1. 佐伯観光 グルメに絶景、歴史スポットまで

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

佐伯観光 グルメに絶景、歴史スポットまで

  城下の街並みや自然が生んだ絶景、海山の幸など、観光の魅力が多い大分の「佐伯(さいき)」。雄大な自然を生かしたレジャーから、撮影におすすめの絶景スポット、佐伯ならではのご当地グルメまで、佐伯観光の魅力を紹介する。

佐伯を代表する絶景の一つ、豊後二見ヶ浦の「夫婦岩」

  「佐伯地方は予期したよりもいいところでありました」 ―― 自由律俳句の詩人・種田山頭火(たねださんとうか)が、義弟に宛てた葉書にこうしたためた「佐伯(さいき)」の地。

平成の大合併により佐伯市と南海部郡の5町3村が合併され、広大な「佐伯市」が誕生したのは、平成17年(2005)のこと。この九州一広い市には、絶景スポットやレジャースポットなど、自然と一体になれる観光メニューが多い。

また、海山の幸に恵まれており、新鮮な海産物を使った「佐伯寿司」や、山の幸を味わうジビエ、「佐伯ラーメン」などのグルメもそろう。文学的な施設も多く、佐伯城三ノ丸櫓門や国木田独歩館がある「歴史と文学の道」のほか、「佐伯市歴史資料館」も近年オープンしている。

そんな佐伯の魅力を、生粋の“佐伯っ子”である達人に教えてもらう。

取材/おおいたインフォメーションハウス、平成28年(2016)4月


◆その他のおすすめ大分観光情報
大分観光のおすすめ情報10選

[たびらいセレクション]

梶川善寛さん
(かじかわ よしひろ)
梶川 善寛さん

佐伯観光の達人
  昭和53年(1978)4月17日生まれ。大分県のローカルタレントとして活躍し、地元「ケーブルテレビ佐伯」ではレギュラー番組「さいきっち1030」のパーソナリティを務める。佐伯生まれ佐伯育ち、佐伯の雄大な自然と佐伯ラーメンをこよなく愛する生粋の“佐伯っ子”だ。

佐伯城下 歴史と文学の城下町を散策

城下町の雰囲気が残る「歴史と文学の道」。春には沿道に桜が咲く

  バスターミナルのある大手前(大手門跡)から山際通りを通って養賢寺へと至る700メートルほどの道のりは、「歴史と文学の道」として整備されている。落ち着いた雰囲気のこの通りは、城下町としての街並みを残しており、「日本の道100選」にも選ばれている“名道”だ。

道沿いには豊後佐伯城で現存する唯一の遺構である「櫓門(やぐらもん)」などの歴史スポットに加えて、国木田独歩が下宿した坂本永年邸に関連資料を集めた「国木田独歩館」や、明治期のジャーナリスト・矢野龍渓の生家跡など、文学的な施設が立ち並んでいる。

時間と体力に余裕がある人は、歴史と文学の道を少し外れて、豊後佐伯城の跡地である「城山」に足を運んでほしい。城山頂上まで行くには、「独歩碑の道」と「登城の道」、「翠明の道」、「若宮の道」の四つの道がある。ひっそりとした照葉樹林の中に残された石垣と、頂上から遠く四国の山々までを望む眺望は、散策の目的としてもおすすめできる。

佐伯のおすすめ絶景スポットへ

キャニオニング体験ができる絶景スポット「藤河内渓谷」

  市のシンボルとなっている豊後二見ヶ浦(ぶんごふたみがうら)の「夫婦岩」をはじめ、「小半鍾乳洞」など、佐伯では自然が生み出す絶景が海・山・川の全てにある。

中でも少し変わった絶景体験としておすすめなのは、宇目地域にある「藤河内渓谷」だ。ここでは絶景を眺めるだけにとどまらず、キャニオニングの体験が可能。一枚岩の岩盤が続く約2キロの行程を、渓谷の歴史などを学びながらスライダーで下ったり滝つぼに飛び込んだりして進む。

