大分の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 宇佐神宮 ― 大分の国宝パワースポットを散策

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

宇佐神宮 ― 大分の国宝パワースポットを散策

  伊勢神宮に次ぐ“第二の宗廟(そうびょう)”として皇族からも崇敬される「宇佐神宮」は、全国に4万社余りある八幡社の総本宮だ。奥深い歴史や文化、そしてご利益スポットなど、宇佐神宮を最大限に楽しむ散策ルートを達人に聞く。

宇佐神宮の参拝作法は、“二拝四拍手一拝”

  年間で150万人、正月の3日間だけでも40万人が訪れるという「宇佐神宮」は、全国八幡社の総本宮。平成27年(2015)には10年に一度の勅司祭(天皇の使者が派遣されて行われる祭祀)も行われ、地元である宇佐市も大いに盛り上がった。国宝や重要文化財などの建造物が数多く点在し、ダンス&ボーカルユニット「EXILE」のメンバーがヒット祈願に訪れたことで、パワースポットとしても広く知られるように。神亀2年(725)に創建された大分の歴史遺産を紹介する。

取材/櫛野 千賀子、平成27年(2015)1月


◆その他のおすすめ大分観光情報
大分観光のおすすめ情報10選

鰺坂徳孝さん
(あじさか のりたか)
鰺坂 徳孝さん

宇佐神宮の達人
  宇佐神宮権禰宜(ごんねぎ)。祭事やおはらい、祈願から、宝物館での文化財手入れ、広報までの幅広い業務を担当。宇佐神宮の歴史や知られざる魅力を、若い感性と視点で伝えてくれる。「近年のパワースポット人気は、一人でも多くの人に宇佐神宮を知ってもらうチャンス」と熱く語る。年間地域行事にも積極的に参加し、宇佐市活性化のために尽力している。

全国八幡社の総本宮の歴史に触れる

八幡造という古来様式の「宇佐神宮本殿」は国宝に指定されている

  一般の人にとって、最も馴染みのある神社といえば、“八幡様”ではないだろうか? 実は、全国約11万の神社の中で最も多いのが、八幡様を祭る「八幡宮」で、その数4万社余り。そんな八幡宮の総本宮が、大分県宇佐市の「宇佐神宮」だ。

八幡宮に祭られている八幡大神は、実在したとされる最古の天皇・応神天皇。大陸文化を取り入れて国を繁栄させた天皇として神格化され、欽明32年(571)、宇佐の地で八幡大神としてあがめられるようになり、神亀2年(725)には宇佐神宮が創建される。

東大寺の大仏建立の際、東大寺の守護神に宇佐八幡の分社を勧請(かんじょう)したのが「分社」の始まり。それ以後、石清水八幡や鶴岡八幡など、多くの八幡社が造られるようになった。奈良時代に僧・道鏡が皇位を得ようとした「道鏡事件」は広く知られているが、勅使の和気清麻呂(わけのきよまろ)が宇佐神宮の真意を問うために参宮するなど、歴史を左右する出来事に関わる舞台となった。

1時間で回る宇佐神宮の“王道ルート”

参拝の前には、手と口をすすいで清めよう

  まずは参拝前に、手水舎で手と口をすすぎ清める。その後、宇佐鳥居をくぐって上宮を目指す。
「上宮では、南中楼門に囲まれた内側に国宝の本殿が鎮座しています。厳粛な雰囲気と美しい朱色がとても印象的。本殿は向かって左から一之御殿、ニ之御殿、三之御殿と並び、それぞれ応神天皇、比売大神、神宮皇后が祭られています。宇佐神宮の参拝作法である“二拝四拍手一拝”でお参りしましょう」(達人・鰺坂さん)

普通はここで参拝終了だが、鰺坂さんのおすすめは、ここでじっくりと境内散策をすること。
「上宮を下ると、御祭神が祭られた下宮があります。『下宮参らにゃ片参り』とも言われるものなので、上宮と同じく一之御殿からお参りしましょう」

