北海道の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 北海道ならではの桜の楽しみ方、花見ガイド

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

北海道ならではの桜の楽しみ方、花見ガイド

  「北海道の桜は本州より色が鮮やか」と道内で活躍する桜の樹木医、金田さんは語る。北海道に多く見られるエゾヤマザクラ(オオヤマザクラ)は、厳しい寒さのおかげで本州のものより鮮やかに咲くため、全国の桜愛好家からも注目を集めているのだ。そんな北海道の桜の魅力と道内の花見スポットを紹介しよう。

別海町にある野付小学校の貴重なチシマザクラの巨木

  日本を北上する桜前線は5月上旬に道南の松前町に到達し、北海道の桜の季節がスタートする。函館の五稜郭公園や札幌の円山公園、旭川の旭山公園など道内には多くの花見の名所があり、ゴールデンウィーク時期には各地で花見や桜まつりが行われ、長い冬の終わりと春の訪れを喜ぶ人でにぎわいを見せる。

北海道を代表する桜といえば、エゾヤマザクラ。北海道民にはソメイヨシノが人気だが、実は本州のものより色鮮やかで野趣のある北海道のエゾヤマザクラは、全国の桜愛好家が注目しているのだ。厳しい冬の寒さが鮮やかな発色を生み出すという北海道の桜の魅力と、北海道らしい花見を楽しめるスポットを紹介!

取材・文/たびらい編集部 投稿/平成28年(2016)3月

金田 正弘さん
(カネタ マサヒロ)
金田 正弘さん

北海道の桜の達人
  樹木の調査・診断・治療等を行う「グリーンコンサルタント 緑の総合研究所」代表。専業樹木医としてのキャリアは10年以上。苫小牧を拠点に道内各地をめぐり、木の命を守る樹木医として活躍中。現在、道内ではほぼ唯一の桜を専門とする樹木医として各地の桜を守り続けている。
HP:グリーンコンサルタント 緑の総合研究所

北海道のエゾヤマザクラは「色鮮やかさ」に注目しよう

道東の厚岸(あっけし)町、国泰寺のエゾヤマザクラ

  はじめに北海道の桜の特徴を知っておこう。北海道を代表する桜である「エゾヤマザクラ(蝦夷山桜)」は、道内全域で見ることができる野生種の桜である。本州ではオオヤマザクラ(大山桜)の名で知られ、広く自生している桜だが、北海道のエゾヤマザクラには際立った特徴があるという。

「北海道のエゾヤマザクラは、本州のものと比べて色がとても鮮やかです。道民には白いソメイヨシノが人気ですが、北海道の鮮やかな紅紫色のエゾヤマザクラは本州の桜愛好家にとても注目されています」

桜の開花や発色には「寒さ」が関係しており、北海道の厳しい冬の寒さが桜の美しい発色を生み出している。また写真の厚岸町の国泰寺のエゾヤマザクラのように、寒さの厳しい道東の桜は、同じ北海道内でもより色鮮やかに咲く傾向があるという。

「エゾヤマザクラのもうひとつの魅力は、野生種であることです。ソメイヨシノは接木などで増やした“クローン”のために一斉に咲き一斉に散るのに対し、野生種のエゾヤマザクラは一本ごとが異なる個性をもっています。木によって咲く時期も異なれば、花の色味も違います。その野趣あふれる風情が大きな魅力です」

エゾヤマザクラの木ごとの個性の違いを楽しみ、自分だけのお気に入りを探しながら花見を楽しむのも、北海道の桜を楽しむコツのひとつだ。

浦河町で馬に乗って桜並木を散歩しよう

浦河町西舎の桜並木と馬

  次に雄大な草原で戯れる馬たちの姿と、桜を一緒に楽しめる実に「北海道らしい」花見を体験できるスポットを紹介しよう。苫小牧市から襟裳(えりも)岬方面に向かう日高路は、新ひだか町静内のしずない二十間道路など、人気の桜名所が点在する人気の花見エリア。今回達人がおすすめしてくれたのは、新ひだか町をさらに南に進んだ浦河町西舎の桜並木だ。

「ここは乗馬体験をしながら桜を見るという、北海道ならではの花見体験ができる場所です。優駿さくらロードの約3キロ続くエゾヤマザクラのトンネルは見応えありますよ。また放牧地にある一本桜も見事です」

