1. たびらい
  2. 観光情報
  3. 北海道観光情報
  4. ばんえい十勝 世界唯一のばんえい競馬を楽しむ
ばんえい十勝 レース

ばんえい競馬
世界で唯一の競馬レースを100%楽しむ方法

更新:2019年5月23日

世界で唯一の“ばんえい競馬”が楽しめる帯広競馬場。北海道開拓時代に農耕馬として活躍した大型の「ばん馬」による、大迫力のひき馬レースが見られるのは帯広だけなんです。レースだけじゃない、さまざまな体験を楽しんでみましょう。

[たびらいセレクション]

ばんえい十勝 レース

世界でココだけの競馬
大迫力のレースを楽しもう!

ばんえい十勝 レース
帯広競馬場に到着!
入場券は100円と、とってもリーズナブルです。
パドック
さっそくレースを観戦したい!
まずは、レース前のばん馬を間近に見られるパドックへ。
馬の様子からレースを予想することができるんです。
ビギナーコーナー
競馬の経験がないと馬券の買い方って難しいものですよね。
そんな時は場内のビギナーコーナーへ。
スタッフさんが丁寧に教えてくれるので、
初めてでも安心してレースを楽しめますよ。
ビギナーコーナー
馬券は8種類。お気に入りの馬をマークシートに記入します。
券売機
記入したマークシートを自動券売機に投入すると、
馬券が発券されます。
当たるかな? ドキドキです。
レース場
ばんえい競馬のレース場はとても広く、
コースは直線で200メートルの距離です。
レース
いよいよレーススタート。
騎手と重りを乗せた鉄ソリを、ばん馬たちが力いっぱい曳いて競い合います。
レース
レース中、最も盛り上がるのはこの場面。高さ1.6メートルに盛られた「第2障害」の坂を馬たちが乗り越える瞬間は大歓声!
レース
レース終盤は興奮も最高潮に。砂塵を巻き上げる競走馬と共に、人々がゴール手前に押し寄せます。 実は騎手にはこの声援が聞こえているのだそう。ぜひ声を出して応援してくださいね。
パドックに行くなら、レース発走の約25分前ごろ。たてがみから蹄までピカピカになり、最高の状態で登場する馬たちの様子を間近で見ることができます。馬具やたてがみを編み込む飾りなど、馬ごとのスタイルにもご注目を。頭をグンと上げ、目を輝かせている馬は好調の証し。レース予想の参考にもなりますよ。

帯広競馬場

【住所】 北海道帯広市西13条南9丁目
【営業時間】ばんえい十勝のレースは毎週土・日・月曜日に開催。
レース開催時刻は季節によって変動するため、要問い合わせ
【駐車場】 750台(無料)
【入場料金】100円(15歳未満は無料)
【問い合わせ(TEL)】 0155-34-0825
【公式サイト】 http://banei-keiba.or.jp/

[たびらいセレクション]

ふれあい動物園

ふれあい動物園
ばん馬と触れあえる癒しスポット

ふれあい動物園
スタンド裏手にあるのが、子どもたちに大人気の「ふれあい動物園」。
レース観戦とは違う楽しみが待っていますよ。
ふれあい動物園
「ばん馬って大きい!」 こちらは、キング君。 こんなに近くで見て、触れあえるのは「ふれあい動物園」だけです。
ふれあい動物園
馬の大好物といえば? そう、やっぱりにんじん。
ここでは、馬たちに餌やり体験もできます。
ふれあい動物園
にんじんが欲しくて小屋から顔を出した、食いしん坊なリッキー君。 にんじんを差し出すと……
ふれあい動物園
すかさずパクッ!
パリパリとおいしそうに食べるリッキー君。
うれしそうな表情にキュンとしちゃいます。
ふれあい動物園
ばん馬のほかにも、ポニー、ヤギ、ウサギなど園内には動物がたくさん。
レースの合間に、ぜひ足を運んでみてください。
近くで見ると、ばん馬の大きさと迫力は相当なもの! もし怖くて触れられなくても、園内にはウサギなど小さな動物もいるので安心して楽しめますよ。清潔な手洗い場が用意されているので、動物と触れ合った後は手洗いをお忘れなく。

ふれあい動物園

【営業時間】レース開催日の土・日・月/10時~17時、水~金/11時~15時
【定休日】火曜日
【駐車場】750台(無料)
【入場料】ばんえい競馬開催日(土~月):開門時間以降100円、非開催日(水~金):無料
【問い合わせ(TEL)】0155-34-0825
【公式サイト】http://www.banei-keiba.or.jp/
もっと見る

[たびらいセレクション]

