1. 日本新三景選定【耶馬溪】 紅葉だけでないその魅力とは

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

日本新三景選定【耶馬溪】 紅葉だけでないその魅力とは

  秋の紅葉シーズンに毎年多くの観光客が訪れる「耶馬溪(やばけい)」。このエリアには自然や歴史やグルメ、そして地元の人しか知らない穴場スポットまで、隠れた観光の魅力が満載だ。春夏秋冬と、さまざまな表情の耶馬溪に癒やされに行こう。

「一目八景」の紅葉は、まさに圧巻の絶景

  日本新三景選定100周年を迎えた「耶馬溪」。大分県最北部にある中津市から車で約20分の山国川中流域にある耶馬溪エリアは、本耶馬渓町・耶馬溪町・山国町の三つの町からなる。さらに細かい分類として、本耶馬渓・深耶馬溪・裏耶馬溪・奥耶馬溪と、いくつかの渓谷に分けることもできる。

深耶馬溪にある「一目八景(ひとめはっけい)」をはじめとする紅葉はあまりにも有名だが、耶馬溪エリアには青の洞門や羅漢寺、耶馬渓橋、猿飛千壺峡など、自然や歴史に触れられるスポットも多く点在している。また、紅葉以外の季節でも、四季が織りなす自然の美しさも見どころ。紅葉だけではないその魅力を、耶馬溪観光の達人に聞いた。

取材/櫛野 千賀子、平成28年(2016)6月


◆その他のおすすめ大分観光情報
大分観光のおすすめ情報10選

[たびらいセレクション]

菅原正樹さん
(すがはら まさき)
菅原 正樹さん

耶馬溪観光の達人
  中津市耶馬溪支所総務課に勤務し、耶馬溪の地域振興や広報活動に携わる。生まれが福岡ということから、“観光客目線”を持ちながら、耶馬溪観光の魅力をアピールしている。紅葉スポットや絶景ポイント、グルメなど、地元の人だけが知る通な情報を教えてくれた。趣味は観光地めぐりとドライブ。2児の父であり、家族サービスには「耶馬溪の河川プールがおすすめ」だとか。

“一目八景”で、紅葉だけでない四季の景観を

一目八景の一つ「鳶ノ巣山」。新緑は“若葉もみじ”と呼ばれる

  自然が恋しくなったときに、一年を通しておすすめしたいドライブコースがある。それは、中津市街から車で40分ほどの深耶馬溪と呼ばれるエリア。中でも山国川の支流・山移川の渓谷沿いに広がる「一目八景(ひとめはっけい)」は、大分県を代表する景勝地として知られている。

秋の紅葉シーズンには全国から多くの観光客が訪れるこの場所は、「群猿山」や「鳶ノ巣山」、「夫婦岩」などの八つの奇岩を一目で望めることから、一目八景の名で呼ばれているのだという。とにかく紅葉で有名なスポットだが、達人・菅原さんによれば、紅葉だけにとどまらない四季の魅力があるのだという。

「春の桜やシャクナゲ、夏の若葉もみじの新緑、秋は見事な錦もみじの紅葉、冬は山間の雪化粧と、季節ごとの美しい景観を満喫できます」と菅原さんは説明する。「11月初旬から中旬の紅葉シーズンは車が渋滞するので、午前中に来るのがおすすめです。でも、個人的に一番おすすめしたいのは、ゴールデンウィーク時期の新緑。期待を裏切らない美しさですよ」

一目八景
【住所】中津市耶馬溪町大字深耶馬3152
【料金】無料
【駐車場】あり(24時間・無料、徒歩約5分の深耶馬溪公共駐車場)
【電話番号(問い合わせ)】0979-54-3111(耶馬溪支所総務課)

御霊もみじ ―― 知る人ぞ知る紅葉の名所へ

落ち葉の絨毯が広がる「御霊もみじ」

  耶馬溪エリアが最もにぎわう秋のシーズンに、とっておきの紅葉スポットがあると、達人・菅原さんが教えてくれた。一目八景から中津市内に戻ること車で約15分。中津市街からだと車で約20分、耶馬溪町に入ってすぐの場所にある「御霊(ごりょう)もみじ」がそれだ。

ここは戦国時代の中津城主であった黒田官兵衛・長政父子によって謀殺された城井郷城主・宇都宮鎮房の侍女たちが祭られた御霊神社(八坂神社)。紅葉スポットとしても知られており、地元の人たちからは“御霊もみじ”とも呼ばれている。

