北海道の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 霧多布湿原と浜中町、花のまちの観光ガイド

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

霧多布湿原と浜中町、花のまちの観光ガイド

  約300種の花が咲くことから“花の湿原”と呼ばれる道東・霧多布湿原。約3000平方メートルにわたって広がる湿原のミネラルが太平洋に注ぎ出すため、海と湿原の両方に面した浜中町は海産物に恵まれる。霧多布の水は人にとって豊かな恵みのサイクルを生み出す、重要な存在なのだ。この湿原の乙な楽しみ方と浜中町のグルメを紹介!

広大な霧多布湿原と蛇行する川、道東らしい雄大な風景だ

  北海道東部の太平洋に面した浜中町は、人口7千人ほどの漁業と酪農のまち。町の中央に広がる霧多布湿原(きりたっぷしつげん)は約3000平方メートルにわたって広がっている。なんと、これは東京ドーム600個以上の面積。ここに、春から秋にかけて約300種の花が咲くことから“花の湿原”とも呼ばれている広大な湿原だ。
 霧多布湿原は、約5000年前までは海底で、その海水が引いて陸地になったといわれている。低層から高層までさまざまなタイプの湿原が見られ、その一部が大正11年(1922)に天然記念物に指定された。また、国の特別天然記念物のタンチョウをはじめとする約100種類の野鳥も観察でき、自然環境の豊かさから平成5年にはラムサール条約に登録、平成13年(2001)には北海道遺産に選定されている。
 この“花の湿原”と浜中町の魅力とは? 霧多布湿原に精通した自然ガイド・阪野真人さんに詳しく話を聞いた。

写真提供/認定NPO法人霧多布湿原ナショナルトラスト、浜中町観光協会
ライター/萩 佑 投稿/平成28年(2016)3月

霧多布湿原の達人
(ばんの まさと)
阪野 真人さんさん

霧多布湿原の達人
  認定NPO法人「霧多布湿原ナショナルトラスト」研究員。自然ガイドとして、霧多布湿原を訪れた人たちに四季折々の湿原の魅力を伝え、また霧多布湿原の保全に向けたさまざまな取り組みを、町民や企業等と協力しながら進める活動を行っている。

霧多布湿原を訪れたなら、まずは「霧多布湿原センター」へ

高台にあるセンターからは霧多布湿原の広大なパノラマを見渡せる

  霧多布湿原を見下ろす高台にあるのが、霧多布湿原センターだ。ビジターセンターとして、訪れた人たちへより深く湿原を楽しむための情報提供を行うほか、カフェやミュージアムショップも。センターに入ってすぐ目を引くのが、長さ8メートルもの長昆布の展示だ。実は、浜中町は天然昆布の水揚げ量で日本一を誇るまち。浜中町の自然や産業を分かりやすく楽しく学べるよう工夫された展示は、子どもたちにも人気が高い。
 このセンターのミュージアムショップには昆布のまちらしく、多くの昆布製品が並ぶ。浜中町でとれるものには長昆布や厚葉昆布(あつばこんぶ)などの道東の有名昆布の他、さまざまな種類 があり、それに応じたおすすめの食べ方があるそう。「他に棹前昆布(さおまえこんぶ)、猫足昆布(ねこあしこんぶ)など多くの種類の昆布があります。例えば、棹前昆布は柔らかいので、昆布巻きなどそのまま食べるのに向いています。猫足昆布はねばりが強いので、とろろ昆布になるんですよ」と、達人・阪野さんは教えてくれた。
 2階のカフェでは、浜中の海産物や乳製品など旬の食材を使ったメニューを楽しめる。料理をするのは地元出身のシェフ。工夫をこらした時期折々のメニューを味わってもらいたい。また、2階の展望ホールからの眺めはとくにおすすめ。ここではコーヒーも飲むことができ、広大な霧多布湿原を眺めながら一服する時間は格別だ。

