熊本の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索

熊本観光情報

  1. 牛深ハイヤ節 ―― ハイヤ系民謡のルーツをたずねて
PR
【PR】九州の温泉宿予約サイト「温泉ぱらだいす九州」

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

牛深ハイヤ節 ―― ハイヤ系民謡のルーツをたずねて

  “ヨイサーヨイサー”、“サッサヨイヨイー”という軽快な掛け声が印象的な「牛深ハイヤ節」は、江戸時代後期に牛深の地で誕生した民謡。それが、牛深漁港へ寄港した船乗りたちによって、全国各地に広がっていったといわれる。

牛深ハイヤ節に踊りが加わった「牛深ハイヤ踊り」を存分に味わうなら、何といっても「牛深ハイヤ祭り」へ足を運んでほしい。

「牛深ハイヤ祭り」

  江戸時代後期から天草市牛深町に受け継がれている民謡「牛深ハイヤ節」は、南国特有のリズムと独特の節回しが特徴。穏やかな天然の良港を有する牛深は、かつて九州各地への中継基地として船の往来が盛んで、多くの船乗りたちでにぎわっていた地だ。

そんな船乗りたちをもてなすために地元の女性たちが唄ったことが、牛深ハイヤの始まりといわれる。このハイヤ節に踊りを加えたものが「牛深ハイヤ踊り」。毎年4月に開催される「牛深ハイヤ祭り」では、軽快なハイヤ節にのせて踊りが披露される。中でも躍動感あふれる「総踊り」は圧巻だ。

取材/熊本の編集プロダクション「ポルト」、平成28年(2016)6月

早水純子さん
(はやみず じゅんこ)
早水 純子さん

牛深ハイヤの達人
  天草市牛深町出身。昭和55年(1980)に結成された牛深ハイヤ保存会「早水社中」代表。全国各地でのイベント出演や後継者の育成などを通して、半世紀以上にわたってハイヤを支えてきた人物だ。傘寿を迎えながら今なお現役で、ハイヤ文化の継承やPRに尽力。踊りの芸名(名取)は「藤間公純」。

天草の春の風物詩、「牛深ハイヤ祭り」へ

「牛深ハイヤ祭り」で披露されるダイナミックな踊り

  伝統芸能として牛深で唄い継がれてきた牛深ハイヤ節に踊りを加えた「牛深ハイヤ踊り」を継承していくために、昭和47年(1972)から始まったのが「牛深ハイヤ祭り」だ。現在の牛深ハイヤ祭りは、毎年4月の第3金・土・日曜の3日間にわたって開催され、市内外から訪れる大勢の観光客でにぎわう。

牛深ハイヤ祭りの一番の見どころは、何といっても土曜の19時からと日曜の13時からの2回で行われる「ハイヤ総踊り」だ。ハッピに身を包んだ数千人の老若男女が、三味線や太鼓の囃子とともに町を練り歩く。

軽快なハイヤ節のリズムにのせて、“ヨイサー、ヨイサー”という掛け声とともにダイナミックな踊りが披露され、牛深の町全体が熱気に包まれる。夜に行われる土曜と、昼に行われる日曜では、祭りの雰囲気は全く異なる。可能であれば地元に宿泊して、二つの異なる表情を堪能してほしい。

ハイヤ総踊りは飛び入り参加可能。市場や海上パレードも

「漁船団海上パレード」

  ハイヤ総踊りでは両日とも、「飛び入り丸」という一般参加者向けの団体が用意されており、観光客の飛び入り参加が可能。総踊りの開始直前には、牛深ハイヤ保存会による講習会が行われるので、振り付けを知らなくても安心して参加できる。せっかく現地を訪れたなら、祭りの熱気を全身で感じてみてほしい。

また、牛深ハイヤ祭りでは総踊りのほかにも、さまざまな催しが行われる。土・日曜の2日間に開かれる「牛深名産ハイヤ市」では、牛深の新鮮な魚介を使った料理のほか、多彩な海産物が販売される。

日曜に牛深港周辺で行われるのは、「漁船団海上パレード」。鮮やかな大漁旗を掲げた数十隻の漁船が、水しぶきをあげながら海上を疾走するパレードは必見だ。

古くから海上交通の要衝として栄えた港町 ―― 牛深

「牛深ハイヤ大橋」

  熊本県の南西部にあり、上島(かみしま)・下島(しもしま)を中心に、大小120の島々から構成される天草。周囲を有明海、八代海(不知火海)、東シナ海と三つの海に囲まれ、風光明媚な景観が広がっている。

天草の最南端に位置する天草市牛深町は、県内最大の漁業基地である牛深漁港を有する港町。深い入江を持つ牛深漁港は、かつては碇いらずの穏やかな天然の良港であったため、古くから豊かな海産物の産地として、また海上交通の要衝として栄えてきた。

