福岡の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 能古島 気軽に行ける博多湾のリゾート島

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

能古島 気軽に行ける博多湾のリゾート島

  福岡市にある姪浜渡船場から、フェリーでたったの10分で行けるリゾートアイランド、「能古島(のこのしま)」。緑豊かな島内の各所に自然の絶景ポイントがあり、“花の名所”として知られている。福岡市街からの行きやすさと、この眺めの良さが何よりの魅力だ。

一年を通してさまざまな花が咲く「のこのしまアイランドパーク」

  周囲約12キロのひょうたん形の能古島(のこのしま)は、博多湾に浮かぶ離島。島の北部にある「のこのしまアイランドパーク」は秋のコスモスの名所として知られるが、どの時期に訪れても色鮮やかな季節の花が咲いている。また、花の他にも、ヤシの木に囲まれた白い砂浜が広がる「能古島キャンプ村」や、歴史スポットなども数多く点在しており、見どころが多い観光島だ。

取材/Photo Office K、平成28年(2016)6月


◆その他のおすすめ福岡観光情報
福岡観光のおすすめ情報10選

前田瀧郎さん
(まえだ たきろう)
前田 瀧郎さん

能古島の達人
  能古島で生まれ、能古島で育つ。大阪から能古島へかいわれ大根を持ち帰り、栽培法を改良、日本に広まるきっかけとなった“発芽野菜の先駆者”だ。独自の栽培法で作られる発芽野菜の生産者講習会などの活動も行っている。能古島にある「萌芽野菜前田研究所」で、現在もさまざまな野菜を開発中。

のこのしまアイランドパーク ―― “花の名所”へ

のこのしまアイランドパークでは、自然を大切にした景観が広がる

  能古島は、福岡市街から日帰りで行ける距離にある離島。そんな能古島を代表する観光スポットといえば、ここ「のこのしまアイランドパーク」だ。昭和44年(1969)の開園以来、福岡の花の名所として知られている。多種多様の花が植えられているため、春は菜の花、夏はひまわり、秋はコスモス、冬は水仙など、一年を通して季節ごとの花が楽しめる。

のこのしまアイランドパークには、観覧車やジェットコースターといった大きな遊具施設はない。これは創業者である故・久保田耕作さんの想いから、自然の景観を大切にした空間が守られてきたため。博多湾をバックに花畑を望む絶景などは、いわゆる遊園地では決して味わえないものだ。

園内には、レストランやバーベキューハウス、アスレチックコーナーといった自然を満喫する施設がそろう。中でもおすすめはゲートボールのようなクラブとボールを使用し、花と緑に囲まれた9コースを回る「のこのこボール」。広大な自然の空間で、時間を忘れて没頭できるゲームだ。

能古島キャンプ村海水浴場 “博多のハワイ”で夏を満喫

プライベートビーチから博多湾越しに福岡市内を望む海水浴場

  海に囲まれた離島ならではの過ごし方ができる場所としては、「能古島キャンプ村・海水浴場」がおすすめだ。能古島の北端の海岸にあり、海水浴場にあるキャンプ村としては福岡県で唯一。海水浴場の砂浜には昭和42年(1967)の開園時に植えられたヤシの木が立ち並んでおり、まるでハワイのような南国のリゾート地のような雰囲気となっている。もはや福岡県とは思えない光景が広がっているが、ビーチからは博多湾越しに福岡市内が望める。

ビーチといえば、何といってもバーベキューとアウトドア。調理器具などはレンタル用品としてそろっているため、手ぶらで訪れてもバーベキューが楽しめる。また、キャンプ用品のレンタルもあるほか、キャンプ用バンガロー26棟には約300人が宿泊可能。福岡市街から所要時間にして40分ほどの場所にあるとは信じがたい環境だ。営業期間は5月~9月で、特に夏休みの週末は満員になることが多いので、予約の際は早めがおすすめ。

