北海道の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索

北海道観光情報

  1. 北海道神宮で北の大地の歴史に触れる
PR
【あかん遊久の里鶴雅 別館】阿寒湖の絶景の中で過ごす大人の一日[タイアップ]

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

北海道神宮で北の大地の歴史に触れる

  札幌の開拓が本格化し始めた明治時代初期に創建され、開拓者たちの心の拠り所となった北海道神宮。花見の名所としても親しまれる神社で、北海道の歴史に触れてみては。

北海道神宮

  人口190万人を越え、横浜市・大阪市・名古屋市に次ぐ大都市へと成長した札幌市。整然と区画された美しい街並みは、1世紀半ほど前の明治時代初期には、酷寒の荒れ野だった。当時、内陸部の開拓を進めるため、北海道の行政の拠点を箱館(現在の函館)から札幌へ移すことが決まり、札幌の町づくりが急務となるが、厳寒の地での開墾は困難を極めた。住み慣れた郷里を離れ、未知の土地で開拓に挑む人々のために、開拓の守護神を祀る神社が札幌に造営されたのが、北海道神宮の由来である。


▼その他の札幌観光情報はこちら
札幌観光で”役に立つ”情報20選

伊藤さん
(いとう いさむさん)
伊藤 勇さん

北海道神宮の達人
  北海道神宮の教化部で、広報を務める権禰宜。神社が日本の精神文化や、北海道の歴史と自然に触れられる場として、海外からの観光客からも注目されている今、「北海道神宮も、観光資源として地元の発展のために貢献できれば」と語り、多忙なPR活動に取り組んでいる。
■北海道神宮 http://www.hokkaidojingu.or.jp/

達人が語る 北海道神宮の魅力

北海道神宮の鳥居

  北海道神宮がある円山公園は、近代的なマンションが立ち並ぶ住宅街と、標高225メートルの円山の裾野に広がる原始林に囲まれています。表参道の北1条通では、高さ約8.7メートルの鉄筋コンクリートの第一鳥居が車道をまたいで立つ光景も見られ、旅行客の方なら、道外の古い門前町とは違う雰囲気に驚かれるかもしれません。
 神宮の境内は約18万平方メートルと東京ドーム4個分近い広さがあり、エゾリスやキタキツネ、野鳥の姿を見かけることもあります。今でこそ、札幌市内中心部から地下鉄1本で気軽に参拝できる環境ですが、開拓時代の原野に神社を造営するには、先人たちの大変な苦労があったのです。
 明治2年(1869)8月15日、明治政府は蝦夷地を北海道と改称し、翌月の9月1日には開拓使の北海道赴任に先立ち、東京で「北海道鎮座神祭」が斎行されました。明治天皇の勅旨により、開拓の守護神として大国魂神・大那牟遅神・少彦名神の三神をお祀りする儀式であり、これが北海道神宮の創祀とされています。御霊代(みたましろ=神様が宿った鏡などのこと)を託された北海道開拓使長官・東久世通禧(ひがしくぜ みちとみ)は、約200名の開拓団と共に北海道へと旅立ちます。

神社の礎を築いた悲運の〝判官さま〟

島義勇の銅像

  東京から箱館(現在の函館)までは、海路で4日。東久世長官は箱館に残り、そこからは初代開拓主席判官・島義勇(しま よしたけ)が、名代として自ら御霊代を背負い、札幌へ向かいました。内陸には鉄道どころか、馬が通れる道さえない時代です。島判官が小樽の銭函にたどり着き、御霊代を仮安置した後、札幌に入った頃には、もう雪が降る季節になっていました。その時、島判官はコタンベツの丘(現在の円山)に上り、一面の原野を見渡しながら、北海道の新しい中核となる都の建設を誓う漢詩を詠んだと伝えられています。「他日五州第一の都(いつか世界一の都になる)」と締めくくられた、実に壮大な漢詩です。
 そして島判官は現在の札幌の基礎となる、大通を中心とした街並みの建設に着手しますが、国防を司る兵部省との対立などもあり、資金不足に苦しみます。予算の使い過ぎを理由に判官の任を解かれたのは、わずか3カ月後のことでした。その後は、侍従や秋田県権令を経て、郷里の佐賀で明治7年(1874)の「佐賀の役」の首謀者として処刑されてしまいます。その死を悼み、従者として道案内を務めていた福玉仙吉が、神社の参道に桜を植えたのが、神社が桜の名所となった由縁です。

