鳴子温泉郷旅行・ツアーの比較・予約サイト。格安鳴子温泉郷ツアーをピックアップ!

鳴子温泉旅行

往復の交通+宿泊

宮城県北部にある鳴子温泉郷は湯けむり漂うこけしの町。源泉数は400本以上にも及び、全国11の泉質のうち9種類が集まっています。バラエティに富んだ温泉をたっぷりと味わうには「湯めぐりチケット」の利用がおすすめ。温泉旅館や共同浴場で気軽に立ち寄り湯を楽しめます。風情ある温泉街はこけしの産地としても知られており、町の郵便ポストや公衆電話までこけし一色。「日本こけし館」では鳴子こけしの絵付け体験が人気です。

鳴子温泉のおすすめ宿

湯量豊富な自家源泉の宿をご紹介。七色に変化する「鳴子ホテル」の温泉、「鳴子観光ホテル」の乳白色の湯、「ホテル亀屋」の黒いお湯は薬のような香りが漂います。宿泊先の浴場はもちろん、日帰り入浴でさまざまな浴場を巡ってお気に入りのお湯を見つけてみて。

鳴子ホテル

七色に変化する美肌の湯
地元食材たっぷりのバイキング

開業以来、鳴子温泉の湯治文化を受け継ぐ宿。滑らかな温泉は外気や温度によって色が変化し、無色透明、鶯色など美しい見た目に癒されます。春は鮎に山菜、秋はきのこと地元食材をふんだんに使ったみちのくバイキングも好評です。

鳴子観光ホテル

プロも太鼓判を押す老舗宿
乳白色の湯と旬の創作会席が自慢

ミルクのように白濁した温泉は御影石造りの内湯と檜の露天風呂、上がり湯それぞれの浴場で堪能できます。貸切展望風呂も3つあり、陶器、ヒバ材と異なる雰囲気。季節の会席料理は最高ランクの仙台牛など宮城の美食を集めました。

ホテル亀屋

鳴子でも希少価値の泉質
重層泉の黒湯が自慢

黒褐色の重層泉は鳴子でもほとんど見かけない希少な源泉。薬品のような香りが温泉気分を一層盛り上げ、体の芯から温まります。開放感に満ちた露天風呂ではJR陸羽東線の電車を眺め、展望大浴場からは鳴子の四季を眺めます。

鳴子温泉旅行におすすめのツアープランは掲載準備中です。ご期待ください。