沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索

与那国島旅行・ツアーの比較・予約サイト。格安与那国島ツアーをピックアップ!

与那国島旅行

海底遺跡が眠る日本最西端の島

往復の交通+宿泊

与那国島はドラマ「Dr.コトー診療所」のロケ地としても有名な、黒潮の荒波と切り立った崖に囲まれた日本最西端の国境の島。台湾まではわずか111kmで、年に何度かは海原の彼方に台湾の島影を望むことができます。隆起サンゴ礁の険しい断崖が続くダイナミックな風景は、まさに絶海の孤島と呼ぶにふさわしい。島の南岸には、ミステリアスな海底遺跡があり、ダイビングスポットとしても有名です。

与那国島の人気ホテルランキング

石垣島から西に125km、那覇からは南西に600kmに位置する、日本最西端の島。
周囲27.49km、島には祖納(そない)、久部良(くぶら)、比川(ひがわ)の3つの集落があり、最も人口が多いのは祖納集落で、宿泊施設も多い。ドラマ“Dr.コトー診療所”のロケ地にもなった比川集落は人口が少なく、静かでのんびりと過ごすことができる。

1

日本最西端の島、与那国島で唯一のリゾートホテル

アイランドホテル与那国

アイランドホテル与那国

日本の最西端に位置する国境の島、与那国島では唯一のホテル。与那国島の名産品や日用品、食品を揃えた「地産地消」の数々が、豊かな大自然と素朴なぬくもりを感じさせます。
※ツイン洋室/1~4名定員の洋室/(バス・トイレ・エアコン・テレビ完備)
※1~3名定員の和室/4~6名定員の中部屋/7名~9名利用の大部屋(エアコン・テレビ完備)
※1泊朝食つき
※チェックイン15時/チェックアウト10時
※空港・港までの送迎あり

ツアー(宿+航空券)の予約

2

リピーターに人気!久部良集落にあるアットホームで居心地の良い日本最西端の民宿

よしまる荘

老舗のダイビングショップを併設した民宿で、石垣島からのフェリーが入港する久部良港を見下ろす立地の日本最西端の民宿。日本最後の夕日を眺めることができる西崎にも近い。ダイビング客だけでなく、トローリング目当ての宿泊客も多い。
※2名定員の洋個室/3~5名定員の和個室(トイレ・シャワー・バスタオル・フェイスタオル・TV・エアコン完備)/3~5名定員の相部屋・男女別(トイレ・シャワー共同・エアコン完備)
※1泊2食つき
※チェックイン14時/チェックアウト10時
※フェリー乗り場・与那国空港からの送迎あり
※全室:無線LAN接続ok!

ツアー(宿+航空券)の予約

与那国島のおすすめ観光情報

与那国島のダイビングスポット

与那国島のダイビングスポット

ダイバーたちにとっては憧れの地である与那国島。海底遺跡を間近に見ることができる。絶海の孤島の起伏に富んだ地形、海流も早く、冬から春にかけてはハンマーヘッドシャークも見られる。

シュノーケリングスポット

与那国島のシュノーケリングスポット

ボートシュノーケルで海底遺跡のポイントへ。ダイビング免許がなくてもシュノーケルで海底遺跡を見ることができる。また、ドラマDr.コトー診療所で登場した、月の形をした比川浜も遠浅で穏やかなのでシュノーケルを楽しめる。

海の中の古代神殿

海の中の古代神殿

海の中にまるで古代の神殿のような遺跡があり、高さは約25m、幅は約100m。人工物なのか自然に出来たものなのか今でもわかっていない。ダイビングやシュノーケル、グラスボートなどで、海底遺跡を見ることができる。

与那国島の旅行スポット情報

海底遺跡

日本のアトランティス?沖縄の海に眠る海底遺跡

石垣島からフェリーで4時間半、日本最西端の与那国島沖合の海底で発見され、自然な地形とは異なる人工的な様相に、海底遺跡と呼ばれています。沖縄の透明度の高い海では、通路のような溝や階段、建築物のような直線的な岩などがはっきり見えます。ダイビングだけでなく、グラスボートでも見学することができるので、海底遺跡を目当てに旅行に訪れる人も増え、沖縄の注目スポットです。

ハンマーヘッドシャーク

ハンマーヘッドシャークに会えるダイバー人気のスポット

ダイバーにとって与那国島と言えば、トンカチのように左右に突き出した目が特徴の、ハンマーヘッドシャークの群れが見られる沖縄でも有名なスポット。運がよければ、100頭以上の大群に会うことができます。毎年、このために沖縄へ旅行に訪れる熱烈なダイバーもいるほど。沖縄の美しい海を泳ぐハンマーヘッドシャークの雄大な姿を、間近で見られる貴重なポイントです。

NPOヨナグニウマふれあい広場

ヨナグニウマと海で遊べるヨナグニウマふれあい広場

沖縄の在来馬ヨナグニウマに乗って、与那国島で乗馬が楽しめるヨナグニウマふれあい広場。沖縄の美しい海を眺めながら、馬の背に揺られてお散歩するだけでなく、馬に乗ったまま海に入る海馬遊びがオススメ。小柄な体格のヨナグニウマは海で遊ぶのにピッタリだそう。馬と一緒にじゃぶじゃぶ海を歩くのは沖縄ならではの楽しみ方。旅行のいい思い出になること間違いなしです。

与那国島の交通・アクセス情報

空港からのアクセス

那覇空港から与那国島までのアクセス

日本最西端にある沖縄の離島与那国島へは、那覇空港から直行便があります。所要時間は約1時間半、1日1便で普通運賃は片道32000円ほど。沖縄の人気の離島石垣島からは飛行機と船で行く方法があります。石垣新空港からは1日3便運航しており、片道12000円前後、約30分で着きます。離島ターミナルからフェリーが週2便運航しており、火・金曜日は石垣島発、水・土曜日は与那国島発のため、沖縄旅行で計画を立てる際には注意が必要です。所要時間約4時間半の船旅は片道3550円(往復6750円)です。