1. たびらい
  2. 観光情報
  3. 北海道観光情報
  4. ガリンコ号Ⅱ 流氷観光砕氷船と冬の紋別を楽しむ秘訣
ダミー

ガリンコ号Ⅱ
流氷観光砕氷船と冬の紋別を楽しむ秘訣

更新:2019年1月10日

オホーツクの海を氷の大地へと変える流氷。氷の中を豪快に進む「ガリンコ号」の魅力に迫ります。さぁ、あなたも1時間の氷上トリップへ!

[たびらいセレクション]

イチオシは早朝便!
迫力の風景をゆっくりと

朝の限定便「サンライズクルーズ」は、夜も明けきらない6時に出航します。
冬の朝のドキドキ。
ガリンコ号Ⅱの乗員数は195人。
ハイシーズンの日中便は大変な人気ですが、
朝イチのタイミングはまだ人が少ないため、悠々と過ごせます。
このゆったり感がおすすめポイントですよ。
オホーツク海に陽が昇る。朝日で流氷が赤く染まるさまはフォトジェニック! この瞬間を見逃さないで。
早朝便なら、船首にある「アルキメディアンスクリュー」も見放題。
このスクリューを流氷に押し当てて割るシーンは迫力満点です。
冬期のオホーツク海は気温が最低でマイナス20度まで冷え込みます。船内には砕氷シーンを映し出すビジョンも設置されているので、状況に合わせて利用してみて。
船内で時間を過ごしていると、船員さんがつかまえた
クリオネを見せてくれました。
これはうれしいサービス!
思わず写真を一枚。
流氷鑑賞だけではない、
素敵な道東の思い出ができました。
流氷観光のハイシーズンとなる2月の土日祝、ガリンコ号Ⅱは特別便として6時の「サンライズクルーズ」を運航します。太陽光を反射する真っ白な流氷は美しいものですが、朝陽に照らされた赤い流氷は別格。早朝は乗船する人も少なめで、流氷を砕く船首のスクリューをじっくりと観察できるのもおすすめポイントです。タイミングが合えば、スタッフの人も気さくに話しかけてくれ、日中の乗船とはまた違った体験ができますよ。

ガリンコ号Ⅱ

【住所】北海道紋別市海洋公園1番地
【出航時間】冬期(1~3月)9時、10時30分、
12時、13時30分、15時(所要時間1時間)
*上記の他、2月には「サンセットクルーズ」16時10分
*2月の土日祝には「サンライズクルーズ」6時、
「臨時便」7時30分/全便完全予約制
【運賃】冬期:一般3000円(流氷なし2500円)、
小学生以下1500円(流氷なし1250円)
【駐車場】無料(400台)
【問い合わせ(TEL)】0158-24-8000
【公式サイト】http://www.garinko.com/

[たびらいセレクション]

ガリンコ号のご近所で!
おすすめ体験3選

オホーツクタワー

ガリンコ号Ⅱの周辺には
「ガリアゾーン」と呼ばれる敷地の中に多彩な観光施設が揃っています。
そのひとつ「オホーツクタワー」の展望スペースは、
船上とはまた違った高い角度からオホーツク海を360度にわたって眺望可能。
オホーツクタワーの地下1階は「海底階」。
窓の外はオホーツク海という、海の中に出来た驚きの空間です。
日頃はなかなか見られないオホーツクの魚たちがいっぱい!
ギンポがこちらの様子を見に来ました。
白く透き通ったクリオネは、何度見てもやっぱり写真に撮りたくなる、抜群の安定感。

詳細はこちら

オホーツクとっかりセンター

おすすめは、もう1施設。
ガリンコ号Ⅱターミナルの真向かいにある
「オホーツクとっかりセンター」、通称「ゴマちゃんランド」です。
ここには海で保護されたアザラシが暮らしているのですが……
その得も言われぬ可愛らしさにキュン!
なんと、アザラシたちとの触れ合いも楽しめちゃうんですよ。

詳細はこちら

カニの爪

一風変わった記念写真を撮りたいなら、ぜひココへ。ガリンコ号Ⅱターミナルから徒歩10分ほどとアクセスも楽々です。ハイッ、カニッ!
観光の時間が限られている、という人も「オホーツクとっかりセンター」は訪れてみてほしい。入場料は100円とリーズナブルながら、水族館に負けるとも劣らないアザラシたちの可愛らしい表情に出合え、満足すること間違いなし。アザラシに触れることもできる給餌タイムは午前2回、午後3回が設定されており、ガリンコ号Ⅱの乗船前後に楽しめます。アザラシの「アアー」という迫力の生声、ぜひここでお聞きあれ。

オホーツクとっかりセンター

【住所】北海道紋別市海洋公園1番地 海洋交流館
【入場料金】100円
【問い合わせ(TEL)】0158-24-8000
【公式サイト】http://mombetsu.jp/sisetu/other/goma/index.html
もっと見る

[たびらいセレクション]

紋別ではハズせない。
かまぼこグルメを満喫

紋別の特産品でお手軽グルメのひとつが、かまぼこ。
港の近くにある「出塚水産」では、予約不要・無料で工場見学を楽しめます。
お土産も充実しています。
ゆるキャラ「紋太」をあしらった揚げかま(1022円/税込)は、
持ち帰りにもぴったりのサイズ感。
出塚水産では「カニマヨボール」や「ほたほた揚げ」などのかまぼこをリーズナブルな価格で購入でき、その場でいただくこともできます。ぜひおやつ感覚で味わってみて!

詳細はこちら

出塚水産のかまぼこは、新千歳空港でも高い人気を誇る紋別のローカルグルメ。紋別の本店では選んだかまぼこをその場で揚げてくれ、まさに“揚げたてほやほや”のお味を楽しめます。お店で食べるもよし、オホーツクドライブのお供としておやつ感覚で味わうもよしの一品です。オホーツクタワーでも「ホタテステーキ」を500円のワンコインで提供しています。

出塚水産

【住所】紋別市港町5丁目3-23
【営業時間】8時30分~18時30分、8時30分~18時(日曜、祝日・1月~3月)
【問い合わせ(TEL)】0158-23-2012
【公式サイト】http://dezka.com/
もっと見る

ローカル案内役
松田 謙介(たびらい編集部)

ウイスキーと渓流魚をこよなく愛するたびらい編集スタッフ。よく旅をするのは支笏・洞爺エリア。北海道の大自然と旅行者を結び付けたいと願い、日々、現場を見ています。

[たびらいセレクション]

今、この宿、見られてます

最新情報はこちらからチェック!

旬な観光情報を現地からお届け
×