“佐伯レジャー”というと海のイメージが一般的だが、藤河内渓谷のキャニオニングは県外からわざわざ訪れる家族連れのリピーターも現れてきている。今後が注目の新たな“川レジャー”だ。

“世界一、佐伯寿司”に舌鼓

大ぶりなネタが特徴の「佐伯寿司」

  佐伯には昔から、“佐伯の殿さま、浦でもつ”という言葉がある。それほど、佐伯は海の恵みで成り立っているといえる。佐伯の海の豊かさの秘密は、実は山にある。雨によって流れ出る山の養分が川から海へと流れこむ際に、良質のプランクトンも一緒に運ばれるため、山・川・海がともに繁栄していくサイクルとなっているのだ。

そんな佐伯の海でとれる地魚は、“世界一、佐伯寿司”というキャッチフレーズのもと、日本はもちろん世界展開を視野に入れている。佐伯寿司を味わうなら、まずはアナゴを試してほしい。佐伯で水揚げされるアナゴは、ほとんど京都へと卸されるのだが、地元のアナゴを提供している寿司店「第二金波」は達人のおすすめだ。

ちなみに、アジやイワシなどのスーパーで安価で手に入るような魚でも、佐伯の寿司職人の手にかかれば驚くほど安くておいしい寿司に生まれ変わるという。

第二金波(だいにきんぱ)
【住所】大分県佐伯市中村東5-15
【メニュー例】アナゴ 1貫300円
【電話番号(問い合わせ)】0972-23-0456
【営業時間】11時~14時/17時~22時
【定休日】不定休
【駐車場】あり(8台)
【備考】※席数は16席

佐伯ラーメン フリークたちをも唸らせるご当地ラーメン

熊本でも博多でもない、独自の進化を遂げた「佐伯ラーメン」

  “これが佐伯ラーメン”といえる明確な定義は確立されていないものの、モヤシ・ネギ・チャーシューというシンプルな盛り付けに、茶濁した濃い目のとんこつスープと、伸びているかと思うほど柔らかい中太麺 ―― これが佐伯ラーメンの特徴だ。

シンプルなのにパンチがあるこの味のルーツは、佐伯市の名店「上海」。同店のラーメンを愛した人たちが、その味を再現しようとして佐伯ラーメンの店が増えたともいわれる。

近年では、佐伯の風土と各店主のこだわりによって独自の進化を遂げた佐伯ラーメンもあり、タイでとっただしを使用した魚介系のあっさり塩味スープにチャーシュー代わりの魚の炙りを盛り付けたものなども登場。居酒屋や定食屋などでも提供している店も多いほか、レンジで温めて食べるコンビニ限定の商品などにもなっている。新しい佐伯のソウルフードとして認知されつつあるのだ。

佐伯の“味力”全開の山の幸「ジビエ」にチャレンジ

とじた卵に肉汁がたっぷり染み込んだ「猪鹿丼」

  佐伯市の中でも、宇目や直川地区は山の幸のメッカ。“宇目は選挙をしたらイノシシが政権をとる”という冗談があるほど、イノシシやシカが数多く生息している。地元の人たちにとっては昔から食卓に並んできた食材だが、これらのイノシシやシカ、キジなどの肉をジビエ料理として振る舞う店が増えてきた。

ジビエはくせが強いと思われがちだが、手つかずの山野で育ち、タケノコやドングリを食べて大きくなった動物の肉には臭みが少なく、丁寧に処理をすることで格段に食べやすくなる。猪肉は鉄板焼きやみそ焼き・鍋などで、鹿肉は淡泊な味わいなので陶板焼きや炭火焼きに向いている。特に鮮度の高いものは、刺身として提供されることもある。

「猪鹿丼」や「ししコロッケ」などの加工品のほかに、道の駅などで食べられる「ししラーメン」は猪肉でチャーシューを作っており、とろとろではなくしっかりとしたかみ応えと、口の中であふれるイノシシ特有のうま味が特徴だ。佐伯を訪れた際には、ぜひジビエ料理にチャレンジしてほしい。

