沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. ター滝で国立公園やんばるを遊び尽くす
PR
“疲れる旅選び”をなくしたい!おすすめプランだけを集めた「たびらい厳選ツアー」

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

ター滝で国立公園やんばるを遊び尽くす

  国内では33番目、沖縄県内では慶良間諸島(けらましょとう)と西表島(いりおもてじま※一部地域)に次ぐ3番目となる国立公園に指定された沖縄本島北部地域「やんばる」には、ここでしか見られない動植物がたくさん生息している。そんなやんばるの大自然を思う存分に体感できる“遊び”を提案。今回はがっつりやんばるの自然を満喫したい人におすすめのリバートレッキングツアーを紹介する。

ター滝にはやんばるの大自然の魅力がたくさん詰まっている

  環境省は平成28年9月15日、「やんばる」と呼ばれる沖縄県の沖縄本島北部地域(国頭村・大宜味村・東村の3村にまたがる陸域約1万3600ヘクタールと、海域約3700ヘクタール)を国内33番目となる国立公園に指定した。

やんばるは国内最大級の亜熱帯照葉樹林が広がり、ヤンバルクイナなど多種多様な固有動植物及び希少動植物が生息・生育し、石灰岩の海食崖やカルスト地形、マングローブなど多様な自然環境を有している地域だ。今回は大宜味村にある「ター滝」のリバートレッキングツアーをピックアップする。

更新日/平成29年(2017)6月


(せこ とおる)
世古 徹さん

ター滝リバートレッキングの達人
  沖縄県本島北部の恩納村(おんなそん)に事務所がある「SPITZ NATURE TREKKING(スピッツネイチャートレッキング)」の代表。長年リバートレッキングを通して、多くの人にター滝の魅力を伝えている。動植物に詳しく、ター滝遊びの達人。面白おかしい説明も魅力。
⇒http://spitz-trecking.com/

ター滝リバートレッキングとは?

時には泳いだり、ロープを使ったりして険しい道を進んでいく

  リバートレッキング(川歩き)の名の通り、川を自らの足で上り、ゴールであるター滝を目指す。歩く距離は時間にして20~30分ほど。しかし、淡々と川を上るのはもったいない。ここは沖縄本島では数少ない自然が残るやんばる地域。現地に詳しいガイドと一緒に上れば、より自然の魅力に気付くことができる。スピッツネイチャートレッキングでは達人の世古さんが、要所、要所で面白おかしく説明してくれるので、楽しく自然を満喫できる。川の水の冷たさや水で服が濡れる感覚、花や草木、そして昆虫や魚と触れ合う…。都心では経験できない、童心に返ったようなワクワク感があり、思わず笑顔になる。

ごつごつとした岩をのぼり、流れのある川の中を歩いていくので、かなりハードなイメージがあるが、達人曰く、ツアー参加者には小さな子どもや元気なお年寄りの人も多いとのこと。「むしろ、子どものほうが元気があって、ぐんぐんのぼっていきますよ。小さな子どもを抱っこ紐で抱えながらリバートレッキングを楽しむ強者や、過去には78歳の健康な人もツアーに参加していました」

子どもは関心の赴くまま、大人は昔の心を取り戻しながら。ター滝リバートレッキングの魅力のひとつだ。

やんばるならではの動植物が観察できる

羽の色が美しいリュウキュウハグロトンボの雄

  リバートレッキングの途中、高さは7~8メートルにもなる日本最大のシダ植物「ヒカゲヘゴ」や、もともとは琉球列島の固有種である「リュウキュウハグロトンボ」など、やんばる地域特有の動植物が観察できる。「ヒカゲヘゴは成長に伴い葉柄が枯れ落ちて、幹に跡が残ります。この跡が小判に似ていることから、沖縄では触るとご利益があると言い伝えられています。ぜひ触ってみてください」。そう説明すると、ツアー参加者はここぞとばかりにヒカゲヘゴに近づき触りだす。私も触ってみると見た目とは裏腹にツルツルとした触感だった。

「あそこに見えるトンボはリュウキュウハグロトンボと言います。ちなみに羽が黒いのが雌で、鮮やかな青い色の羽をしているのが雄になります。夏の時期は比較的多く見ることができます。葉や枝に止まっているときはシャッターチャンスですよ」