10年に一度の勅使祭のときにだけ扉が開かれる「呉橋」は、日本百名橋の一つに選ばれる雅な木造橋。最近では、樹齢800年といわれる御神木の「大楠」や、縁起が良いとされる「夫婦石」なども、パワースポットとして人気が高い。

文化と歴史を知れば、さらにおもしろい宇佐神宮

“宇佐夏越祭り”の呼び名で知られる「御神幸祭」

  地方の神社でありながら、日本の歴史に大きな影響を与えた宇佐神宮は、日本古来の神道と大陸から伝来した仏教を共に信仰する「神仏習合」発祥の地といわれる。神仏習合の表れである「八幡大菩薩」という称号を最初に用い、この神仏習合文化が全国へと広まっていった。

また、鎌倉幕府を開いた源頼朝が八幡神を守り神としていたことから、勝ち運にも御利益があるといわれる。勝負の神様として、境内のさまざまなパワースポットが注目された。

宇佐神宮の祭りも、その歴史の長さで知られる。“宇佐夏越祭り”の呼び名で知られる「御神幸祭(ごしんこうさい)」では、三基の神輿(みこし)が本殿から頓宮(とんぐう)まで繰り出す。実は「神輿」の発祥も宇佐神宮で、東大寺の大仏参拝のために、八幡神が神輿に乗って宇佐から上京したという言い伝えがある。以後、神の移動手段として全国に広まっていったという。

散策前に歴史の背景を知っておけば、宇佐神宮を違った視点でも楽しめるのでおすすめだ。

表参道の地元グルメ、「宇佐からあげ」

地元グルメ「宇佐からあげ」は、ドライブのお供にぴったり

  表参道にある仲見世商店街は、昭和レトロな雰囲気が漂う商店街で、土産店や食事処、茶屋などが軒を連ねる。道沿いにはイスも用意されていて、参拝後の休憩にもぴったり。「だんご汁」や「ガン汁」など、大分の郷土料理を堪能することもできる。宇佐市は大分のブランド小ねぎ「味一ねぎ」の産地でもあり、このねぎを存分に使った料理を味わえる店は、いつも賑わいを見せる。

また、地元グルメとして忘れてはならないのが、「宇佐からあげ」。鶏肉の消費量が日本一ともいわれる大分県の中でも、宇佐を中心とした県北は“からあげ激戦区”。宇佐市はからあげ専門店発祥の地でもあり、宇佐からあげを題材にした映画も制作された。揚げたてのからあげが買える専門店は、市内に62店舗。宇佐神宮から徒歩で行ける場所に点在しているので、宇佐神宮とあわせてチェックしてほしい。

《厳選ホテル》

温ぱらユーザーが選んだ宿TOP20 ユーザー満足度ランキング

達人がおすすめする宇佐神宮の見どころ

宇佐神宮のここは外せない。境内の見どころ3選

  宇佐神宮の境内には見どころがたくさんある。歴史や文化に触れながら、ゆっくりと散策を。

  • 国宝に指定されている宇佐神宮の本殿
  • まるで社殿のように豪華な「呉橋」は県指定有形文化財
  • 「宝物館」の隣にある初沢池では、夏には美しい原始ハスが咲く
おすすめポイント
  独特な八幡造の「本殿」は国宝に指定されている。その本殿に向かって左にある「一之御殿」、中央の「二之御殿」、右にある「三之御殿」の順にお参りする。参拝の作法は二拝四拍手一拝です。「片参り」にならないよう、上宮・下宮ともお参りしよう。「呉橋」は、10年に一度の勅使祭のときだけ扉が開かれる。檜皮葺きで、唐破風をした屋根に覆われた豪華な橋。県の有形文化財に指定されている。国宝や貴重な文化財を展示している「宇佐神宮宝物館」も必見。

宇佐神宮のおすすめパワースポット3選

  大分県随一のパワースポットといえる宇佐神宮。広大な境内には、開運を招くスポットが点在。鎮守の杜に包まれた宇佐神宮を参拝して、運を開こう。

  • 参道で寄り添う二つの「夫婦石」
  • パワーを授かれる? 宇佐神宮の大楠の木
  • 一生に一度だけ願いを叶えてくれるという「願かけ地蔵」
おすすめポイント
  「夫婦石」は二つの三角形の石で、夫婦やカップルは手をつないで左右の石を踏むと幸せになれるとか。一人のときは、両足で踏むと良縁が訪れるとも。「願かけ地蔵」は、表参道から少し外れたところにひっそりと佇んでいて、“一生に一度だけ願いを叶えてくれる”といわれる。