ラムサール条約にも登録された「花の湿原」を楽しむ

黄色が目に鮮やかなエゾカンゾウの群落

  霧多布湿原の魅力のひとつが「花の湿原」と呼ばれるほどの植物の豊富さ。春先からフクジュソウやミズバショウなどが咲き始め、その後、初夏には華やかなエゾカンゾウの黄色い群落が見られる。綿帽子のような真っ白なワタスゲが一面に広がるのも、この初夏の時期だ。群落の中にポツンと咲くクロユリなどを探してみるのも楽しい。その後8月中旬ぐらいまでいろいろな花を楽しめるが、秋にはススキの穂が湿原全体に広がり、夏とはひと味違った趣きのある風景となる。
 湿原だけで300種、町全体を含めると700種もの花が見られる、花のまち・浜中町。特に初夏~夏の霧多布湿原では独特の楽しみ方ができると阪野さん。「本州の一般的な生活圏では見られない花を、平地で観察できるんです」。例えば、ツルコケモモやガンコウランなどは、本州以南では標高の高い山間部にしか生えていない“高山植物”だ。これらの花は霧多布湿原に自生しており、6~7月が見ごろの目安となる。北海道旅行のベストシーズンに、厳しい登山をせずとも平地で見られるのはうれしいポイントだ。
 霧多布湿原センターでは「花暦カレンダー」を作ってウェブサイトで公開しており、霧多布湿原の代表的な花々の見ごろの時期がひと目で分かるようにしている。花の開花時期はその年ごとに異なることがあるので、公式サイトでチェックをしてから出かけよう。

霧多布湿原を深く知るには? ガイドツアーがおすすめ

ガイドさんと一緒に楽しく湿原散歩

  より深く湿原を知りたい人はガイドツアーに参加してみよう。霧多布湿原センターでは、湿原や周辺の森・海を楽しむためのエコツアープログラムを用意している。
 特に達人・阪野さんがおすすめするのが「長ぐつトレッキング 」。これはガイドと一緒に、センター近くの湿原上流部の約1キロほどのコースを散策しながら楽しむプログラム。所要時間は、約2時間程度だ。靴やレインウェア、双眼鏡などもセンターで借りることができる。山間部を歩くトレッキングとは異なり、湿原はほとんど高低差がないので、年配の方でも気軽に楽しんでいるという。
 コースの中では木道ではなく、直に湿原を歩くシーンもあり、川の近くでは泥に少し埋まりながら進むような場所も。「参加者の中には、長靴を履くのは子どもの時以来という人もいるんですよ。童心に帰ったような気分を味わえます」と阪野さん。「木道の上を歩くのとは違い、地面との距離が非常に近くなるので、木道上からは見逃しがちな小さな花や動物なども見られるのが魅力です」。
 また、道東らしく、プログラムの道中にはシカなど野生生物に出合うこともある。湿原の成り立ち・仕組みなどの解説を聞きつつ、霧多布の自然を肌で感じられるガイドツアー、ぜひ参加してもらいたい。「長ぐつトレッキング」は5月、6月の限定ツアーで、9時と13時の一日2回催行されている。

■長ぐつトレッキング
【開催期間・時間】5月・6月限定、9時~、13時~
【所要時間】約2時間
【料金】大人2500円、子ども500円
※問い合わせ先、施設情報などは下に記載

湿原が育んだ浜中の海の幸、昆布とウニを満喫

霧多布の昆布を食べて育ったウニはトップクラスの品質を

  霧多布湿原のある浜中町は太平洋に面しており、豊富な海の幸がとれる。日本でも指折りの水揚量を誇る天然昆布の他、ウニ ・ホッキなど、さまざまな海産物が四季を通じて水揚げされる土地だ。浜中の昆布はダシをとるにはもちろん“食べておいしい”昆布。時期になると、町内の海岸付近のあちこちで小石を敷き詰めた平らな「干場(かんば)」と呼ばれる場所にずらりと並べて干す風景が見られ、これはひとつの風物詩にもなっている。
 また、浜中のウニは全国的にも非常に評価が高く、築地でも高値で取引されているそう。浜中では天然と養殖の2種類のウニがあり、時期は天然ものが11~3月、養殖は9~4月。この時期を中心に寿司屋など飲食店では、地元産のウニをたっぷりと乗せたウニ丼が提供されるので、旅行の折にぜひ味わって。また、地元の散布(ちりっぷ)漁協では、ウニの塩水パックなどの通信販売も行っている。
 達人・阪野さんは、この海産物にも霧多布湿原が大きな役割を果たしているという。「湿原の豊富なミネラル分が川を通じて海へ流れ込むので、良質な昆布が育つんです」。浜中の昆布は湿原の栄養素をとって育ち、ウニはまたその昆布を食べて育つ。自然が生み出す“豊かな海”のサイクルがあるわけだ。