バックヤードツアー

ばん馬の素顔に迫る
バックヤードツアーもおすすめ

バックヤードツアー集合場所
さらなるおすすめが、
ばん馬たちの素顔も覗けるバックヤードツアーの参加。
1階の総合案内所で当日受付ができます。
時間になったら、ばん馬の大きな絵が目印の集合場所へ。
バックヤードツアー
普段、バックヤードは
関係者以外立ち入り禁止のエリアです。
ここを専門ガイドさんの解説を受けながら
ワンコインの500円で体験できるとは驚きですよ!
バックヤードツアー
こちらの装鞍所(そうあんじょ)では、
レース前に馬具の装着などを行います。
馬の健康状態のチェックや、ゼッケン番号との食い違いがないかといった
実馬照合なども、出走前に必ず実施。
バックヤードツアー
敷地内は広いので、バスに乗って移動しながら各エリアを周ります。
バックヤードツアー
厩舎(きゅうしゃ)エリアでは、人と馬がひとつ屋根の下で暮らす日常の風景を垣間見ることができます。普段は見ることができないので、とても貴重な機会です。
バックヤードツアープレゼント
ツアー終了後、参加者には限定特典が。
希望者はガイドさんの解説を聞きながらレース観戦も楽しめます。
このツアー、とってもおすすめですよ。
バックヤードツアーのマイクロバスに乗車可能な人数の関係で、定員が20人と少なめです。申込人数が多い時には2班、3班と回数を増やすことも。電話での受付はしていないため、現場予約をお早めに。大人はワンコインの500円、小学生以下は無料で参加できますが、無料参加の場合、特典はついてきません。お父さん、お母さん。どうか十勝旅の記念に、もらった特典はお子さんにプレゼントしてくださいね。

バックヤードツアー

【受付時間】開門(13時~)※受付時間は変更になる場合あり
【受付場所】総合案内所(スタンド1階奥)
【開始時間】14時10分頃(ナイターレース開催時)
【料金】大人500円(おみやげ付)※小学生以下無料
【定員】20人
もっと見る

[たびらいセレクション]

お土産

ユニークなお土産もたくさん!
敷地内のオモシロスポット

売店
競馬場内の土産ショップでは、
十勝の物産品や面白いオリジナルグッズが
多数取り扱われています。
お土産
馬の蹄を保護する蹄鉄(ていてつ)は、古くから幸運のシンボル。
ショップでは競走馬が実際に使用した蹄鉄を販売しており、
夏用・冬用など、さまざまな種類が用意されています。
お土産
人気キャラクター「ばんば君」のグッズが盛りだくさん!
あぶらとり紙(410円/税込)など、
日常使いにうれしいアイテムが豊富です。
友達に喜ばれそうなデザイン。

とかちむら

十勝輓馬神社
2015年に完成した「十勝輓馬(ひきうま)神社」。 ばん馬の蹄鉄を御神体とする、ちょっとユニークなパワースポットです。
十勝輓馬神社
この神社で引けるおみくじは、馬にちなんだ「うまみくじ」
十勝輓馬神社
馬にまつわるメッセージが添えられています。
ちょっとした雑学がおもしろい!
十勝輓馬神社
こちらも、馬にかけられたユニークな絵馬。
レース前の願掛けにいかがでしょうか?

「とかちむら」は、豚丼などの地元グルメが味わえるのも魅力。「とかちむら産直市場」や「とかちむらスイーツ&セレクト」などお土産選びに立ち寄りたいスポットも。産直市場には新鮮な野菜やチーズをはじめ、地酒や加工品まで“十勝のおいしいもの”がそろっています。あなたにピッタリのひと品を探しに、ぜひ立ち寄ってみて。

とかちむら

【住所】北海道帯広市西13条南8-1(帯広競馬場内)
【営業時間・定休日】※各店舗によって異なる
【駐車場】750台(無料)
【問い合わせ(TEL)】0155-34-7307
【公式サイト】http://tokachimura.jp/
もっと見る

[たびらいセレクション]

十勝川温泉第一ホテル

美人の湯「モール温泉」を堪能!
おすすめホテル情報

プレミアホテル-CABIN-帯広

プレミアホテルキャビン帯広
帯広駅前という好立地ながら、天然温泉が楽しめる宿。多彩な客室のほかカラオケルームなどもあり、グループ旅行や家族旅行にもピッタリ。

詳細はこちら

十勝川温泉 第一ホテル 豊洲亭・豆陽亭

十勝川温泉 第一ホテル 豊洲亭・豆陽亭
展望露天風呂付きの客室や足湯テラスがあるホテル。ホテルメイドの焼き立てパンが並ぶベーカリーも、この宿の特徴です。

詳細はこちら

十勝川温泉 ホテル大平原

十勝川温泉 ホテル大平原
源泉かけ流しの温泉は温泉ツウにも高評価! ホテルのシンボルである熱気球は団体予約制で上げられていますが、タイミングが合えば一般宿泊者も利用が可能です。

詳細はこちら

もっと見る

北海道のホテル通が選んだ
帯広・十勝ホテルランキング

帯広・十勝のホテルを目的やテーマ別にピックアップ。実際に見て泊まって選んだおすすめ宿をランキング形式で紹介します。

詳細はこちら

帯広・十勝のホテルでよく見られている推し宿特集

ローカル案内役
松田 謙介(たびらい編集部)

ウイスキーと渓流魚をこよなく愛するたびらい編集スタッフ。よく旅をするのは支笏・洞爺エリア。北海道の大自然と旅行者を結び付けたいと願い、日々、現場を見ています。

[たびらいセレクション]

今、この宿、見られてます

最新情報はこちらからチェック!

旬な観光情報を現地からお届け
×