北海道の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. ばんえい競馬、帯広で迫力のレースを満喫!

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

ばんえい競馬、帯広で迫力のレースを満喫!

  パワフル! ダイナミック! 世界でたったひとつ、帯広市でしか見ることのできないひき馬レースが、ばんえい競馬だ。ほぼ通年で開催されている観戦のポイントから多彩な施設ガイドまで、楽しみ方をご紹介。

ばんえいメイン

  「競馬」と聞けば、すらりとした馬やスピード感のあるレースを想像するだろう。ところが、ばんえい競馬は、違う。馬の体重は約1トン、サラブレッドの約2倍という巨体! 鉄ソリを曳き、坂の障害を越える馬たちは、騎手や観客と一体となってゴールを目指す。

馬のパワーと持久力、騎手のテクニックを競うこの勝負は、開拓の歴史と深く結びつく。今や世界で唯一、北海道遺産の帯広名物として人気で、平成26年度(2014)には約28万人が訪れた。

帯広競馬場の敷地内には、地元野菜やグルメを味わったり、動物と触れ合ったりと楽しい施設が充実。親子やカップルでも楽しめるばんえい競馬の魅力について、広報マネージャーの徳田奈穂子さんに聞いた。

取材・文/新目 七恵 投稿/平成27年(2015)12月

ばんえい達人
(とくだ なおこ)
徳田 奈穂子さん

ばんえい競馬の達人
  ばんえい十勝・広報マネージャー。帯広市のとなり町・音更町出身。東京で働き、帰郷後、ばんえい競馬事業に携わる。当時は帯広市単独開催2年目という変革期で、全員参加型の事業企画などに奔走する中、ばんえい競馬の素晴らしさを実感。「競馬はドラマ! 裏に秘められた物語を感じ取ると、ますます楽しめます」と語り、8年を経ても「まったく飽きません」と力を込める。

ばんえい競馬
⇒ http://www.banei-keiba.or.jp/

世界で唯一! ばんえい競馬は農耕馬の力比べに由来

ばんえいルーツ

  なぜ、わざわざ重い鉄ソリを曳くの? 平地の競馬に慣れた方なら、きっと不思議に思うだろう。徳田さんは「交通や運搬、農作業など暮らしに馬が欠かせなかった開拓時代、馬の価値を競った“力比べ”がルーツなのです」と教えてくれた。厳しい開拓暮らしの中、明治の終わりごろに始まった農耕馬の祭典などに由来するという。

ばんえい競馬は、もとは昭和24年(1949)に北海道が主催し、4年後からは旭川、帯広、北見、岩見沢で運営していた。ところが、平成19年(2007)、帯広以外の3市が撤退。廃止の危機を迎えるも、帯広市が単独開催することに。そうして今や世界で唯一、北海道の馬文化を伝えるものとして「北海道遺産」にも認定された。

そんな歴史や成り立ちに興味があれば、帯広競馬場入口にある「馬の資料館」がおすすめだ。馬と人の深い結びつきを知れば、ばんえい競馬がもっと愛おしくなることだろう。

でかい! 力強い! ばんえい馬のココに注目

でかいばん馬

  「そもそも、ばんえい馬って何かご存じですか?」と徳田さん。てっきり「北海道和種(どさんこ)」かと思ったら、違うのだそう。実は、フランスやベルギーなど外国産馬が主なルーツ。より強く、逞しくなり、今につながるという。ルーツのひとつにフランス北西部に由来する「ペルシュロン種」があるが、地元のフランス人が視察に訪れ、そのつながりに感動していったというエピソードも残っている。

ばんえい馬の大きさや美しさを楽しむなら、レース発走の約25分前ごろ、パドックに行ってみよう。「たてがみから蹄までピカピカになり、最高の状態で登場する馬たちの様子を間近で見ることができます」と徳田さん。馬具やたてがみを編み込む飾りなど、馬ごとのスタイルにもご注目を。頭をグンと上げ、目を輝かせている馬は好調の証し。レース予想の参考にもしてほしい。

「第2障害」をどう越える!? その瞬間を見逃すな!

