北海道の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 中山峠 道の駅「望羊中山」の楽しみ方
PR
北海道のホテル特集最安値プラン!公式サイトからのご予約がお得

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

中山峠 道の駅「望羊中山」の楽しみ方

  札幌~道東地方を結ぶ大動脈の国道230号線沿いに中山峠はある。その頂上にある道の駅「望羊中山(ぼうようなかやま)」は、名物「あげいも」の他にも旅の疲れを癒すのに最適な仕掛けが満載だ。

中山峠メイン

  札幌市南区と虻田郡喜茂別(きもべつ)町の境にある中山峠。そこの頂上にある望羊中山は、札幌~ニセコ間を車で通る人には欠かせない存在の道の駅として、かねてより有名だった。「中山峠と言えばあげいも!」と北海道民であれば誰もが連想するであろう名物のあげいもの存在や、蝦夷富士(えぞふじ)と呼ばれる羊蹄山を眺められることもあり、年間220万人以上もの人々が利用する人気の観光スポットだ。近年は、ご当地グルメや新鮮野菜の直売にも力を注いでいる望羊中山。その魅力と人気の秘密を探った。

ライター/相馬 りえ 投稿日/平成27年(2015)9月

青木さん
(あおき としのり)
青木 俊憲さん

望羊中山の達人
  望羊中山の支配人。北海道千歳市のスキー一家で生まれ育ち、公益財団法人全日本スキー連盟認定の検定の最上級に合格。その後スノーボードに転向し、学生時代はスノーボードの練習のため毎週ルスツのスキー場へ通う。美容師を経て、22歳の時に好きなことをやっていきたいと決意し、ルスツリゾートや望羊中山を運営する加森観光株式会社に入社。おいしいものの食べ歩き、ならびに料理の趣味を生かし、望羊中山の新メニューを次々と開発。調理師の免許も取得している。

望羊中山は、羊蹄山が見える絶好のビューポイント

羊蹄山

  羊蹄山は、北海道西部にある支笏洞爺国立公園(しこつとうやこくりつこうえん)に属し、山頂は倶知安町(くっちゃんちょう)、喜茂別町(きもべつちょう)、京極町(きょうごくちょう)、真狩村(まっかりむら)、ニセコ町の境を成している。容姿が富士山に似ていることから蝦夷富士と称され、北海道を代表する名山として日本百名山の一つに数えられている山だ。春夏秋冬、どの季節も違った趣きがあり美しい山だが、達人おすすめの季節や時間帯はいかに?

「澄んできれいに見えるのは晴れた日の昼ですが、プロカメラマンは日の出前に足を運び、羊蹄山にかかっている朝もやが、日の出を迎えて晴れる瞬間を狙って撮影します。また年に2回ほど、羊蹄山の真上に夕陽が沈むことがあり、その時は山が真っ暗に見えます。威圧的、恐ろしいと感じる人もいるようですが、僕は美しいと思います」

冬は降雪により大気中の埃が地上に落下して空気が澄んでいるため、年中通して羊蹄山が一番鮮明に見える季節だ。冬の晴れた日は、望羊中山から羊蹄山がくっきりと素晴らしい眺めで見られる。ただ、望羊中山から羊蹄山に向かうまでの間、一切雪が降らない状況はあまりにも少ないので、もし見られたなら非常にラッキーな光景だ。

さらに、達人が絶景だと賞する季節がある。「秋、数年に1回というかなり珍しい確率で、羊蹄山が見事に紅葉で真っ赤に染まり、山の上にだけ雪が積もっていることがあります。僕が望羊中山で勤務するようになったのは4年ほど前からですが、1回だけしかそのような光景を見たことがありません」

中山峠の名物「あげいも」は、長い歴史を経て進化している!

