌が生まれたルーツに思いをはせることができます。

基本情報
【住所】
北海道目梨郡羅臼町共栄
【交通アクセス】
車:中標津空港から車で約1時間(国道335号経由)
【駐車場】
あり(無料)
【問い合わせ】
0153-87-2111/羅臼町役場

12

望郷台(国後展望塔屋上)

海を隔てた北方領土に思いを馳せて景色を望む

羅臼八景 望郷台(国後展望塔屋上)

北方領土・国後島(くなしりとう)を一望することができる高台に、「羅臼国後展望塔」があります。高さは海面から167メートルほど。羅臼の町や、根室海峡も望むことができます。館内では、北方領土に関する資料の展示、ビデオ上映を無料で実施。「望郷」と名が付いたその背景にあるものを、親しみやすく学べるスポットです。また、この地は日の出の名所としても知られ、夜が明ける際のすがすがしいオレンジ色の光は、夕陽とまた違う美しさ。ぜひ早朝に訪れたいスポットです。

基本情報
【住所】
北海道目梨郡羅臼町礼文町32-1
【交通アクセス】
車:中標津空港から車で約1時間10分(国道335号経由)
【営業時間】
4月~10月:9時~17時、11月~3月:9時~16時
【休館日】
月曜定休 ※月曜が祝日の場合は翌日火曜日定休
【料金】
無料
【駐車場】
あり(無料)
【問い合わせ】
0153-87-4560

[たびらいセレクション]

13

熊越の滝

クマの親子の逸話が残る野性味満点の滝

羅臼八景 熊越の滝(写真提供:知床羅臼町観光協会)

国道334号線を知床峠に向かう途中地点から、歩いて20分ほど。樹齢200年以上のダケカンバやミズナラの巨木がそびえ、野草や野の花の茂る林を抜けると、落差8メートルの滝が現れます。昔、猟師が熊の親子をここに追いつめたとき、母熊が子熊だけでも逃がそうと滝の上に子熊を押し上げたという逸話から「熊越の滝」と名が付きました。実際に今も周辺はヒグマの生息地で、野性味あふれる環境。訪れる際には熊対策を施して行くことをおすすめします。

基本情報
【住所】
北海道目梨郡羅臼町国有林230林班
【交通アクセス】
車:JR知床斜里駅から約1時間20分(国道334号線経由)/中標津空港から車で約1時間20分(国道335号経由)
【駐車場】
なし(熊の湯露天風呂駐車場から徒歩20分)
【問い合わせ】
0153-87-2126/羅臼町役場環境管理課

14

峯浜パーキング

山々と羅臼の絶景を見晴らす駐車場

羅臼八景 峯浜パーキング(写真提供:知床羅臼観光協会)

知床連山から北方領土の国後島まで、ダイナミックなパノラマ風景を楽しめる海沿いの景勝スポット。標津町方面から羅臼町に入ると最初にあるパーキングで、ドライブ途中、絶景を見ようと立ち寄る人が多い場所です。国後島までは30キロ弱。羅臼岳から連なる知床連山も間近に迫り、北海道の東端に来たことを実感させる眺めが目の前に広がります。

基本情報
【住所】
北海道目梨郡羅臼町峯浜町
【交通アクセス】
車:JR知床斜里駅から約1時間10分(国道244号線経由)
【駐車場】
あり(無料/15台)
【問い合わせ】
0153-87-2162/羅臼町役場水産商工観光課

15

斜里岳/清里町

「オホーツク富士」と呼ばれる優雅な独立峰

清里町 斜里岳

知床半島の付け根側、阿寒の山々と知床連山の中間にそびえるのが斜里岳。なだらかな稜線が美しい独立峰で、標高は1547メートル。網走方面から清里へ向かうとその姿が見えてくる、清里町のシンボルにして、観光スポットのひとつ。日本百名山にも選定されています。6月末~7月初旬頃に山開きがあり、登山が盛んなほか、「オホーツク富士」「斜里富士」とも呼ばれる山容は離れたところから観賞するのもおすすめ。「清里パノラマのみち」は「全国歩きたくなるみち500選」にも選ばれた名スポットです。

基本情報
【住所】
北海道斜里郡清里町
【交通アクセス】
車:JR知床斜里駅から約1時間
バス:知床斜里駅から約40分
【問い合わせ】
0152-25-4111/きよさと観光協会

[たびらいセレクション]

16

くじらの見える丘公園

運がよければ双眼鏡の先にクジラの噴気が!