第2障害

  さぁ、いよいよレース観戦だ。コースは直線200メートル。約2分間のレース中、最も盛り上がるのは、高さ1.6メートルに盛られた坂、「第2障害」を馬たちが乗り越える瞬間だ。

初めてなら、この坂の手前で馬が一旦停止するので戸惑ってしまうかもしれない。けれど、ここが、レース観戦の醍醐味。騎手の腕の見せどころでもあり、馬の呼吸とほかの馬の動きを見ながら、どう仕掛けるか。人馬一体となって駆け抜ける、まさにスリル満点の駆け引きが行われる。

「5番、5番!」「○○○(馬の名前)、いけー!」など、スタンドの興奮も最高潮に。徳田さんは「初心者の方も恥ずかしがらずに声を出してください」と言う。「騎手の心得として、レース中、お客様に反応しないことになっていますが、実際はよく聞こえているそうです」。声援が大きければ、その分、馬や騎手に気持ちは伝わる。ゴールの瞬間まで思いっきり応援し、高揚感や一体感を味わってほしい。

もっと楽しむなら、バックヤードツアーや朝の調教見学ツアーへ

ばんえいバックヤード

  時間に余裕があれば、バックヤードツアーに参加しよう。これは、普段入れないレースのウラ側を案内してもらうもの。出走前の馬が集まる装鞍所や厩舎地区を巡った後は、見晴らし抜群の旧実況室でレースを楽しめる。「装鞍所では、闘志マンマンの馬もいれば、退屈そうな馬も(笑)。リラックスムードの厩舎も含め、馬たちの意外な素顔が覗けます」と徳田さん。参加はレース開催日の14時までに1階総合案内所で直接受け付け(受付時間は開催時間によって変更するため、要問い合わせ)。約45分間で、大人500円のお土産付き。小学生以下は無料だ。

また、冬に人気なのが、朝の調教見学ツアーだ。日の出で周囲がオレンジ色に染まる中、馬体の汗が蒸気となって立ち上る幻想的な風景を作り出す様子を見ることができる。12月~翌3月は毎週日曜日、春~秋は重賞レース日に予定。一人2000円。カメラマンのリピーターが多く、冬場は申し込みが殺到するので、予約はお早目に(帯広競馬場/0155-34-0825)。

まるでテーマパーク! 馬の資料館やふれあい動物園…施設ガイド

ふれあい動物園

  ばんえい競馬の楽しみは、レースのほかにもいろいろ。歴史に興味のある大人なら、競馬場入口の「馬の資料館」がおすすめ。農具や写真などを数多く展示するほか、競馬の成り立ちなどを分かりやすく紹介。十勝の観光パンフレットも充実しており、観光情報の拠点としても活用できる。

また、子ども連れに人気なのが、スタンド裏手の「ふれあい動物園」だ。ばんえい十勝の人気者・リッキー号&ミルキー号、キング号と触れ合えるほか、可愛いポニーやウサギたちも。平成27年(2015)にリニューアルしたばかりで、「休憩所も設けているので、ゆったり過ごせます」と徳田さん。

競馬場スタンドの手前には、年中無休の観光交流拠点「とかちむら」がある。レストランやカフェ、産直市場があり、食の宝庫・十勝の美味しさを実感できるグルメスポットだ。見て、触れて、食べて。旅のひとときを、のんびり過ごしてほしい。

