北海道の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. たびらい
  2. 観光情報
  3. 北海道観光情報
  4. チ・カ・ホ 札幌旅の移動に便利な地下歩行空間
チ・カ・ホ 札幌旅の移動に便利な地下歩行空間の記事イメージ

チ・カ・ホ
札幌旅の移動に便利な地下歩行空間

「チ・カ・ホ」は、札幌のメインストリート地下を走る地下歩行空間。天気を気にせず札幌駅から大通駅まで移動ができるほか、さっぽろテレビ塔やすすきの方面にも地下でつながるネットワークが形成されています。旅の移動に、休憩に、とっても便利!

更新:2017年7月24日

[タイアップ]

階段の前で休憩

休憩にもおすすめの
スタイリッシュ地下空間

チカホを歩く人々
天候や時間帯、信号にも左右されず
スマートに歩ける便利さ・快適さが人気の理由です。
大通の階段
さっぽろ駅と大通駅の間にも、複数の出入り口が。目的地近くの階段を利用すれば、移動は楽々。
天上窓
天井窓は、地下にいながら地上の明るさが伝わり、心地良い空間。
外の木々や空が見えると、ちょっぴり不思議な気分。
木製ベンチ
柔らかみを感じられるデザインのベンチに腰掛けて、ほっとひと息。座って休める場所が多いのもチ・カ・ホのポイントです。
現状、写真ダミー
こんなユニークなベンチも。札幌観光の記念写真撮影にもおすすめのスポットですよ。
大通公園出口
札幌の人気エリア・大通公園へ出るには、大通駅側出口を出た右手の黄色いオブジェが目印。
大通公園
周辺には観光スポットが盛りだくさん!快適な旅づくりに、ぜひチ・カ・ホを利用してみてくださいね。

チ・カ・ホには、利用しやすい出入口が複数あるだけでなく、直結の施設が多いのも魅力。飲食店が多く入店する人気の「赤れんがテラス」や「sitatte sapporo」にも、直にアクアスできます。特に雨の日には、まったく外に出ずに札幌都心部を行き来できるのでとっても便利。また、チ・カ・ホ内ではイベントが頻繁に開かれています。思いがけない旅の思い出を地下でも、つくってみてください。

札幌駅前通地下歩行空間

【住所】北海道札幌市中央区北3条~大通
【営業時間】5時45分~24時30分
【駐車場】なし
【問い合わせ(電話番号)】011-211-6406(札幌駅前通まちづくり株式会社)
【公式サイト】http://www.sapporo-chikamichi.jp/
シタッテサッポロ外観

チ・カ・ホ直結!
おすすめスイーツスポット

マンマペルテの人々
平成29年(2017)3月にオープンしたばかりの「sitatte sapporo(シタッテサッポロ)」。おすすめは、地下1階の「マンマペルテ」です。
マンマペルテケーキ
優しい「母の味」をコンセプトに、
たっぷりの野菜と果物を使った新鮮スイーツが楽しめます。
赤れんがテラス内観
北海道庁旧本庁舎直近の「赤れんがテラス」は、
多彩な店舗が集まるおしゃれスポット。
大通ビッセ
「大通ビッセ」1階には「ビッセスイーツ」が。「小樽あまとう」「Bocca」「洋菓子きのとや」など、北海道スイーツの名店が6店舗軒を連ねます。天気のいい日はテラス席もおすすめ!
イシヤカフェ
「白い恋人」で有名なISHIYAが運営する
「イシヤカフェ」も人気のスポット。

隣接する「キャンディ・ラボ」、1階のイシヤショップは
お土産選びにも最適です。

少し歩くだけで多くの甘味処が見つかるチ・カ・ホは、まさにスイーツ天国!都会の喧騒からひと時離れ、静かな大人の時間を楽しみたいなら「赤れんがテラス」の中に入るカフェ「椿サロン」や「Peche Grand(ペシェグラン)」がおすすめ。また、札幌・大通散策の途中で、気軽にスイーツで休息をとりたいなら「大通ビッセ」へ。カジュアルな雰囲気の大空間が広がっているので、人目を気にせず、セルフ形式でスイーツを味わえます。

sitatte sapporo(シタッテサッポロ)

【住所】北海道札幌市中央区北2条西3丁目
【通常営業時間】7時半~23時30分(営業時間は店舗により異なる)
【交通】札幌駅前地下歩行空間直結 地下鉄南北線「さっぽろ駅」より徒歩2分
【公式サイト】http://sitatte.jp/

赤れんがテラス

【住所】北海道札幌市中央区北2条西4丁目1
【営業時間】店舗により異なる
【交通】札幌駅前地下歩行空間直結 地下鉄南北線「さっぽろ駅」より徒歩2分
【公式サイト】https://31urban.jp/institution.php?iid=0021