浜中町で「ルパン三世」と仲間たちと出会い、楽しもう!

こんなところにも「ルパン三世」が! JR茶内駅にて

  浜中町を歩いていると、あちこちで「ルパン三世」の登場人物と出会うはず。実は、この町は原作者であるモンキー・パンチ氏の生まれ故郷。浜中町では「ルパン三世宝島プラン」と銘打ち、さまざまな取組みを行っているのでこちらも要チェック。
 町内の「ルパン三世通り」には、登場人物にちなんだ看板を掲げた「JIGEN’S BAR」や「PUB FUJIKO」があり、雰囲気十分。町内にあるふたつのJR北海道の駅舎「茶内駅」「浜中駅」にも、ほぼ等身大のパネル・ポスターが設置されており、こちらは並んで記念撮影するのにおすすめだ。また、浜中周辺のJR・くしろバス・霧多布中央ハイヤーでは、それぞれラッピング車両も運行している。旅の途中で乗車できたなら、特別な思い出になるはず。さらに「霧多布温泉ゆうゆ」では、浜中町でしか手に入らないオリジナル「ルパン三世」グッズも販売するなど、まさにまちぐるみのプロジェクトなのだ。
 平成24年(2012)から、毎年夏の8月に開催されている「ルパン三世フェスティバル」には全国から毎年大勢のファンが集まる。このイベントでは、「ルパン三世」にまつわるコンテンツだけでなく、充実のグルメにも注目。「寿司の富士美」「寿し ひらの」といった海鮮店舗や、スイーツも提供する浜中町・海野牧場の直営レストラン「ファームデザインズ」が出店しており、まちが誇る“食”を味わえる。

《厳選ホテル》

【あかん遊久の里鶴雅 別館】阿寒湖の絶景と過ごす大人の一日

霧多布湿原・浜中町を楽しもう!おすすめ観光情報

霧多布湿原周辺の“絶景”ポイント3選

  道東らしい雄大な風景が見られるポイントを紹介!

  • 霧多布湿原ナショナルトラスト
  • アゼチの岬
  • 琵琶瀬展望台
おすすめポイント
  太平洋に面した浜中町には、霧多布湿原を筆頭に、周辺には道東らしい雄大な風景が望む場所がある。そのうちいくつかを紹介しよう。霧多布湿原の全景を見わたすには湿原南側にある「琵琶瀬展望台」がおすすめ。湿原の中を川が蛇行する大パノラマが広がっている。道道123号に面しているので、ドライブがてら楽しめるスポットだ。
 また、湿原の中を歩いてみたい場合は「霧多布湿原ナショナルトラスト」へ。木道が整備されており、湿原の中を気軽に散策することができる。「アゼチの岬」は浜中観光十景にも選ばれているスポットで、時期には昆布漁の船が一斉に漁場に向かう勇壮な姿も見られる。

浜中町のおすすめイベント3選

  目と舌で味わうイベントから、あの有名キャラクターのイベントまで

  • 浜中うまいもん市
  • きりたっぷ岬まつり
  • ルパン三世フェスティバルin浜中町
おすすめポイント
  浜中町の豊かな海から獲れる豊富な海産物を存分に楽しめる「浜中うまいもん市」「きりたっぷ岬まつり」は、毎年大勢の人でにぎわう人気のイベント。鮭やサンマ、ウニなどのつかみ取りプログラムはリーズナブルな料金で参加でき、毎年大好評だ。
 また、浜中町は「ルパン三世」の作者モンキー・パンチ氏の生まれ故郷であり、町は「ルパン三世宝島プラン」と銘打って、さまざまな取組みを行っている。平成24年(2012)から開催の「ルパン三世フェスティバルin浜中町」には、全国からファンが訪れるほか、乳製品・寿司などの特産グルメも楽しめるイベントだ。

霧多布湿原のおすすめ土産3選

  海と陸がつながるエリア・霧多布の土産品とは? 達人のおすすめアイテムを紹介!

