大分の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索

大分観光情報

  1. 恋叶ロード 豊後高田の新名所をドライブ
PR
九州の温泉宿・ホテルの宿泊予約は「たびらい九州 (旧温泉ぱらだいす九州) 」でどうぞ

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

恋叶ロード 豊後高田の新名所をドライブ

  豊後高田市の海岸線を走る国道213号沿いには、縁結びの神様として知られる「粟嶋神社」をはじめ、「夕陽の絶景スポット·真玉海岸」や「花とアートの岬·長崎鼻」など、ロマンティックなスポットがそろう。これらのスポットを結ぶ約20キロのルートが、「恋叶(こいかな)ロード」。“恋が叶う道”として、新たな名所となっている。

干潟を照らす「真玉の夕陽」は、豊後高田を代表する景色だ

  豊後高田は、「真玉の夕陽」をはじめとする自然スポットのほか、国東半島独自の「六郷満山文化」が創り出した古い町並みや、伝統行事などにも触れられる町。国宝に指定されている「富貴寺」など、六郷満山文化の寺院も多い。

中心にある商店街は、江戸時代から明治、大正、そして昭和30年代にかけて、国東半島で一番栄えた町といわれている。そんな豊後高田は近年、“昭和の町”として生まれ変わり、人気の観光地になっている。

取材/おおいたインフォメーションハウス、平成28年(2016)8月

佐藤花舞さん
(さとう かぶ)
佐藤 花舞さん

恋叶ロードの達人
  東京を中心に横浜や大阪、京都、神戸、沖縄、タイ(バンコク)などのさまざまな場所で司会経験を積み、平成27年(2015)に大分県豊後高田市に移住。大分に来てからは数々の婚活イベントを仕切り、若者たちの恋の行方を見守ってきた。現在は、ゆふいんラヂオ局で「This is the Radio Show」のパーソナリティーを担当している。

恋叶ロード随一のパワースポット「粟嶋神社」へ

周囲には穏やかな海が広がる「粟嶋神社」

  大分県の北部に位置する豊後高田市(ぶんごたかだし)。その市内でも南西部にある「昭和の町」から北部にある長崎鼻までをつなぐ国道213号が、新たな名所「恋叶(こいかな)ロード」だ。

この恋叶ロード随一のパワースポットといえば、この「粟嶋神社(あわしまじんじゃ)」。恋愛成就や縁結び、婦人病、安産などの女性の願いなら、その一つは必ず叶えてくれるといわれる“女性の守り神”で、真玉と香々地の境に位置し、断崖の海岸沿いにたたずんでいる。朱色の鳥居は遠くからでもよく見える。

この鳥居をくぐって参道を下ると、広い海が見える境内へ。海に突き出した岩窟に設けられた神社は全国的にも珍しいのだが、さらに海岸に面して大きな岩山に穴が開いた不思議な光景に出会える。ここから遥か北にある島まで一直線の道があり、大潮の折に海面から出たその道を、神が馬に乗って渡ってきたという伝説が残る。

「珍しい場所に立っていて、ひっそりとした雰囲気。趣きがあるので、ご利益がありそう、行くだけでパワーを貰えそうな場所」と達人・佐藤さんは言う。粟嶋神社を訪れるのに特におすすめの季節は、アジサイの花が見ごろを迎える梅雨の時期だ。

大分の“恋人岬” ―― 粟嶋公園の愛のモニュメント

愛の象徴に願いを込められる粟嶋公園のモニュメント「結」

  近年、粟嶋神社を中心に広がる「粟嶋公園」が整備されている。ここは花の名所であり、4月に公園内の畑に一面の菜の花が咲くほか、4月の第1日曜に行われる粟島神社の神事「粟嶋神社大祭」では、公園内で満開の桜を見ることができる。

海を眺めることができる公園内の半島の先には、愛を象徴するモニュメント「結(ゆい)」がある。赤と白の曲線が交差する形は“愛が結ばれてゆく姿”を、また∞(無限の記号)の形にも見えるため“永遠の愛”を表しているという。

このモニュメント結の白い曲線の上には、二つの銀色の球体が並んでいる。ここにアクセサリーやコインを置いたり、鍵をかけたりして、願いや想いを込めることができる。「グアムの『恋人岬』のような雰囲気が味わえ、この場所から目の前に広がる美しい景色を眺めているだけで、穏やかな気持ちになれますよ」と佐藤さん。