大通ビッセ

【住所】札幌市中央区大通西3丁目7番地 北洋大通センター
【開館時間】7時~23時(営業時間は店舗により異なる)
【交通】札幌駅前地下歩行空間直結(13番出口) 地下鉄南北線「大通駅」北改札を出てすぐ
【公式サイト】http://www.odori-bisse.com/

ISHIYA 大通西4ビル

【住所】北海道札幌市中央区大通西4丁目6-1
【営業時間】店舗により異なる(イシヤカフェは通常8時~22時)
【交通】札幌駅前地下歩行空間直結 地下鉄南北線「大通駅」北改札を出てすぐ
【公式サイト】http://www.ishiya.co.jp/nishi4/
500メートル美術館を散策

チ・カ・ホのイベント
周辺のアートスポットをチェック

北から暮らしの工芸祭
広場では、日々多彩なイベントが催されています。
北海道の素材を活かした食品や工芸品との出合いは魅力的。
札幌国際芸術祭
特におすすめなのはアート系のイベント。
歩きながらちらっと見たり、気軽に参加できるのも魅力です。
500メートル美術館
歩きながらアートを楽しめる地下通路も。チ・カ・ホから少し足を延ばし、地下鉄東西線バスセンター前駅へ向かうコンコースには「500m美術館」が。
500メートル美術館2
駅施設内の通路としては日本最長のギャラリーには、地元アーティストによる絵画や写真、映像作品などがズラリ。その鑑賞は無料です。
小鳥の広場1
大通駅から「500m美術館」へ向かうなら、こちらのスポットにも注目。札幌地下街オーロラタウン内「小鳥のひろば」は市民にも愛される憩いの場です。
小鳥の広場2
カワイイ!時間を忘れて見入ってしまいます。

札幌は、市の玄関口である札幌駅から、周辺に観光スポットの多い大通駅、人気観光スポットのテレビ塔、歓楽街・すすきのまで、広く地下で繋がるネットワークを持つ街。魅力的なスポットや関連イベントなどを事前にチェックして、“地下街ブラ歩き”を楽しむのも面白いですよ。

500m美術館

【所在地】北海道札幌市地下鉄大通駅~バスセンター前駅間地下コンコース内
【照明点灯時間】7時30分~22時
【観覧料】無料
【公式サイト】http://500m.jp/

小鳥のひろば

【住所】北海道札幌市中央区北大通西2丁目 さっぽろ地下街オーロラタウンコミュニティ広場
【営業時間】10時~20時
豊平館を歩く

チ・カ・ホの近くで宿泊
おすすめホテル情報

JRタワーホテル日航札幌

JR札幌駅直結で利便性の高さが魅力。札幌の街並みも一望できる
札幌の玄関口・JR札幌駅に直結した「JRタワーホテル日航札幌」。札幌夜景を一望できるリゾートスパ「プラウブラン」を備えており、夜景を楽しめるホテルとしても人気です。

詳細はこちら

ニューオータニイン札幌

和モダンで落ち着く雰囲気のプレミアムスーペリアツイン30平米
「ニューオータニイン札幌」はJR札幌駅から徒歩8分、チ・カ・ホの最寄り出口からは約5分の距離。平成28年(2016)12月には上層階にプレミアムフロアがオープン。ピアノの生演奏も聞けるバーがあるのも魅力のホテルです。

詳細はこちら

ラ・ジェント・ステイ札幌大通

ギャラリーにはスタッフ手作りの観光に役立つスクラッチブック等がある
大通公園まで徒歩5分の「ラ・ジェント・ステイ札幌大通」は、遊び心あふれる空間造りで女性に人気のホテル。木のぬくもり豊かなレストランで和洋ビュッフェも楽しんで。

詳細はこちら

ローカル案内役
宮津 有沙(たびらい編集部)

北海道増毛町出身。おいしいものと田舎に目がないたびらい編集スタッフ。ちょっとマニアックな北海道の魅力を探るべく日々奮闘中。

[タイアップ]

詳しく知る

基本情報

チカホを歩く
1日、5万人以上の人が利用するチ・カ・ホ

「チ・カ・ホ」ってどんなところ?

平成23年(2011)3月に開通した「チ・カ・ホ」は、夏は1日当たり平均約5万人、冬は約8万人が利用する歩行者専用の地下通路です。

その全長は、札幌市営地下鉄南北線さっぽろ駅~大通駅を結ぶ約520メートル。短く感じるかもしれませんが、地上の駅前通は札幌でも特に車の交通量が多く、人通りも激しい場所。さらに冬場は、雪や氷で滑りやすく、足元に注意して進まなければなりません。「チ・カ・ホ」なら、信号待ちする必要もなく、段差もないので安全。四季を通じていつでも快適に歩けることが最大のメリットなのです。

チカホのイベント
毎日イベントや展示が開かれており、チ・カ・ホはいつもにぎやか

多彩なアートを楽しみながらチ・カ・ホ散策!