二代目開拓判官の代に「札幌神社」を造営

明治時代の仮社殿

  島判官の後任となった岩村通俊(いわむら みちとし)は、札幌の建設計画を引き継ぐとともに、円山の地に札幌神社の社殿を完成させ、市内中心部の仮社殿から遷座(せんざ=神霊を新宮に移すこと)を執り行います。島判官の罷免を訴えた開拓使長官の東久世も、道内巡視中に札幌に立ち寄り、島の都市計画構想の壮大さに感嘆したといいます。
 初代の島と第二代の岩村、開拓判官として札幌神社に関わった二人ですが、岩村は開拓次官の黒田清隆と衝突して罷免され、佐賀県権令などを務めた後、「佐賀の役」で島と敵同士になってしまいます。島は非業の死を遂げ、岩村は後に初代北海道庁長官となり、まったく違う運命をたどることになりました。
 それぞれの立場で北海道開拓に尽くした島、岩村、東久世、黒田らは、今は北海道神宮の境内社である開拓神社に、開拓功労者として祀られています。政府に背いた逆賊とされた島は後に大赦となり、北海道神宮がある円山公園内に顕彰碑も建てられました。命日の4月13日には毎年、「島判官慰霊祭」も行われています。

明治天皇を合祀し「北海道神宮」に。

北海道神宮例祭

  開拓三神をお祀りしていた札幌神社ですが、昭和39年(1964)に明治天皇を御増祀(ぞうし=その神社にお祀りする神様が増えること)し、社名も北海道神宮と改称しました。そして昭和49年(1974)、思いがけない事件が起こりました。何者かに放火され、本殿と祝詞殿、内拝殿などが全焼してしまったのです。当時の本殿は、伊勢神宮の明治22年(1889)の式年遷宮で造営された外宮正殿を移築したもので、大正時代から崇敬者や参拝客の方々に親しまれてきた思い出深い建物でした。幸いご神体は火災からお守りすることができ、全焼した建物は、4年後の昭和53年(1978)に再建されました。
 平成26年(2014)は明治天皇の御増祀から半世紀を迎え、10月5日に式年大祭を予定しており、記念事業として参拝者新控殿などの工事も進んでいます。札幌を訪れる旅行客の皆様には、ぜひ北海道神宮で開拓の歴史と北国の自然に触れ、旅の思い出作りをしていただきたいと思います。

達人の北海道神宮の楽しみ方ランキング

訪れたい季節ベスト3

  一番のおすすめは、6月の「北海道神宮例祭(札幌まつり)」。梅と桜が同時に咲く春や、雪景色が美しい冬もおすすめ。

おすすめポイント
  「北海道神宮例祭」が斎行される6月は、北国のさわやかな初夏を満喫できる時期です。神宮の境内は涼しげな新緑にあふれ、市内では神輿も見られます。市内中心部で千数百人もの行列を毎年見られる都市は、全国的にも珍しいとか。ゴールデンウィークには北国ならではの梅と桜が同時に咲く風景を楽しめ、冬は一面の銀世界の中でご参拝いただけます。⇒ゴールデンウィークの格安ツアーはこちらから検索!

立ち寄りスポットベスト3

  札幌市内中心部では「北海道神宮頓宮」、神宮の境内では「開拓神社」と「六花亭神宮茶屋店」に注目を。

おすすめポイント
  「北海道神宮頓宮」は、今のように交通が発達しておらず、北海道神宮がある円山へ参拝に向かうのが大変だった時代に、遙拝所(ようはいじょ=遠く離れたところから拝む場所のこと)として設けられました。10~16時は御朱印も受けられますよ。北海道神宮境内の「開拓神社」は若い方たちの間でも、仕事運アップのパワースポットとして注目されています。ご参拝の後は、「六花亭神宮茶屋店」で旅の疲れを癒しては。

北海道神宮名物ベスト3

  境内の梅の実で作られた梅酒と、境内の桜で作られた桜湯茶、餅菓子「判官さま」は北海道神宮限定。

おすすめポイント
  北海道神宮参拝の記念に、何か思い出に残るものを…とご希望の方におすすめなのが、梅酒と桜湯茶です。ご家族やお友達への北海道みやげにも喜ばれますよ。「六花亭神宮茶屋店」の焼き餅菓子「判官さま」は、北海道神宮の創建に力を尽くした初代開拓判官・島義勇にちなんだもの。開拓時代の先人の苦労に思いを馳せながら召し上がると、より深い味わいを感じていただけるのでは。

⇒札幌出発のバスツアーを探す

北海道神宮のアクセス情報

  札幌駅から公共交通で行くなら、地下鉄南北線「さっぽろ」駅から「大通」駅で東西線に乗り換えるルートがわかりやすい。東西線「円山公園」駅で下車し、徒歩15分。

住所

  北海道札幌市中央区宮ヶ丘474
TEL.011-611-0261
神門の開門時間/1月1日24時~19時、1月2・3日6時~18時
        1月4~7日6時~16時、1月8日~2月14日7時~16時
        2月15日~3月31日7時~16時30分、4月1日~10月15日6時~17時
        10月16~31日6時~16時30分、11月1日~12月31日7時~16時
【公式HP】http://www.hokkaidojingu.or.jp/

車(レンタカー)で

  新千歳空港から道央自動車道で約1時間10分(新川インターチェンジから約15分)。JR札幌駅から約15分。
北海道のレンタカーを最安値で予約できます!

