宮崎の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 日南海岸 南国ムードのコーストライン

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

日南海岸 南国ムードのコーストライン

  年間を通してさまざまな表情を見せる海と、道沿いに並ぶ南国の花々。かつては“新婚旅行のメッカ”として日本中のカップルが訪れた日南海岸は、今また新たな試みの中で、人々に癒やしを与えるスポットとして注目されている。

堀切峠から見下ろすダイナミックな景色は、日南海岸の象徴

  宮崎を代表する景勝地、日南海岸。日南市・油津を境にした北部40キロ、南部80キロという南北に長いコーストラインが特徴的だ。

沿岸から見える海はもちろん、その波間には、南下するに従って鬼の洗濯板(波状岩)から岩礁の並ぶ荒瀬まで、宮崎ならではのさまざまな海景が広がる。沿道では、県木のフェニックスや県花である浜木綿のほか、色とりどりの南国の花木が見られる。

海岸を通る国道220号線は信号も少ないことから、休日には車・バイクでのドライブや、自転車でのツーリングを楽しむ観光客も多い。昭和30年(1955)に国定公園に指定されてから60年。今また新たな癒やしのスポットとして注目されるエリアだ。

取材/宮崎の地元情報誌「じゅぴあ」編集部、平成27年(2015)7月


▼その他の宮崎観光情報はこちら
宮崎観光のおすすめ情報8選

===============
■日南海岸に宿泊するパッケージツアーをお得に予約
⇒格安ツアーをチェックする

谷越衣久子さん
(たにごし いくこ)
谷越 衣久子さん

宮崎・日南海岸の達人
  日南海岸地域シーニックバイウェイ推進協議会事務局代表。長野県出身。日南海岸に住む人々との交流を通し、人と文化、自然の良さを伝える活動を手掛ける。「シーニックバイウェイ」とは、主に自転車走行からの視点で、観光や地域活性化を目指す活動。自転車で巡る観光客のための設備を整えるほか、日南海岸の魅力をのんびりと楽しむレジャーを提案している。

“大地に絵を描く”理念がつくった日南海岸の絶景

空と海、フェニックスや浜木綿のコントラストが美しい日南海岸

  日南海岸の景色を語るうえで絶対に外せない人物がいる。その人物とは、故・岩切章太郎氏(明治26年~昭和60年)。バス会社である宮崎交通の創業者で、宮崎を観光地として確立させた立役者だ。

岩切氏は、現在では宮崎の県木となっているフェニックスの植樹をはじめ、県内各地の公園整備など多くの観光開発を、“大地に絵を描く”という理念のもと私財を投じてまで実行。また、宮崎を訪れる観光客にも考えうる限りのもてなしをしたことから、“宮崎観光の父”として各界の著名人はじめ、全国の観光業者にも影響を与えた。

「自然の美、人工の美、人情の美」という観光のあり方は、現在も“岩切イズム”として宮崎の観光業界に幅広く継承されている。そうして描かれた“大地=キャンバス”として美しい風景を今に残す場所が、ここ日南海岸なのだ。もちろん、時代とともに交通網の整備は行われているが、自然と見事に調和したダイナミックな景色は、現在も訪れる人々に変わらぬ感動を与えてくれる。

ゆったりのんびり、自分なりのお気に入りの景色を見つける

季節や時間によって、さまざまな表情を見せる宮崎の海

  国道220号線から448号線をつなぐ日南海岸沿いの道には、道の駅フェニックスがある堀切峠や、世界で唯一複製を認められたイースター島のモアイが並ぶ「サンメッセ日南」、岩壁の洞穴内に本殿がある「鵜戸神宮」、ジャカランダの花が咲き乱れる「道の駅なんごう」、野生猿の生息する「幸島」など、多目的に楽しめるスポットが点在。ドライブの休憩に使える駐車スペースも多数ある。日本で最初のロードパークとして整備されており、バイクや自転車などでも十分に楽しめる観光道路になっている。