能古島展望台 島の中心から望む360度のパノラマ風景

能古島のほぼ中央に建つ「能古島展望台」

  四角い形をした「能古島展望台」は、能古島のほぼ中央に建つ。島内では最も高い標高195メートルから、島内の全景と対岸の福岡市内を一望でき、海に囲まれた360度のパノラマ風景が楽しめる。展望台まではレンタサイクルなどでも行けるが、おすすめはバス。渡船場前のバス停から出ているアイランドパーク行きのバスに乗り、展望台入口のバス停で下車するのが行きやすい。

バス停から展望台までの道のりは、細くやや急なコンクリートの坂が続くが、歩いて10分ほどで展望台に到着。展望台の麓には石のテーブルとベンチが設置してあるので、眼下に広がる緑の島を眺めながら休憩が可能だ。また、登って来た展望台入口と反対方向にある「思索の森」の中を通ると、能古島を“第二の故郷”として愛した直木賞作家・壇一雄(だんかずお)の文学碑がある。こちらも展望の良い場所なので、散策しながら立ち寄るのにおすすめだ。

能古島の歴史探訪

福岡市の文化財に指定されている「能古焼古窯跡」

  とにかく自然が豊かな能古島のもう一つの顔は、歴史的な遺産だ。この島では、弥生時代の遺跡や古墳群が見つかっているほか、日本最古の和歌集『万葉集』にも能古島の名が登場している。

現在、島内には、能古博物館の敷地内にある「能古焼古窯跡」をはじめ、永福寺や白鬚神社といった寺社仏閣、万葉歌碑、壇一雄さんにまつわるスポットなど、歴史に触れられる史跡や施設が点在している。中でも能古焼古窯跡は、福岡市内で唯一残されている古窯であり、有田焼などとの関連も指摘されている貴重な遺跡だ。

こういった歴史スポットで島の歴史を巡りながら、自然を味わえるコースなども設定されている。島内散策の際には、まずはフェリー乗り場のすぐ近くにある「能古島観光案内所」を訪れよう。飲食施設などのおすすめ情報も、ここで入手できる。

かいわれ大根栽培の始まった地でもある

芽吹きピーナッツとかいわれ大根「壇菜」

  能古島の名産品としては、かいわれ大根の存在を忘れてはいけない。実は達人・前田さんは、農作物としてのかいわれ大根の栽培を初めて行った人物なのだ。終戦後にサツマイモを栽培していた前田さんは、重さがあるためフェリーで消費地まで運ぶのが大変なサツマイモに代わり、軽くて運搬が容易なかいわれ大根に注目。大阪から持ち帰り、自ら栽培方式を改良した。前田さんが考案した方法では、能古島の栄養がたっぷり含まれた海砂の上に種をまいて育てる。今でも当初と同じ方法で作られており、前田さんの育てたかいわれ大根は、ぴりりと辛い。

現在はかいわれ大根「壇菜(だんさい)」をはじめ、ピーナッツを発芽させたもやしのような「芽吹きピーナッツ」や、同じくコーンを発芽させた「芽吹きコーン」など、ユニークな発芽野菜が栽培・販売されている。ちなみに壇菜は、晩年を能古島で過ごした作家・檀一雄さんがほれ込んだ野菜であり、檀さんより名前をもらって名付けられたもの。前田さんの野菜は、能古島の玄関口にある「ノコニコカフェ」などで購入が可能だ。

《厳選ホテル》

グルメに土産、歴史スポット。能古島のおすすめ観光情報

能古島グルメが味わえるフェリー乗り場周辺のおすすめ店

  四季折々の能古島グルメから、島のオリジナル雑貨まで。フェリー乗り場の周辺にあるおすすめ店を紹介。

  • 能古島渡船場近くにある「雑魚」は、新鮮な魚料理に定評がある
  • 目の前の海を眺めながら出発まで過ごせる「ノコニコカフェ」
  • 能古島の旬の野菜や海産物などが並ぶ「のこの市」
おすすめポイント
  海鮮食堂「雑魚(ざっこ)」では、朝に水揚げされたばかりの新鮮な海の幸を堪能できる。フェリーまでの待ち時間をくつろげる土産喫茶店「ノコニコカフェ」や、能古島の特産品やオリジナルの“のこバーガー”が食べられる「のこの市」も。フェリー乗り場周辺には、さまざまな店が軒を連ねているので、ぜひチェックしてほしい。

