熊本の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 天草イルカウォッチングで野生の群れに遭遇
PR
九州の温泉宿・ホテルの宿泊予約は「たびらい九州」でどうぞ

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

天草イルカウォッチングで野生の群れに遭遇

  天草観光で見どころなのがイルカウォッチング。ここでは、かなりの遭遇率で野生のイルカを見ることができる。あちこちでイルカが自由自在に泳ぎ、愛らしい姿が見られる興奮を、ぜひ体験してほしい。

船と並走するように泳ぐ、人なつっこいイルカたち

  天草諸島・下島(しもしま)の北端にある通詞島(つうじしま)は、天草空港から車で約15分。通詞大橋を通って、本島からは約5分で到着する。餌が豊富なことから沖合には約200頭もの野生のミナミハンドウイルカが生息し、“イルカに会える島”として知られている。

通詞島沖合のイルカウォッチングでは、漁船やクルーザーなど小型の船を利用するので、船上からイルカに手が届きそうなほどの至近距離。多くの観光客を魅了するイルカウォッチングの魅力を、ベテラン船頭に聞いた。

取材/熊本の編集プロダクション「ポルト」、平成28年(2016)3月

木口精二さん
(きぐち せいじ)
木口 精二さん

天草イルカウォッチングの達人
  通詞島でイルカウォッチングが体験できる「民宿イルカ館」の主人。地元でイルカウォッチングを開始した約20年前から案内人を務めるベテラン船頭で、近海でのイルカの行動を知り尽くしている。

海底の魚を目当てに、約200頭の野生イルカが生息

港を出てから10分程度でイルカに出会える

  熊本県の南西部に位置し、大小の島々からなる天草諸島。その最大の島である下島の北端に、周囲約4キロ、人口約600人の通詞島がある。以前は手漕ぎの渡し舟で往来していたが、昭和50年(1975)に全長約180メートルの通詞大橋が開通以来、本島との行き来が便利になった。この通詞島の沖合にあるのが、潮の流れが速いことで知られる早崎瀬戸。

早崎瀬戸は、起伏に富んだ海底と潮流によってボラやイカ、アジ、トビウオ、カワハギ、アナゴなどの魚が多く集まる好漁場だ。この豊富な小魚を目当てに、周辺には約200頭の野生のミナミハンドウイルカが生息している。陸から近いところに数多く生息しているので、港を出てからわずか10分程度でイルカに出会える。この気軽さが、天草市沖合でのイルカウォッチングの魅力だ。

野生のイルカとの遭遇率は95%以上

クルーザーに乗り込んで、イルカウォッチングに出発!

  「イルカに出会える確率は1年を通じて95%以上。時化(しけ)や群れが別の場所に回遊する時期を除くと、ほぼ年中見ることができます。こんな場所は全国でも珍しいと思いますよ」と達人・木口さんは説明する。通詞島では、地元の民宿や飲食店など約20の団体がツアーを実施しており、大手の業者と比べると割安で体験できるのも魅力的だ。

乗船時にライフジャケットを着用してクルーザーに乗り込んだら、いざイルカウォッチングへ出発。わずか5~10分ほどでイルカの群れに遭遇できる。一つの船が見つけるとすぐに他の船も、一斉にイルカがいる方向へと集まっていく。「追い詰められたらイルカが驚くのでは?」と思うかもしれないが、船のエンジン音に反応して、イルカの方からも船に近寄って来るという。前後や左右で自在に泳ぎ回るイルカに合わせて、船もゆっくり動いたり方向を変えて進んだりするので、船のどこに立っていてもイルカの姿を見ることができる。

「イルカは特に、子どもや女性に寄って来ますね。耳がいいので、声質で判断しているのかもしれません」(木口さん)
晴れた日は海が青く透き通っているので、漁船の周囲に潜っている姿も確認できる。ジャンプしたり、勢いよく泳いだりするイルカたちの姿を目で追い、写真に撮っているうちに、まるで一緒に泳いでいるような感覚を体感してほしい。

迫力ある大ジャンプ、イルカが見せるさまざまな顔

イルカのサービスで、大ジャンプが見られるかも!