浦河町(うらかわちょう)西舎にある「うらかわ優駿ビレッジ AERU(アエル)」では乗馬も体験できる。日高山脈の美しい風景と桜色に染まった並木の中を、馬の背に乗り進むのは実に北海道らしい花見体験になるはずだ。日高路の桜名所をめぐる春のドライブを楽しもう。

■うらかわ優駿ビレッジ AERU(アエル)
【住所】 北海道浦河郡浦河町西舎141番40
【電話番号】0146-28-2111
【公式サイト】//aeru-urakawa.co.jp/

野付小学校には希少なチシマザクラの巨木あり

道東の別海町、野付小学校にあるチシマザクラの巨木

  北海道を代表するもうひとつの桜といえば「チシマザクラ(千島桜)」だ。別名エトロフザクラとも呼ばれ、もとは千島列島に自生していた桜が根室に渡り、道内に広がったとされている。幹の短い低木であり、枝が横に広がっていく様が特徴的だ。エゾヤマザクラと同じく自生種であり、木によって開花時期や花の色、大きさなど異なる個性をもつ桜だ。北海道でしか見られないチシマザクラ。中でも大変希少で、珍しい個性をもった巨木が道東の別海(べっかい)町にある。

「野付小学校にあるチシマザクラは非常に大きく、珍しいものです。推定樹齢は110年、樹高は5.5メートル、外周は45.8メートルもある日本一の大きさのチシマザクラです。低木のチシマザクラが大きく横に枝を広げている姿は圧巻です」

野付小学校の子どもたちの成長を見つめ続けてきたチシマザクラ。北海道内でもひと際色鮮やかといわれる道東の桜を見に行く際には、ぜひ立ち寄ってみよう。

■野付小学校のチシマザクラ
【住所】 北海道野付郡別海町尾岱沼潮見町217

温泉と花見を楽しめる、おたる宏楽園の和風庭園の桜

おたる宏楽園の八重紅枝垂桜

  次に花見と温泉を楽しめる、小樽の桜スポットを紹介しよう。それは平成28年(2016)4月9日(土)にリニューアルオープンする、小樽市の朝里川温泉地区にある和風温泉旅館「おたる宏楽園(こうらくえん)」だ。ここは達人が10年以上に渡って桜の管理を手がけてきたという思い入れのある場所のひとつだという。

「おたる宏楽園の広大な和風庭園では、エゾヤマザクラをはじめ、樹齢100年以上のソメイヨシノや八重紅枝垂桜など、約200本の多彩な桜を見ることができます。一昨年の火災の際も、幸い庭園には被害は及ばず工事中も庭園の整備を続けてきました。温泉と桜を楽しめる小樽の桜名所にぜひ足を運んでみてください」

この春、小樽を訪れた際にはぜひ宿泊利用をして和風庭園の桜を観賞しよう。また小樽には手宮公園や天狗山など桜の名所が多数あるので、合わせて花見を楽しんでほしい。

■おたる宏楽園
【住所】北海道小樽市新光5丁目18番2号
【電話番号】0134-54-8221
【公式サイト】//www.otaru-kourakuen.com/

エゾヤマザクラから生まれた「釧路八重」とは?

釧路八重

  最後にもうひとつ、北海道ならではの桜を紹介しよう。「釧路八重(くしろやえ)」という桜をご存知だろうか? この桜はエゾヤマザクラから派生した品種で、その名の通り道東の釧路地方で発見され、試行錯誤の末に繁殖に成功したという品種である。花の色は深紅色、華やかな八重咲きが美しい桜だ。エゾヤマザクラ、チシマザクラに比べると、釧路八重の名は北海道内でもまだあまり知られていない。釧路地方を中心に見られるが、写真の浦河町など北海道内の他地域でも鑑賞することができる。花見の際には、釧路八重がないか探してみてほしい。

野生種ゆえの個体差が魅力のエゾヤマザクラ。時には釧路八重のように、際立った個性のある個体が発見され、新しい品種が生まれることもある。

「北海道のエゾヤマザクラを遠目から見ると、桜の色がグラデーションしている様子がわかります。それこそが咲く時期や花の色味に個体差がある、野生種ならではの魅力です。一斉に咲くソメイヨシノとはまた違う、北海道の桜ならではの美しさを楽しんでほしいですね」

《厳選ホテル》

札幌で夜景の綺麗なおすすめのホテル5選

北海道各地の桜の名所ガイド

函館・道南の人気花見スポット3選

  函館・道南の花見の名所といえばここ、人気の桜スポットを紹介!

