北海道の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 北海道開拓の村 屯田兵定食/札幌

北海道開拓の村 屯田兵定食/札幌

【投稿日】2015年07月16日(木)| 北海道発

味もボリュームも満足できる、「北海道開拓の村食堂」の定番メニュー「屯田兵定食」

いももち

野外博物館「北海道開拓の村」の食事処「開拓の村食堂」では、「昔風醤油ラーメン」(680円)や「開拓そば」(630円)、「カレーライス」(580円)など15品以上のメニューを味わうことができる。中でも一番人気が「屯田兵定食」(1000円)だ。

「屯田兵」とは、北海道開拓と警備、そして失業士族救済を目的に、明治政府が移住を進めた農兵のこと。北海道独自の制度であり、開拓史で果たした重要な役割をしのぼうとメニュー名に掲げられた。その中身は素朴な家庭料理をイメージしたもので、「豚汁」「おにぎり」「いももち」「みそおでん」などが並ぶ。道産米をはじめ、できるだけ道産食材を活用しているのもうれしい点だ。食堂名物「いももち」は単品(1個150円)でも味わえるが、定食の場合はこんがり焼いてバターを乗せている。お腹に余裕があれば、さくっと揚げた単品メニューと食べ比べてほしい。

なお、「豚汁」(並、280円)「おにぎり」(2個セット、300円)「みそおでん」(350円)もそれぞれ単品注目できる。広い村内をぐるっと巡ったら、出入り口の「旧札幌停車場」そばにある食堂でお腹を満たしてほしい。

■開拓の村食堂

【メニュー例】
屯田兵定食 1000円
昔風醤油ラーメン 680円
コク味噌ラーメン 680円
開拓そば 630円
もりそば 600円
にしんそば 850円
カレーライス 580円
カツカレー 880円
ジンギスカン定食 1300円
いももち 1個150円

【住所】北海道札幌市厚別区厚別町小野幌50-1
【交通】JR:千歳線新札幌駅からJR北海道バス開拓の村行きで15分、開拓の村入口下車すぐ
【駐車場】あり / 無料(開拓の村前400台)
【開館時間】5~9月:9時~17時、10~4月:9時~16時30分
【休館日】5~9月:無休、10~4月:毎週月曜日、12月29日~1月3日
【入場料金】一般800円、高校・大学生600円(子どもは無料)
【馬車鉄道・馬そり乗車料金】大人250円、子ども(3歳~14歳)100円
【問い合わせ(電話番号)】011-898-2692
【公式サイト】http://www.kaitaku.or.jp/

【投稿日】2015年07月16日(木)【投稿者】たびらい編集部

この記事を見ている人におすすめ情報