沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索

沖縄観光情報

  1. 国立公園やんばるの自然を体感する“遊び”
PR
“疲れる旅選び”をなくしたい!おすすめプランだけを集めた「たびらい厳選ツアー」

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

国立公園やんばるの自然を体感する“遊び”

  国内では33番目、沖縄県内では慶良間諸島(けらましょとう)と西表島(いりおもてじま※一部地域)に次ぐ3番目となる国立公園に指定された沖縄本島北部地域「やんばる」には、ここでしか見られない動植物がたくさん生息している。そんなやんばるの大自然を思う存分に体感できる“遊び”を提案。今回は気軽に誰でも楽しむことができる「マングローブカヤック」を紹介する。

手軽にやんばるの自然が楽しめる「マングローブカヤック」

  環境省は平成28年9月15日、「やんばる」と呼ばれる沖縄県の沖縄本島北部地域(国頭村・大宜味村・東村の3村にまたがる陸域約1万3600ヘクタールと、海域約3700ヘクタール)を国内33番目となる国立公園に指定することを決定した。

やんばるは国内最大級の亜熱帯照葉樹林が広がり、ヤンバルクイナなど多種多様な固有動植物及び希少動植物が生息・生育し、石灰岩の海食崖やカルスト地形、マングローブなど多様な自然環境を有している地域だ。今回はそんな自然豊かなやんばる地域から東村の慶佐次川(げさしがわ)で楽しむマングローブカヤックをピックアップする。

更新日/平成29年(2017)6月


(ふじもと やすまさ)
藤元 康匡さん

慶佐次川・マングローブカヤックの達人
  長年、慶佐次川(げさしがわ)のマングローブを案内する達人。新婚旅行で訪れた沖縄に導かれるように、南国での生活をスタート。ホテルの造園業で沖縄の植物についての知識を身に着けると、東村に移住後、「エコツアー puka puka(プカプカ)」を立ち上げ、夫婦2人で営業をしている。愛称は「やっさん」。

エコツアー puka puka
⇒ http://www.eco-pukapuka.com/

3歳から参加でき、持ち物いらず。「気軽さ」が魅力

小さい子どもでも楽しめるのがマングローブカヤックの魅力

  やんばるの自然を体験してみたいけど、ハードな活動や面倒な準備はちょっと…。そんな人にはマングローブカヤックをおすすめする。マングローブカヤックは「漕ぐ」という簡単な操作と、波が穏やかで揺れることが少ないという安全面から、小さな子ども(3歳)からお年寄りまで、老若男女で楽しめるアクティビティとして人気が高い。着替え以外の必要な道具はすべて用意してくれるので、手ぶらで参加できる。

「小さな子どもやお年寄りを連れた家族旅行の方の利用も多いです」

そう語るのは「エコツアー puka puka」の藤元康匡さん。人懐っこい性格と丁寧なガイドでツアー利用者から「やっさん」の愛称で親しまれている、慶佐次川・マングローブカヤックの達人だ。「エコツアー puka puka」のマングローブカヤックの所要時間は大体2時間。希望すれば、本流から海までを巡る3時間を超えるコースも体験可能だ。そのほか、愛犬とカヤックに乗れるプランもある。(要相談)

子どもの夏休みの宿題に最適!ヒルギや沼地に住む生き物を観察

沼地の部分にはシオマネキなど珍しい生き物が生息している

  国の天然記念物に指定されている慶佐次湾のヒルギ林は、沖縄本島最大級の広さを誇るマングローブの群生地。その広さは10ヘクタールで東京ドーム約2個分に相当する。

マングローブの木が観察できると思っていた矢先、達人のやっさんから「厳密に言えば、“マングローブ”という木は存在しないですよ」と衝撃的な言葉が。詳しく聞けば、一般的にマングローブと呼ばれているのは、塩性湿地に成立する「森林」を指す言葉。つまり、マングローブの“木”というのは存在しない。私たちの頭の中にある「マングローブ」は「ヒルギ」という名前の植物だと教えてくれた。

慶佐次湾のヒルギ林のカヤックツアーは、幅の広い本流でカヤックの操作を確認しながらゆっくり進み、最後は幅の狭い支流を巡り終了するのが基本。どちらも両側に3種類のヒルギ(オヒルギ、メヒルギ、ヤエヤマヒルギ)が生い茂り、沼地部分にはシオマネキ(沖縄の方言でヌウイガイ)やミナミトビハゼ(沖縄の方言でトントンミー)など珍しい動物が観察できる。

