沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 「石垣島のおすすめビーチ」徹底ガイド

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

「石垣島のおすすめビーチ」徹底ガイド

  八重山の玄関口石垣島にあるビーチは個性的。野趣に富んでいるビーチ、しっかり管理運営されるホテルのビーチ、波打ち際でキャンプを楽しめるビーチなどなど、カップルもファミリーも独りでも楽しめるのが石垣島なのだ。

久宇良の浜

  石垣島は新空港がオープンした事もあり年々訪れる観光客は増えている。沖縄県の観光データによれば、平成元年度の観光客数は30万人あまりだったが、平成26年には100万人を超えた。海外からの観光客も増え国際観光都市と呼ばれるのも遠からずと思える活気が島にみなぎっている。ということからシーズンに入るとビーチは混雑する。時間に余裕のある人たちは混雑を嫌って離島へ向かうが、島内にだって魅力的なビーチはいくつもある。レンタカーで気楽にビーチを巡れるのでかえって離島よりも便利かもしれない。そんな石垣島の隠れた人気ビーチを今回は皆さんだけにこっそり紹介しよう。


更新日/平成29年(2017)6月

◆この記事を読む人におすすめの情報
沖縄のビーチ一覧

石垣島の旅行・観光特集

===============
⇒沖縄でシュノーケルを満喫!お得なツアー特集はこちら

富山 義則 さん
(とみやま よしのり)
富山 義則 さん

沖縄ビーチの達人
  写真家。昭和50年(1975年)の沖縄海洋博覧会で沖縄の碧い海と白い砂浜に出会い、沖縄の自然に魅せられる。以来、40年以上沖縄に通い沖縄の風景と自然、ビーチを撮り続けている。近著に沖縄の島々の505ビーチを網羅した『沖縄ビーチ大全505』(マガジンハウス刊)『厳選沖縄極上ビーチ76』(トムトムフォトス刊)、『琉球古道』 (河出書房新社)など沖縄に関する著書多数。

マリンスポーツで碧い海の醍醐味を堪能する

碧く透き通る海を体感する喜びは格別だ

  正直言って僕らの年代だとマリンスポーツを楽しむのに体力がついて行かない。まぁ情けない話だが、ビーチで若者達があげる歓声をうらやましく聞きながらビールを飲むのが関の山だ。しかし、本当にみんな楽しそうだ。本土とは比べ物にならない美しい碧色の海だから興奮するのも無理はない。フサキビーチマエサトビーチクラブメッドカビラビーチのようなホテルの管理しているビーチや自治体の運営する人工ビーチなら誰でも各種のマリンスポーツが体験出来るようになっている。値段もそれぞれだから下調べしてから行くことをおすすめする。亜熱帯の海を目一杯楽しんだあとは白い砂浜で寝転ぶもよし、ホテルのバーで一杯やるのもまたよし。南の島特有の自然に包み込まれる爽快感がたまらない。

碧色に染まりそう、亜熱帯の海へダイビング

石垣島サンセットビーチ(石垣島観光協会提供)

  おそらく気がついている人もいるかも知れないが、実は達人、泳げないのだ。だから海の中には入らない。いや、入れない。とはいえダイビングが趣味の知人からの情報をもとに、ダイビングにおすすめのビーチをお伝えしよう。石垣島には慶良間諸島、宮古島以上にダイビングショップが集まっているそうだ。一説によれば200以上の店がオープンしている。これは全国でもトップクラスの数である。つまりそれだけ石垣島も含めてこの海域には魅力的なポイントかあるということだ。ダイビングポイントでは白保海岸の青サンゴ群落など、近場にあるサンゴも見所のようだ。例えシュノーケリングであってもガイド付きのツアーがおすすめ。というのは石垣島の周りは潮の流れが複雑で離岸流も多く、毎年のように事故も起きているからね。

何もしないぜいたく!ストレスフリーなビーチ

底地ビーチ

  このテーマが僕は一番好きだ。ビーチにいったら何もせず読書をしたり、海を眺めたりボーッとしている時間がとにかく大好きなのである。「飽きないのかね」と不思議がられるが、これが驚くほど飽きないのだからビーチがよほど性にあっているのだろう。ただ一つだけ困るのは日陰の無いビーチ。普段はカメラとタオルと水しか持って行かないので、日陰が無いとさすがに沖縄の太陽には勝てない。あらかじめビーチパラソルを用意しておけばいいんじゃないのと思われるだろう。レンタルがあれば借りることも出来るけど、だいたい僕が行くビーチは誰も来ない自然のビーチが多いのでレンタルなんて無いのだな。石垣島なら電信屋裏の浜白保海岸キファやタバガーなどの川平湾沿いのビーチがおすすめだけど、残念ながら大きな木陰が無い。仕方が無いので底地ビーチのモクマオウの木陰でのんびりすることにしている。