この日ツアー参加者からもっとも歓声が上がったのは「ザトウムシ」という意外な生き物だった。長い針金のような足が特徴。長い足で前を探りながら歩く様子からこのような名前が付いたという。「暗い岩陰にたくさんいるんですよ」と言いながら、達人が岩陰に手を突っ込むと、大量のザトウムシがさーっと逃げていく。威嚇のため、上下に体を揺らすのだが、その姿にツアー参加者からは「かわいい!」との声が。その女性は虫が苦手にもかかわらず、ザトウムシを腕に乗せて、しばらく触れ合いを楽しんでいた。「大体のお客さんが苦手な生き物もツアー参加中は触れるようになる。不思議ですよね」

ただし、むやみに触るのはやめておこう。昆虫や木々の種類によっては肌がかぶれることもある。また、ハブがいるかもしれないので、ツアー中は勝手に木々の中に入っていくのも危険だ。注意事項をきちんと守って、普段はできない動植物との触れ合いを楽しもう。

ター滝に到着した時の感動は忘れられない

間近で見るター滝は迫力満点!

  やんばるの自然ならではの体験を満喫しながら進むこと約30分。ついに目的であるター滝に到着した。間近で見る滝は迫力満点で、自らの足で到達したという達成感も相まって、しばらくその場に佇み、ただただ感動していた。当然、ツアー参加者からはこの日一番の歓声が上がる。でも、リバートレッキングの醍醐味はここから。滝壺で泳いだり、生き物を観察したり、ターザンロープから飛び込んだり。30分ほどをかけて大いに遊ぶのだ。

「飛行機の時間などその他の用事がなければ、なるべく長く滝で遊ぶようにしています。どの時間帯でも楽しく遊べますが、私は午前中のツアー参加をおすすめします。午前中だと人があまりいないので、水が澄んでいますし、生き物も警戒心が弱く、観察するのに最適です。また、光の入り具合で滝に虹がかかるんですよ」

遊び方を説明し、お客さんの楽しんでいるところを写真に収める達人。写真はデータで送ることもできるので、沖縄旅行の思い出を形に残すことができる。

取材協力/スピッツネイチャートレッキング
⇒予約はこちら

JALプライベートリゾートオクマ

道中にも楽しめるところがたくさん!名所3選

  ター滝に向かう途中にも楽しめる場所はたくさんある。名所を紹介。

おすすめポイント
  お金が貯まると言い伝えられているヒカゲヘゴの小判跡、ブランコに大変身する巨大なツル、度胸試しの滝壺ジャンプなど、ター滝に行く道中にも楽しい遊びが盛りだくさん。やんばるの自然が作り出す“遊具”を駆使して楽しくリバートレッキングを満喫しよう。

ター滝でできる遊びベスト3を発表!

  ター滝の魅力を思う存分満喫できる遊びを紹介。

おすすめポイント
  ター滝には遊べるポイントがたくさん!ター滝に来た人が必ずと言っていいほど行う「打たれ滝」では、滝の勢いを肌で感じることができる。ターザンロープはドキドキするけど、ハマってしまうほどの面白さ。シュノーケルでハゼやエビなどの生き物を観察するのもおすすめ。

沖縄のホテル探しなら「宿くらべ」

  • ビーチが自慢!沖縄リゾートホテル5選+番外編
  • プールがすごい!沖縄ホテル5選+番外編
  • ペットと楽しめる沖縄のホテル4選
編集部の視点
  沖縄のいい宿研究会が厳選した沖縄のホテルを目的別にご紹介。お得に楽しくホテルを選んで沖縄を旅するヒントがたっぷり詰まっています。自分好みのプランがきっと見つかるはず。
⇒「宿くらべ」をもっと見る