「神社の参道や階段と辺り一面にもみじの落ち葉が敷き詰められ、赤や黄色の美しいもみじの絨毯ができますよ。シャッターチャンスです」と菅原さん。紅葉シーズンには、真っ赤に染まる一目八景のダイナミックな渓谷美とはまた違うのどかな農村地帯にある庭の紅葉が味わえる。そんな違いに目を向けると、紅葉ドライブもさらに楽しくなるはずだ。

歴史と自然を味わえる本耶馬渓エリア

全長342メートルのトンネル「青の洞門」は、歩いて見学も可能

  中津市街から約20分の本耶馬渓町。この周辺は山国川の中流域で、川沿いにそびえ立つ岩峰や奇岩群は、耶馬溪を代表する風景となっている。また、その周辺には歴史と文化を感じられる名所が点在。ドライブの合間に車を降りて、歩いて散策するのにおすすめのスポットだ。

「青の洞門」は、菊池寛の小説『恩讐の彼方に』で知られる場所。かつては難所で遭難者が絶えなかったこの地で、江戸時代の僧・禅海はのみと槌だけを使って岩壁を掘り、30年もの歳月を経て貫通させた。トンネル内部の壁面をよく見ると、のみの跡がはっきりと分かる。

ちなみに、寛延3年(1750)の第一期工事落成後、工事資金調達のために通行料を徴収していたため、この青の洞門は“日本初の有料道路”ではないかともいわれる。

その他にも、山の洞窟に3770体もの石仏がたたずむ五百羅漢の寺「羅漢寺」や、日本唯一の8連アーチの石橋「耶馬渓橋」など、本耶馬渓にも見どころが多い。まさに歴史と文化を巡る散策におすすめのエリアといえる。

メイプル耶馬サイクリングロード 耶馬溪の絶景を駆け抜ける

JR中津駅から山国へと続く全長約36キロのサイクリングロード

  耶馬溪の絶景を満喫するのに、サイクリングはいかがだろう。JR中津駅から山国へと続く「メイプル耶馬サイクリングロード」は、旧耶馬渓鉄道の線路跡を利用して作られたサイクリングロード。中でも本耶馬渓から山国の区間は専用道が整備され、勾配も緩やかで快適な自転車道となっている。

「山国川沿いの広大な自然の中や、廃線跡を利用したトンネルや鉄橋などを走れるのが醍醐味です」と菅原さんが説明するように、全長36キロのこのサイクリングロード沿いには、景勝地として有名な青の洞門や耶馬溪ダム、休憩所として便利な道の駅など、立ち寄りスポットが点在している。

「洞門サイクリングターミナル」と「耶馬溪サイクリングターミナル」、「コアやまくにサイクリングターミナル」の3カ所で自転車のレンタルが可能で、子ども用からスポーツタイプまで種類も豊富にそろっている。自分の好みに合った自転車と、好きなコースや距離を選ぶことができるので、小さな子どもから高齢者まで安心して楽しめる観光メニューだ。

[たびらいセレクション]

温ぱらユーザーが選んだ宿TOP20 ユーザー満足度ランキング

達人が伝授する耶馬溪エリアのおすすめ情報

まだまだある。耶馬溪エリアのおすすめ観光スポット

  耶馬溪エリアはとても広く、おすすめしたい観光スポットが紹介しきれないほどたくさんある。自然や歴史を感じながら、一つでも多くの魅力的なスポットを訪れてほしい。

  • 1300年以上の歴史を持つ「羅漢寺」。3770体の石仏が並ぶ
  • 広大な山国川に架かる長さ日本一の石橋「耶馬渓橋」
  • 四季折々の景色を見せる入園無料の日本庭園「溪石園」
おすすめポイント
  1300年以上の歴史を持ち、国の重要文化財に指定されている「羅漢寺」には、五百羅漢や千体地蔵など3770体もの石仏が安置されている。また、羅漢寺近くにある全長116メートルの「耶馬渓橋」は、8連アーチを描く日本一長い石橋で、馬溪橋(ばけいばし)や羅漢寺橋と共に“耶馬渓三橋”と呼ばれる。耶馬溪ダムの完成を記念して造られた2万平方メートルの広大な日本庭園「溪石園」など、耶馬溪の観光スポットは紹介しきれない……。

耶馬溪のおすすめグルメを紹介

  自然豊かな耶馬溪で、地元で収穫された新鮮食材を使った料理やデザートを召し上がれ。

  • 広々とした店内で地産地消の旬食材が味わえる「洞門パティオ」
  • 田園風景を眺めながらぜいたくなかき氷を味わえる「蛍茶園」
  • 耶馬渓産100%のそば粉を使用した「洞門そば」の本格そば
おすすめポイント
  広大な自然に囲まれた耶馬溪エリアは、農業や酪農が盛んな地域。地元野菜を使った40種類以上の手作り惣菜が楽しめる「農家レストラン 洞門パティオ」や、お茶農園の夫婦が営むふわふわのかき氷を求めて行列ができる「和カフェ蛍茶園」、100%耶馬渓産のそば粉を使い、挽きたて・打ちたてのそばを味わえる「そば処 石臼亭 洞門そば」など。なお、洞門そばでは、そば打ち体験も可能。