あげいも

  昭和43年(1968)、森を切り開き、現在の場所に物産館が建てられたそうだ。それから、増築を繰り返し、現在の望羊中山の姿に。地元に残された資料によると、あげいもが認知されたのは、同じく昭和43年。およそ半世紀もの間、あげいもは愛され続けてきた。中山峠のあげいもの特徴のひとつとして、挙げられるのは重量感。甘い衣で揚げた丸々1個のじゃがいもが串に3つ連なっているその姿には、強烈なインパクトがある。

「あげいもに使用しているじゃがいもは、羊蹄山麓で採れた男爵(だんしゃく)のみ。ひとつの業者から生の状態で仕入れ、こちらで加工・調理しています。他の品種でも試しましたが、男爵の甘さやホクホク感にはかないませんでした。 1度に炊き上げるじゃがいもの量や、水に浸す時間を調整して、年中通してできるだけ変わらぬおいしさになるよう努めています」

昔は、荷崩れしたじゃがいもは廃棄していたそうだが、数年前、すりつぶした男爵いもをスパイシーに仕上げた「マヨ玉キング」という商品を開発。最初は限定商品だったが、人気が出たため現在は定番商品として販売している。また、10種類以上の調味料であげいもを自由に味付けできるコーナーもあり、多彩なあげいもの味を楽しめる。

厳選された野菜しか並ばない!大人気の「峠のマルシェ」

峠のマルシェ

  望羊中山の本館の入り口横に、赤と白のストライプのテントがある。その下には、ミニトマトやキャベツなど、つやつやして見るからに新鮮な野菜がずらりと並ぶ。

「5月中旬から9月下旬まで外のテントで営業する『峠のマルシェ』は、私どもが自信を持って選んだ生産者と品種の、旬な野菜のみを販売しています。年間のラインナップは越冬したじゃがいもから始まり、アスパラ、ウドなどの山菜、トマト、とうもろこし、大根など。生産数も品種も希少な野菜が並ぶこともあり、売り切れることがほとんどです」

地元の生産者はもちろんのこと、道央地方など色々な地域の生産者をひとつ一つ吟味し、本当に良いと思うものだけを仕入れているとのこと。基本的にマルシェに並ぶ野菜は朝採りで、鮮度抜群だ。マルシェ人気ベスト3は、じゃがいも、とうもろこし、キングルビー。キングルビーは、重量感がある肉質がしっかりしたメロンで、上質でさっぱりとした甘さが特徴だ。マルシェでは贈答用や地方発送も受け付けており、地方発送を希望する人からの電話が連日かかってくるほどの人気。

「圧倒的に本州からの電話が多いです。昨年中山峠に訪れて峠のマルシェの野菜や果物を食べ、『あの美味しさが忘れられなくて、家族にも食べさせたいから我が家に送ってほしい』、『大切な人に贈ってほしい』という要望がほとんどです」。平成26年(2014)にオープンしたにもかかわらず、すでに多くのリピーターがついている峠のマルシェ。今後も期待だ。

寄らなきゃ損!「森の美術館」の存在

森の美術館

  望羊中山の裏手に美術館がある。なんと入館料無料。本館2階からの連絡通路でも、外の小さな坂を登ってでも行ける。そこは、緑と静寂に包まれた「森の美術館」。

美術館には、北海道内の美術大学の学生が描いた絵画が中心に展示されている。人物画、風景画、心象画など、ジャンルも大きさもさまざまな、若い感性が光るみずみずしい作品が並ぶ。窓から覗く森の緑と木漏れ日もひとつの作品と化している癒しの空間だ。

「以前は『写真の森美術館』という名前でしたが、4年前から展示内容を写真から絵画に変えました。ただ、フクロウの撮影で有名な写真家・嶋田忠さんがプロデュースした『フクロウの森』という常設の展示室は、写真や、音響や照明の設備も、当時のまま残してあります。見応えのある展示室なので、ぜひご覧頂きたいです」

絵の搬入や搬出など、美術館の維持管理はデリケートで難しい。しかし、「ここ周辺の観光業を盛り上げたい、喜茂別町民の笑顔を見たい、という想いで美術館の運営を続けています」と青木支配人。あげいもを食べて通り過ぎるだけではもったいない。旅の疲れをリセットするにふさわしい、森の美術館へぜひ立ち寄ってみてはいかがだろう。

《厳選ホテル》

北海道【レンタカー】スマートトラベルレンタカー

達人おすすめのメニューとスポット

望羊中山の3大必食メニューはこれだ!

