熊本の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 五家荘 八代の秘境で出合う渓谷美

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

五家荘 八代の秘境で出合う渓谷美

  “九州の秘境”とも呼ばれる「五家荘(ごかのしょう)」は、九州中央山地の険峻な山々に囲まれた場所にある。壇ノ浦の戦いに敗れた平家が逃げ延びて里を作ったという“平家落人伝説”が残るこの地は、今では紅葉や新緑の絶景スポットとして知られている。

梅の木轟公園吊橋の橋上には、紅葉の渓谷美が広がる

  標高1300~1700メートル級の山々に囲まれた八代(やつしろ)の秘境、「五家荘(ごかのしょう)」。新緑の時期には、むせ返るような青葉の香りと色に山々が染まり、また秋には鮮やかな紅葉に染まる渓谷美が広がる。五家荘の手つかずの自然の魅力を“達人”に聞いた。

取材/熊本の編集プロダクション「ポルト」、平成28年(2016)3月

橋崎晋吾さん
(はしざき しんご)
橋崎 晋吾さん

五家荘の達人
  五家荘の自然に魅せられ、五家荘地域振興会に所属した後、現在は外国人観光客にその魅力を伝える「通訳案内士」として活動している。子どものころギターをたしなんでおり、ライブハウスなどで演奏するギタリストでもある。夢は毎年10月の第1日曜に開催されている「五家荘の日」にロックフェスを実施すること。

秘境ならではの自然の絶景スポット

静寂に包まれた秘境の地、五家荘

  五家荘には、スリル満点の吊橋や轟音を響かせる滝など、ぜひ立ち寄ってほしい観光スポットが点在している。険しい渓谷を行き来するため、住民の生活にも欠かせない吊橋だが、ここには滝を鑑賞するために設置された観光用の吊橋がある。五家荘には名称の最後に“轟(とどろ)”と付く滝が多いが、これは五家荘の言葉でそのまま“滝”を意味する。いずれの轟も紅葉の名所として名高く、吊橋の上から望む山々の紅葉と滝が織りなす風景は、まるで絵画のようだ。

注意点としては、五家荘はとにかく面積が広い。路線バスや宿泊施設の送迎バスなどはあるものの、観光する場合はとにかく車がおすすめ。整備された国道や県道は通っているが、道幅は狭く曲がりくねっており、車同士の離合が難しい場所も多い。運転する際は十分注意が必要だ。

また、山道が多いため、観光スポット間の移動は地図で想像するよりも時間がかかることが多い。短時間で何カ所も回るような強行スケジュールは避けて、ゆとりのある旅行計画を立てるようにしよう。日帰りよりも、旅館や民宿に泊まって大自然にどっぷりと浸る楽しみ方をおすすめする。

秋の壮大な紅葉は、五家荘の代名詞

五家荘で最も有名な大瀑布「せんだん轟の滝」

  五家荘が最も観光客でにぎわう季節は秋。熊本県を代表する紅葉の名所として知られるこの地では、10月下旬から11月にかけて、山全体が鮮やかな赤や黄色に彩られる。

落差約70メートルの「せんだん轟(とどろ)の滝」は、五家荘で最も有名な大瀑布。遊歩道で滝つぼまで近づくことができるので、その迫力を間近で体感してみてほしい。「樅木の吊橋」は“揺れる吊橋”として有名だったが、20年ほど前に観光用に掛け替えられ、頑丈になった今でも十分なスリルが味わえる。全長116メートル・高さ55メートルの「梅の木轟(とどろ)公園吊橋」の橋上から見る渓谷美も圧巻で、吊橋の先には「梅の木轟」という美しい滝が待ち受けている。

五家荘では登山もできるが、峻険な山が多いので、事前に入念な登山計画を立てて、服装や装備などにも細心の注意が必要となる。特に九州中央山地最高峰の「国見岳」は、初心者が軽い気持ちで登ると遭難する恐れも。もし装備などに自信がない場合は、車で行くことができる「二本杉峠展望所」から雄大な景色を楽しもう。また、五家荘周辺にはコンビニどころか個人商店もほとんどないが、宿泊すれば予約制で弁当を作ってくれる民宿もある。

春・夏・冬にも自然美が楽しめる五家荘

清流・川辺川にはヤマメなどの川魚が生息し、食材にもなっている

  とにかく紅葉の美しさで知られる五家荘だが、見どころは秋だけではない。2月中旬~3月中旬にはフクジュソウが、4月中旬~5月中旬にはカタクリやシャクナゲが、4月下旬~6月上旬にはヤマシャクヤクが見ごろを迎える。また、初夏の夜にはホタルが乱舞し、冬には樹氷が輝く。四季折々に違った自然の楽しみがあるのだ。