[たびらいセレクション]

北海道のホテル特集最安値プラン!公式サイトからのご予約がお得

佐伯観光の魅力を深く知ろう。おすすめ観光情報

太陽の下で、佐伯の屋外レジャーに飛び込もう

  寿司やラーメンといったグルメが注目されがちだが、佐伯には家族や友人と一緒に大自然を体感できるスポットも多い。青空のレジャーに飛び込めるスポットを紹介する。

  • 休日の船上パーティーもできる「マリンコーラル号」
  • 海外かと見紛うばかりの「深島」の美しい海中
おすすめポイント
  達人いわく、佐伯市内にはプールのない小学校も多く、子どものころから自然の中での水遊びに慣れ親しんでいるという。サンゴ生息地の北限とされる「深島」の美しい海や、ホタルが生息する番匠川などでは、海も川も澄んだ水が迎えてくれる。家族や友人などと一緒に、思い切り自然と触れあえるレジャーがたくさんある。

新鮮な海の幸がずらり。早起きして佐伯の朝市へ

  港町である佐伯には、朝市が行われる漁港がある。一般の人が競りに参加できる市もあり、スーパーで買うものとは違う、水揚げされたばかりの魚介が手に入る。

  • ドライブの休憩スポットとしても人気の「道の駅 やよい」
  • 目の前で次々と魚が競り落とされる「間越来だんせへ市」
  • 不定期で開催されるイベントにも注目の「つるみ半島 男の港市」
おすすめポイント
  早起きしないと味わえない、港町ならではの風景だ。ただでさえ絶品といわれる佐伯の魚を、文字通りの“とれたてぴちぴち”で安価にその場で食べられたり、自宅へ持って帰れたりする。どの市もそれぞれ個性的で、観光客や一見さんも大歓迎。思い切って地元の人たちに混ざって楽しんでほしい。

海を見渡す佐伯のおすすめ絶景スポット

  佐伯には、青い海とどこまでも続く空の美しいコントラストが味わえる絶景ポイントが点在している。カップルにおすすめの場所も。

  • 美しくもありがたい「夫婦岩」の間から出る日の出
  • 近くの展望台から、晴れた日は遠く四国まで望める「鶴御埼灯台」
  • 自然に付いたとは思えない鮮やかな色のヒオウギガイの貝殻
おすすめポイント
  “観光”といっても、お金がかかるものばかりではない。安遊びの定番といえば、やはり絶景。市街地から少し離れてドライブするだけで、佐伯では絶景に辿り着ける。特に晴れた日の佐伯は、自動販売機で買ったジュースを片手に、海と空の境界線が織りなす色彩を味わうのに、入場料はかからない。

九州の宿探しなら「宿くらべ」

  • 最安値プランがあるホテル特集 大分ホテル編
  • 大分の押し宿予約
  • 別府で食事が自慢の温泉旅館4選+番外編
編集部の視点
  たびらいの「推し宿予約」は、九州の宿泊予約プランが満載。実際に見て、泊まって調査!九州のいい宿研究会が厳選した九州の宿を目的別にご紹介。

⇒大分の推し宿予約はこちら

温ぱらユーザーが選んだ宿TOP20 ユーザー満足度ランキング

佐伯市の中心部への交通アクセス

  【住所】
佐伯駅
大分県佐伯市駅前2-6-35

電車(JR)で

  JR博多駅から……日豊本線で約3時間30分

車(レンタカー)で

  博多から……大分自動車道利用で約2時間40分
大分空港から……大分自動車堂と東九州自動車道利用で約1時間30分
大分市内から……東九州自動車道利用で約1時間

藤河内渓谷への交通アクセス

  【住所】
藤河内渓谷
大分県佐伯市宇目

【電話番号(問い合わせ)】
0972-52-1111(佐伯市宇目振興局 地域振興課)
0972-23-3400(佐伯市観光案内所)

