福岡の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索

海の中道へシーサイドドライブ ローカル体験~九州編~

関門橋を渡り一気に下関へ。朝から下関名物のフグを堪能したあとは、唐戸市場から歩いて行ける水族館や遊園地で遊ぶ。それから門司港へ。関門トンネルをくぐって、港町の情緒たっぷりの門司港周辺でのランチと散策。下関と門司の2つの港町でまる一日楽しもう。 文/寺脇あゆ子

START

博多駅

1

唐戸市場

2

下関市立しものせき水族館「海響館」

3

はい!からっと横丁

4

洋膳茶房にしき

5

門司港レトロ地区

GOAL

門司赤煉瓦プレイス

九州レンタカー 最安値提供 免責補償・カーナビ・消費税すべて込み!

ルート

国道385号、福岡都市高速、九州自動車道、国道57・9号

距離・所要時間

約94.3キロ 約1時間14分

関門自動車道 めかりPA(上り線)

瀬戸内海国立公園内にある九州最後のパーキングエリア。平成25(2013)年11月に開通40周年を迎える関門橋を眺めながら、下関名物のフグ料理、門司港名物の焼きカレーなどが楽しめる24時間営業のレストランも人気だ。一般道から門司港ICに入っても、めかりPAは利用できないのでご注意を。

唐戸市場

買う

一般客も買い物が楽しめる地方卸売市場。農産物の直売所もあり、漁業者と農業者が軒を連ねて販売しているのはめずらしい。朝7時くらいまではプロの料理人、9時以降は地元客や観光客で込み合うため、7時から9時の時間帯に訪れるのが狙い目。金曜から日曜の3日間と祝日には、寿司、海鮮丼、フグ汁などの屋台が出店し、多くの客でにぎわう。2階には回転寿司や定食などが楽しめる飲食店もある。

ルート

徒歩

距離・所要時間

約650メートル 約9分

下関市立しものせき水族館「海響館」

見る


100種類以上のフグを展示するほか、関門海峡の渦を再現する「関門海峡潮流水槽」をはじめ、下関ならではの趣向を凝らした展示が人気。日本最大規模のペンギン展示施設「ペンギン村」では、ペンギンたちのイキイキとした姿を観察することができる。また、イルカとアシカのステージが楽しめる「アクアシアター」、バブルリングのパフォーマンスが評判の「スナメリ」など、見どころいっぱい。

ルート

徒歩

距離・所要時間

約400メートル 約5分

はい!からっと横丁

食べる

平成25年(2013)9月、「海響館」のすぐ隣にオープンしたアミューズメント施設。関門海峡を一望できる高さ60メートル、直径57メートルの「大観覧車」(700円)をはじめ、メリーゴーラウンドやバッテリーカーなど、11のアトラクションがそろう。アトラクションは有料(100~700円)だが、入場は無料。フグと観覧車が合体したゆるキャラ「からっとくん」にも注目!

ルート

国道9・57・2号、関門トンネル、県道261号

距離・所要時間

約9.2キロ 約21分

洋膳茶房にしき

買う

門司港エリアで約40年続く食事&喫茶の店。自宅兼料亭だった築50年以上の建物に移って10余年が経つ。家具や調度品の中には、料亭時代から使われているものも。1階はカフェスペース、2階は和室や洋室でゆっくりと食事を楽しむことができる。メニューは、地元の農家から届く減農薬有機野菜を使った身体にやさしい料理が中心。食事なしのカフェ利用もできる。

ルート

徒歩

距離・所要時間

約600メートル 約8分

門司港レトロ地区

買う

明治22年(1989)に開港した門司港。この界隈には、明治から大正にかけて、海運会社や商社など、多くの西洋建築物が建てられた。それらを修復、復元したのが「門司港レトロ地区」。JR門司港駅は現在、大規模保存修理工事中(2018年3月までの予定)だが、「旧門司三井倶楽部」や「旧大阪商船」、「旧門司税関」など見どころ満載。界隈には高感度な雑貨店やカフェなども点在している。

ルート

国道198・199号

距離・所要時間

約5.7キロ 約10分

門司赤煉瓦プレイス

見る

大正初期、帝国麦酒の工場施設として建てられた煉瓦造の建物群。その後、サッポロビールの九州工場の醸造施設として利用されていたが、平成12年(2000)に閉鎖となり、この地におけるビール製造の歴史に幕を閉じた。工場跡地に残された4棟の建物は、「門司赤煉瓦プレイス」として保存されることに。現在は、観光スポットとして、また各種イベント、映画やテレビの撮影など、さまざまな用途に利用されている。
上記内容は2013年10月時点の情報となります。

レンタカーでドライブ旅を楽しもう!

福岡の旅行は楽しみだけど、街歩きには飽きてしまった、なんて方にはレンタカーを使ってのドライブ旅がオススメです。クルマに乗って少し足を延ばせば楽しいスポットとの出会いがたくさんあります。このページを参考に、是非レンタカーを使ったドライブ旅を楽しんでください。