表参道の仲見世商店街おすすめの土産物&グルメ

  参拝後に立ち寄るのにぴったりな、表参道の仲見世商店街。宇佐神宮に関わりの深い食べ物や、土産物におすすめの商品を紹介する。

  • 昔から変わらぬ味で愛される宇佐名物「虎まき」
  • いろいろな形の宇佐飴。粘り強い食感と素朴な甘さが特徴
おすすめポイント
  仲見世商店街には、みやげ店や食事処、茶屋などが軒を連ねる。宇佐銘菓を試食していたら、サービスでお茶や漬け物などを貰えることも。宇佐神宮名物の「宇佐飴」は、店によって形が違うなど個性豊か。店頭の鉄板で焼かれる「ねぎ焼き」や、せいろで蒸す一口サイズのまんじゅうなどは、食べ歩きにもちょうどいい。

九州の宿探しなら「宿くらべ」

  • 湯布院で露天風呂が自慢の温泉旅館6選
  • 別府で泉質が自慢の温泉旅館5選
  • 指宿で食事が自慢の温泉旅館5選
編集部の視点
  たびらいの「推し宿予約」は、九州の宿泊予約プランが満載。実際に見て、泊まって調査!九州のいい宿研究会が厳選した九州の宿を目的別にご紹介。

⇒九州の推し宿予約はこちら

温ぱらユーザーが選んだ宿TOP20 ユーザー満足度ランキング

宇佐神宮への交通アクセス情報

  宇佐神宮までは、車と電車のどちらを利用しても行ける。ただし、宇佐神宮を参拝した後に周辺を観光するのであれば車が便利。

車(レンタカー)で

  ・大分自動車道~宇佐別府道路・宇佐ICから約15分
・福岡空港もしくは福岡市内から高速道路利用で約2時間半
・大分空港から約1時間
・宇佐駅から約10分

レンタカー予約⇒大分のレンタカー比較といえば、たびらいレンタカー【早割で最大50%OFF】

電車・バスなどで

  ・JR小倉駅から特急で約50分、JR宇佐駅(最寄駅)からバスかタクシーで約10分
・JR大分駅から特急で約40分、JR宇佐駅(最寄駅)からバスかタクシーで約10分
※バス利用の場合は、「四日市方面」のバスに乗車し、「宇佐八幡バス停」下車

宇佐神宮の施設情報

  宇佐神宮
【所在地】大分県宇佐市南宇佐2859
【電話番号】0978-37-0001
【本殿参拝時間】
5時30分~21時(10月~3月は6時~21時)
※宝物館は9時~16時
【定休日】無休 ※宝物館は火曜休館(祝日の場合は翌日休み)
【料金】境内無料、宝物館 300円
【所要時間の目安】約1時間 ※祈願などなしの場合
【駐車場】
・八幡駐車場(有料)
 大型・中型 各1500円
 マイクロバス 1000円 
 普通車 400円
 二輪車 100円 
・呉橋駐車場(有料)
 マイクロバス 400円 
 普通車 400円
 二輪車 100円 
【備考】公式サイト