車(レンタカー)で

  ・佐伯市街地から車で約1時間30分
 ・大分市街地から車で約2時間

佐伯観光のQ&A

Q 佐伯市全域を電車かバスで巡れる?
A 佐伯まではJRが便利なのだが、それより先で佐伯市の中心部から離れた観光地を巡りたい場合は、タクシーやレンタカーがおすすめだ。
Q 佐伯ラーメンは土・日曜でも食べられる?
A 週末に開いている店は多い。逆に、佐伯のラーメン店は月曜定休の店が多く、ラーメンめぐりをする際は月曜は注意したほうがいい。
大分の温泉宿を探す、予約する。

たびらいの「推し宿」

  たびらいの「推し宿」には、九州の宿泊予約プランが満載。九州の温泉宿を熟知した現地スタッフが、選りすぐりの情報を紹介している。

また、希望の宿が満室表示されている場合には、スタッフが宿に直接交渉をしてくれるリクエストサービスも。


⇒大分の宿はこちらで検索

温ぱらユーザーが選んだ宿TOP20 ユーザー満足度ランキング

いざないの一枚

その他にも、九州のおすすめ観光情報を紹介。

あなたの気になる記事は?

九州の各地を味わうグルメ

久留米ラーメン とんこつラーメン発祥の味

福岡・久留米ラーメン

呼子で朝市やイカの活きづくりを楽しむ

佐賀・呼子

タイピーエン 熊本のおすすめ郷土料理を食す

熊本・タイピーエン

門司港グルメ レトロな港町で焼きカレーを

福岡・門司港

人吉・球磨のグルメ旅 自然が育んだ食文化

熊本・人吉球磨

博多の水炊き。人気の郷土料理を味わう

福岡・博多の水炊き

熊本・阿蘇グルメ 新旧うまかもん対決

熊本・阿蘇グルメ

長崎ちゃんぽん 発祥からおすすめ情報まで

長崎ちゃんぽん

宮崎グルメ旅 地元の食材を存分に味わう

宮崎グルメ

黒糖焼酎 奄美群島だけで造られる稀有な酒

鹿児島・黒糖焼酎

九州で歴史散策・文化探訪

福岡・秋月 筑前の小京都、秋月城下を散策

福岡・秋月

三角西港で不思議発見。世界遺産登録が決定

熊本・三角西港

グラバー園 長崎港を望む洋館群を訪ねて

長崎・グラバー園

小倉城 歴史と文化の観光散策

福岡・小倉城

西都原古墳群 神話が息づく花と歴史の名所

宮崎・西都原古墳群

伊万里・大川内山 伝統が息づく焼き物の町

佐賀・伊万里

軍艦島 タイムカプセルとなった廃墟の島

長崎・軍艦島

吉野ヶ里遺跡で邪馬台国ロマンを体感

佐賀・吉野ヶ里遺跡

柳川の歴史と文化にふれる町歩き

福岡・柳川

鵜戸神宮 絶壁に囲まれた岩窟の縁結び神社

宮崎・鵜戸神宮

九州の絶景を堪能する

稲佐山から眺める長崎1000万ドルの夜景

長崎・稲佐山

都井岬へ 日本在来の野生の馬を訪ねて

宮崎・都井岬

屋久島トレッキングで縄文杉に会う

鹿児島・屋久島

糸島観光でスローバケーションを

福岡・糸島

福岡タワー 海と街を一望する人気スポット

福岡・福岡タワー

宮崎・青島 鬼の洗濯板に囲まれた聖なる島

宮崎・青島

加計呂麻島の楽しみ方

鹿児島・加計呂麻島

大観峰で阿蘇の絶景を満喫

熊本・大観峰

冬の風物詩・長崎ランタンフェスティバル

長崎・新地中華街

佐賀バルーンフェスタ 大空を彩る熱気球

佐賀・嘉瀬川

九州の温泉や名所でのんびりと

別府温泉 世界に名だたる温泉天国

大分・別府温泉

わいた温泉 涌蓋山を望む絶景の温泉郷

