北海道の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. たびらい
  2. 観光情報
  3. 北海道観光情報
  4. 小樽天狗山は昼間も楽しい! 夜景スポットの知られざる楽しみ方ガイド
天狗山桜展望台からの景色

小樽天狗山は昼間も楽しい!
夜景スポットの知られざる楽しみ方ガイド

標高532.4メートル、小樽のシンボル的な存在「天狗山」。山頂からは、小樽の街並みだけでなく小樽湾や石狩湾、さらには積丹半島までも見渡せる絶好のビューポイントです。展望台からの景色はもちろん、注目は山頂に設けられた個性的な施設の数々。昼間から訪れたい、天狗山の魅力をたっぷりと紹介します。

更新:2017年10月19日

[タイアップ]

天狗山第3展望台東屋

森林散策がおすすめ!
天狗山デイタイムの魅力

天狗山第3展望台への道のり
天狗山の頂上は、広々とした森。のんびりと散策しながら、
眺望の異なる五つの展望台を楽しめます。
天狗山桜展望台の桜
その中のひとつ、樹齢100年を超えるエゾヤマザクラが堂々と立つ「天狗桜展望台」。小樽市内で一番最後に咲く桜といわれ、例年5月中旬~下旬の開花です。
天狗山ロープウェイ
天狗山は、勾配が急なのが特徴的。山頂駅の脇は、なんと最大斜度40度!
その斜度がよく分かる第1展望台は、ドキドキのスリルが味わえます。
屋上展望台
最も高い場所から、ダイナミックな景色が楽しめるのが「屋上展望台」。写真を撮れる撮影台も設置してあり、迫力の大パノラマをひとり占めできますよ。
鼻なで天狗さん
山頂には名前にちなんだ、天狗の施設やグッズが多数。ロープウェイ乗り場近くの「鼻なで天狗さん」は、大きな天狗の鼻をなでると願いが叶うという人気のコーナー。
天狗の館
さらに山頂駅舎内には、
全国から天狗に関する品が集められた資料館「天狗の館」が。
入場無料ながら、展示品の数はなんと約700点と充実。
別世界に迷い込んでしまいそうなシュールな空間です。
屋上展望台からの夕日
夕刻、積丹方面の山に陽が沈みます。森に囲まれた山頂で、夕陽が見られるのは屋上展望台だけ。街並みの色あいも淡く、ロマンチックな時間が流れます。
屋上展望台から夜景を見る
天狗山夜景の特徴は、“宝石を散りばめたような”眺め。
急勾配の坂の上では街との距離が短く、
光が間近まで届くことによって生み出される景色です。
屋上展望台からの夜景
夜の海に船がゆく光景は、港町を望む天狗山ならでは。小樽のきらめきをじっくりと眺めて。

山頂の展望台を全て歩いてまわる所要時間は、約20分~30分ほどが目安。最も高い場所に位置する「屋上展望台」をはじめとする五つの展望台からは、見える景色もさまざま。天狗桜がシンボルの「天狗桜展望台」からは、小樽の街並みを一番間近で見られる他、ハート形のイルミネーションが光る「幸せ広場」で写真撮影も可能。「第1展望台」では、小樽の街並みを背景に運行するロープウェイと、最大斜度40度を誇る坂が目の前に。小樽市街全体がすっぽりと視野に納まる「第2展望台」は、手前に広がる森林と港町とのコントラストが見事です。森林をくぐり抜けた先にある「第3展望台」は、四季折々に色合いを変える山の景色を楽しめる場所。お気に入りのポイントを見つけてみて。冬季の天狗山はスキー場として営業しているので、迫力の急斜面を滑走したいなら冬に訪れるのもありですよ。