お散歩ビーチのすすめ

素足で歩く白い砂浜の感触に時を忘れてしまいそう (キファ)

  ビーチに散歩はよく似合う。石垣島だけに限った事ではないけれど、どこのビーチを歩いても何かしら発見があるものだ。ビーチコーミングだね。知人に貝殻の拾えるビーチを教えたらなかなか帰ってこない。あまりの面白さに時間を忘れたと話していた。
 ある日、朝早くビーチを歩いているご夫婦を見かけたので声をかけたら、リハビリで砂の上を歩いているそうで、舗装道路を歩くよりも何倍も効果があるのだそうだ。このように目的があってビーチを歩くのもいいけれど、亜熱帯の自然を感じながら白砂の上を歩く爽快感は何事にも代え難い。石垣島なら川平湾沿いにあるビーチはきれいな海を見ながら散歩出来る。名蔵湾の海岸もおすすめだ。それから白保海岸ナータビーチもロングビーチだから歩きがいがある。明石の浜もいいね。貝拾いをしたいならナブレの浜や崎枝あたりがおすすめ。

壮大な夕陽の天体ショーに感動

夕陽を眺めていると心が震える (平久保灯台より)

  石垣島で見た夕陽で印象深いのは残念ながら数えるほどしか無い。というのも雲に邪魔され、せっかくの夕陽が途中で消えてしまうから。つくづく運が悪い男なのだ。とはいえ、島内の西側にはサンセットポイントがいくつもある。まず思いつくのはフサキビーチ、ホテルのビーチだけど宿泊客以外でも入れるので、桟橋から見る荘厳な夕陽は格別だ。宿泊していれば部屋の中でカクテル飲みながらこの天体ショーをたっぷり堪能出来る。平久保灯台も捨てがたいサンセットポイントだ。ここは人気だからレンタカーがたくさん集まって、ちょっとした渋滞のようになる事もある。おなじく、石垣島最西端の御神崎灯台も良いポイントだ。名蔵湾米原ビーチなど西側のビーチは季節によって違いはあるものの、水平線に沈む大きな夕陽が拝める。底地ビーチもおすすめだが浜続きのシーサイドホテルのビーチバーは穴場だ。

《厳選ホテル》

たびらいホテル予約であなただけの旅しおりお届けします!

達人の石垣島おすすめビーチランキング

人気のリゾートビーチベスト3

  設備も整い、管理運営もしっかりしているリゾートで過ごすビーチは快適で安心そのもの。カップルやファミリーがリゾートライフを満喫出来るビーチはここだ。

  • 石垣シーサイドホテルのビーチ
  • まさに南の島のリゾート
  • クラブメッドカビラビーチ
おすすめポイント
  海で遊ぶときにまず最優先に考えるのは安全という事だ。その点リゾートホテルのビーチは管理、運営がしっかりしていて安心できるし、設備も整っているから南の島の開放感を満喫できる。煩わしい普段の生活から解き放たれて何もせずのんびりしたい人にはうってつけだ。リゾートホテルのビーチは二つのタイプに別れている。宿泊客以外も入れるビーチか宿泊客しか入れないビーチである。それぞれ特徴があるので、自分のライフスタイルに合わせて選ぶと良い。

手つかずでワイルドなイチャンダビーチベスト3

  亜熱帯の自然を心いくまで堪能するならワイルドなイチャンダビーチで過ごすのも面白い。手つかずの自然の魅力にぐっと引き込まれるに違いない。

  • ナブレの浜
  • シマンチュも仕事の途中にひと休みしにくるのんびりビーチ
おすすめポイント
  イチャンダとはウチナーグチで自然の手つかずビーチのこと。森に囲まれたビーチあり、珊瑚石灰岩に囲まれたビーチあり、獣道を分け入りたどりつく浜だってある。地元の子供達の隠れがビーチになっていたり、大物釣りのスポットで人気になってる浜もある。だいたい観光客はこない。何も無いから不便だし、あるのはきれいな砂浜と海と静けさだけだから。でも、ただただ亜熱帯の自然の中に抱かれている感覚が半端ないのだ。沖縄の海が好きという人なら一度は体験すべし。

達人おすすめ人気ビーチベスト3

  石垣島のビーチランキングでいつも上位に来るビーチはそれぞれ特徴がある。どのビーチか迷ったらまずここへ行ってみると良い。

  • 白い砂と透き通る水が美しいビーチ
  • 米原ビーチ
  • 長く続く白い砂浜の底地ビーチ
おすすめポイント
  トリップアドバイザーが行う日本のビーチランキングで米原ビーチはランクインに入った過去がある。キャンプ場もあるビーチ、熱帯魚も見られるので人気なのだろう。久宇良サンセットビーチは業者が開発し、シーズン中は有料ビーチになってしまったが、珊瑚石灰岩の景観が独特で海もきれい。名前のごとく夕陽ポイントでもある。底地ビーチは石垣市が管理する唯一のビーチで、モクマオウの木陰が沖縄の太陽を遮り快適な空間にしてくれる。