《厳選ホテル》

【あかん遊久の里鶴雅 別館】阿寒湖の絶景と過ごす大人の一日

ばんえい競馬をもっと楽しもう! おすすめ観光情報

ここは見逃せない! ばんえい競馬スポット3選

  子どもから大人まで楽しめる、ばんえい競馬のおすすめスポットをさらにピックアップ。

おすすめポイント
  「とかちむら産直市場」は、“食の王国”十勝の生産者が持ち寄る新鮮な野菜をはじめ、人気のチーズや加工品がずらり。「値段も手軽で、地元の住民も買いに来るほどの充実ぶり。出入りする農家さんに声を掛けて、調理法を教わるのもおすすめです」と徳田さん。地方発送もできるので、大量購入もOKだ。平成27年(2015)に登場した新スポットが「十勝輓馬(ひきうま)神社」。馬は人を踏まないことから「交通安全」などのご利益があるとか。「ふれあい動物園」ではリッキー号やミルキー号が待っている。記念写真を撮ろう。

これは食べたい! ばんえい競馬グルメ3選

  全国的に有名な十勝発のご当地グルメ・豚丼から、旬の地元食材を使った本格メニュー、さらには帯広競馬場馴染みの味まで、おすすめをチョイス。

おすすめポイント
  多彩なグルメを楽しめるのも、ばんえい十勝の良さ。名物・豚丼を味わうなら、専門店「ぶた丼 たむら」へ。テイクアウトもOKだ。「ミリオン・サンテ」は、十勝の豊かな食材を使った本格料理が味えるレストラン。徳田さんいわく「リーズナブルにコース料理が楽しめます」。もっとディープな庶民派グルメがお好きなら、スタンド1階の食堂がおすすめ。ラーメン、おにぎり、ザンギ…と豊富なメニューのなかでも、イチオシは「元祖カレーラーメン」! 昭和49年(1974)から続く伝統の味を堪能してほしい。

ばんえい競馬おすすめグッズ3選

  旅の記念に、あの人へのお土産に。種類も豊富なオリジナルグッズの中から、人気の商品をご紹介。

おすすめポイント
  帯広競馬場の「とかちむら」やスタンド内には売店があり、タオルやTシャツ、ぬいぐるみなど種類豊富なばんえいグッズが販売されている。“幸運アイテム”として人気なのが、馬たちが実際に使用した「蹄鉄(ていてつ)」。特に冬用は、「絶対滑らない」として受験生の合格祈願に喜ばれている。北海道を舞台にした人気漫画「銀の匙」のオリジナルグッズも多数用意。ばんえい競馬の公式キャラクター・リッキーのストラップは、観戦の記念&世界で唯一の“北海道遺産”を応援する意味でも買い求めてほしい。

観光に便利。十勝川温泉のおすすめホテル情報

編集部の視点
  帯広市内を流れる十勝川のほとりに広がる「十勝川温泉郷」には、植物性の有機物が多く含まれたモール温泉が湧出。入浴後、しっとりした肌ざわりを感じられるこの温泉は、「美人の湯」とも呼ばれています。夫婦・カップル旅行にもぴったりの十勝川温泉、そのおすすめ施設を紹介します。

ANA北海道0214_便利なのに格安な「旅作」。 活用術7つ

帯広競馬場への交通アクセス

  帯広駅からタクシーで約8分、バスで約10分の場所にある帯広競馬場。車の場合、JR帯広駅から白樺通を西へ真っ直ぐ進めば、右手に見えてくる。看板が目印になる上、スタンドや厩舎地区は広く囲みがあるので、迷うことはないはずだ。

帯広競馬場の施設情報

  【住所】
北海道帯広市西13条南9丁目

【営業時間】
毎週土・日・月のばんえい十勝のレース開催に合わせて営業。
※レース開催時刻は要問い合わせ
一方、とかちむらは年中無休(営業時間は定休日は店舗で異なる)

【駐車場】
約1100台分あり(無料)

【入場料金】
100円

【問い合わせ(電話番号)】
0155-34-0825

【公式サイト】
http://www.banei-keiba.or.jp/

車(レンタカー)で

  帯広空港から約40分。道東自動車道「音更帯広IC」、もしくは帯広広尾自動車道「芽室帯広IC」から約15分。JR帯広駅南口からタクシーの場合、約7分(690円程度)。
帯広空港の格安レンタカーを予約できます!