  • ほっきカレー
  • 浜中 海の恵み マスキングテープ
  • ご縁手ぬぐい
おすすめポイント
  霧多布湿原センターや霧多布湿原ナショナルトラストでは、地元の特産である海産物の加工品や、オリジナルグッズが販売されている。「ほっきカレー」は、特産のホッキ貝を使ったカレーで“浜の母さんの味”が味わえると好評だ。霧多布湿原オリジナルのマスキングテープや手ぬぐいは、使い勝手もよい。これらオリジナルグッズの売上の一部は、湿原の保全活動にも活用されている。

クルマを使えば霧多布湿原&浜中町周辺の観光名所がまわりやすい

  公共交通機関のように時間や行き先を限定されることなく、思うがままに移動できるのが“クルマ”の良いところ。多くの観光名所を楽にまわりたい方におすすめ。

  • たびらいレンタカー人気の秘訣!
  • レンタカーで札幌・函館ドライブを楽しむ
  • 北海道のレンタカーを最安値提供!
編集部の視点
  観光地への移動に「複数の交通手段を乗継いで…」という苦労は不要! 移動中に見られる雄大な景観も魅力のひとつ。クルマでの移動なら、思うがままの旅を存分に楽しめる。

北海道【レンタカー】スマートトラベルレンタカー

霧多布湿原センターへの交通アクセス

  霧多布湿原はJR茶谷駅、最寄りの温泉である「霧多布温泉ゆうゆ」から車で約10分と若干の距離がある。列車・公共交通機関で旅行する人は、徒歩で向かわず、各所から霧多布中央ハイヤー(TEL:0153-62-3141)を使うのがおすすめだ。また、釧路中心部から車を利用する場合、移動時間の目安は約1時間30分。“道東”の距離感からすれば、決して遠くはない。

霧多布湿原センターの施設情報

  【住所】北海道厚岸郡浜中町四番沢20
【開館時間】9時~17時
【休館日】5月~9月の間は無休、10月~4月は毎週火曜日休館
※冬季休館あり、12月20日~28日、1月2日~31日
【入館料】無料
【問い合わせ(電話番号)】0153-65-2779
【公式サイト】http://kiritappu.mond.jp/center/

車(レンタカー)で

  【釧路空港から】国道38号線を経由し、約100キロ、約1時間40分。
【釧路中心部(駅)から】国道38号線を経由し、約75キロ、約1時間20分。

バスで

  釧路駅より「くしろバス」で約2.5時間、1日4本の便が出ている。
最終停留所「霧多布温泉ゆうゆ」から車で約10分。
※「ゆうゆ」からはタクシー(霧多布中央ハイヤー)を利用。