知床・羅臼町 くじらの見える丘公園

陸地からイルカやクジラの観測ができる、日本でも珍しいスポット。標高80メートルの海岸際にウッドデッキがあり、夏季、波が穏やかで視界が良い日には、沖合にマッコウクジラやイシイルカなどを眺めることができます。出没が多いのは、8~9月頃の14時~日没30分前までと言われています。双眼鏡を持参し、あきらめずにのんびりと水面の様子を観察してみましょう。25キロ先には北方領土の国後島を、また眼下には漁業で使われる定置網も見渡すことができます。

基本情報
【住所】
北海道目梨郡羅臼町海岸町
【交通アクセス】
車:JR知床斜里駅から約1時間40分(国道334号線経由)/中標津空港から車で約1時間(国道774号線、335号経由)
【駐車場】
あり(無料)
【問い合わせ】
0153-87-3360/知床羅臼町観光協会
【備考】
※冬期は積雪のため見学不可

17

神の子池/清里町

吸い込まれそうなほどの青さをもつ小さな秘境

清里町 神の子池

斜里町の隣町、清里町の山中に、透き通ったエメラルドブルーの水をたたえる神秘的な池があります。摩周湖(カムイトー=アイヌ語で神の湖)の伏流水がこんこんと湧いているといわれ、森の宝石のような何ともいえない美しい色合いは天然の芸術。湖底に腐らないまま沈んでいる倒木まではっきり見ることができ、その水面には周囲の森の木々も映し込んで独特の風景を作り出しています。朱色の斑点を持つ魚「オショロコマ」も生息するこの小さな池は、絶景の穴場として近年注目度を上げています。

基本情報
【住所】
北海道斜里郡清里町字清泉図
【交通アクセス】
車:JR知床斜里駅から約1時間10分(道道1115号線経由)/清里町のJR緑駅から約30分
【見学時期】
春~秋 (※冬は積雪のため、駐車場へ向かう林道は通行不可。ただし、例年2月頃、ガイドとともに雪道を歩いて行く「スノーシューツアー」の開催あり)
【駐車場】
あり、20台(無料)
【問い合わせ】
0152-25-4111/きよさと観光協会
【備考】
道道1115号から駐車場までは、未舗装の狭い林道を走行するため運転に注意

18

さくらの滝

滝を懸命に越えるサクラマスのドラマがそこに

清里町 さくらの滝

神の子池から約15キロ、斜里川を辿ったところにある高さ3.7メートルほどの滝。渓流が白いしぶきをあげて落ちるその段差を、サケ科の魚・サクラマスが越えようとジャンプする姿を6月から8月にかけて見ることができます。産卵のため遡上しようと、小さな体で滝越えに一生懸命挑む様子は感動的。これほど大きな段差に果敢にジャンプする場所は世界的にも珍しいといわれています。また、森林と川が自然の風景を織りなす滝周辺は、春には桜を、秋には紅葉を楽しめる景勝地。神の子池を訪れたなら、ぜひ併せて足を延ばしてみましょう。

基本情報
【住所】
北海道斜里郡清里町字清泉
【交通アクセス】
車:JR知床斜里駅から約45分(道道1115号線経由)/清里町JR緑駅から約7分
【見学時期】
6月上旬~8月中旬
【駐車場】
あり、60台(無料)
【問い合わせ】
0152-25-4111/きよさと観光協会

[たびらいセレクション]