小樽天狗山ロープウェイ

【住所】北海道小樽市最上2丁目16-15
【運行期間・時間】9時~21時(季節により変動あり)
※冬季はスキー場ロープウェイとして運行
【料金】大人往復1140円、片道680円
【定休日】4月、11月にロープウェイ整備のため運休日あり
【問い合わせ(TEL)】0134-33-7381
【公式サイト】http://tenguyama.ckk.chuo-bus.co.jp/
シマリス

山頂にプチ動物園?
とってもキュートなシマリス公園

シマリス公園ガチャガチャでエサを買う
なんと天狗山には、野生のシマリスと触れ合える「シマリス公園」が。
ガチャガチャでエサを購入し、実際にあげることもできます。
ひまわりの種
カプセル入りのひまわりの種は1個100円。
売り場では軍手が貸し出されているので、素手が心配な人は利用も可能ですよ。
シマリス公園でリスを探す
リスたちは植物の陰に隠れています。
とっても素早いので、注意してその姿を探してみて。
シマリス
そっと近づくと、エサを乗せた手にリスが寄ってきます。その愛らしさにキュン!

日中は混み合うことの多いシマリス公園。人が多いとリスたちはなかなか出てこないので、比較的空いている夕方~閉園(17時頃)の間に訪れるのがおすすめ。運がよければたくさんのシマリスを見ることができますよ。シマリス公園の閉園後は、五つの展望台を散策しながら夜景を待つのもいいですね。

小樽天狗山 シマリス公園

【住所】北海道小樽市最上2丁目16-15 小樽天狗山ロープウェイ 山頂
【料金】入園無料 ※山頂までロープウェイを利用する場合は、大人往復1140円
【定休日】ロープウェイ運行期間中は無休
【問い合わせ(TEL)】0134-33-7381
【公式サイト】http://www.ckk.chuo-bus.co.jp/tenguyama/
ハンバーグ

天狗山の麓で
グルメ&体験を楽しもう

小樽天狗山カレー&カフェ Celan(ケラン)

小樽天狗山カレー&カフェ Celan(ケラン)
北海道産野菜をたっぷりと使った看板メニュー・スープカレーのスープは、野菜と豚骨、鳥がらを20時間煮込んでおり、甘みと深みが凝縮。大きな窓から望む景色も、ケランの魅力のひとつです。

詳細はこちら

La Salita(ラ・サリータ)

La Salita(ラ・サリータ)
山麓駅舎から車で約2分、山を下った住宅街にある「La Salita(ラ・サリータ)」は、平成10年(1998)にオープンした洋食屋さん。カレーの他にも、ハンバーグやパスタ、オムライスなど洋食を中心とした幅広いメニューを提供しています。

詳細はこちら

ザ・グラススタジオ・イン・オタル

ザ・グラススタジオ・イン・オタル
天狗山の麓にある「ザ・グラススタジオ・イン・オタル」は、手づくりガラスのショップとギャラリーが併設されたガラス工房。毎日4~5人の職人がショップの真下にある工房でガラスを製作しており、その作業風景を窓越しに自由に見学できるほか、吹きガラスなどの製作体験も可能ですよ。

詳細はこちら

小樽で宿泊 おすすめホテル情報

小樽で宿泊
おすすめホテル情報

ホテルソニア小樽

ホテルソニア小樽
小樽の街並みに溶け込むアンティーク調のホテルには、英国調の家具やステンドグラスがあり素敵な空間が広がっています。部屋は平成29年(2017)2月に全室リニューアル。1階にある本格寿司店「きた浜」で味わう朝食では、イクラをたっぷりのせてイクラ丼を楽しめます。

詳細はこちら

ホテルノルド小樽

ホテルノルド小樽
総大理石造りの運河沿いに建つ「ホテルノルド小樽」。夜はドーム天井に星座が輝き、運河夜景が眺められるバーを利用するのがおすすめです。リニューアルしたレストランも魅力で、小樽らしい海鮮勝手丼や実演の海鮮焼きが味わえる朝食が人気。