熊本・わいた温泉

嬉野温泉 日本三大美肌の湯の楽しみ方

佐賀・嬉野温泉

ハウステンボス 長崎代表のおすすめ観光地

長崎・ハウステンボス

水郷柳川で舟遊び。お堀めぐりを楽しむ

福岡・柳川

平山温泉 “奥座敷”のとろり美肌の湯

熊本・平山温泉

湯布院 全国屈指の温泉観光地へ

大分・湯布院温泉

黒川温泉 湯めぐり温泉と多彩な露天

熊本・黒川温泉

長湯温泉・日本一と名高い炭酸泉を堪能する

大分・長湯温泉

杖立温泉 “九州の奥座敷”で風情に浸る

熊本+大分・杖立温泉

その他の達人指南を見る

石畳の美しさが際立つ「酢屋の坂」

絵になる城下町杵築観光を 現地編集部が徹底ガイド
大分県北東部、国東半島の南部に位置する杵築市は、江戸時代には3万2000石の城下町として栄えた、豊後の小京都です。日本一小さい城ともいわれる杵築城や、古い石畳や・・・

夏の名物「スプラッシュジャンプ」

うみたまご ディープな魅力を現地編集部が徹底ガイド
別府湾沿いにある大分マリーンパレス水族館「うみたまご」。隣接する猿で有名な高崎山自然動物園とともに、大分のレジャースポットとして人気です。うみたまごの最大の魅力・・・

昭和の風情あふれる杖立温泉街

杖立温泉 ツウな巡り方を現地編集部が徹底ガイド
豊かな自然に囲まれ、“九州の奥座敷”とも呼ばれる杖立温泉(つえたておんせん)。開湯は約1800年前と伝えられ、古くから湯治場として栄えてきた名湯。あちこちから白・・・

開放感抜群の露天風呂「ガニ湯」は長湯温泉の名物

長湯温泉 日本一と名高い炭酸泉を堪能する
長湯温泉(ながゆおんせん)は、世界屈指の炭酸泉が人気を集める奥豊後の温泉地。その泉質は素晴らしく、歌人の与謝野鉄幹や種田山頭火らも長湯温泉に関する詩を残したほど・・・

露天風呂から見える雄大な由布岳。四季折々の景色はまさに絶景

湯布院観光 全国屈指の温泉観光地へ
温泉地ランキングで常に上位を占める大分の人気観光地、「湯布院(ゆふいん)」。温泉だけでなく、食・自然・文化……とさまざまな観光の魅力がそろう湯布院にはリピーター・・・

TOTO小倉第一工場で身近な衛生陶器の製造工程を見学

産業都市北九州で、工場見学を楽しもう
港の開港と鉄道開通を機に、目覚ましい産業発展を遂げた北九州市。煉瓦造りの古い建物、巨大な工場群やものづくりの現場を見学すれば、眠っていた知的好奇心が呼び起こされ・・・

旦過市場の北側アーケードに食い込むようにスーパー丸和が建つ

北九州市民の台所「旦過市場」 昭和レトロに誘われて
北九州市民の台所「旦過市場」をクローズアップ。昭和30年代築の長屋式の商店は、裸電球の光に照らされ、昔風情たっぷり。旦過市場は近年、県内外の観光客からも注目を集・・・

小倉城と市役所の間に延びる「小倉城歴史の道」

小倉城 歴史と文化の観光散策
“九州の玄関口”ともいわれる小倉の中心部に位置する「小倉城」。城の周辺には歴史的な文化財に加え、小倉にゆかりのある文人の足跡も多く残されている。のんびりと散策し・・・

黒川温泉は「入湯手形」を使った湯めぐりができることで知られる

黒川温泉 山間の湯めぐりと多彩な露天
阿蘇山と、くじゅう連山の間に広がる大自然の中に、ひっそりとある黒川温泉。多彩な露天風呂や情緒あふれる湯宿がひしめくこの温泉地には、全国から癒やしを求める旅人が訪・・・
×