1. たびらい
  2. 観光情報
  3. 北海道観光情報
  4. 層雲峡温泉氷瀑まつり真冬に開かれる氷の祭典
層雲峡温泉氷瀑まつり

層雲峡温泉氷瀑まつり
真冬に開かれる氷の祭典

更新:2018年12月25日

「層雲峡温泉氷瀑まつり」は、例年1月下旬~3月中旬にかけて開催される北海道冬の一大イベント。氷の建造物やオブジェの数々は暗くなると色とりどりにライトアップされ、圧巻の幻想的な風景を作り出します。あたたかな服装にしっかりと身を包んで、冬ならではの体験をしに出かけましょ。

[たびらいセレクション]

氷瀑まつり

迫力の氷像は夜の姿に注目
言葉を忘れる幻想的な世界

氷像
イベント会場が最も幻想的になるのは夜。
その美しさは「日本夜景遺産」に認定されるほど。
氷像が七色にライトアップされ、胸が高鳴る風景です。
氷像
メイン氷像の中はトンネルになっています。足を踏み入れると、その大きさは「どうやって造ったの!?」と思わずにはいられないほど圧倒的。複数の通路があるので、寄り道しながら楽しんで。
氷像
やさしい灯りにうっとり。
ところどころにオブジェなどが設置されているので、
つい立ち止まって見とれてしまいます。
つらら
天井を見上げると、そこには“つらら”のシャンデリア。
まるで芸術品のよう。
氷像
2階へと続く階段を発見! 上っていくと……
氷像
そこには、展望台や窓付きの小部屋が。
ここから見る景色もまた、特別なもの。
複数人で訪れるなら、
中にいる姿を外から撮影してもらうのも楽しいですよ。
売店
たっぷり遊んで体が冷えても大丈夫。
あたたかなストーブを備えた休憩所があるので、
ぜひ立ち寄ってみて。
甘酒
多様なドリンクや軽食が販売されていますが、
今回は甘酒(250円/税込)をチョイス。
こちらは、上川町の「上川大雪酒造」の酒粕で作られたもの。
地域に根差した味わいがうれしい!
花火
イベント期間中は、一部の平日を除き20時30分より花火の打ち上げが行われます。澄んだ空気の中で見上げれば、素敵な冬の思い出に。
冬の層雲峡は、氷点下の日がほとんど。夜は特に冷え込むので、暖かい服装が必須です。厚手の上着のほか、手袋や帽子、マフラーなどの防寒具があると寒くても楽しめますよ。意外と忘れがちな足元の防寒には、足・靴下用のカイロがおすすめ。

層雲峡温泉 氷瀑まつり

【2019年開催期間】1月25日(金)~3月17日(日)
【住所】北海道上川郡上川町層雲峡温泉
【問い合わせ(TEL)】01658-5-3350/層雲峡観光協会
【公式サイト】http://www.sounkyo.net/hyoubaku/

[たびらいセレクション]

氷像

見逃せない!
一歩差がつく面白フォトポイント

氷像
氷像の中には、面白写真が撮れるフォトポイントがいっぱい!
一見ただの通路のような場所にも、
人型のくぼみや小さなかまくらなど、ユニークな仕掛けが施されています。
氷像
氷のかたまり……と思ったら、これは“大きな手”!
すっぽりと中に入って、誰かに見せたくなる一枚をパシャリ。
氷像
「王様の椅子」に座れば、氷の城の主になった気分。この他にも写真映え抜群のポイントはたくさんあるので、お気に入りを探してみて。
氷像
メイン氷像を含む会場全体が撮りたいなら、
出入り口のすぐ横手にある「展望台」がおすすめ。
会場の端に位置するので、見逃してしまわないようご注意。
氷瀑まつり会場
展望台の上は、比較的混み合うことが少なく静かな時間が流れます。きっとまた来よう。そんな気持ちでシャッターを切りました。
会場入口には「写真撮影コーナー」があり、イベントスタッフに写真を撮ってもらうことができます。写真と一緒に「極寒証明書」が発行されるので、旅の記念になりますよ。
もっと見る

[たびらいセレクション]

氷像

北国ならでは
寒いからこそできる体験

氷瀑神社
会場の中心部には、ひときわ目立つ赤い鳥居。
「氷瀑神社」は、恋愛や金運、受験合格などにご利益があると言われる
人気パワースポットなのです。
氷瀑神社
中に入ると、なんと至るところに“お賽銭”が! 空間全体が不思議なアートのよう。
氷瀑神社
さっそく、氷の「神玉(かみたま)」にお賽銭を貼りつけ願い事。
ご利益がありますように!
ゴムチューブすべり
ゴムチューブで滑り降りる「氷の滑り台体験(15分500円)」もお見逃しなく。子ども向けと思いきや、距離が長いのでスリル満点! 意外と大人もハマっちゃうかも。
酒場
週末に訪れるなら、土日祝日のみ営業する
「北の氷酒場」は欠かさずチェックを。
上川大雪酒造の限定酒や旭川・高砂酒造の日本酒、
ノンアルコールの酒粕ココアなども提供しています。
土日祝日の14時~19時(2019年2月9日(土)~11日(月祝)のみ10時~15時)には、「アイスクライミング」も実施。アイスアックスなど道具の使い方は親切に説明してくれるので、初心者でも安心してチャレンジできますよ。料金は用具レンタル一式込・税込で3500円。昼から訪れて、氷壁を登るレア体験を楽しむのもいいですね。
もっと見る

ローカル案内役
宮津 有沙(たびらい編集部)

北海道増毛町出身。おいしいものと田舎に目がないたびらい編集スタッフ。ちょっとマニアックな北海道の魅力を探るべく日々奮闘中。

[たびらいセレクション]

今、この宿、見られてます

最新情報はこちらからチェック!

旬な観光情報を現地からお届け
×