能古島ならではのおすすめ土産

  能古島産の甘夏やブラッドオレンジ、ニューサマーオレンジなどの特産品を使った商品から、能古島名物“能古うどん”を家庭で楽しめるものまで。

  • 「能古島サイダー」のラベルは、島の形に合わせたひょうたん型
  • ぎょうざなどにも合うさっぱりテイストのポン酢「のこぽん」
  • 独自の製法で作られ、のど越しの良い“能古うどん”
おすすめポイント
  能古島で採れた甘夏の果汁を使用した炭酸飲料「ノコリータ」をはじめ、能古島産の日向夏“ニューサマーオレンジ”の手絞り果汁を使用したポン酢「のこぽん」や、自宅で食べられる「能古うどん」など、どれも他の場所では味わうことのできないオリジナル商品だ。

能古島の歴史をたどれるスポット

  古くは奈良時代の創建といわれる神社から、近代の文学にまつわるスポットまで。能古島のおすすめ歴史スポットを紹介。

  • 丘陵の中腹にある「能古博物館」は、見どころが多い
  • 奈良時代の創建とされる「白鬚神社」
  • 能古博物館敷地内にある檀一雄歌碑
おすすめポイント
  周囲約12キロの島内には、歴史ロマンに触れられるスポットが多くある。海風に吹かれ、道標を頼りに美しい自然の中をハイキングしながら、おすすめの歴史スポットを訪ねてみてほしい。

福岡の旅をもっと楽しく。お得な旅行情報

編集部の視点
  福岡の旅をもっと楽しく充実させられるように、温泉宿やパッケージツアー、レンタカーなどの予約情報を厳選して紹介。お得に賢く福岡を旅するヒントが詰まっているので、自分好みのプランがきっと見つかるはず。

たびらいの推し宿予約は九州の宿泊予約プランが満載。
⇒福岡の宿はこちらで検索

能古島への交通アクセス

フェリーで

  「姪浜渡船場」から、フェリーで「能古島渡船場」まで約10分
※料金は大人 230円・子ども 120円(どちらも片道)

車(レンタカー)で

  九州自動車道の太宰府インターチェンジまたは福岡インターチェンジから、福岡都市高速(福重・天神方面)へ乗り換え。愛宕ランプを下車後、「姪浜渡船場」までは約10分。さらに「能古島渡船場」まで、フェリーで約10分
※能古島行きフェリー乗船場横の有料駐車場が利用可能。1日の駐車料金は500円(1泊2日で1000円)

バスで

  ・JR博多駅の博多口正面Aのりばから……西鉄バスの能古渡船場行き(300、301、302番)に乗車、最寄りの「能古渡船場」バス停で下車、約50分
・JR博多駅の天神三越前1Aのりばから……西鉄バスの能古渡船場行き(300、301、302番)に乗車、最寄りの「能古渡船場」バス停で下車、約30分

のこのしまアイランドパークへの交通アクセス

バスで

  「姪浜渡船場」から、フェリーで能古島渡船場まで約10分、西鉄バス「アイランドパーク行き」に乗車し約13分

車(レンタカー)で

  「姪浜渡船場」から車でフェリーに乗船し、「能古島渡船場」まで約10分。さらに車で約13分

施設情報

  ・JR博多駅の博多口正面Aのりばから……西鉄バスの能古渡船場行き(300、301、302番)に乗車、最寄りの「能古渡船場」バス停で下車、約50分
・JR博多駅の天神三越前1Aのりばから……西鉄バスの能古渡船場行き(300、301、302番)に乗車、最寄りの「能古渡船場」バス停で下車、約30分