19

天まで続く道

はるか遠く天につながる直線道路の絶景

知床・斜里町 天まで続く道

斜里町の峰浜から大栄地区まで、全長約18キロ続く直線ルート(国道334号・244号線/斜里国道)。直線の終点である最高地点は丘の頂上にあり、ここから返り見ると、アップダウンのあるまっすぐな道路がどこまでも伸びて果ては天に吸い込まれていくように見えます。周囲は畑と防風林のある田園風景、遠くにはオホーツク海も見え、その間をすーっと一直線に抜けていく道の景観はまさに絶景。晴れた日の夕方は特に、道の先が夕焼け空へと溶けていく感動的な光景を見られます。

基本情報
【住所】
北海道斜里郡斜里町峰浜
【交通アクセス】
車:JR知床斜里駅から約15分/女満別空港から約1時間30分
【見学時期】
4月頃~11月下旬(※冬期は除雪されていないため通行不可)
【駐車場】
丘の頂上からやや下がったところにある展望台の駐車スペースを利用
【問い合わせ】
0152-22-2125/知床斜里町観光協会

観光クルーズ

見どころいっぱい!誰もが楽しめる知床の観光クルーズを紹介。

01

知床クルーズ(斜里ウトロ沖)

海からしか眺められない貴重な絶景に出会う

知床クルーズ(斜里ウトロ沖)

知床半島は、手つかずの自然環境が多く残り、豊かな生態系を守るためにも人が踏み入れない区域が半分以上を占めています。そのため、半島中央部から先端までを観光するなら、海上から眺める遊覧船の利用が主流。ウトロ漁港からは、知床岬までを往復するコースや、半島途中の見どころまでを往復する気軽なコースなど、内容・所要時間や船舶規模もさまざまに数社の観光船が運航しています。海からしか見ることのできない断崖や奇岩、滝や、ヒグマ出没の割合が高い「ルシャ湾」、そして最先端の「知床岬」まで、世界自然遺産の魅力を余すところなく堪能できますよ。

基本情報
【住所】
北海道斜里郡斜里町ウトロ
【交通アクセス】
車:女満別空港から約1時間40分
【備考】
運航詳細等、各観光会社によって異なる

02

ホエールウォッチング・知床ネイチャークルーズ(羅臼沖)

野生のクジラに高確率で会えるツアーが人気

ホエールウォッチング・知床ネイチャークルーズ(羅臼沖)

知床半島の南側、羅臼港から出発する観光船では、知床岬までの観光のほか、さまざまな野生動物に出会えるコースが設けられているのが醍醐味。体長15メートルを超えるマッコウクジラをはじめ、ツチクジラ、ミンククジラなど、時期に合わせて見られる頻度の高いホエールウォッチングが人気です。イルカやシャチ、トドなど海の大型生物のほか、オオワシやオジロワシ、ハシボソミズナギドリの群れなど、鳥類も観察できます。野生のため100パーセントとはいきませんが、出会えたときの感動はひとしお。流氷観光など、1年を通してクルーズを楽しめます。

基本情報
【住所】
北海道目梨郡羅臼町本町
【交通アクセス】
車:JR知床斜里駅から約1時間20分(知床峠経由)/JR釧路駅および女満別空港から約2時間40分
【駐車場】
あり(無料)
【問い合わせ】
運航詳細等、各観光会社によって異なる
【備考】
マッコウクジラは8月と9月、ツチクジラは3月~4月と8月~10月、ミンククジラは5月~7月にそれぞれ出現率が高い。5月~7月はシャチの季節

施設・グルメ

自然を知るスポットや、特産品が揃う道の駅などを紹介。景観以外の知床も満喫しよう!