恋人と訪れて、ゆっくりと話がしたいなら、眺望が楽しめる木製の展望台などがあるモニュメントの周辺が最適だ。

チームラボギャラリー真玉海岸で、デジタルアートの世界に浸る

「チームラボギャラリー」の暗闇に浮かび上がる花の作品

  粟嶋公園から恋叶ロードを少し南西に下ると、「チームラボギャラリー真玉海岸」にたどり着く。「チームラボ」とは、プログラマーやエンジニア、編集者など各業界のスペシャリストたちで構成されている“ウルトラテクノロジスト集団”だ。彼らが作り上げる「デジタルアート」を、このギャラリーで体感することができる。

「カップルなら、ここは本当におすすめ」と佐藤さんが言うのは、シンプルな建物の中に入っていくと真っ暗な廊下が続くので、手をつなぐチャンスもあるからだとか。

国東半島に生息している花をモチーフにした作品では、1時間の間に1年間の花々が移り変わっていく。見る人の距離に反応して変化し、ある一定の距離に近づくと花が芽吹き、近づき過ぎると花が散って枯れてしまう。

作品はコンピュータプログラムによってリアルタイムで描かれ続けているため、二度と同じ風景を見ることはできない。デジタルアートの空間の中で、ぜひ一緒に写真を撮って、相手との距離を縮めて欲しい。

真玉の夕陽 “日本の夕陽百選”に選ばれた景観

「真玉の夕陽」では、干潟に空模様が映り込む

  豊後高田観光の一日の締めくくりにおすすめなのは、何といっても真玉海岸(またまかいがん)の夕陽だ。干潮時に現れる遠浅の干潟に空模様が映り込むのが特徴で、その干潟と夕日を一緒に楽しめる場所は国内でも珍しい。観光地としても撮影スポットとしても、そしてデートスポットとしても人気がある。

夕陽が落ちてくると干潟の色が少しずつ変わり、時間の経過と共に干潟のグラデーションが楽しめる。真玉海岸は広く、他の人と場所の取り合いにならないので、誰にも邪魔されずに夕陽を見ることができる。駐車場は真玉海岸のすぐそばにあるので、夕陽を見るまでに疲れてしまうということもない。また、海岸に下りる石段の途中に座って見ることもできる。

また、絶好のロケーションが約束されたカフェや食堂もあるので、ぜひ利用を。テラス席でゆったりとドリンクを飲みながら夕日を見るという、とても贅沢な時間を過ごすことも可能だ。

恋叶ロードだけじゃない! 豊後高田のおすすめスポット

恋叶ロードだけじゃない! 豊後高田のおすすめスポット

  豊後高田は海に面しているため、海の景色を眺めながら食事ができる店が多くある。イタリアンや名産のそばなどを、潮風を感じながら味わおう。

  • 「レストランフィオーレ」
  • 公園内でも目立つ「カフェ&キッチン結」
  • 「SOBA CAFE ゆうひ」の「恋叶セット」
おすすめポイント
  「恋叶ロード」をひと言で表すなら、「海や潮を感じることができる道」だと達人・佐藤さんは言う。真玉トンネルを抜けると、目の前には一面に海が広がる。ドライブにももちろんおすすめだが、車を停めてランチを楽しむのもおすすめ。また、恋叶ロードの途中にはフォトスポットがたくさんあるので、海をバックに写真を撮りながら巡ることができる。

ノスタルジックな雰囲気の“昭和の町”を散策

  豊後高田市といえば、“昭和の町”の町並みが特徴。全国的に有名になっており、最近では外国人観光客も増えているという。年間約40万人が訪れるこの商店街には、懐かしい時代にタイムスリップしたかのような素朴な景色がたくさんある。

  • 素材にこだわっているパン屋「アルフォンソ」
  • 石段を上がると見えてくる「豊後高田そば道場」
  • 小さな店内に懐かしの和菓子がそろう「森川豊国堂」
おすすめポイント
  昔のドラマに出てくるシーンを切り取ったような写真が撮れる“昭和の町”。ここで紹介したほかにも、懐かしい給食を食べられる「Cafe Bar BOULEVARD」や、昭和55年(1980)から値上げをしてないという350円のチャンポンが食べられる「大寅屋食堂」などがあるほか、1億円を持つ体験ができる「旧共同野村銀行」は昭和の町の真ん中にある。