ちなみに達人・橋崎さんが最も好きな季節は春だという。
「春のある日、五家荘の曲がりくねった山道を車で走っていたとき、ふと緑という色はこんなに種類が豊富なのかと気付かされたんです。何種類もの木々の葉が折り重なって、その生命力あふれる美しさにすっかり魅せられました」と橋崎さんは語る。「新緑のパワーがみなぎる空気を吸うと、生きている実感が込み上げてきますよ」

平家落人たちの“隠れ里”へ

菅原一族の子孫が暮らした「左座家」

  九州の中央部を南北に縦断する九州中央山地。その深く険しい山あいに、五家荘はある。しかし、地図上に五家荘という地名はなく、実際には八代市泉町(旧泉村)にある久連子・椎原・仁田尾・葉木・樅木の5地域の総称となっている。

五家荘には平家落人の伝説が残っており、伝承によると壇ノ浦の戦いに敗れて源氏の追討を逃れた平清経(平清盛の孫)が、白鳥山の麓にある御池(みいけ)という場所にたどり着いて緒方姓を名乗り、清経のひ孫の代に里を作ったという。現在は舗装されて国道や県道が通っているこの地域だが、今からわずか60年ほど前までは道らしい道さえなかった。

年々、五家荘の道路事情は良くなってきているものの、ほとんどは道幅の狭い山道。車で走っていると、鹿や猪などの野生動物に出合うこともある。まるで外部からの侵入を拒むかのように険しい山々が重なり合う地形を見ると、平家の落人たちがこの地に隠れ住もうと考えたこともうなずける。

さらにさかのぼって延長元年(923)には、京の都から政敵・藤原一族に追われた菅原道真の子・菅宰相が、左座太郎(ぞうざたろう)と改名して仁田尾に逃げ延びたといわれている。その後は左座氏が代々、仁田尾地域を治めていたといわれ、現在も五家荘には緒方氏や左座氏ゆかりの屋敷が残る。

平清経の子孫が代々暮らしたという屋敷は「緒方家」として、また菅原道真の子孫の住居跡は「左座家」として公開されている。どちらも茅葺き屋根を持つ重厚な造りの建物で、緒方家の2階には隠し部屋があり、左座家には客人の身分によって使い分ける三つの玄関が見られる。

秘境ならではの山の幸グルメを味わおう

「天領庵」の猪の塩焼き

  五家荘での楽しみとして、大自然が育む山の幸を忘れてはいけない。地元の猟師が銃で仕留める猪(いのしし)や鹿の肉は、古くから五家荘の食卓に欠かせない大切なタンパク源だったという。

「ジビエは臭みがあるから苦手と思っている人も多いのですが、地元ならではの知恵で新鮮なうちに入念に下処理を施して保存・調理された猪肉は、臭みもなく、イメージを覆すおいしさなんです。特に脂がのった猪肉の味は格別ですよ」と橋崎さんは言う。

“ブナの実がなれば猟師が喜ぶ” ―― これは昔から五家荘で語られている言葉で、秋までに木の実をたくさん食べて脂肪をしっかり蓄えた冬場の猪が最もうまいという意味。一方で鹿の肉は、豊沃な木の葉を食べてまるまると肥える夏ごろが一番味が良いとされる。

猪や鹿の肉は五家荘のほとんどの宿で提供されており、猪肉はぼたん鍋(猪鍋)が中心で、鹿肉は陶板焼きなどで味わえる。食事休憩のみでも受け入れてくれる宿もあるので、事前に確認してみよう。また、自家養殖のヤマメを味わえる宿もあり、塩焼きで食べるのが定番。「平家の里」の食事処では、趣あるかやぶき屋根の建物で手打ちの田舎そばや山菜料理が味わえ、また「天領庵」では川辺川の上流で育ったヤマメや手作りコンニャクなどが気軽に味わえる。

《厳選ホテル》

達人がおすすめする五家荘の観光スポット&グルメ

五家荘のおすすめ立ち寄りスポット

  五家荘で最も有名な大瀑布のほか、“揺れる吊橋”として知られるスリリングな橋、橋上から圧倒的な渓谷美が広がる吊橋などを紹介。

  • 秋の「せんだん轟の滝」は、紅葉と水のコントラストが美しい
  • 二つの吊橋が平行した“親子吊橋”とも呼ばれる「樅木吊橋」
  • 雄大な渓谷にシンプルな吊橋が架かる「梅の木轟公園」
おすすめポイント
  峻険な山あいに豪快な滝や、スリル満点の吊橋は、五家荘では必ず立ち寄りたい観光スポット。いずれも、紅葉の名所としても有名だ。