そんな日南海岸を新たな視点で楽しむべく、達人・谷越さんが取り組んでいるのが「ポタリング」での観光の促進。ポタリングとは、自転車やロードバイクなどで、ゆっくりのんびりぶらつきながら巡ることで、散歩ならぬ「散走」ともいうもの。本格的なスポーツ仕様の自転車のみならず、一般的な自転車でぶらぶらと寄り道しながら楽しめるよう、サイクリストの休憩ポイント設置などが計画されている。

磯遊びに釣り、サーフィン、SUP、マリンレジャーも充実

サーフィンの国際大会も開催されるほど豊富な波質

  日向灘に面して南北に120キロ続く海岸線だけに、白砂のビーチや浅い岩礁の入り江など海沿いの形状もバラエティに富み、幅広いマリンレジャーやスポーツが楽しめるのも日南海岸の特徴。

休日の引き潮時には、鬼の洗濯板で磯遊びや貝とりをする家族連れなどが見られ、5月下旬あたりからは、ひと足早く訪れる夏を楽しむかのように素潜りやSUP(スタンドアップパドルボード)を楽しむ人々の姿がよく見られる。

特にサーフィンに関しては、太平洋のうねりがダイレクトに届く立地のため、日本はおろか海外の雑誌でも紹介されるほど、その豊富な波質を求めて、世界中から多くのサーファーが訪れるという。国内における“サーフィンのメッカ”として、いくつかのポイントではサーファー向けの施設も整えられている。

また、岩礁の多い日南市~串間市のエリアは、その海中の美しさから国内で初めて設置された「日南海岸海中公園」。グラスボートやダイビングで、その透明度や、テーブルサンゴと戯れる魚たちの姿を楽しんでほしい。

新鮮な海の幸とトロピカルフルーツで南国気分に

目の前の海で獲れた魚介類や、名産フルーツに舌鼓

  日南海岸に点在する港では、南洋から北上してくる黒潮の恵みにより、一年を通して多種多様な魚介類が水揚げされる。沿道のレストランや飲食店などでは新鮮な海鮮を味わえ、港に隣接した食堂もあるので、海岸ドライブの合間に立ち寄るのもおすすめだ。

料理は、魚の刺身やみそ汁などの和食から、生け簀を利用した炭火焼き、創作フレンチにタイ料理までジャンルもさまざま。特に秋から冬にかけて解禁される伊勢海老料理は、沿道にあるドライブインなどで1500円前後から提供されている。大ぶりでやわらかな食感と滋味を味わおうと、シーズンになると県内外から多くの人が訪れる。

また、宮崎といえば完熟マンゴーに代表されるトロピカルフルーツも名産。ソフトクリームやジュース、スイーツなどに加工されたものが各所で味わえるほか、直売所や道の駅などでは、産地ならではの価格でマンゴーや宮崎原産の日向夏みかん、パッションフルーツ、ライチなどが購入できる。

自然と歴史に触れ、人や動物との触れ合いも楽しめるエリア

串間市幸島には、芋を洗って食べる“文化猿”の姿も

  “日向時間”という言葉をご存じだろうか? これは、(良くも悪くも?)宮崎で暮らす人々の生活リズムを表す言葉で、とにかくゆったりのんびりとした時間の流れのこと。

日南海岸は、海に面して緑豊かな山々が広がるエリアだが、その中にひとたび身を置けば、時の流れを忘れてしまうこともしばしば。波の音や心地よい潮風、鳥や野生動物たちの姿に、ゆっくりと癒やされるはずだ。

また、日南市油津港周辺の路地裏では、運河や赤レンガ倉庫など、タイムスリップしたような光景にも出合える。ぜひ車やバイクを降りて散策してほしい。地元の人々に気軽に声をかけてみれば、意外な歴史話が聞けるかもしれないし、宮崎独特の方言からも、南国リズムを感じとれる。