  運が良いとイルカの方がサービスしてくれることもあり、時には大ジャンプを見せることもある。春~夏はイルカの出産シーズンで、イルカの子どもは生まれてすぐに泳ぎ始める。親子並んで泳ぐ姿は微笑ましい。

哺乳類のイルカは、賢い動物としても知られている。
「好物のボラの群れを発見したら、数頭で協力し合って追い込みます。その時、全部食べ尽くさずに数十匹ぐらい残しておくんです。そうすると生き残ったボラがまた群れをつくる。餌を絶やさないためのイルカの知恵です」と木口さんは説明する。

母親のイルカが、死んでしまった赤ちゃんイルカを1週間も抱いたまま泳いでいたり、自閉症の青年がイルカの姿を見て笑顔になったのを見たことから、イルカには人の心を解きほぐし、優しい気持ちにしてくれる力があるといわれる。

人とイルカが共存する島

イルカが安心して暮らせる通詞島周辺

  通詞島周辺では、古くから漁師とイルカが海の恩恵を分かち合い、長年にわたって共存してきた。昔は天草のあちこちの海に生息していたというが、定置網漁など効率の良い漁法が主流になるにつれて、海を追われたと考えられている。一方、通詞島沖合の早崎瀬戸は、潮の流れが速く、定置網漁に適さない地形のため、昔から素潜りや一本釣りによる漁業が主流だった。その漁法は現在も変わらないため、イルカたちも安心してのびのびと回遊できる。

イルカウォッチングを行う際は、ストレスを与えないように「遊泳を妨げない」、「群れに接近する場合は減速する」など、ツアー実施団体のルールで運行されている。これも、共存していくための決まりごとだ。イルカウォッチングを通して、イルカが暮らしやすい豊かな海を守っていくことの大切さを伝えたいと考えている。

《厳選ホテル》

イルカウォッチングのおすすめスポット

イルカウォッチング船3選

  地元の民宿や飲食店、観光施設など約20の団体がイルカウォッチングのツアーを実施している。その中でも達人のおすすめを紹介する。

  • 宿泊だけでなくイルカウォッチングもできる「民宿イルカ館」
おすすめポイント
  「民宿イルカ館」では、私がイルカウォッチングのツアーを案内。ツアーだけの申し込みも可能なので、宿泊客以外も気軽に参加してほしい。「イルカクラブ」や「五和町観光イルカ発着所」も達人のおすすめだ。

陸からもイルカが見られる、おすすめスポット

  イルカが見られるのは船上だけでなく、陸上からでも遠方に姿を眺めることは可能。海沿いに走る国道をドライブ中に、運が良ければイルカの群れを目にすることができる。

  • 「ユメール」の入口横からは展望所に登れる
  • イルカウォッチング船の発着所でもある「鬼池港」
  • 道沿いに青い海が広がるドライブコース「国道324号」
おすすめポイント
  陸からイルカを観測するなら、天草灘に面した国道324号や鬼池港付近がおすすめ。また、国道324号から通詞大橋を渡った通詞島の温泉施設「ユメール」屋上の展望台も絶好の観測ポイント。イルカの姿は肉眼で確認できることもあるが、双眼鏡を準備しておくとより楽しめる。

天草を満喫できる民宿3選

  通詞島では、海の幸づくしの料理と天草灘の絶景の両方が楽しめる民宿への宿泊がおすすめだ。部屋からは天草灘や長崎県の島原半島を一望でき、天気の良い日はイルカが泳ぐ姿が見られることも。

  • 宿泊だけでなくイルカウォッチングもできる「民宿イルカ館」
  • 水揚されたばかりの新鮮魚介を味わえる民宿「海の宿 民宿やませ
  • 通詞島の高台に建ち、海を見渡せる「民宿 生吉」
おすすめポイント
  いずれの民宿も近海の地魚など海の幸が自慢。また、高台にあるのでロケーションも良く、天草灘に沈む夕日は見逃せない。民宿ならではの地元の人との交流も楽しめる。