「どれも同じように見えるヒルギですが、実は根っこを観察すれば種類がすぐにわかります。ヤエヤマヒルギは根っこの部分がタコのように多くたくさん分かれているのが特徴。オヒルギは人間が膝を曲げたような根っこの形をしているので、膝根(しっこん)と呼ばれています。残りの板状の根っこがメヒルギになります。簡単でしょ?」

天然記念物「慶佐次湾のヒルギ林」が作り出す神秘的な世界

幅が狭い支流はヒルギが生い茂り、まるでジャングルのよう

  ツアーの後半で案内される支流はカヤックが並んで2艇ほどしか通らない、とても狭い場所になっている。時にヒルギの根っこが進路を妨害するなど、まるでジャングルを探検しているかのような体験が楽しめる。達人のやっさん曰く、神秘的な光景を目の当たりにしたいなら、「早朝」のツアーがおすすめだという。「その日の潮汐(ちょうせき)の時間帯にもよりますが、朝一のツアーだと夏場でも涼しいですし、何よりもヒルギが作り出す幻想的な空間を独り占めできるのが最大の利点です」

この日も早朝のカヤックツアー。ヒルギの隙間から差し込む朝日、その朝日を反射してキラキラと光る水面、ヒルギの影、吹き抜ける風、鳥のさえずり…。この日の慶佐次湾のヒルギ林の幻想的な風景を独り占めできたのは自分たちだけ。大きな感動と小さな優越感を得られた。

取材協力/エコツアー puka puka
⇒予約はこちら

JALプライベートリゾートオクマ

マングローブカヤックの予約はこちら

人気のマングローブカヤック3選

  東村の慶佐次湾以外にもマングローブカヤックが楽しめる場所はたくさんある。

  • 比謝川カヤック
おすすめポイント
  本島北部、東村にある慶佐次(げさし)湾のヒルギ林は、本島内では一番有名なマングローブの群生地。北部やんばるの大自然を体験できる。金武(きん)町の億首川(おくくびがわ)と嘉手納(かでな)町の比謝川(ひじゃがわ)は町の近くでジャングル気分が味わえる貴重なマングローブ。特に比謝川は国道58号線のすぐそばなのに、街中とは思えないほど。那覇からのアクセスも良く、半日あれば十分楽しめる。

やんばるの自然を満喫できるその他の遊び

  やんばるの自然を満喫できるのはカヤックだけではない!その他を紹介。

  • ヤンバルの森でキャンプファイアーの炎を囲む
  • 沖縄本島北部、国頭村の比地大滝(ひじおおたき)
  • 北部にはきれいなビーチが目白押し(万座ビーチ)
おすすめポイント
  巨大なシダが生い茂るヤンバルのジャングル、マングローブの林など沖縄の大自然を体験するならキャンプもおすすめ。シャワーやテントの貸し借りなどが設備が完備されている手軽なキャンプ場から、本格アウトドア派が納得するハードなキャンプ情報までを紹介。自らの足で自然を体験するトレッキングも要チェックだ。沖縄北部には手つかずの天然ビーチも多くあるので、そこでゆったりするのも良い。

沖縄のホテル探しなら「宿くらべ」

  • ビーチが自慢!沖縄リゾートホテル5選+番外編
  • プールがすごい!沖縄ホテル5選+番外編
  • ペットと楽しめる沖縄のホテル4選
編集部の視点
  沖縄のいい宿研究会が厳選した沖縄のホテルを目的別にご紹介。お得に楽しくホテルを選んで沖縄を旅するヒントがたっぷり詰まっています。自分好みのプランがきっと見つかるはず。
⇒「宿くらべ」をもっと見る