詳細はこちら

運河の宿 おたる ふる川

運河の宿 おたる ふる川
宿前には、運河を望む足湯があり、小樽の宿で足湯が楽しめるのはここだけ。また、季節のフルーツが浮かぶ浴槽や洞の寝湯がある温泉大浴場で、のんびり湯浴みも楽しめます。落ち着く雰囲気のラウンジや優しい味わいの朝食がホッとできると好評ですよ。

詳細はこちら

ローカル案内役
松田 謙介(たびらい編集部)

ウイスキーと渓流魚をこよなく愛するたびらい編集スタッフ。よく旅をするのは支笏・洞爺エリア。北海道の大自然と旅行者を結び付けたいと願い、日々、現場を見ています。

[タイアップ]

詳しく知る

基本情報

天狗の館
地域によって少しずつ違う天狗の表情や色を比較できる「天狗の館」

山には「天狗」にまつわるスポットがたくさん

小樽のシンボル的な存在「天狗山」。標高532.4メートルにある展望台は、絶好のビューポイントとして名高いスポット。港や市街地から近いために、光が際立ちはっきり見渡せる寒色系の夜景は、函館市・函館山、札幌市・藻岩山と並んで「北海道三大夜景」のひとつです。春は満開の一本桜、夏はスライダーや森林浴、秋は紅葉、冬はスキーや雪遊びと、一年を通じてさまざまな楽しみ方ができ、観光客だけでなく地元民にも愛されています。

そもそも、この山の名前はなぜ「天狗山」なのでしょう。山頂には「天狗の館」、「鼻なで天狗さん」、さらには天狗のモデル「猿田彦大神」をまつった「小樽天狗山神社」があります。施設に足を踏み入れると、必ず目にする天狗の姿や文字。この山が天狗と無関係とは思えません。

ただ、天狗山の名称の由来ははっきりとはしておらず、いくつかの説があります。それは「山の形が天狗に似ているから」、「小樽は本州から移住して来た人が多く、かつて住んでいた故郷にあった天狗山を思って名付けた」というもの。さらに「小樽港に海外からの船がやってきた際、港の人が『天狗が来た!』と言って、外国人が来たことを地元の人に知らせていたから」という説も。

かつては天狗に関わる施設はありませんでしたが、三十数年前に山頂の施設を建て替える際、「せっかくだから天狗にちなんだものを集めよう」と現在の形になりました。長い鼻をなでるとご利益があるとされる大きな天狗「鼻なで天狗さん」や、日本中から集めた天狗のお面や巻物がずらりと展示された「天狗の館」は、山頂のロープウェイ乗り場に直結する山頂施設内にあり、利用は無料です。

また、ロープウェイ乗り場と直結している売店には、天狗山オリジナルのマグネットから、ストラップやポストカード、さらにはロープウェイチョロQといった珍しい物まで、天狗山に訪れた記念にぴったりの品々が販売されています。

もちろん天狗グッズも充実。天狗の置き物や絵馬など、普段お目にかかることのないような品々は、見ているだけでも楽しい時間が過ごせます。そんな天狗グッズの中で、一番人気は「お守り天狗」(650円)。鈴付きの天狗に、天狗山の山頂にある天狗のモデル「猿田彦大神」をまつった「小樽天狗山神社」のお守りが連結されています。吸盤も取り付けられており、愛車に付ける人も多いという人気のアイテムです。

特に海外の観光客に人気なのが、天狗の置き物です。海外では魔物として恐れられている天狗が、お土産として販売されているのは大変珍しいと、旅の記念に購入する人が多数。現在は長い鼻が付いた顔だけの天狗と、全身の姿の天狗の2種類が販売されており、各種750円で販売されています。

第1展望台から見た景色とロープウェイ
小樽の景色を楽しむにはちょうど良いスピードで進むロープウェイ

天狗山を楽しむなら、ロープウェイは欠かせない!