海と山、人と動物たち……。日南海岸の旅の醍醐味は、その鮮やかな色合いを魅せる景色とともに、ゆったりとした時間の流れを全身で感じることでもあるのだ。

《厳選ホテル》

日南海岸の魅力を感じる沿道スポット

日南海岸の景観を満喫する方法3選

  のんびりと列車の旅を楽しむこともできれば、日向灘の海を満喫する遊びや、歴史を語る場所なども。日南海岸の景観を満喫する三つの方法を紹介する。

  • 列車の車窓から眺める日南海岸の景色もまたいい
  • インストラクター付きなので、子どもたちだけでも安心だ
  • 施設西側の森の奥には大温室を備えた県の亜熱帯作物支場もある。
おすすめポイント
  交通手段から南国気分を楽しめるリゾート列車、目の前に広がる海を存分に楽しむアクティビティ、紺碧の海と南国気分を存分に楽しむスポットなど、海岸線には見どころや遊びどころが満載。

日南海岸沿いの立ち寄りスポット3選

  車やバイク、自転車旅などで気軽に立ち寄れる休憩&観光スポットを紹介。

  • 日常の喧噪から離れられる施設「潮の杜」
  • 堀川橋のふもとには神武天皇の妻・アヒラツヒメを祀る吾平津神社
  • 海と空の青、緑とジャカランダの花とのコントラスト
おすすめポイント
  地元の人々の日々の営みや、磨かれ過ぎていない純朴なおもてなし。道行く住人に気軽に声を掛けながら、そして周囲の景色を眺めながら、ゆったりとした“日向時間”を体感してほしい。

海の幸を堪能できるグルメ&休憩スポット3選

  目の前の海で獲れた新鮮な魚介類から、一本釣り漁獲量日本一のカツオまで。日南海岸を代表するグルメを紹介。

  • スパイシーな料理やフルーツジュースが味わえる「ギン・カーオ」
  • 炭火の香ばしい香りが食欲をそそる「日南一本釣りカツオ炙り」
  • 店内では貴重な写真の数々を目の当たりにできる「横店」
おすすめポイント
  近年できたタイ料理の店でも、近くの港で上がった新鮮な魚介類を使用。海の幸を思う存分満喫できるのも、日南海岸ならではの魅力だ。毎年9月から12月の頭までは伊勢海老も解禁され、沿岸の飲食店で「伊勢海老まつり」が開催される。

宮崎の旅をもっと楽しく。お得な旅行情報

編集部の視点
  宮崎の旅をもっと楽しく充実させられるように、温泉宿やレンタカー、パッケージツアーの予約情報を厳選して紹介。お得に賢く宮崎を旅するヒントがたっぷり詰まっているので、自分好みのプランがきっと見つかるはず。

たびらいの推し宿予約には、九州の宿泊予約プランが満載。九州の温泉を熟知したスタッフが、おすすめを紹介している。
⇒宮崎の宿はこちらで検索

日南海岸への交通アクセス情報

  【住所】
宮崎県宮崎市~串間市

車(レンタカー)で

  宮崎空港より国道220号を経由して約15分~2時間
宮崎駅よりJR日南線利用で約25分~2時間

宮崎・日南海岸の達人が答える旅のQ&A

Q 日南海岸は車やバイクがなくても楽しめる?
A JR日南線やバスを使い、各観光名所や目的地まで行くことが可能。また、平成27年(2015)4月からは県産のスギ材を使用した「日南レトロバス」が運行開始。宮崎駅から日南市飫肥まで(平日は串間市幸島まで)日南海岸沿いを走っている。ただし、天候や整備状況などにより運休することもあるので、利用の際は事前の問い合わせを。