01

知床自然センター

散策に役立つ旬の情報が充実

知床自然センター

知床峠と知床五湖への分岐点に位置。知床の自然の素晴らしさや、観光ルール・マナーなど、世界遺産を訪れる人にさまざまな情報を提供しています。映像ホールでは、高さ12メートル・幅20メートルの大型スクリーンで空飛ぶワシの目線から絶景や四季を観賞。現場スタッフによるタイムリーな散策情報の紹介や、ヒグマ情報など、観光の助けとなるレクチャー内容も得られます。フレペの滝へのウォーキングルートの入口になっているほか、地場産メニューの食事コーナー、オリジナルグッズの販売もあり、休憩スポットとしてもゆっくり利用できる。

基本情報
【住所】
北海道斜里郡斜里町大字遠音別村字岩宇別531番地
【交通アクセス】
車:JR知床斜里駅から約50分(国道334号線経由)/女満別空港から約1時間40分
【開館時間】
4月20日~10月20日:8時~17時40分/10月21日~4月19日:9時~16時
【休館日】
12月31日
【料金】
入館料無料、ダイナビジョン大人500円、小中学生200円
【駐車場】
あり(無料)
【問い合わせ】
0152-24-2114/知床財団

02

北のアルプ美術館/斜里町

山岳への愛にあふれた無料の美術館

昭和58年、300号で惜しまれつつ終刊となった山の文芸雑誌「アルプ」。北のアルプ美術館は、多くの読者から愛された同雑誌の世界観を伝え残すため開設された私設美術館です。創刊号から終刊号までの全冊や、有名作家らが寄せた貴重な原稿資料、山岳関係の図書を展示するほか、知床ゆかりの絵画や造形作品などを展示。無料ながら豊富な紹介内容を見ることができ、山岳ファンならずとも旅の途中、ゆったりとした時を楽しめる場所として観光客に親しまれています。

基本情報
【住所】
北海道斜里郡斜里町朝日町11-2 アルプ通り
【交通アクセス】
車:女満別空港から約1時間/JR知床斜里駅から約3分
【開館時間】
6月~10月:10時~17時       
11月~5月:10時~16時
【休館日】
月曜日・火曜日 ※冬季休館(12月下旬~翌2月末頃まで)
【料金】
入館無料
【駐車場】
あり(無料)
【問い合わせ】
01522-3-4000

03

道の駅 パパスランドさっつる/清里町

天然温泉と虹色うどんを楽しめる

道の駅 パパスランドさっつる/清里町

新鮮野菜の直売所、パークゴルフ場、そしてかけ流しの天然温泉「パパスランド温泉」を併設した道の駅。無料の足湯や、ご当地グルメ「オホーツク清里虹色うどん」を食べられるレストランもあり、ロングドライブの疲れをゆっくりとれると好評です。野菜の直売は、地元産にこだわり生産者は町内の農家のみ。清里町のお土産を販売するコーナーでも、地元の銘酒・清里焼酎や、神の子池ラーメンなど、周辺の味覚が詰まった商品を取りそろえています。

基本情報
【住所】
北海道斜里郡清里町神威1071
【交通アクセス】
車:JR清里町駅から約15分
【開館時間】
9時~21時 ※パパスランド温泉は10時~
【定休日】
年始/1月1日~1月2日      
野菜直売所:毎週月曜定休
【料金】
温泉入浴料:大人390円、小・中学生200円(幼児は無料)
【駐車場】
あり、47台(無料)
【問い合わせ】
0152-26-2288

北海道ローカル案内役が厳選おすすめホテル特集

[たびらいセレクション]

04

清里焼酎醸造所/清里町

グッドデザイン賞も受賞したじゃがいも焼酎

清里焼酎醸造所/清里町

「北緯44度」、「清里セレクション」、「浪漫倶楽部」など、清里じゃがいも焼酎を製造している醸造所。地元で獲れたじゃがいもと大麦、斜里岳から湧く名水を使い、地域の恵みに支えられた味わいを追及しています。焼酎を手造りする酒蔵は、無料で見学が可能。仕込み作業を実際に見られるのは、9月中旬から11月上旬頃までで、蒸したジャガイモを発酵タンクに投入する場面や、タンク内のもろみを混ぜる「櫂入れ」など、秋の風物詩的な作業を目にできます。お城のような外観の工場は、斜里岳をバックにして立っており、山の景観も楽しめる場所として人気です。