天狗山のロープウェイは30人乗り。時速13キロとゆったりとしたスピードで、所要時間は約4分です。運行間隔が12分と短く、混雑時には6分間隔の臨時運行も。山頂行きの便に乗車すると、発車して間もなく、遠くの海上の景色がうっすらと目に入ってきます。そして、次に日本海、小樽の港、最後に小樽の街並みと、少しずつ開けてゆく景色は見物。

夜には、乗車中も夜景を楽しめるようにと、車内の照明を消して運行します。ぜひ街側で景色を楽しんで。

他の同乗客からの許可が下りれば、ペットの同伴も可能です。リード着用のうえ、飼い主が抱っこして、またはゲージに入れて愛犬と一緒にロープウェイに乗車する客も少なくありません。

また、天狗山は冬になると、天狗山スキー場としてウインタースポーツのゲレンデに様変わり。もちろんリフトもありますが、スキー板を担いでロープウェイへ乗車することも可能です。ロープウェイの方がリフトより早く山頂に到着するので、好んで利用するスキー客も。

天狗山スライダー
緑の中を走り抜ける「天狗山スライダー」

天狗山、季節の魅力とは

天狗山は、四季折々の魅力を楽しめるスポット。

春の天狗山には、毎年ある問い合せの電話がかかってきます。その理由は、天狗山山頂にそびえる一本桜である「天狗桜」。この桜は、樹齢100年を超すエゾヤマザクラで、明治時代に植えられたもの。開花時期は5月中旬から下旬、小樽で最後に開花するといわれています。例年開花を楽しみに待つファンの多い桜です。

夏ならではの楽しみは、青々とした自然の中を滑り抜ける「天狗山スライダー」。山頂のロープウェイ乗降場所から1分ほど歩くと、スライダー乗り場が見えるはず。このスライダーは、430メートルほどの特設コースとなっており、レバー付きのソリに乗って一気に滑り降りるというもの。最高時速はなんと約40キロ。360度を見渡せる大パノラマの中、心地よい風を浴びて滑り降りるのは爽快でスリル満点ですよ。基本は大人1人乗りですが、幼児までなら親子2人で乗ってもOK。またソリは操縦可能でスピードをコントロールできるので、孫と一緒にゆっくり滑るシニア世代にも人気です。ゴール手前には専用カメラによる撮影ポイントもあり、記念の1枚は乗り場にて500円で販売されます。旅の記念になりますね。

「せっかく山に来たのだから、ちょっと歩きたい」という人には、ぴったりの「森林浴コース」が山頂付近に設けられているので要チェック。平坦な道が続くそのコースは約1.3キロで、20〜30分ほどで一周できます。普通の靴で気軽に楽しめるのがうれしいですね。コースには看板が立てられており、迷うことなく山頂にたどり着けますよ。森林浴コースは、6〜10月の夏季限定。木漏れ日とたくさんの鳥のさえずりに包まれ、リフレッシュできること間違いなし。

意外と知られていないのが、天狗山の紅葉の美しさです。9月の初めから山頂は色づき、10月に入ると街では木々の葉がまだ青々としていても、周囲より標高の高い天狗山ではすっかり紅葉が広がります。山頂から、紅葉の見事なグラデーションを楽しんで。

そして、冬はゲレンデに。初心者から上級者まで多彩なコースが用意されており、スキーやスノーボードはもちろんのこと、スノーシュー(洋風かんじき)やそりのレンタルもあります。手ぶらで訪れても楽しめるのはうれしいポイント。山麓には安全に雪遊びができるよう、ネットで囲まれたゾーンも用意されているので、小さな子どもと安心して遊ぶことができますよ。冬は空気が澄んでいるので、晴れた日は景色が一段ときれいに見えます。前方に広がる絶景の中の滑走は、心地よい開放感です。

展望レストランてんぐ
山頂から望む夜景は、大切な人との距離をグッと縮めてくれそう

天狗山から小樽の夜景を満喫するなら?