石垣島・離島周辺のホテル探しなら「宿くらべ」

  • プールが楽しい石垣島ホテル4選
  • ビーチが自慢!石垣島ホテル3選
  • ゴルフが楽しめる石垣島ホテル2選
編集部の視点
  沖縄のいい宿研究会が厳選した石垣島・離島周辺のホテルを目的別にご紹介。お得に楽しくホテルを選んで沖縄を旅するヒントがたっぷり詰まっています。自分好みのプランがきっと見つかるはず。
⇒「宿くらべ」をもっと見る

沖縄のいい宿研究会厳選!石垣島格安リゾートホテル

沖縄ビーチ(石垣島編)Q&A

Q 新空港から石垣港ターミナルまで、どのぐらい時間がかかる?
A 旧空港のときはタクシーで約10分だったが、新空港に場所が移ってからは約30分、定期バスだと石垣港のバスターミナルまで約45分とみておくといい。なお、定期バスは15分に1本。新空港からバスターミナルまで520円、タクシー料金は約2500円が目安だ。
Q ビーチ以外にも、八重山諸島の見どころを知りたい
A 多くの離島がある八重山諸島、それぞれの離島で魅力的な観光名所が多い。詳しくはこちらのチェックしてみよう。⇒「八重山諸島」石垣島を中心に離島を巡る旅
Q 石垣島で過ごす際のおすすめの見どころは?
A 石垣島にももちろん、ビーチ以外のおすすめスポットが多数存在する。詳しくはこちらをチェックしてみよう。⇒石垣島の絶景やビーチなど観光情報が満載

沖縄のいい宿研究会厳選!沖縄リゾートホテルランキング

いざないの一枚

その他の達人指南を見る

フサキビーチに夕焼けを見に集う人々

沖縄本島から南にある石垣島旅行に役立つ!おすすめ観光情報
世界有数の美しい海と雄大な山々、個性豊かな島々に囲まれた石垣島。平成25年(2013)には新空港ができ、アクセスも良くなったことから観光客が増えている。おすすめ・・・

小浜島にある大岳(うふだき)から見た美しい風景

「八重山諸島」豊かな自然や伝統文化が残る島々
沖縄本島よりさらに南に位置する八重山諸島。中心の石垣島をはじめ、日本最西端の与那国島や、島全体がジャングルのような西表島など魅力的な島がたくさんある。豊かな自然・・・

まだまだ手つかずの浜が多い八重山(西表島・イダの浜)

沖縄・八重山諸島のおすすめビーチ
世界的なトラベルガイド「ロンリープラネット」でミステリアスな島々として紹介されたこともある八重山の島々には、確かに素晴らしい自然ビーチがたくさん。石垣島以外の、・・・

絶景ポイントとして人気の川平湾といえばこの風景

「川平湾」世界有数の透明度を誇る海 石垣島の絶景スポット
沖縄を代表する景勝地、石垣島の川平湾。島内随一の人気観光地で、世界有数の透明度を誇る海に、小さな島々が浮かぶ様子は絵に描いたような絶景だ。

食欲をそそる厚切りの石垣牛

「石垣島グルメ」必食の石垣牛、八重山そば
全国的にも有名なブランド牛・石垣牛に、庶民の味・八重山そば、島野菜たっぷりの家庭料理に定番おやつまで。太陽と海の恵みがたっぷり詰まった石垣島グルメを味わう。

豊年祭のワンシーンより(撮影/新盛基史さん)

石垣島・おすすめの伝統行事や人気イベント
石垣島は八重山諸島のひとつとして、独自の伝統行事が根づく島だ。星空や特産品を楽しめるイベントやスポーツイベントも充実している。旅行の前にチェックしておこう。

女性に特に人気が高い赤のミンサー織り

石垣島のミンサー ロマンチックな伝統工芸
石垣島を代表する伝統工芸品のひとつである八重山ミンサー。ロマンチックな意味が込められたミンサー柄は、織物製品にとどまらず、雑貨品や街の中でも見ることができる。お・・・

沖縄風クレープ・ポーポーとゴーヤーのスムージー

石垣島カフェ巡り・絶景とおすすめスイーツ
海の見えるロケーションや島の食材を使ったメニューなど、石垣島では個性的なカフェが増え、カフェ巡りが人気を呼んでいる。

波静かでシュノーケリングに絶好の海。西表島「星砂の浜」

石垣島&八重山諸島でシュノーケル・シュノーケリング
サンゴ礁の海に囲まれた沖縄は、水面に浮かびながら海中散歩を楽しめるシュノーケリングの絶好のロケーション。沖縄のシュノーケリング・ポイントを知り尽くした達人が八重・・・