そんな牛深の漁業の歴史に触れられるのが、観光施設「うしぶか海彩館」内にある「漁業史資料館」だ。15~16世紀の大航海時代にスペイン人のアビラ・ヒロンによって書かれたという『日本王国記』にも、「牛深のそれ(港)はどういう船にも向く良港である」と紹介されている。

全国で唄い継がれるハイヤ節の“発祥の地”

牛深港フェリー発着場にあるハイヤ娘のモニュメント

  天草市牛深町で、全国のハイヤ系民謡のルーツといわれる牛深ハイヤ節が誕生したのは、江戸時代後期のこと。当時、海上交通の重要な拠点であった牛深には、海産物などを運搬する帆船が多く出入りしていた。

時化(しけ)待ちや風待ち、積荷の売買などで牛深港に寄港した船乗りたちをもてなすために、酒宴の席で牛深の女性が唄ったものが、牛深ハイヤ節の始まりといわれる。船乗りたちによって、このハイヤ節が全国各地の港へと広められ、さまざまなアレンジが加わって各地に定着していった。

牛深ハイヤ節をルーツとする民謡は、こうして約40カ所に唄い継がれていったという。中でも、新潟県の「佐渡おけさ」や徳島県の「阿波踊り」などがよく知られている。

ハイヤの語源は「ハエ(南風)」で、牛深を出港して北上する帆船に欠かせない風のこと。このハエがハエヤになり、さらにハイヤに変化していったと考えられている。「ハイヤで今朝出た船はエー どこの港にサーマ入れたやらエー(ハエの風で今朝出港した船は、どこの港まで行き着いただろうか)」という唄い出しには、船乗りの身を案じる牛深の女性たちの思いが込められている。

「うしぶか海彩館」側から牛深ハイヤ大橋を渡りきった場所には、「ハイヤ節発祥之地」の石碑が建立されている。

牛深観光でおすすめのスポット&グルメ情報

牛深でおすすめの立ち寄りスポット

  天草市牛深町を訪れたら、ぜひ立ち寄ってほしい絶景スポットや観光施設を紹介。新たな牛深の魅力を発見しよう。

  • 「遠見山公園」
  • 「うしぶか海彩館」の回遊型の巨大ないけす
  • 「鶴葉山公園」から見えるグラスボート
おすすめポイント
  遠見山の中腹にある「うしぶか公園」は、天草灘や牛深市内が一望できる絶好のロケーション。夕陽スポットとしても知られている。

牛深の魅力が詰まった観光施設「うしぶか海彩館」では、かまぼこやみりん干しなど海産物が豊富にそろうほか、新鮮な海の幸が味わえる食事処や回遊型の巨大ないけす、牛深ハイヤ大橋を間近に望む展望デッキなどがある。

天草最南端の絶景スポットが「鶴葉山公園」で、ここでは雄大なスケールの大海原を目の当たりにできる。

牛深のおすすめ海水浴場

  透明度の高さで知られる天草市牛深町の海水浴場。夏場には多くの海水浴客でにぎわう三大海水浴場を紹介。

  • 「茂串海水浴場」
  • 砂月海水浴場のビーチ
  • 「魚貫崎海水浴場」
おすすめポイント
  九州屈指の透明度を誇るのが「茂串海水浴場」。コバルトブルーやエメラルドグリーンの海と、天然の白い砂浜の美しさは県内随一だ。NHK大河ドラマ『武蔵』のクライマックスシーンのロケ地としても知られている。

約1キロに渡って白銀の砂浜が続く「砂月海水浴場」は、波が穏やかで設備が整っているので、小さな子ども連れにもおすすめ。

天草諸島の最南端にある「魚貫崎海水浴場」は、人が少ない穴場的存在なので、家族やカップルでゆっくりと過ごせる。

牛深でおすすめの土産物

  漁師町・牛深を訪れたら、海産物は外せない。昔から愛されている郷土の菓子や、透明度の高い地元の海水で作った天然塩も注目。

  • 「菓子工房ル・モンド」の赤まき
  • 牛深町の干物
  • 「塩工房 宝島」の塩
おすすめポイント
  こしあんをスポンジケーキで巻き、赤く色付けされた餅粉の生地で包んだ「赤まき」は、牛深で昔から親しまれている郷土菓子。優しい弾力の餅となめらか口どけのスポンジケーキが好相性。

たくさんある水産加工品の中でも、土産物としておすすめなのが「干物」。製造店舗によって手法も味わいもさまざまだ。

天草灘の海水を天日干して作る塩は、天然のミネラルが豊富。まろやかな味わいで、料理との相性も抜群。

牛深までの交通アクセス

  “天草最果ての地”ともいえる天草市牛深町。車で訪れる場合は、熊本市内からだと約3時間かかる。途中、天草上島を通過する際は、松島有明道路(合津インターチェンジ~上津浦インターチェンジ間)を利用すると移動時間を若干短縮できる。