  望羊中山1階のテイクアウトコーナーに、観光客の行列ができることは日常的な光景。あげいもだけじゃない!いももちやソフトクリーム、フライドポテトなど幅広いメニューの中から、人気ベスト3を紹介。

おすすめポイント
  望羊中山のキャッチフレーズは「ここでしか買えない・ここでしか味わえない」。オリジナルのメニューを次々と開発・発売し、それぞれの商品のリピーターも増えているそう。以前はあげいもがダントツの人気だったが、最近は中山チキンやあんドーナツが、あげいもの売り上げとの差を徐々に縮めている。
 2階にはレストランもあり、タレも特製のルスツ豚を使用した豚丼や、つゆに鮭節を使った生そばなど、こだわりのメニューもある。

望羊中山の中にある施設 3選

  ちょっと寄って外であげいもを食べる、だけではもったいない。実はこんなに楽しめる望羊中山。

おすすめポイント
  平成25年(2013)に誕生した望羊中山公式ゆるキャラ「あげポン」は、達人・青木支配人が名付け親。キャラクターのデザインは「あげいも、雪、羊蹄山」の3つをコンセプトにコンペを開催し、道内の美術大学の学生が考案した物が選ばれた。あげポンのグッズは「峠のおみやげ・コンビニ」でしか手に入らず、携帯用ストラップやクリアファイル、あげいもの粉を練り込んだドーナツなど、さまざまなラインナップを取り揃えている。
 1階で購入したあげいもや新鮮野菜を持ち込んで、2階のパノラマ展望台で羊蹄山を見ながらゆっくりと休憩するのもいいだろう。

周辺の観光名所 3選

  望羊中山の周辺には、一風変わった魅力的なスポットもある。達人が選んだ3施設をご紹介。

おすすめポイント
  望羊中山すぐ近くの「中山峠スキー場」は、大抵のスキー場が5月でシーズンを終える中、2年前に道内では初めて6月まで天然雪でオープンをしたスキー場。ここはクリスマス前から3月までは営業せずに、その間雪を貯めておき、長く春スキーを楽しめるようにしている。
 望羊中山から車で20分ほどのところにある喜茂別町の郷の駅内の「麺屋 誠」は、青木支配人が頻繁に食べに行くラーメン店。注文の度に、鉄鍋でスープを煽る(あおる)手間を惜しまない。長方形のとろける食感のチャーシューも人気。

望羊中山への交通アクセス

  望羊中山は、札幌市街地からニセコ・洞爺湖(とうやこ)方面へと向かうメインルート、国道230号線沿線にあり、車でのアクセスは容易だ。また、JR札幌駅南口のバスターミナルから出ている洞爺湖温泉行きの路線バスを利用すれば、乗り換えなしでアクセスできる。

望羊中山の施設情報

  北海道虻田郡喜茂別町川上345番地
TEL.0136-33-2671
営業時間/8時~17時30分
定休日/年中無休
駐車料金/無料
公式HP/http://ageimo.com

車・レンタカーで

  札幌中心部から/国道230号線にて、約1時間10~20分
新千歳空港から/道央自動車道と国道230号線を経由、約1時間40~50分
道央自動車道 虻田洞爺湖ICから/約1時間