沖縄のいい宿研究会厳選!女子旅本島ホテル

ター滝までのアクセス情報

  那覇空港から高速道路を利用して約2時間
〒905-1318 沖縄県国頭郡 大宜味村津波1971−678

2016年4月にター滝専用駐車場(約75台)が新設。休憩所やトイレも完備されている。

ター滝リバートレッキングQ&A

Q 年齢制限はありますか?
A 基本的にありません。6歳からが好ましいですが、未就学児、幼児の場合は、保護者の方が抱っこなどでちゃんと引率していただけるようでしたら参加可能です。過去には78歳の健康な方も参加していただきました。
Q 服装や持ち物は?
A 水着の上にTシャツ、ショートパンツという動きやすい恰好を推奨します。日焼けが心配な方は長袖の上着や長ズボンの着用をおすすめしますが、トレッキングの道は日陰が多いので、そんなに日差しを浴びません。それでも日焼けが心配という方はぜひ。バスタオルや着替えの準備も忘れずに。
Q 泳げないのですが、参加しても大丈夫?
A もちろん参加できます。ライフジャケットを着用するので溺れることはありません。
Q 一度のツアーで何人まで引率するの?
A 最大でも3グループ程度。少人数制で催行するように心がけています。
Q 冬でもリバートレッキングはできますか?
A 冬季でも十分に楽しめます。ウェットスーツの貸し出しも行っています。
Q クレジットカードは使えますか?
A 使用できませんので、現金のご用意をお願いします。

沖縄のホテル特集 最安値プラン!公式サイトからのご予約がお得

いざないの一枚

その他の達人指南を見る

手軽にやんばるの自然が楽しめる「マングローブカヤック」

国立公園やんばるの自然を体感する“遊び”
国内では33番目、沖縄県内では慶良間諸島(けらましょとう)と西表島(いりおもてじま※一部地域)に次ぐ3番目となる国立公園に指定された沖縄本島北部地域「やんばる」・・・

青い海と白い砂浜が美しい浜のビーチ

国頭村を楽しむ! おすすめ観光情報
沖縄本島の最北端に位置し、村の面積の80パーセント以上を森林が占める国頭村。本島屈指の美しさを誇るビーチや天然記念物のヤンバルクイナが生息することでも有名だ。大・・・

与那覇岳をイメージした建物。重量挙げするヤンバルクイナが目印

道の駅ゆいゆい国頭で地元の特産品に出合う
沖縄本島最北端の村、国頭村(くにがみそん)にある「道の駅ゆいゆい国頭」には、国頭村限定スイーツや地元特産品などおいしいものが勢揃い!本島中南部とはまた違った「や・・・

波も穏やかで透明度も高い人気スポットの漢那(かんな)ビーチ

宜野座村を楽しむ!おすすめ観光情報
沖縄本島の中央に位置する宜野座村(ぎのざそん)は、美しいコバルトブルーの海と緑豊かな山々に囲まれた自然の宝庫。集落には沖縄の原風景を思わせる瓦屋根の古民家もちら・・・

道の駅おおぎみ外観

道の駅おおぎみ やんばるドライブの休憩に
沖縄本島北部は「やんばる」と呼ばれ、豊かな自然が広がるエリア。やんばるドライブの途中にちょっと寄り道して、シークヮーサー(沖縄産のかんきつ類)ジュースを飲んでひ・・・

沖縄本島北部、国頭村の比地大滝(ひじおおたき)

トレッキングで沖縄の自然体験、おすすめコースも紹介
最近注目されつつある、自然体験型ツアー。個人で楽しむ以外にも、団体旅行でツアーに取り入れるところも増えてきた。中でもトレッキングは1年を通して気軽に体験できる。・・・

村内にあるター滝は、亜熱帯の自然を満喫できる人気スポット

「大宜味村」自然と長寿の村の楽しみ方
沖縄本島の北部に位置する大宜味村(おおぎみそん)は、豊かな自然環境と、長寿の村として知られる村。自然や伝統、グルメ、そして長寿の秘訣を探り、村の魅力をたっぷり紹・・・

ヤンバルの森でキャンプファイアーの炎を囲む

沖縄でキャンプを楽しむ!キャンプ場情報も
海で、山で、オートキャンプ! 沖縄キャンプの楽しみ方や人気のキャンプ場を紹介。

透き通った沖縄の海の上で浮遊感を味わえるのがカヤックの醍醐味

沖縄でカヤック!楽しみ方とプラン情報
マングローブの森に透明度の高い青い海を満喫したいなら、カヤックが一番。初心者でも安全で、年中楽しめる沖縄カヤックの楽しみ方を紹介。

北部にはきれいなビーチが目白押し(万座ビーチ)

沖縄本島北部のビーチならココがおすすめ
沖縄本島の北部は「ヤンバル」とも言われ、自然豊かな地域として近年人気が高まっている。北部ビーチの魅力は東と西で大違い。ヤンバルの自然に抱かれたような東のビーチと・・・