【電話番号(問い合わせ)】
0985-32-0718(宮崎交通バス案内センター)
Q 海が見える宿泊施設はある?
A 海岸沿いには民宿や旅館、ホテルなど、海の見える部屋のあるさまざまな宿泊施設がある。
Q 沿道に気軽に駐車できるスペースはある?
A 施設に付帯している駐車場は、一般店舗を除き、ほとんどが施設利用以外でも駐車可能。また、沿道脇にもいくつか駐車帯が設置してあるが、カーブが多く、週末には交通量も多い。公共ではないエリアもあるため、駐車する場合には十分に注意を。
Q 初めてでも分かりやすい観光案内は?
A 空港や駅、沿道のドライブインなどには、日南海岸の案内地図がついた観光パンフレットが設置されている。
Q 空港や駅、沿道のドライブインなどには、観光パンフレットが設置されている?
A ドライブインや道の駅など、いくつかの場所に、日南海岸の案内地図がついた観光パンフレットが設置されている。ただし、各所の移動に時間がかかることも見込まれるので、事前にパンフレットや案内所などで調べておくことをおすすめする。
Q 海で遊ぶ際の注意点は?
A 基本的に、海水浴場ではない場所で泳ぐことはできない。サーフィンやダイビングなどのマリンスポーツに関しても、地形や潮の流れによる影響が大きいため、経験が浅い場合は地元の人やインストラクターの指示に従って行動を。また、釣りや磯遊びに関しても潮の干満により岸に戻れなくなる可能性があるため、十分に注意が必要。
宮崎の宿を探す、予約する。

たびらいの「推し宿」

  たびらいの「推し宿」には、九州の宿泊予約プランが満載。九州の温泉宿を熟知した現地スタッフが、選りすぐりの情報を紹介している。

また、希望の宿が満室表示されている場合には、スタッフが宿に直接交渉をしてくれるリクエストサービスも。


⇒宮崎の宿はこちらで検索

いざないの一枚

その他にも、九州のおすすめ観光情報を紹介。

あなたの気になる記事は?