おすすめポイント
  北海道で桜が一番最初に咲く道南地方には、桜の名所が多数ある。まずは桜前線が最初に到着する「松前城」の桜。早咲きから遅咲きまで約8000本の桜が咲き、1カ月に渡り花見ができる。函館の「五稜郭公園」は、五稜郭タワーの上から見るピンクの星形の桜の姿が圧巻。北海道新幹線の終着駅のある北斗市は桜の名所としても有名で「法亀寺(ほうきじ)」のシダレ桜は夜桜もお見逃しなく。

道内各地の人気花見スポット3選

  日高路、道東の地元で人気がある桜スポットを紹介

おすすめポイント
  北海道は各地に桜の名所がある。日高路の新ひだか町静内の「しずない二十間道路」は、約3000本の桜が咲き誇る道内でも有数の桜並木。日本最東端の桜の名所、根室市にある「清隆寺」には樹齢130年ともいわれる見事なチシマザクラがある。道東の大空町「ひがしもこと芝桜公園」の丘一面がピンク色の芝桜に包まれる姿は圧巻だ。

札幌の人気花見スポット3選

  札幌で人気の花見スポットを紹介

おすすめポイント
  桜の季節に札幌を旅するならまず「北海道神宮」へ。境内には桜が約1400本、梅が約200本あり、梅と桜が同時に咲く姿を見ることができる。また隣接する「円山公園」は花見の時期に限って火気の使用が可能なので、北海道の定番である「花見ジンギスカン」を楽しめる面白いスポット。またイサム・ノグチ設計の公園として有名な「モエレ沼公園」に咲くのは、約2600本の桜。遊具や見所も多数あるのでファミリーにもおすすめだ。

北海道の宿探しなら「宿くらべ」

  • 温泉・スパがある北海道ホテルランキング
  • 札幌で朝食がおいしいホテル3選
  • 函館で朝食がおいしいホテル3選
編集部の視点
  北海道のいい宿研究会が厳選したホテルを目的別にご紹介。お得に楽しくホテルを選んで北海道を旅するヒントがたっぷり詰まっています。自分好みのプランがきっと見つかるはず。

⇒「宿くらべ」をもっと見る

札幌で朝食がおいしいホテル3選

浦河町への交通アクセス

  北海道には桜の名所が各地にある。中でも今回記事内で紹介した浦河町へのアクセスは車(レンタカー)かJRの利用がおすすめだ。新千歳空港からは車で、日高自動車道の無料区間を利用して約2時間。日高山脈と太平洋の雄大な景色を楽しみながら、のんびりと日高路のドライブを楽しもう。また札幌市からは、車で約2時間30分。JR利用なら約3時間55分(苫小牧市で乗り換え)。こちらも車窓の景色を楽しんでいこう。

住所

  北海道浦河郡浦河町

車(レンタカー)で

  新千歳空港からは、約2時間。日高自動車道(無料区間)と浦河国道・国道235号線を経由して、約129キロの距離だ。
札幌市からは、約2時間30分。道央自動車道(有料区間)、苫東道路、日高自動車道(無料区間)、浦河国道・国道235号線を経由して、約174キロの距離だ。

JR、バスで

  新千歳空港からは、直行のリムジンバスの利用がおすすめ。所要時間は約3時間43分。乗り換えなしで浦河町に直行できる。JRを利用する場合は、苫小牧市で乗り換えが必要。

札幌市からはJR利用で、約3時間55分。苫小牧市で乗り換えになるが、JRの接続によっては、苫小牧市から浦河行きのリムジンバスに乗ろう。移動時間がかかるので、余裕をもってスケジュールを立てよう。駅弁などを購入し、のんびり車窓を眺めながら列車旅を楽しもう。