達人おすすめの耶馬溪の土産物

  耶馬溪ならではの地元土産を紹介。出来立ての味をその場で試せるのも醍醐味だ。

  • ほどひらの「からし椎茸」は辛さと甘さが絶妙な逸品
  • 鹿鳴館の出来立て「そばまんじゅう」を、絶景と一緒に
  • 赤・青・茶色と、下郷農協でしか買えない耶馬溪牛乳の“3兄弟”
おすすめポイント
  店ごとに味が違うという耶馬溪名物「からし椎茸」に、無添加・手作りで日持ちしないため出来立てをその場で食べてほしい鹿鳴館の「そばまんじゅう」、下郷農協の7軒の酪農園でしか作られていない「耶馬溪牛乳」などがおすすめ。

九州の宿探しなら「宿くらべ」

  • 九重でお手頃価格で泊まれる温泉旅館3選
  • 九重で露天風呂が自慢の温泉旅館4選
  • 最安値プランがあるホテル特集 大分ホテル編
編集部の視点
  たびらいの「推し宿予約」は、九州の宿泊予約プランが満載。実際に見て、泊まって調査!九州のいい宿研究会が厳選した九州の宿を目的別にご紹介。

⇒九重の推し宿予約はこちら

温ぱらユーザーが選んだ宿TOP20 ユーザー満足度ランキング

耶馬溪エリアへの交通アクセス

  耶馬溪はとにかくエリアが広く、多くの観光スポットがある。各観光ポイントは離れているため、車でのドライブ旅がおすすめだ。

車(レンタカー)で

  【大分市から】
・大分自動車道の大分インターチェンジ→日出ジャンクション→宇佐別府道路→四日市インターチェンジ→国道10号線、所要時間は約1時間30分

【福岡市から】
・九州自動車道の福岡インターチェンジ→鳥栖ジャンクション→大分自動車道→日田インターチェンジ→国道212号線、所要時間は約2時間30分
・九州自動車道の福岡インターチェンジ→北九州ジャンクション→東九州自動車道→苅田北九州空港インターチェンジ→国道10号線、所要時間は約2時間

【北九州市から】
・九州自動車道の小倉東インターチェンジ→北九州ジャンクション→東九州自動車道→苅田北九州空港インターチェンジ→国道10号線、所要時間は約1時間

◆レンタカー予約⇒大分のレンタカー比較といえば、たびらいレンタカー【早割で最大50%OFF】

電車(JR)で

  【大分市街から】
・JR大分駅から中津駅まで特急利用で約46分、車もしくはバスでさらに約20分

【福岡市街から】
・JR博多駅から中津駅まで特急利用で約1時間19分、車もしくはバスで約20分

耶馬溪観光のQ&A

Q 耶馬溪観光にかかる所要時間はどれくらい?
A 耶馬溪は、「本耶馬渓」と「裏耶馬溪」、「深耶馬溪」、「奥耶馬溪」などの数カ所のエリアに分かれており、広範囲に点在している。各スポット間の移動時間を考えると、半日~1日くらい時間をかけて、ゆっくりと景色や食事を楽しむのがおすすめだ。
Q 紅葉以外におすすめの季節はある?
A 全国的に紅葉スポットとして知られている耶馬溪だが、自然豊かなエリアのため、新緑の季節も魅力的。紅葉シーズンは観光ピークのため、ゆっくりと観光を楽しみたいなら新緑の季節がおすすめ。
Q 家族連れにおすすめのスポットはある?
A 「耶馬溪アクアパーク」では、一年中水上スキーやバナナボートが楽しめる。「メイプル耶馬サイクリングロード」では、250台以上のさまざまな種類の自転車が用意されており、小さい子どもからお年寄りまで、家族で絶景を楽しみながらサイクリングが可能。自然の河川を利用した「津民川河川プール」も、無料で利用できる。
大分の温泉宿を探す、予約する。

たびらいの「推し宿」

  たびらいの「推し宿」には、九州の宿泊予約プランが満載。九州の温泉宿を熟知した現地スタッフが、選りすぐりの情報を紹介している。

また、希望の宿が満室表示されている場合には、スタッフが宿に直接交渉をしてくれるリクエストサービスも。


⇒大分の宿はこちらで検索

温ぱらユーザーが選んだ宿TOP20 ユーザー満足度ランキング

いざないの一枚