能古島観光のQ&A

Q 能古島の観光時間の目安はどれぐらい?
A 歴史や自然をめぐる散策コースであれば、5~6時間ほどみておくといい。じっくりと島内を回りたい場合は、たっぷり一日時間が必要だ。
Q 能古島のおすすめの巡り方は?
A 能古島渡船場からのこのしまアイランドパークへと行くバスのほか、「のこの市」で借りられるレンタサイクルもおすすめだ。自転車を借りる場合は、通常のものと電動アシスト付きのものの2種類があるが、島内ではかなりの坂道を登るので、少し値段が高い電動アシスト付きを利用すると楽だ。
Q 島を歩いて回ることはできる?
A 島をぐるりと囲むように、数種類の道が整備されている。島内の最北に位置するアイランドパークまで歩きやすい「桜道コース」で、行きは約50分、帰りは約30分ほど。
Q 能古島までは、自家用車で行ける?
A 自動車、バイク及び原動機付自転車などはフェリーでの運送が可能だが、運送には別途運賃が必要となる。

【能古・姪浜間】
・自転車、原動機付自転など
自転車・リヤカー 120円
原動機付自転車(125リットル以下) 240円
二輪自動車(0.75リットル未満) 360円
二輪自動車(0.75リットル以上) 480円

・自動車(1台 片道)※2輪を除く
3メートル未満 1340円
3メートル以上4メートル未満 1540円
4メートル以上5メートル以下 2470円
※5メートルを超えるものは、2470円に5メートルを超える部分1メートルまでごとに740円を加算
福岡の宿を探す、予約する。

たびらいの「推し宿」

  たびらいの「推し宿」には、九州の宿泊予約プランが満載。九州の温泉宿を知り尽くした現地スタッフが選りすぐりの情報を紹介している。
 また、希望の宿が満室表示されている場合に、スタッフが宿に直接交渉をしてくれるリクエストサービスも。


⇒福岡の宿はこちらで検索

いざないの一枚

その他にも、九州のおすすめ観光情報を紹介。

あなたの気になる記事は?