北海道の桜についてのQ&A

Q 北海道のエゾヤマザクラはなぜ色が鮮やかなのですか?
A 北海道のエゾヤマザクラは、本州ではオオヤマザクラの名で親しまれています。本州のものがあまり冴えない発色なのに対し、北海道のエゾヤマザクラが鮮やかな紅紫色なのは、厳しい冬の寒さのおかげと考えられています。桜の開花や発色には「寒さ」が関係しており、北海道の厳しい冬の寒さが桜の美しい発色を生み出しているのです。エゾヤマザクラは本州の桜愛好家にとても注目されているんですよ!
Q 北海道の花見といえばジンギスカンと聞きました。それはなぜですか?
A 諸説あると思いますが、ひとつには、花見の季節とはいえ北海道の5月上旬はまだまだ寒いからだと思います。火を焚いて暖をとりながら、北海道名物のジンギスカンを楽しむという花見が広がったのではないでしょうか。最近では花見場所にバーベキュー施設が併設されていたり、ジンギスカンセットのレンタルをしている場所もありますよ。後始末と火の管理に注意して、桜にやさしくジンギスカンを楽しんでください。
Q ソメイヨシノとエゾヤマザクラの大きな違いはなんですか?
A ソメイヨシノは同一の木からのクローンがほとんどなので、一斉に咲き、同じタイミングで散ります。またエゾヤマザクラは野生種のため、一本一本に個性があり、とんでもなく早咲きのものや遅咲きのものがあったり、花の発色も違えば、葉の形まで違うこともあります。道民はソメイヨシノを好きな人が多いですが、北海道の色鮮やかなエゾヤマザクラは本州の桜愛好家からは非常に注目されているんですよ。

北海道のホテル特集最安値プラン!公式サイトからのご予約がお得

いざないの一枚

その他の達人指南を見る

市民憩いの花見名所「函館公園」

函館と道南、桜の名所を徹底ガイド
北海道でいち早く桜の開花を迎える道南エリア。函館市内はもちろん、道南全域に桜の名所が点在している。観光名所がそのまま花見の名所である場所も多い。桜の見頃は例年ち・・・

旭山公園の桜

旭川市の花見を楽しむ、桜の名所ガイド
旭川市では5月初旬から中旬にかけて桜の見頃を迎え、市内各所の公園は花見客でにぎわう。旭山動物園近くの夜桜の名所や、花見とキャンプを楽しめる穴場など、大雪山連峰に・・・

サッポロビール博物館

5月に楽しむ札幌のおすすめお花見スポット
4月になると全国的に桜は散ってしまうが、北海道の桜はゴールデンウィークに見頃を迎える。この時期に北海道を訪れれば、2度目のお花見が楽しめてしまうのだ。今回は札幌・・・

海産物からスイーツまで、函館土産はバリエーション豊か

函館の土産ガイド 定番とおすすめアイテム
歴史ある人気の土産から、ふんわりと柔らかく女性におすすめの絶品スイーツ。函館名物の海鮮を使った製品や変わり種の甘味まで、函館旅行に行ったならぜひ持ち帰りたい土産・・・

木古内町に咲くチューリップの見頃は4月~5月

木古内町 道南観光の新拠点を徹底ガイド!
平成28年(2016)3月開業の北海道新幹線。その北海道側最初の停車駅がある町が木古内町だ。津軽海峡に面した自然豊かなこの町には、眺望が見事な春の芝桜、厳冬の海・・・

きじひき高原から北斗市と函館市街を望む

北斗市観光ガイド グルメ・楽しみ方まで
北海道新幹線のターミナル・新函館北斗駅のある町、北斗市。海と大地に囲まれたこの町には、春の夜桜、雲海の見える高原、名産のホッキ貝グルメなど多彩な魅力がある。グル・・・

四季を通して自然の美しさを感じられる朝里川温泉郷

朝里川温泉 閑静な小樽の温泉街の楽しみ方
小樽市の山あいにある閑静な温泉街・朝里川温泉。リゾート温泉ホテルや、2万坪もの庭園を有する和風旅館、ペットと一緒に泊まれるコテージ、フランス料理を提供するプチホ・・・

森に囲まれた「ぬかびら源泉郷」は静謐さも魅力

ぬかびら源泉郷 森と湖の温泉街でくつろぐ
南に然別湖(しかりべつこ)、北の三国峠(みくにとうげ)を越えれば層雲峡。大雪山麓の森と川に囲まれた、東大雪観光ルートの拠点「ぬかびら源泉郷」の魅力は、“源泉かけ・・・

天狗山からの夜景

天狗山 小樽の夜景スポットの楽しみ方
JR小樽駅から車で約15分、小樽のシンボル的な存在の天狗山。山麓から山頂までを約4分でつなぐロープウェイが運行しており、山頂は小樽の街並みだけでなく小樽湾や石狩・・・