また、天草空港(天草市五和町)と熊本空港・福岡空港・大阪空港を結ぶ「天草エアライン」を利用する場合は、天草空港周辺でレンタカーを借りるといいだろう。空港周辺からだと牛深町まで約1時間で到着する。

九州南部から訪れる場合は、九州新幹線・出水駅(鹿児島県出水市)からシャトルバスで約30分の蔵之元港(鹿児島県長島町)へ行き、蔵之元港からフェリーで牛深港へ渡るのが便利だ。

車(レンタカー)で

  ・熊本空港から国道57号・324号・266号経由で約145キロ、約3時間
・天草空港から国道266号経由で約145キロ、約1時間
・熊本駅から国道324号・266号経由で約125キロ、約2時間50分
・松橋インターチェンジから国道324号・266号経由で約120キロ、約2時間40分

牛深観光のQ&A

Q 周辺に宿泊施設はある?
A 天草市牛深町には、民宿や旅館、ビジネスホテルなど、約20軒の宿泊施設が点在している。新鮮な海の幸を提供する料理自慢の宿ぞろいなので、心ゆくまで魚介料理を堪能しよう。家族経営の小規模な宿が多く、アットホームな雰囲気も魅力だ。
Q ほかにおすすめの観光メニューはある?
A 牛深港から出港している半潜水式の遊覧船「グラスボート」がおすすめ。牛深海域公園に指定されている牛深周辺の海は、透明度が高く、多くのサンゴ礁や熱帯魚が生息している。

絶好のダイビングスポットとして知られているが、グラスボートなら気軽に海中散歩を楽しめる。船底の展望室からガラス越しに、色とりどりのサンゴ礁や熱帯魚が織りなす“海の花畑”を鑑賞しよう。
Q 観光ガイドをお願いしたいのだけれど……?
A 「牛深観光ガイドの会」では、地元ガイドが牛深の隠れた名所を案内している。「ハイヤ発祥の地探訪コース」や「海中公園コース」、「“あさが来た”でお馴染みの五代様も歩いた牛深浦コース」など、魅力的なコースがそろい、牛深の魅力の深いところまで堪能できる。

基本コースは5人までで、1時間2000円(6人目以降は1人当たり追加500円)、前日までに要予約。

牛深観光ガイドの会
【電話番号(予約・問い合わせ)】
0969-74-7060
Q 牛深でおすすめの海の幸は?
A 牛深を代表する海の幸といえば、キビナゴやイワシ、シロサバフグ、伊勢エビなどが挙げられる。中でも、体長10センチ前後のキビナゴは、刺身や寿司、みりん干し、天ぷらなどさまざまな調理法で登場する。

シロサバフグは、体長30センチ程度の毒を持たないフグ。一夜干しや唐揚げ、煮物などで淡白な白身を堪能できる。トラフグなどと比べるとリーズナブルで、気軽に味わえるのも魅力だ。

天草が全国有数の漁獲高を誇る伊勢エビを味わうなら、漁が解禁となる毎年8月下旬~12月に、地元の飲食店や宿泊施設で実施する「牛深伊勢えび祭り」がおすすめ。伊勢エビ尽くしの贅沢なコース料理が堪能できるとあって、毎年心待ちにしているファンも多いイベントだ。
Q ユニークな土産物はある?
A 牛深名物の“ばくだん”は、地元で水揚げされた魚のすり身に、食紅をつけたゆで卵を丸ごと包んで揚げたかまぼこのこと。包丁を入れると黄身の黄色と食紅の赤色が華やかで、地元では祝いの席や弁当のおかずなどに欠かせないもの。もちろん、酒の肴としてもいい。牛深のかまぼこ店で購入できる。

いざないの一枚

その他の達人指南を見る

船と並走するように泳ぐ、人なつっこいイルカたち

天草イルカウォッチングで野生の群れに遭遇
天草観光で見どころなのがイルカウォッチング。ここでは、かなりの遭遇率で野生のイルカを見ることができる。あちこちでイルカが自由自在に泳ぎ、愛らしい姿が見られる興奮・・・

遠見山から望む天草の夕日

天草観光 キリシタン文化が息づく夕日の島
紺碧の海に大小120の島々が浮かぶ「天草」。全国屈指のキリシタン文化が花開いた土地として知られるが、「島原・天草一揆」の後には仏教再建の動きもあり、キリシタン文・・・

熊本県内でも最大の漁業基地として知られる「牛深漁港」

天草グルメ 豊かな漁場で育った海鮮を堪能
紺碧の海と緑深い山々に囲まれた天草は、大小の島々から成る美しい諸島。周囲を三つの海に囲まれた漁場豊かなエリアなので、季節ごとにさまざまな魚介類が堪能できる場所だ・・・