宇佐神宮のQ&A

Q 祈願の申し込みはどうすればいい?
A 祈願祭は上宮祈祷殿で執り行われているので、受付で用紙を記入のうえ申し込みを。毎日9時~16時の間に、随時行われている。なお、日によっては挙式や恒例祭斎行などと重なる場合もあるので、事前に電話での問い合わせをおすすめする。
Q 参拝におすすめのシーズンは?
A 基本的にはどのシーズンもおすすめだが、特に寄藻川に菜の花が咲く春の時期は、呉橋と菜の花の見える風景が大変美しい。また、菱形池や初沢池のハスの花が見ごろを迎える7月~8月もおすすめ。
Q おすすめの祭りは?
A 「御神幸祭」は、3基の神輿が繰り出す勇壮華麗な祭り。7月27日以降の最初の金~日曜に行われ、期間中はイベントや花火大会なども開催される。
Q 宇佐神宮を案内してもらえるガイドはある?
A 宇佐神宮の参道入り口前の「宇佐市観光協会」に申し込むと、宇佐神宮をガイド付きで案内してもらえるので、歴史や文化をより深く知ることができる。ガイド料は1団体1000円(30分~2時間以内、1名から申し込み可能)。
Q 境内は広く、階段も多いと思うが、高齢者や小さい子どもも参拝できる?
A 宇佐神宮では、体の不自由な人や高齢者、ベビーカーなどで利用できるモノレールの運行が行われている。利用可能時間は、8時~16時30分。
大分の温泉宿を探す、予約する。

たびらいの「推し宿」

  たびらいの「推し宿」には、九州の宿泊予約プランが満載。九州の温泉宿を熟知した現地スタッフが、選りすぐりの情報を紹介している。
 また、希望の宿が満室表示されている場合には、スタッフが宿に直接交渉をしてくれるリクエストサービスも。


⇒大分の宿はこちらで検索

温ぱらユーザーが選んだ宿TOP20 ユーザー満足度ランキング

いざないの一枚

その他にも、九州のおすすめ観光情報を紹介。

あなたの気になる記事は?

九州の各県を味わうグルメ

門司港グルメ レトロな港町で焼きカレー

福岡・門司港

旦過市場 昭和レトロに誘われて

福岡・旦過市場

博多で人気の郷土料理を味わう

福岡・博多の水炊き

呼子で朝市やイカの活きづくりを楽しむ

佐賀・呼子

人吉・球磨のグルメ旅 自然が育んだ食文化

熊本・人吉球磨

長崎ちゃんぽん 発祥からおすすめ情報まで

長崎ちゃんぽん

熊本・阿蘇グルメ 新旧うまかもん対決

熊本・阿蘇グルメ

太平燕 熊本のおすすめ郷土料理を食す

熊本・太平燕

佐世保バーガー 大人気のご当地グルメ

長崎・佐世保バーガー

黒糖焼酎 奄美群島だけで造られる稀有な酒

鹿児島・黒糖焼酎

九州を歴史散策・文化探訪

グラバー園 長崎港を望む洋館群を訪ねて

長崎・グラバー園

宰府天満宮 深く知ると観光も楽しさ倍増

おすすめスポット(太宰府天満宮)