豊後高田で定番の見どころ

  豊かな自然に加えて、歴史的文化も豊富にある豊後高田市。海やデートスポット、昭和の町だけではなく、その先にも足を延ばしてほしい。

  • 春には海の景色と共に一面の菜の花が楽しめる「長崎鼻」
  • 1000年変わらないといわれる田園風景が広がる「田染荘」
  • 秋の紅葉シーズンには、富貴寺大堂が黄色のじゅうたんに囲まれる
おすすめポイント
  季節によって違う表情を見せるスポットが多いので、一度といわず、二度、三度と異なる季節に足を運んでほしい。四季の移り変わりを楽しむのに最適な場所だ。訪れなければわからない豊後高田の魅力を、実際に体感してほしい。

大分の旅をもっと楽しく。お得な旅行情報

編集部の視点
  大分の旅をもっと楽しく充実させられるように、温泉宿やレンタカー、パッケージツアーの予約情報を厳選して紹介。お得に賢く大分を旅するヒントがたっぷり詰まっているので、自分好みのプランがきっと見つかるはず。

たびらいのパートナーサイト「温泉ぱらだいす九州」には、九州の宿泊予約プランが満載。九州の温泉を熟知したスタッフが、おすすめを紹介している。
⇒大分の温泉宿はこちらで検索

⇒大分のレンタカーを比較して予約

豊後高田市の中心部への交通アクセス

車(レンタカー)で

  ・大分方面より国道10号を北九州方面へ、宇佐市岩崎交差点を右折、国道213号に入り車で約10分
・北九州方面より国道10号を大分方面へ、宇佐市岩崎交差点を左折、国道213号に入り車で約10分
・院内インターチェンジ・安心院方面より国道387号を宇佐方面へ、宇佐市法鏡寺交差点を右折、国道10号を大分方面へ、宇佐市岩崎交差点を左折、国道213号に入り車で約10分(北九州・中津方面からの場合は、院内インターチェンジで降りることはできない)

電車で

  ・博多駅より鹿児島本線・日豊本線で宇佐駅まで、約1時間40分(特急利用)
・小倉駅より日豊本線で宇佐駅まで特急利用で約50分
・大分駅より日豊本線で宇佐駅まで特急利用で約40分

【宇佐駅から昭和ロマン蔵までの交通アクセス】
タクシーで約10分(料金は1500円程度)
バスで約10分(料金は250円程度、毎時1~2本程度運行)
※「豊後高田行き」または「伊美行き」に乗車(詳細は大分交通のHPを確認のこと)

大分空港からのアクセス

  大分交通 エアライナー大分空港から豊後高田バスターミナル(昭和の町)まで約45分
片道運賃は大人1400円、子ども700円

豊後高田の恋叶ロード観光のQ&A

Q そばが有名な豊後高田市。そば打ちは気軽に体験できる?
A 豊後高田市では、そば文化の普及とそば打ち人口の増加を目指す取り組みとして、「豊後高田そば道場」を開設している(豊後高田そば生産組合に委託)。エプロンの貸し出しもあるので、手ぶらで行っても気軽に体験できる。
Q 「昭和の町」のおすすめの歩き方は?
A 「昭和の町」を訪れる人々の橋渡しとして町の案内人がおり、昭和の町の歴史や一店一品、一店一宝、昭和の商人の話などのエピソードを聞きながら、案内人と一緒に歩くことができる。ガイド1名につき2000円で事前予約制なので、希望の場合は早めの申し込みを。
⇒公式ページ
大分の温泉宿を探す、予約する。

九州専門の宿泊予約サイト「温泉ぱらだいす九州」

  たびらいのパートナーサイト「温泉ぱらだいす九州」には、九州の宿泊予約プランが満載。九州の温泉宿を熟知した現地スタッフが、選りすぐりの情報を紹介している。

また、希望の宿が満室表示されている場合には、温泉ぱらだいすのスタッフが宿に直接交渉をしてくれるリクエストサービスも。

九州専門の宿泊予約サイト「温泉ぱらだいす九州」
⇒大分の宿はこちらで検索

いざないの一枚