公共交通機関(バス)で

  札幌駅南口から/道南バス「洞爺湖温泉行き」で約1時間25分、「中山峠」下車

望羊中山のQ&A

Q テイクアウトコーナーで人気のプレミアムソフトクリーム。どこがプレミアムなの?
A 道内の指定農場から直接工場へ、生乳を完全チルドの状態で仕入れています。脂肪分が20%と高めで、また、長期保存のための甘さや保存料は最低限しか使用していないので、生乳本来の味を実感して頂けると思います。味が締まった、堅くてしっかりとした口当たりです。
Q 望羊中山で利用するのに料金がかかる施設はありますか?
A 併設している森の美術館も、2階のパノラマ展望台も、もちろん外に設置しているトイレも、無料で利用できます。ちなみにトイレには観光案内所「喜茂別iセンター」が併設されています。
Q 記念撮影するのにベストな場所はありますか?
A 望羊中山の駐車場に、あげいもと羊蹄山の絵が描かれた看板があり、あげいもから顔を出せる穴が3人分空いています。そこで記念撮影される観光客は大勢いらっしゃいます。
 羊蹄山を撮影するのは、屋内ではなく屋外の駐車場からがおすすめです。
Q 峠のマルシェの野菜は地方発送できるの?
A できます。どんな野菜のどの品種がどれだけ、いつ入荷するかは直前まで分からないことが多いので、必ずしもご希望に添えないこともありますが、お電話1本で地方発送は承っています。
ラフティングの聖地・ニセコで水辺の遊びを満喫!

ラフティング

  中山峠からわずか1時間弱。ニセコエリアを流れる清流「尻別川」はラフティング・ダッキー・キャニオニングなどのウォーターアクティビティが盛り沢山! 雪どけから秋に至るまで、多様なシーズンの水辺を楽しもう!

⇒ニセコラフティングの楽しみ方ガイド

いざないの一枚

その他の達人指南を見る

ニセコアンヌプリ山頂からの風景

ニセコの観光名所。絶景・撮影スポットまで
広く見どころがたくさんのニセコエリア。例えば、湧き出す名水を飲んだり、もしくはサマーゴンドラに乗って高いところから羊蹄山を眺めたり。“名所”と呼ばれる場で、ニセ・・・

スキー

ニセコでスキー!極上パウダースノーを堪能
国内外問わず、スキーヤー・スノーボーダーに愛されているニセコ。同じ北海道内のゲレンデの中でも特にニセコに人が集まるのはなぜだろうか? ニセコの雪山の人気の秘密を・・・

グラウビュンデン

ニセコグルメを堪能。おすすめ店情報も
豊かな自然、恵まれた気候、そして羊蹄山から湧き出す名水が育てるニセコの食材は、素材の味が濃くてとってもおいしい。地元の素材を使ったニセコのグルメスポットを達人に・・・

雄大な石狩平野と樽前山から手稲山まで連なる山々

札幌近郊半日ドライブ 地元目線で楽しもう
北海道の爽やかな春~初秋はドライブに絶好のシーズン。気ままに車を走らせ、束の間の住人となって北海道を地元目線で楽しもう。例えば北海道旅行の最終日、半日しかない貴・・・

露天風呂

札幌・豊平峡温泉で源泉100%の美肌の湯と絶品カレー
札幌市の郊外にある豊平峡温泉は、自然に囲まれたロケーションと泉質のよさが好評の日帰り温泉施設。併設する食堂のインドカリーも、街中の専門店のような本格的な味わいが・・・

定山渓温泉街

定山渓観光 札幌の奥座敷の楽しみ方
江戸末期の開湯で、古くから温泉地として親しまれている定山渓。実は温泉以外にも、自然を生かしたアクティビティや絶景、グルメなど魅力的なスポットが多数ある。知れば知・・・

スープカレー

札幌スープカレー 味わい方と人気店6選
札幌のスープカレーは、ジンギスカンやラーメンと並ぶ名物グルメ。野菜や肉、魚介などの具材がドーンと盛られる、北の大地らしい豪快な一皿だ。その味わい方と人気店情報を・・・

スイーツアベニュー

新千歳空港でお土産選び。人気店を紹介
北海道の旅の締めくくりに欠かせないのが、お土産選び。大切なあの人へ贈るとっておきの一品を、新千歳空港で探そう。

豊かな温泉を自然の中でのどかに楽しめる足湯

登別を観光。大自然とテーマパークを楽しむ
北海道屈指の温泉地・登別。そんな登別で楽しめるのは、長い歴史とともに育まれた大自然と、多彩なテーマパーク。観光スポットとしての「登別」の楽しみ方を紹介する。