やはり天狗山で一番見てほしい風景は、展望台からの眺め。特に夜は素晴らしく、多くの人が“宝石を散りばめたようだ”と感嘆の声を上げるほど。町からとても近いところにあり、光が間近まで届くことがその理由です。さらに、天狗山の展望台付近の傾斜は40度と急であるために、下を眺めるとまるで自分の足下に小樽の街や海が広がっているように見えますよ。足下に広がるパノラマをぜひ楽しんで。

ゆったりと夜景を楽しむなら、山頂のレストランのカウンターがおすすめです。ロープウェイ乗り場と直結している「展望レストランてんぐ」は、窓際に約25メートルものバーカウンターがあり、壮大な景色を眺めながら食事ができるレストラン。パスタやカレー、ラーメンやカツ丼など、多彩なメニューが用意されており、中でも牛肉をトロトロになるまでじっくり煮込んだビーフシチューが人気です。季節限定のメニューや、天狗の顔に見立てたボリュームたっぷりの「天狗ライス」、地元産のワインや温かいドリンクなど、カップルでも家族でも、晴れた日でも寒い夜でも、幅広いシーンに対応したメニューが用意されています。

温かい料理やドリンクと共に、大切な人と眺める夜景は格別。週末やクリスマスにはカップルで混み合う人気のスポットです。ロープウェイ往復券と展望レストランの食事券がセットになったお得なセット券もありますよ。

また、毎年2月にロングラン開催されるのが、手づくりの灯りと雪のオブジェを楽しむイベント「小樽雪あかりの路」。観光スポットや温泉、学校や商店街など、小樽市内のさまざまな場所が会場となりますが、天狗山はその中でも特徴ある会場のひとつとしてお馴染み。期間中は樹木がライトアップされ、さらにイベント初日の夜には、打ち上げ花火や松明(たいまつ)を持ったスキー隊のパフォーマンスを実施。いつもとはひと味違った華やかな天狗山に出会えます。

アクセス・施設情報

施設情報

小樽天狗山
【住所】北海道小樽市最上2丁目16-15
【営業時間】
(小樽天狗山ロープウェイ)
9時~21時(季節により変動あり)
※冬季はスキー場ロープウェイとして運行
(小樽天狗山スキー場)
12月上旬から3月下旬営業 9時~16時/ナイター営業16時~20時
【駐車料金】無料
【問い合わせ(TEL)】0134-33-7381
【公式サイト】http://tenguyama.ckk.chuo-bus.co.jp/


車で(レンタカーで)

新千歳空港から/高速道路(新千歳IC—札幌南IC—小樽IC)経由で約1時間25分。
札幌市街地から/高速道路(小樽IC)から約15分。

公共交通機関(JR・バス)で

JR小樽駅から中央バス「天狗山ロープウェイ行き」に乗車し、終点「天狗山ロープウェイ」で下車。約17分。

小樽天狗山のQ&A

ロープウェイや展望台など、ペットを連れても大丈夫?

大丈夫です。ロープウェイは、ペットをリードにつなぐか抱っこで乗車できます。ただし、同乗者の中に動物が苦手な人がいる時は、便をずらして乗車することになります。

山麓から山頂まで徒歩や車で登れますか?

山道を徒歩で登ることはできます。車に関しては、道道956号線より山頂に向かう市道がありますが、路幅が狭い上に急カーブが多く、また夜間は外灯もほとんどないため、おすすめしません。なお冬期間は通行できません。

車いすや赤ちゃん連れに配慮した設備はありますか?

山麓乗り場の階段は昇降機を用意しています。また、車いすの貸し出しや、山頂には多目的トイレ、おむつ替え用のベッドを女性トイレに用意してあります。

小樽観光で役立つ! 小樽の人気観光スポット

この記事を見ている人におすすめホテル情報

トップに戻る

最新情報はこちらからチェック!

旬な観光情報を現地からお届け