基本情報
【住所】
北海道斜里郡清里町羽衣町62-1
【交通アクセス】
車:清里町駅から約10分
【営業時間】
8時30分~17時 ※冬期は製造外時期のため見学できない場合あり
※その年の収穫状況等で仕込み時期は変更になる場合があるので、見学希望の場合は事前に問い合わせを。
【休業日】
年末年始
【駐車場】
あり(無料)
【問い合わせ】
0152-25-2227

05

道の駅 うとろ・シリエトク/斜里町

鹿肉グルメや海産物など知床の絶品がいっぱい

道の駅 うとろ・シリエトク/斜里町

知床の玄関口にある、観光拠点の道の駅。レストランや売店コーナーでは、オホーツク海沿岸や地元特産のおいしさが充実。イクラやウニなどの豪快な海鮮丼をはじめ、幻の鮭・ケイジの刺身、鹿肉バーガー、ハマナス&コケモモのソフトクリームなど、珍しくて気になる地元ならではのメニューが揃います。名物のお土産は「鹿肉ジャーキー」。独自のスパイスで時間をかけて漬けこみ焼き上げたこだわりの味は、つまみにもぴったりではまる人も多数。

基本情報
【住所】
北海道斜里郡斜里町ウトロ西186番地8
【交通アクセス】
車:JR知床斜里駅から約40分(国道334号線経由)
【営業時間】
5月~10月:開館8時30分~18時30分、売店8時30分~18時       
11月~4月:開館・売店9時~17時       
レストラン:10時~15時
【休館日】
年末年始
【駐車場】
あり(無料)
【問い合わせ】
0152-22-5000

06

道の駅 知床・らうす/羅臼町

海の色をしたブルーのソフトクリームが名物

道の駅 知床・らうす/羅臼町

知床横断道路の羅臼側入り口にある道の駅。ホエールウォッチングや観光船、トレッキングガイドなど、旅の充実に役立つ最新情報が手に入る。2階展望室と屋上からは、根室海峡や北方領土・国後島、羅臼岳を一望。また、隣接されている海鮮工房や「らうす深層館」では、羅臼産の新鮮な海の幸が勢揃いし、ホッケやめんめ(キンキ)などご当地ものを食堂やお土産購入で楽しめます。テイクアウトの「ホッケフライバーガー」、「深層水バニラソフトクリーム」も人気。特にソフトは、ほんのり海色で、甘みと塩気が混じり合う味わいが大好評です。

基本情報
【住所】
北海道目梨郡羅臼町本町361-1
【交通アクセス】
車:JR知床斜里駅から約1時間30分~40分(知床峠 または国道224号の根北峠を経由)
【営業時間】
5月~10月:9時~17時/11月~4月:10時~16時
【休館日】
年末年始/らうす深層館:毎週火曜(11~4月)・年末年始/海鮮工房:毎週日曜(11~4月)・年末年始
【駐車場】
あり(無料)
【問い合わせ】
0153-87-5151

07

純の番屋/羅臼町

根強いファンの来訪が今も絶えない

純の番屋/羅臼町

人気テレビドラマ「北の国から」シリーズの最終話である「北の国から2002遺言」では、富良野と並んで羅臼が主要な舞台となりました。ファンによるロケ地めぐりも新たな観光コースのひとつとなったため、ドラマ内で純が住んでいた漁師番屋を観光客が立ち寄りやすい場所に復元。新鮮な海の幸を使った料理を味わう食事処として営業されています。廃材を利用した趣ある板壁の外観、大漁旗やちょうちんが飾られた雑多な建物内も見どころ。物語を思い出しながら雰囲気に浸ることができます。

基本情報
【住所】
北海道目梨郡羅臼町礼文町2-8
【交通アクセス】
車:JR知床斜里駅から約1時間30分(国道244号線、国道335号線経由)
徒歩:羅臼町市街地から歩いて約15分
【営業時間】
8時30分~16時(5月~10月)
【定休日】
基本的に無休 ※冬季休業(11月~4月末)
【駐車場】
あり(無料)
【問い合わせ】
0153-87-5667

あわせて読みたい!

今、この宿、見られてます

今が旬のおすすめ観光情報

×