「チ・カ・ホ」は、ただ移動する空間ではありません。多彩なイベントが開かれる広場があり、歩きながら見たり、参加したりできるのが楽しい!

アート系のイベントでは、平成26年(2014)に市内各所で初開催された「札幌国際芸術祭」や、秋に行われる「さっぽろアートステージ」では、個性的な作品やパフォーマンスが企画されました。イベントによっては大道芸人やミュージシャンによるパフォーマンスが見られることも。毎年夏に開催されるジャズフェスティバル「サッポロ・シティ・ジャズ」の期間中には複数のステージも設けられる他、「サッポロ・サウンド・スクエア」として年間を通してライブが企画されています。

また、北海道ならではの商品と出合えるのも魅力です。イベントスペースで定期的に行われている「クラシェ」では、「暮らし」×「マルシェ」というイベント名の通り、こだわりのある道内のつくり手が集まり出店しています。テーマや季節に合った商品は、日用品から食器、ボディケア用品、食品などバリエーション豊か。

春に行われる「北から暮らしの工芸祭」は、北海道発のクラフト&アートフェア。手仕事の作家が集まる、年に一度のお祭りです。会場には、たとえば北海道の木材を使った機能的で美しいデザインの家具、誰かにプレゼントしたくなるカードや小物、温かみのある羊毛フェルトの品々など。札幌近郊だけでなく、道内各地から作り手が集まる一大イベントです。北海道旅ならではのお土産も見つかるかも。

シタッテサッポロ
グルメ店舗が多く入った注目の「sitatte sapporo」もオープン

ショッピングに、グルメに、豊富な直結スポット!

チ・カ・ホの出入口は14カ所あり、商業ビルやホテル、飲食店などにつながっています。賢く利用すれば時間短縮になるのもポイント!

たとえば、北海道庁旧本庁舎そばの「赤れんがテラス」は、カフェやレストラン、雑貨店など多彩な店が集まるおしゃれな商業ビル。スイーツだけでなく、北海道でも人気の食事処が入っているので休憩にも食事にもおすすめです。

周辺はビジネス街でもあるので、直結のビルの中には「安い・早い・美味い」の”地下飯”も充実。札幌駅前そばのカレー専門店「カレーハウスコロンボ」など、おすすめ店は数多くあります。定番グルメに飽きた時や、地元気分を味わいたい時に訪れてみて。

大通情報ステーション
大通出口そばには「大通情報ステーション」があり、旅のリサーチにも便利

イベント情報は情報ステーションにお任せ

札幌の観光情報を知りたいなら、「チ・カ・ホ」大通出口そばにある「大通情報ステーション」(地下鉄大通駅コンコース、5番出口横)を利用してください。ここは、札幌市内で行われる最新イベントや舞台、美術展などのアート、スポーツ、観光情報などが集められたスポット。関連のチラシがずらりと並びます。コンピュータで簡単に検索できる他、スタッフも常駐しているので、道案内も含め気軽に訪ねてみましょう。開館は10時~20時、日曜・祝日は19時まで(定休日12月29日~1月3日)。

また、JR札幌駅構内には「北海道さっぽろ『食と観光』情報館」(JR札幌駅1階西側コンコース北側。8時30分~20時、年中無休)があります。道内全域の観光情報や札幌市内のイベント情報のパンフレットが並び、案内スタッフも待機。特産品販売や、道産品食材にこだわった飲食コーナーもあるので、お土産探しから旅の情報収集まで、幅広く活用してみてくださいね。

アクセス・施設情報

施設情報

【住所】北海道札幌市中央区北3条~大通
【営業時間】5時45分~24時30分
【問い合わせ(TEL)】011-211-6406
(札幌駅前通まちづくり株式会社)
【公式サイト】http://www.sapporo-chikamichi.jp/


【JRで】

JR札幌駅で下車、直結。

【地下鉄で】

地下鉄南北線・東豊線「さっぽろ駅」で下車、直結。もしくは、地下鉄南北線・東西線・東豊線「大通駅」で下車、直結。

Q&A

駐車場はありますか?

地下歩行空間に駐車場はありませんが、「北1条地下駐車場」(7時30分~22時、年中無休)は接続されています。

トイレはありますか?

北1条・北3条の2カ所に、男女別の公共トイレと多目的トイレがあります。

ごみを捨てる場所はありますか?

ごみを捨てる場所はありませんので、持ち帰るようにしましょう。

この記事を見ている人におすすめホテル情報

トップに戻る

最新情報はこちらからチェック!

旬な観光情報を現地からお届け