バスで

  JR帯広駅バスターミナル12番乗り場から約10分、「競馬場前」で下車。とかち帯広空港・空港ビル玄関前から約50分、競馬場前で下車。

ビギナーにもやさしい。ばんえい競馬のQ&A

Q ばんえいの馬券の種類は?
A 全部で8種類あります。最も当てやすい「複勝」(3着までに入る馬を当てる馬券)から、最も難しい「三連単」(1、2、3着を着順通りに当てる馬券)まで、難易度はさまざま。初心者なら、まずは「複勝」でチェレンジするのが良いでしょう。
Q 馬券の買い方は?
A 帯広競馬場内にあるマークカードに記入し、自動販売機で購入します。マークカードは青、緑、水色、赤の4種類から選びます。初心者が「単勝」や「複勝」を買うなら、青色・赤色のカードを選んでください。
Q 初めてで、馬券を買うのが不安!
A ご安心ください。帯広競馬場内には「ビギナーコーナー」があり、簡単&丁寧に馬券の購入方法を説明します。お気軽にお尋ねください。
Q 帯広競馬場以外でも、馬券は買えるの?
A 北海道内外に場内発売所があるほか、インターネットでの購入も可能です。詳しくは公式サイトをご確認ください。

北海道【レンタカー】スマートトラベルレンタカー

いざないの一枚

その他の達人指南を見る

ホテル大平原の露天風呂

十勝川温泉 悠久の時がつくった美人の湯
その土地、その土地の温泉を巡るのも、日本の旅の楽しみのひとつ。北海道は温泉天国でもあり、数多くの有名温泉があるが、帯広・十勝の代表は十勝川温泉。ここは世界的にも・・・

池田ワイン城

池田ワイン城観光で、十勝ワイン体験!
池田ワイン城がある北海道の池田町は、十勝ワインで有名な街。今や北海道を代表するブランドとなった十勝ワインだが、このブランドはまち自体を苦境から救うため、池田町と・・・

帯広スイーツ

スイーツ好きの天国。帯広でスイーツ巡り
帯広はスイーツ好きの天国だ。数多くのスイーツ店が切磋琢磨するからか、お菓子の平均レベルが高い。どの店も美味いのだ。そしてうれしくなるほどに値段も安い。そんな帯広・・・

観光ガーデンのお花畑

北海道ガーデン街道で花と緑に癒される
北海道ガーデン街道とは、旭川から富良野を経て十勝に至る全長約200キロほどの観光コース。北海道を代表する7つのガーデンがこの街道で結ばれているため、人気も急上昇・・・

旭山動物園

北海道を代表する動物園となった旭山動物園
行動展示で生き生きとした動物と出会える。旭山動物園の魅力を再発見。

『彩の畑』

ファーム富田 ラベンダーの名所を満喫したいなら、何するべき?
富良野市に隣接する中富良野町の「ファーム富田」は、毎年100万人もの観光客が訪れる日本最大級のラベンダー畑。北海道指折りの人気スポットを100%満喫するには、実・・・

雲海を間近に望む

「雲海テラス」息をのむトマムの大パノラマ
まさに幻想的というコトバがぴったり。星野リゾート・トマムの「雲海テラス」は、今や北海道観光の新しい目玉となりつつある。早起きしなければ出会えない幸運を求めて、早・・・

夏の美瑛

美瑛観光、丘のまちの定番とツウな楽しみ方
丘陵地帯に種類の異なる農作物が植えられたことから、美瑛町はパッチワークと呼ばれる美しい丘のパターンを楽しめる場所として人気が高まった。まず、有名なスポットが点在・・・

トップ写真

「門別競馬場」北海道の地方競馬の楽しみ方
馬産地のお膝元・日高町にある門別競馬場。地方競馬ならではのナイトレースで盛り上がり、名物グルメに舌鼓。競馬ファンはもちろんビギナーや女性、ファミリーまで大いに楽・・・