沖縄のいい宿研究会厳選!本島コンドミニアムホテル

慶佐次湾のヒルギ林への交通アクセス

  那覇空港から高速道路で約1時間30分
〒905-1205 沖縄県国頭郡東村慶佐次

沖縄マングローブカヤックQ&A

Q どんな服装で参加すればいい?
A 上着は、暑い夏でも風通しの良い長袖がベストです。半袖しか用意が無い場合は日焼け止めを塗っておきましょう。また、曇っている日でも日焼けしてしまうので注意が必要。座っている所に水が溜まったりするので、お尻は濡れやすいです。足元はビーチサンダルやマリンシューズなどがおすすめです。
Q カヤックを漕いだことがなくても、すぐにツアーに参加できる?
A スタート前にはパドリングの講習があるので初心者でも心配はいりません。
Q 慶佐次湾のヒルギ林の設備は?
A 駐車場20台、トイレや自動販売機あり。シャワーはなし。エコツアー puka pukaのマングローブカヤックプランなら、ツアー後に車で1分のところのある事務所で更衣室(温水シャワー)・お茶のサービスあり。
⇒エコツアー puka pukaのマングローブカヤックプランの予約はこちら

沖縄のいい宿研究会厳選!沖縄リゾートホテルランキング

いざないの一枚

その他の達人指南を見る

青い海と白い砂浜が美しい浜のビーチ

国頭村を楽しむ! おすすめ観光情報
沖縄本島の最北端に位置し、村の面積の80パーセント以上を森林が占める国頭村。本島屈指の美しさを誇るビーチや天然記念物のヤンバルクイナが生息することでも有名だ。大・・・

与那覇岳をイメージした建物。重量挙げするヤンバルクイナが目印

道の駅ゆいゆい国頭で地元の特産品に出合う
沖縄本島最北端の村、国頭村(くにがみそん)にある「道の駅ゆいゆい国頭」には、国頭村限定スイーツや地元特産品などおいしいものが勢揃い!本島中南部とはまた違った「や・・・

波も穏やかで透明度も高い人気スポットの漢那(かんな)ビーチ

宜野座村を楽しむ!おすすめ観光情報
沖縄本島の中央に位置する宜野座村(ぎのざそん)は、美しいコバルトブルーの海と緑豊かな山々に囲まれた自然の宝庫。集落には沖縄の原風景を思わせる瓦屋根の古民家もちら・・・

何を売っているのかひと目で分かる、大きな看板がお出迎え!全体

「道の駅ぎのざ」東海岸唯一の道の駅
平成26年(2014)10月に県内8番目の道の駅となった「道の駅ぎのざ」。豊富な種類の農産物の数々を始め、食事処やパーラーが立ち並ぶ。自然豊かな宜野座村の風土が・・・

道の駅おおぎみ外観

道の駅おおぎみ やんばるドライブの休憩に
沖縄本島北部は「やんばる」と呼ばれ、豊かな自然が広がるエリア。やんばるドライブの途中にちょっと寄り道して、シークヮーサー(沖縄産のかんきつ類)ジュースを飲んでひ・・・

村内にあるター滝は、亜熱帯の自然を満喫できる人気スポット

「大宜味村」自然と長寿の村の楽しみ方
沖縄本島の北部に位置する大宜味村(おおぎみそん)は、豊かな自然環境と、長寿の村として知られる村。自然や伝統、グルメ、そして長寿の秘訣を探り、村の魅力をたっぷり紹・・・

沖縄本島北部、国頭村の比地大滝(ひじおおたき)

トレッキングで沖縄の自然体験、おすすめコースも紹介
最近注目されつつある、自然体験型ツアー。個人で楽しむ以外にも、団体旅行でツアーに取り入れるところも増えてきた。中でもトレッキングは1年を通して気軽に体験できる。・・・

透き通った沖縄の海の上で浮遊感を味わえるのがカヤックの醍醐味

沖縄でカヤック!楽しみ方とプラン情報
マングローブの森に透明度の高い青い海を満喫したいなら、カヤックが一番。初心者でも安全で、年中楽しめる沖縄カヤックの楽しみ方を紹介。

ヤンバルの森でキャンプファイアーの炎を囲む

沖縄でキャンプを楽しむ!キャンプ場情報も
海で、山で、オートキャンプ! 沖縄キャンプの楽しみ方や人気のキャンプ場を紹介。

北部にはきれいなビーチが目白押し(万座ビーチ)

沖縄本島北部のビーチならココがおすすめ
沖縄本島の北部は「ヤンバル」とも言われ、自然豊かな地域として近年人気が高まっている。北部ビーチの魅力は東と西で大違い。ヤンバルの自然に抱かれたような東のビーチと・・・