熊本旅行をもっと楽しく。お得な旅行情報

編集部の視点
  熊本の旅をもっと楽しく充実させられるように、温泉宿やレンタカー、パッケージツアーの予約情報を厳選して紹介。お得に賢く熊本を旅するヒントがたっぷり詰まっているので、自分好みのプランがきっと見つかるはず。

たびらいの推し宿予約には、九州の宿泊予約プランが満載。九州の温泉を熟知したスタッフが、おすすめを紹介している。
⇒熊本の宿はこちらで検索

通詞島への交通アクセス

車(レンタカー)で

  ・熊本空港から国道57号・324号経由で約120キロ、約3時間
・天草空港から県道47号経由で約12キロ、約15分
・熊本駅から国道57号・324号経由で約105キロ、約2時間30分
・松橋ICから国道324号・266号経由で約95キロ、約2時間20分

民宿イルカ館への交通アクセス

車(レンタカー)で

  ・熊本空港から国道57号・324号経由で約120キロ、約3時間
・天草空港から県道47号経由で約12キロ、約15分
・熊本駅から国道57号・324号経由で約105キロ、約2時間30分
・松橋インターチェンジから国道324号・266号経由で約95キロ、約2時間20分

施設情報

  民宿イルカ館
【住所】熊本県天草市五和町二江551-1
【利用料金】「ドルフィンパック」(イルカウォッチング付き)1泊2食……1万1700円~
【電話番号(問い合わせ)】0969-33-0085

天草イルカウォッチングのQ&A

Q イルカがいる場所は事前にわかる?
A 熊本県の天草下島と長崎県の島原半島の間を回遊する野生のイルカなので、出港時にどこにいるかは分からない。餌が豊富な早崎瀬戸周辺にいることが多いが、天候や波の高さ、時間帯などによっても変わってくる。そのため、見られる場所や頭数などは毎回異なる。

長年の経験から、可能性のある場所を探して会えるように全力を尽くしてくれるが、会えないこともある。事業者によっては会えなかった場合に次回の無料乗船券をもらえるところもあるため、チェックしてみよう。
Q 所要時間と料金は?
A 地元の約20団体がツアーを実施し、料金は大人2500円で統一されている。インターネットでの事前予約で割引サービスを行っている団体もある。船のタイプは、現役漁師が案内する漁船から快適なクルーザーまでさまざま。所要時間は1時間程度と短いが、出港から10分程度でイルカに会える場合が多いので、イルカとの出会いがたっぷり楽しめる。
Q おすすめの時期は?
A ほぼ一年を通してイルカを見ることができるが、気候の良い4月〜10月がベストシーズン。また、イルカの赤ちゃんや子どもに会いたいなら、出産時期の5月〜9月ごろがおすすめ。
Q 事前の準備は?
A 船は揺れる上、滑りやすいので、パンツスタイルに運動靴などの動きやすい服装が望ましい。トイレは事前に済ませておこう。船酔いしやすい人は、あらかじめ酔い止めの薬を飲んでおくのが安心。また、季節を問わず日焼け対策や防寒対策も忘れずに。
Q 中止の場合もある?
A 小雨程度で波が高くない場合は、実施が可能。ただし、台風接近や荒天が予測される場合は、船長判断で欠航になることも。
Q 注意することは?
A イルカにストレスを与えないために、触れたり、大きな声や物音を出さないように注意しよう。また、野生の生態系を壊すので、餌を与えないことも大切だ。
熊本の宿を探す、予約する。

たびらいの「推し宿」

  たびらいの「推し宿」には、九州の宿泊予約プランが満載。九州の温泉宿を熟知した現地スタッフが、選りすぐりの情報を紹介している。
 また、希望の宿が満室表示されている場合には、スタッフが宿に直接交渉をしてくれるリクエストサービスも。


⇒熊本の宿はこちらで検索

いざないの一枚