新潟の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. たびらい  > 
  2. 全国レンタカー予約  > 
  3. 新潟レンタカー
出発場所を選択してください。 返却場所を選択してください。 ▼駅から探す ▼空港から探す ▼港から探す ▼エリアから探す 出発場所を選択してください。 返却場所を選択してください。 【出発日】先の日時を選んでください 【返却日】先の日時を選んでください 検索条件を確認してください。 返却日時は出発日時より先に設定してください 【ご利用開始日】または【ご返却日】は存在しない日付です

レンタカー検索・比較・予約

出発日

返却日

出発場所

返却場所


車両タイプ
禁煙/喫煙

  • 「レンタカー比較といえば、たびらいレンタカー」
  • スタッドレスタイヤ付きレンタカーを予約
  • レンタカーで、ローカル体験に出かけよう
  • 初心者必見!レンタカー基本ガイド
  • 「レンタカー比較といえば、たびらいレンタカー」
  • スタッドレスタイヤ付きレンタカーを予約
  • レンタカーでローカル体験に出かけよう
  • 初心者必見!レンタカー基本ガイド

車種別レンタカー最安値情報

軽クラス
4,400~
小型クラス
4,700~
中・大型クラス
5,600~
ワゴンクラス
8,000~
エコカークラス
6,100~

新潟出発 人気のレンタカー貸出場所ランキング

  • 新潟駅周辺の写真 新潟駅

    新潟市の中心となる駅

    新潟駅は、新潟県新潟市の中心駅であり、上越新幹線と信越本線、白新線、越後線の四路線が乗り入れています。学生や社会人など新潟市民はもちろん、新潟へ観光に来る人のほとんどが利用している駅です。

    新潟市内を観光するなら、レンタカーがあると色々な観光スポットを巡ることができます。南口東側自由通路脇のCoCoLo南館内3階にレンタカーの営業所がありますので、そこでレンタカーを手配してもらいましょう。

    新潟市内には信濃川にかかる橋で新潟のシンボルとも言われている萬代橋があります。新潟駅を出発後県道33号線を南に向かって進み、東大通の交差点で国道7号線へ入ると4分ほどで萬代橋に到着。海を目指して走ると、マリンピア日本海や西海岸公園が見えてきます。

    新潟駅を出発し新潟市を観光した後、新潟空港で乗り捨てを行う事ができます。あまりなじみのない乗り捨てサービスですが、利用してみるととても便利なんですよ!移動の幅も広がり、時間を有効的に使えるので、旅程に合った乗り捨てサービスをぜひご利用ください。

  • 新潟空港周辺の写真 新潟空港

    国内線と国際線が充実した新潟の空の玄関口

    新潟空港は、東京や札幌、大阪、名古屋、福岡などの主要都市と新潟を結ぶ国内線と、ソウルや上海など海外へ行くことのできる国際線を運航している新潟を代表する空港です。

    新潟空港から新潟駅まではリムジンバスで約25分ほどかかりますので、観光に出かけるなら空港でレンタカーを借りることをおすすめします。ターミナル中央にレンタカーの受付カウンターがあり、そこから各レンタカー会社の営業所まで送迎してもらう形になります。

    新潟空港から向かう観光地として人気なのは、月岡の美人になれる温泉と言われている、年間65万人もの観光客が訪れる月岡温泉です。空港から国道113号線 を進み、新バイパス、県道46号線、300号線を経由して約36分ほどで到着できます。

    新潟空港からレンタカーで出発し、温泉を満喫した後は観光地近くの営業所にて乗り捨てが可能です。旅程に合わせて事前に乗り捨てを行う営業所をみつけておけば旅の自由度もぐっとあがるはず!「乗り捨てサービス」ぜひご活用ください。

  • 長岡駅周辺の写真 長岡駅

    ほたるの里が人気の長岡市を代表する駅

    長岡駅は、上越新幹線と信越本線が乗り入れている新潟県長岡市の中心となる駅です。大手口側には商業施設が充実していて、長岡市の中心街となっています。

    長岡駅周辺はあまり鉄道が充実していないので、観光に出かけるなら車が欠かせません。駅の東口の階段の横やロータリー周辺、西口側にもレンタカーの営業所がありますので、ぜひレンタカーを借りてから観光に出かけてください。

    長岡市にはふるさといきものの里100選に選ばれたほたるの里があります。人とホタルが共存できるまちづくりを目指していて、初夏のホタルシーズンになると多くの観光客が訪れます。長岡駅からほたるの里までは、国道351号線から404号線を経由して、約32分で到着します。

    長岡駅で借りたレンタカーを、その他の営業所で乗り捨てることが可能です。例えば、新潟空港で乗り捨てを行えばぎりぎりまで旅を楽しむことができます。乗り捨てサービスを利用し、旅程に合わせて出発地と返却地を使い分けてみてください。