地下鉄で

  JR札幌駅からは、まず地下へ降りて地下鉄南北線「さっぽろ」駅へ。すすきの・真駒内方面行きに乗車し、次の「大通」駅で地下鉄東西線に乗り換え。地下鉄東西線「円山公園」駅で下車し、徒歩15分。

達人に聞く北海道神宮のQ&A

Q 北海道での神社の参拝のマナーは?
A 北海道神宮も「二拍二礼一拍(柏手を2回打ち、2回おじぎをし、もう一度おじぎをする)」で大丈夫です。北海道だけの特別な決まり事はありませんから、心配なさらずにご参拝ください。ただ、寒い季節にいらした方は、手水舎の水の冷たさにびっくりされるようです。また、雪が積もっている時期や、早春の一度溶けた雪が凍った頃などは、足もとが滑りやすいので、どうぞお気を付けて。門をくぐる時や出る時などに、一礼された拍子に転ばないように注意なさってくださいね。
Q 愛犬とドライブ中に、犬を連れていってもいいですか?
A 大変恐縮ですが、ペットの同伴はご遠慮いただいております。神社は清浄な場ですから、参拝のマナーとしてご理解ください。たまに小型犬をこっそり服の胸元に隠している方もいらっしゃいますが、参拝客の方々の中には動物の毛などにアレルギーがある人もおられるかもしれませんので、大切な家族の一員でも同行はできません。
Q 自然がいっぱいの神社で注意することは?
A 境内でエゾリスやキタキツネを見かけることがあるかもしれませんが、野生の生き物に人間の食べ物を与えないように注意してください。スナック菓子やパンなどを持っていると、ついあげたくなるものですが、動物が塩分が多い食品などを口にすると、内臓が弱ったり、皮膚病で毛が抜けたりして、命に関わることもあるのです。愛らしい姿をそっと見守るだけにしましょう。もちろん樹木の枝を折ったり、花を摘んだりするのも、境内の中だけに限らず、周辺の公園でもしてはいけないことです。
札幌観光に役立つ記事をひとまとめ!札幌エリア特集

札幌駅

  札幌の観光名所の楽しみ方や、夜景・グルメ・温泉・観光イベント情報などをひとまとめ!札幌エリアで旅行を楽しむツアープランやホテル・宿の予約プラン、レンタカープランなども紹介。札幌旅行を考えている方は下記のURLから「札幌エリア特集」をチェック。

【札幌エリア特集】はコチラ

いざないの一枚

その他の達人指南を見る

JRタワー外観

JR札幌駅エリアの楽しみ方を徹底ガイド!
札幌市の中心部に位置し、道内の交通の拠点でもあるJR札幌駅。平成15年(2003)に駅周辺の再開発事業によって駅ビル「JRタワー」が誕生し、一大ショッピングゾー・・・

雄大な石狩平野と樽前山から手稲山まで連なる山々

札幌近郊半日ドライブ 地元目線で楽しもう
北海道の爽やかな春~初秋はドライブに絶好のシーズン。気ままに車を走らせ、束の間の住人となって北海道を地元目線で楽しもう。例えば北海道旅行の最終日、半日しかない貴・・・

定山渓温泉街

定山渓観光 札幌の奥座敷の楽しみ方
江戸末期の開湯で、古くから温泉地として親しまれている定山渓。実は温泉以外にも、自然を生かしたアクティビティや絶景、グルメなど魅力的なスポットが多数ある。知れば知・・・

狸小路メイン

狸小路 札幌の老舗商店街を歩き、楽しむ
札幌の中心部を東西約1キロに延びる「狸小路」。明治初期から140年を超える、北海道最古の商店街のひとつだ。アーケード屋根や鈴蘭灯など趣ある風情が残り、ずらり建ち・・・

道産子のソウルフード「ジンギスカン」

札幌でジンギスカン!おすすめの名店を紹介
北海道を代表するグルメ「ジンギスカン」。 “円形の鉄鍋で羊肉を焼く料理”というのが一般的なイメージだろう。しかし、肉の種類や味付けの仕方、食べ方、はたまた鍋の形・・・

小樽駅

歴史ある街小樽を観光する
山と海の自然に囲まれ、歴史と共に歩んできた街小樽は個性的な魅力が満載!

北一硝子トップ

小樽「北一硝子」 その魅力と楽しみ方
小樽みやげの定番といえば、きらびやかなガラス製品。中でも北一硝子は数万点のアイテム数を誇り、その質の高さにも定評がある。ショッピングはもちろん、体験やグルメも楽・・・

神威岬の神威岩

積丹観光-うに丼と魅惑のシャコタンブルー
北海道内で唯一の海中国定公園に指定されている透き通った海と、断崖絶壁・奇岩・大岩の絶景を楽しめる積丹半島。「生うに」をはじめとした新鮮で豊富な海鮮グルメも楽しも・・・

ニッカ会館前のオブジェ

ニッカウヰスキー余市蒸溜所の楽しみ方
「日本のウイスキーの父」と呼ばれる創業者・竹鶴政孝氏が醸造の地に定めた余市町。開設から80年近い時を経た今も、高品質のウイスキーがじっくりと育まれる余市蒸溜所へ・・・