九州の各地を味わうグルメ

久留米ラーメン とんこつラーメン発祥の味

福岡・久留米ラーメン

呼子で朝市やイカの活きづくりを楽しむ

佐賀・呼子

タイピーエン 熊本のおすすめ郷土料理を食す

熊本・タイピーエン

門司港グルメ レトロな港町で焼きカレーを

福岡・門司港

人吉・球磨のグルメ旅 自然が育んだ食文化

熊本・人吉球磨

博多の水炊き。人気の郷土料理を味わう

福岡・博多の水炊き

熊本・阿蘇グルメ 新旧うまかもん対決

熊本・阿蘇グルメ

長崎ちゃんぽん 発祥からおすすめ情報まで

長崎ちゃんぽん

宮崎グルメ旅 地元の食材を存分に味わう

宮崎グルメ

黒糖焼酎 奄美群島だけで造られる稀有な酒

鹿児島・黒糖焼酎

九州で歴史散策・文化探訪

福岡・秋月 筑前の小京都、秋月城下を散策

福岡・秋月

三角西港で不思議発見。世界遺産登録が決定

熊本・三角西港

グラバー園 長崎港を望む洋館群を訪ねて

長崎・グラバー園

小倉城 歴史と文化の観光散策

福岡・小倉城

西都原古墳群 神話が息づく花と歴史の名所

宮崎・西都原古墳群

伊万里・大川内山 伝統が息づく焼き物の町

佐賀・伊万里

軍艦島 タイムカプセルとなった廃墟の島

長崎・軍艦島

吉野ヶ里遺跡で邪馬台国ロマンを体感

佐賀・吉野ヶ里遺跡

柳川の歴史と文化にふれる町歩き

福岡・柳川

鵜戸神宮 絶壁に囲まれた岩窟の縁結び神社

宮崎・鵜戸神宮

九州の絶景を堪能する

稲佐山から眺める長崎1000万ドルの夜景

長崎・稲佐山

都井岬へ 日本在来の野生の馬を訪ねて

宮崎・都井岬

屋久島トレッキングで縄文杉に会う

鹿児島・屋久島

糸島観光でスローバケーションを

福岡・糸島

福岡タワー 海と街を一望する人気スポット

福岡・福岡タワー

宮崎・青島 鬼の洗濯板に囲まれた聖なる島

宮崎・青島

加計呂麻島の楽しみ方

鹿児島・加計呂麻島

大観峰で阿蘇の絶景を満喫

熊本・大観峰

冬の風物詩・長崎ランタンフェスティバル

長崎・新地中華街

佐賀バルーンフェスタ 大空を彩る熱気球

佐賀・嘉瀬川

九州の温泉や名所でのんびりと

別府温泉 世界に名だたる温泉天国

大分・別府温泉

わいた温泉 涌蓋山を望む絶景の温泉郷

熊本・わいた温泉

嬉野温泉 日本三大美肌の湯の楽しみ方

佐賀・嬉野温泉

ハウステンボス 長崎代表のおすすめ観光地

長崎・ハウステンボス

水郷柳川で舟遊び。お堀めぐりを楽しむ

福岡・柳川

平山温泉 “奥座敷”のとろり美肌の湯

熊本・平山温泉

湯布院 全国屈指の温泉観光地へ

大分・湯布院温泉

黒川温泉 湯めぐり温泉と多彩な露天

熊本・黒川温泉

長湯温泉・日本一と名高い炭酸泉を堪能する

大分・長湯温泉

杖立温泉 “九州の奥座敷”で風情に浸る

熊本+大分・杖立温泉

その他の達人指南を見る

海上安全の神として古代より篤く信仰されてきた「志賀海神社」

志賀島 古代ロマンと絶景を巡る旅
「金印」発掘の地として知られる志賀島は、その歴史はもちろん、玄界灘や福岡市街を見晴らす絶景も魅力。1周して約11キロメートルという規模は、レンタカーでぶらりとま・・・

南側から見たタワーの外観。周囲は、近代的な建物が並ぶ百道地区

福岡タワー 海と街を一望する人気スポット
高さ234メートル。海浜タワーとしては日本一の高さを誇り、地上123メートルの展望台から博多湾や福岡の街を見晴らすことができる「福岡タワー」。その大パノラマは一・・・

運河を見晴らす曲線状の建物。木陰には憩いのスペースも

キャナルシティ博多 一日遊べる運河の街
約4万3500平方メートルの敷地内に、ショップやレストランをはじめ、映画館に劇場、ラーメンスタジアムなどが集まる「キャナルシティ博多」。多彩なショッピング&アミ・・・

印象的な流線形の屋根は、玄界灘の波をイメージしたデザイン

九州国立博物館 体感型展示で歴史を学ぶ
「日本文化の形成をアジア史的観点から捉える」をコンセプトに、その交流の歴史に焦点をあてて文化財を収集する九州国立博物館。子どもが遊べる展示室などもあり、わかりや・・・

青い海と白い砂浜が美しい糸島

糸島観光でスローバケーションを満喫
福岡市街から車で30分ほどの「糸島(いとしま)」は、のどかな田園風景やマリンブルーの海が広がる自然豊かな観光地。自然に囲まれたドライブや、地元の産物を使ったグル・・・

鍋の世話をしてくれる仲居さん。テーブルで弾む会話も楽しんで

博多の水炊き  あっさりしながら奥深い、繊細な郷土料理
地元ではもちろん、観光客にも人気が高い「博多水炊き」。一言でいえば、シンプルな鶏鍋料理。しかし、その味わい方には独特の作法と楽しみ方がある。いわゆるB級グルメと・・・

太宰府天満宮。美しく迫力のある楼門は記念撮影ポイント

太宰府天満宮 深く知れば観光も深まる
年間800万人もの参拝者が訪れるという太宰府天満宮(だざいふてんまんぐう)。ただ参拝するだけでなく、歴史にまつわるスポットや境内のご利益スポットなど、すみずみに・・・

公設民営の劇場「博多座」

博多座で初めての歌舞伎見物を
芝居見物、とりわけ日本伝統の歌舞伎見物となれば、映画を見るのとはわけが違う。“知識もなければマナーも知らず、なにしろ敷居が高い”と不安になる人は多い。だからこそ・・・

乗船場をスタート後、すぐに三柱神社の赤い欄干橋をくぐる

水郷・柳川 川下り観光の楽しみ方とは?
福岡市街から車で約1時間の柳川は、2キロ四方、延長60キロにわたって網目状の堀割が巡らされた水郷。堀割をどんこ舟で回る“川下り”は、柳川観光の目玉だ。船頭の舟歌・・・