九州の各地を味わうグルメ

黒糖焼酎 奄美群島だけで造られる稀有な酒

鹿児島・黒糖焼酎

霧島エリアの自然とグルメでパワーチャージ

鹿児島・霧島

「太平燕」 熊本のおすすめ郷土料理を食す

熊本・太平燕

人吉・球磨のグルメ旅 自然が育んだ食文化

熊本・人吉球磨

長崎ちゃんぽん 発祥からおすすめ情報まで

長崎・長崎ちゃんぽん

佐世保バーガー 大人気のご当地グルメ

長崎・佐世保

呼子で朝市やイカの活きづくりを楽しむ

佐賀・呼子

博多の水炊き。人気の郷土料理を味わう

福岡・博多の水炊き

門司港グルメ レトロな港町で焼きカレーを

福岡・門司港

久留米ラーメン とんこつラーメン発祥の味

福岡・久留米ラーメン

九州を歴史散策・文化探訪

宮崎・青島 鬼の洗濯板に囲まれた聖なる島

宮崎・青島

熊本城 日本三名城に選ばれる魅力とは

熊本城

三角西港で不思議発見。世界遺産登録が決定

熊本・三角西港

吉野ヶ里遺跡で邪馬台国ロマンを体感

佐賀・吉野ヶ里遺跡

福岡・秋月 筑前の小京都、秋月城下を散策

福岡・秋月

太宰府天満宮 深く知ると観光も楽しさ倍増

福岡・太宰府天満宮

博多座で、はじめての歌舞伎見物

福岡・博多座

産業都市北九州で、工場見学を楽しもう

福岡・北九州

軍艦島 タイムカプセルとなった廃墟の島

長崎・軍艦島

志賀島を巡る旅 古代ロマンと絶景を楽しむ

福岡・志賀島

九州の絶景を堪能する

屋久島トレッキングで縄文杉に会う

鹿児島・屋久島

糸島観光でスローバケーションを

福岡・糸島

福岡タワー 海と街を一望する人気スポット

福岡・福岡タワー

「山鹿灯籠まつり」で幻想的な灯りの世界へ

熊本・山鹿温泉

稲佐山から眺める長崎1000万ドルの夜景

長崎・稲佐山

佐賀バルーンフェスタ大空を彩る熱気球

佐賀・嘉瀬川

大観峰で阿蘇の絶景を満喫

熊本・大観峰

加計呂麻島の楽しみ方

鹿児島・加計呂麻島

冬の風物詩・長崎ランタンフェスティバル

長崎・新地中華街

阿蘇観光で雄大な自然と出合う旅

熊本・阿蘇

九州の温泉や名所でのんびりと

別府温泉 世界に名だたる温泉天国

大分・別府温泉

長湯温泉・日本一と名高い炭酸泉を堪能する

大分・長湯温泉

人吉温泉 いで湯とグルメと歴史の町

熊本・人吉

阿蘇温泉 南阿蘇・中阿蘇・小国へ訪れる

熊本・阿蘇

杖立温泉 “九州の奥座敷”で風情に浸る

熊本+大分・杖立温泉

武雄温泉 偉人たちに愛された「美人の湯」

佐賀・武雄温泉

うみたまご 大分の老舗水族館の楽しみ方

大分・うみたまご

柳川の歴史と文化にふれる町歩き

福岡・柳川

山鹿温泉の魅力を訪ねて

熊本・山鹿温泉

嬉野温泉 日本三大美肌の湯の楽しみ方

佐賀・嬉野温泉

その他の達人指南を見る

洗濯板の上に亜熱帯の森、上空から見ても特異な景観をなす青島

青島 鬼の洗濯板に囲まれた宮崎の聖なる島
“鬼の洗濯板”と呼ばれる奇岩の地形に囲まれる宮崎・青島。青島神社が鎮座するこの神聖な島で、自然の造り出す美と海幸山幸神話に触れる。

深い森の中で生き続ける縄文杉。名実共に屋久島のシンボルだ

屋久島トレッキングで縄文杉に会う
樹齢幾千年の巨樹。長距離トレッキングで、屋久島のカリスマ・「縄文杉」に会いに行く。

人吉グルメの一つ、鰻の蒲焼き(上村うなぎ屋)

人吉・球磨グルメ 自然が育む食文化
日本三大急流の球磨川が流れ、九州の小京都とも呼ばれる人吉・球磨。盆地という独特の土地条件が生んだ食文化は実にユニークだ。

入園するとすぐ目の前に優雅な桃山式日本庭園の景色が広がる

水前寺公園 湧水あふれる熊本の庭園を歩く
熊本城と並び、熊本市内の定番観光スポットとして知られる水前寺公園。その歴史と魅力を、参道沿いの商店の人たちに教えてもらった。

乗船場をスタート後、すぐに三柱神社の赤い欄干橋をくぐる

水郷・柳川 川下り観光の楽しみ方とは?
福岡市街から車で約1時間の柳川は、2キロ四方、延長60キロにわたって網目状の堀割が巡らされた水郷。堀割をどんこ舟で回る“川下り”は、柳川観光の目玉だ。船頭の舟歌・・・

そのシルエットはまさに軍艦。灰色のビルが密集している

軍艦島 タイムカプセルとなった無人島へ
かつては炭鉱の島として栄えた「軍艦島(ぐんかんじま)」。廃墟となった無人島に上陸すると、現在でも当時の面影が残っている。その歴史を知り、かつての人々の暮らしに思・・・

異国情緒あふれる街並み。広大な敷地内には様々なエリアがある

ハウステンボス 長崎を代表する観光地へ
美しいオランダの街並みと季節の花、子どもから大人まで一緒に楽しめるアトラクション、本格的な舞台にアートまで。長崎のおすすめ観光スポット・ハウステンボスには、とに・・・

太宰府天満宮。美しく迫力のある楼門は記念撮影ポイント

太宰府天満宮 深く知れば観光も深まる
年間800万人もの参拝者が訪れるという太宰府天満宮(だざいふてんまんぐう)。ただ参拝するだけでなく、歴史にまつわるスポットや境内のご利益スポットなど、すみずみに・・・

露天風呂から見える雄大な由布岳。四季折々の景色はまさに絶景

湯布院観光 全国屈指の温泉観光地へ
温泉地ランキングで常に上位を占める大分の人気観光地、「湯布院(ゆふいん)」。温泉だけでなく、食・自然・文化……とさまざまな観光の魅力がそろう湯布院にはリピーター・・・