博多座で初めての歌舞伎見物を

福岡・博多座

産業都市北九州で、工場見学を楽しもう

福岡・北九州

軍艦島 タイムカプセルとなった無人島へ

長崎・軍艦島

吉野ヶ里遺跡で邪馬台国ロマンを体感

佐賀・吉野ヶ里遺跡

三角西港で不思議発見。世界遺産登録が決定

熊本・三角西港

水前寺公園 湧水あふれる庭園を歩く

熊本・水前寺公園

熊本城 日本三名城の一つに選ばれる魅力とは

熊本城

鵜戸神宮 絶壁に囲まれた岩窟の縁結び神社

宮崎・鵜戸神宮

九州の絶景を堪能する

稲佐山から眺める長崎1000万ドルの夜景

長崎・稲佐山

加計呂麻島の楽しみ方

鹿児島・加計呂麻島

屋久島トレッキングで縄文杉に会う

鹿児島・屋久島

糸島観光でスローバケーションを

福岡・糸島

福岡タワー 海と街を一望する人気スポット

福岡・福岡タワー

宮崎・青島 鬼の洗濯板に囲まれた聖なる島

宮崎・青島

霧島エリアの自然とグルメでパワーチャージ

鹿児島・霧島

大観峰で阿蘇の絶景を満喫

熊本・大観峰

冬の風物詩・長崎ランタンフェスティバル

長崎・新地中華街

佐賀バルーンフェスタ 大空を彩る熱気球

佐賀・嘉瀬川

九州の温泉や名所でのんびりと

長湯温泉・日本一と名高い炭酸泉を堪能する

大分・長湯温泉

わいた温泉 涌蓋山を望む絶景の温泉郷

熊本・わいた温泉

ハウステンボス 長崎代表のおすすめ観光地

長崎・ハウステンボス

湯布院 全国屈指の温泉観光地へ

大分・湯布院温泉

嬉野温泉 日本三大美肌の湯の楽しみ方

佐賀・嬉野温泉

平山温泉 “奥座敷”のとろり美肌の湯

熊本・平山温泉

黒川温泉 湯めぐり温泉と多彩な露天

熊本・黒川温泉

阿蘇温泉 南阿蘇・中阿蘇・小国へ訪れる

熊本・阿蘇温泉

別府温泉 世界に名だたる“温泉天国”

大分・別府温泉

杖立温泉 “九州の奥座敷”で風情に浸る

熊本+大分・杖立温泉

その他の達人指南を見る

「21世紀に残したい日本の風景百選」に選ばれた別府の湯煙

別府温泉 世界に名だたる“温泉天国”
日本一の湧出量、世界でも第2位を誇る別府温泉。全11種類に分類される泉質のうち、なんと10種類を有している。情緒あふれる温泉街の雰囲気も人気のポイントだ。その魅・・・

露天風呂から見える雄大な由布岳。四季折々の景色はまさに絶景

湯布院観光 全国屈指の温泉観光地へ
温泉地ランキングで常に上位を占める大分の人気観光地、「湯布院(ゆふいん)」。温泉だけでなく、食・自然・文化……とさまざまな観光の魅力がそろう湯布院にはリピーター・・・

夏の名物「スプラッシュジャンプ」

うみたまご 大分の老舗水族館の楽しみ方
大分の老舗水族館「うみたまご」は、年間の入場者数が約85万人。創業50年もの歴史を持ちながら、常に時代と共に進化を遂げてきた。大分で愛され続けるうみたまごの魅力・・・

開放感抜群の露天風呂「ガニ湯」は長湯温泉の名物

長湯温泉 日本一と名高い炭酸泉を堪能する
長湯温泉(ながゆおんせん)は、世界屈指の炭酸泉が人気を集める奥豊後の温泉地。その泉質は素晴らしく、歌人の与謝野鉄幹や種田山頭火らも長湯温泉に関する詩を残したほど・・・

露天風呂から見える雄大な由布岳。四季折々の景色はまさに絶景

湯布院観光 全国屈指の温泉観光地へ
温泉地ランキングで常に上位を占める大分の人気観光地、「湯布院(ゆふいん)」。温泉だけでなく、食・自然・文化……とさまざまな観光の魅力がそろう湯布院にはリピーター・・・

石畳の美しさが際立つ「酢屋の坂」

杵築 江戸時代の歴史と文化が息づく城下町
大分市と別府湾を挟み国東半島の南端部に位置する杵築市。豊かな自然と歴史的な城下町の風景を残すこの街は、日本国内のみならず海外からも多くの観光客が足を運んでいる。

佐伯を代表する絶景の一つ、豊後二見ヶ浦の「夫婦岩」

佐伯観光 グルメに絶景、歴史スポットまで
城下の街並みや自然が生んだ絶景、海山の幸など、観光の魅力が多い大分の「佐伯(さいき)」。雄大な自然を生かしたレジャーから、撮影におすすめの絶景スポット、佐伯なら・・・

昭和の風情あふれる杖立温泉街

杖立温泉 “九州の奥座敷”で風情に浸る
豊かな自然に囲まれ、“九州の奥座敷”とも呼ばれる杖立温泉(つえたておんせん)。開湯は約1800年前と伝えられ、古くから湯治場として栄えてきた名湯。あちこちから白・・・

黒川温泉は「入湯手形」を使った湯めぐりができることで知られる

黒川温泉 山間の湯めぐりと多彩な露天
阿蘇山と、くじゅう連山の間に広がる大自然の中に、ひっそりとある黒川温泉。多彩な露天風呂や情緒あふれる湯宿がひしめくこの温泉地には、全国から癒やしを求める旅人が訪・・・