電車で

  JR根室本線・「茶内駅」が最寄駅。駅からは約6キロ、車で約10分。
※駅周辺にレンタカーはないため、タクシー(霧多布中央ハイヤー)を利用

霧多布湿原を深く楽しむためのQ&A

Q 湿原で汚れてしまわないか、少し心配です。
A 霧多布湿原センターでは有料でアウトドア用品のレンタルも行っていますので、ぜひ活用してください。長靴やレインウエアはひとり100円で貸し出しています。また、野鳥を観察するための双眼鏡(100円)、湿原や浜辺を軽快に楽しむためのマウンテンバイク(ひとり一日1000円)もレンタル。一日を使ってゆっくりと、かつアクティブに湿原を楽しんでください!
Q 霧多布湿原センターで買える、おすすめのお土産は他にありますか?
A 酪農と漁業の盛んな浜中町の特産物を扱っています。北海道産の米粉と昆布を混ぜた「昆布かりんとう」(300円)や、ビン牛乳、農家さんがつくったチーズも置いてあります。また、霧多布湿原は約100種類の野鳥を見られる“鳥の湿原”。センターオリジナルの「バードコール」(600円)を購入して、散策しながら鳥の声を真似つつ、野鳥を探すというのもなかなか乙ですよ。
Q 湿原を歩くエコツアーは「長ぐつトレッキング」だけなのですか?
A 琵琶瀬木道周辺の花々をガイドと一緒に歩く「フラワーツアー」があります。これは花の盛期である7月、8月の限定ツアー。こちらは9時/13時の一日2回催行しており、大人2500円です。このツアーの集合場所は「霧多布湿原ナショナルトラスト」になりますので、ご注意ください。
釧路・阿寒エリアのお得なツアープランを検索!

湿原

  “炉端焼き”や和商市場の“勝手丼”などの名物グルメや、釧路湿原のタンチョウ、阿寒湖のマリモなど、豊かな自然と海産グルメを同時に楽しめるのが、釧路・阿寒エリア。たびらい北海道では大手の格安プランをまとめて比較! この地域の「人気ツアー」「最安値ツアー」を検索することができます。

釧路・阿寒の旅行プランを見る

大迫力!動物の行動展示

いざないの一枚

その他の達人指南を見る

タンチョウメイン

タンチョウ、釧路湿原の美しきシンボル
1952年(昭和27)、国の特別天然記念物に指定されたタンチョウ。白の身体に頭の先の赤いアクセント、黒い羽をもつ優雅な姿は誰しもが見ほれてしまう美しさだ。この鳥・・・

神の子池

「神の子池」 清里町の神秘の水辺を観光
道東・斜里郡清里町にある「神の子池」は季節によって“青色”の種類を変える不思議な美しさをもち、近年観光客が急増している小さな水辺だ。周辺には旅行口コミサイトで道・・・

見る度に色が変わる五色のオンネトー

「オンネトー」五色沼と呼ばれる足寄の秘境湖の楽しみ方
「北海道三大秘湖」に数えられる、道東・足寄町(あしょろちょう)の神秘的な沼「オンネトー」。見る場所や角度の違いによって湖の色を変える五色沼・オンネトーの魅力とお・・・

能取岬の日の出

網走観光、海と歴史のロマンに出会う旅
オホーツクの海と大小7つを数える湖。国定公園にも指定される網走エリアは、豊かな海を駆け巡った北方の先住民の足跡が残る土地でもある。美しい自然と歴史のロマン、そし・・・

知床五湖空撮

知床五湖 静謐な湖のネイチャー・ウォーク
知床五湖は、今や知床を訪れた人が必ず立ち寄るといわれるほど人気の観光スポット。知床連山の大パノラマを映し込む、美しい湖の自然を巡る散策。静謐な時が満ちている知床・・・

知床岬クルーズ

“知床の観光船”で世界遺産を水上から堪能
平成27年(2015)に世界遺産登録10周年を迎えた知床。ダイナミックな断崖絶壁の風景やヒグマウォッチングを楽しめる小型の知床観光船の楽しみ方をご紹介。

釧路湿原

釧路の観光名所~四季を通じた魅力満載の地
釧路には数多くの観光名所が存在する。人気の観光スポットをはじめ、自然にグルメに様々な魅力満載の釧路観光名所を一挙ご紹介。

釧路ノロッコ号

ノロッコ号でのんびり行こう 釧路湿原の旅
道東屈指の観光スポット「釧路湿原」を列車でめぐる旅。ゆっくりのんびり行く「ノロッコ号」の魅力やおすすめポイントを紹介!

滝つぼ水槽

北の大地の水族館 北見の小さな人気水族館
「北の大地の水族館」は、北海道の川の環境を再現した新しい生態展示の手法で人気を集める水族館。かつては来館者の減少と老朽化で大ピンチに陥っていたが、リニューアルを・・・