達人がおすすめする五家荘グルメ

  五家荘の宿で提供される猪肉や鹿肉は、臭みがなく美味だ。ヤマメは塩焼きで食べるのが定番で、自家養殖のヤマメを味わえる宿もある。五家荘でおすすめのグルメスポットをピックアップ。

  • 海山の幸が味わえる「山女魚荘」の夕食例
  • 小高い丘の上に建物が並ぶ「五家荘平家の里」
  • ヤマメの塩焼きや平家豆腐など、「天領庵」の素朴な田舎料理
おすすめポイント
  猪や鹿の肉から、ヤマメや山菜まで、五家荘には豊富な山の幸がそろう。ただし、飛び込みの来店では目当ての料理に出合えない場合もあるので、事前に確認してから訪ねよう。

五家荘の絶景スポット

  標高約1300~1700メートルの山地に位置する五家荘で、険しい山道を越え、雄大な景色を目の前にした瞬間は格別だ。体力や装備に自信がない場合に、車で立ち寄れる展望所も多い。

  • 岩稜に建つほこらが、国見岳山頂の目印だ
  • 天気の良ければ熊本平野や阿蘇外輪山、雲仙が一望できる前福根山
  • 「二本杉峠展望所」からは、山に挟まれた美里町が遠くに見える
おすすめポイント
  五家荘には峻険な山が多いので、登山する場合は事前に入念な登山計画を立てよう。「国見岳」は初心者が軽い気持ちで登ると遭難する恐れもあるので注意が必要。装備などに自信がない場合は、車で行ける「二本杉峠展望所」がおすすめだ。また、予約制で弁当を作ってくれる民宿もある。

熊本旅行をもっと楽しく。お得な旅行情報

編集部の視点
  熊本の旅をもっと楽しく充実させられるように、温泉宿やレンタカー、パッケージツアーの予約情報を厳選して紹介。お得に賢く熊本を旅するヒントがたっぷり詰まっているので、自分好みのプランがきっと見つかるはず。

たびらいの推し宿予約には、九州の宿泊予約プランが満載。九州の温泉を熟知したスタッフが、おすすめを紹介している。
⇒熊本の宿はこちらで検索

五家荘への交通アクセス

車(レンタカー)で

  熊本空港から国道443号・県道52号経由で約65キロ、約1時間50分
九州新幹線・JA熊本駅から国道52号経由で約67キロ、約1時間55分

五家荘観光のQ&A

Q 五家荘の詳しい地図は手に入る?
A 泉・五家荘情報発信サイト「五家荘ねっと」(http://www.gokanosyo.net/)の「観光地図 所要時間」をクリックすると、周辺の市町村から五家荘までの行き方や、五家荘の観光名所間の車での所要時間の目安が記載されたマップを確認できる。また、同サイトから「九州中央山地国定公園 泉・五家荘ロードマップ」(http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/gokanosyo/pdf/gloadmap.pdf)もダウンロードしておくと便利だ。
Q 車以外の交通手段は何がおすすめ?
A 人吉市から五木村経由で、五家荘の椎原地区まで行く路線バスは、1日に3往復ある。もし五家荘の旅館や民宿での宿泊を考えている場合は、予約時に椎原診療所バス停からの送迎を相談してみよう。冬場には、積雪や路面凍結により椎原までバスが運行できない場合もあるので注意が必要。
Q 紅葉以外の季節の楽しみは?
A 2月中旬~3月中旬にフクジュソウ、春にはカタクリやシャクナゲなどの花が、また冬期には樹氷も見られる。初夏のホタルの乱舞も見逃せない。
Q 吊橋や滝以外に、おすすめの観光スポットは?
A 平清経の子孫が代々暮らした屋敷「緒方家」と菅原道真の子孫の住居跡「左座家」の二つの屋敷は、歴史を感じられる観光スポットとしておすすめだ。
Q もし山で道に迷ってしまったら?
A まずは五家荘地域振興会に連絡を。五家荘に精通したスタッフがそろっているので指示に従おう。迷った場所から移動せず、周囲を見渡して目印になる建物などを探して現在地をなるべく正確に教えてほしい。外国人観光客向けに、英語にも対応している。

【電話番号(問い合わせ)】
0965-36-5800(五家荘観光案内所)
熊本の温泉宿を探す、予約する。

たびらいの「推し宿」

  たびらいの「推し宿」には、九州の宿泊予約プランが満載。九州の温泉宿を熟知した現地スタッフが、選りすぐりの情報を紹介している。

また、希望の宿が満室表示されている場合には、スタッフが宿に直接交渉をしてくれるリクエストサービスも。


⇒熊本の宿はこちらで検索

いざないの一枚