沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索

沖縄観光情報

  1. 「恩納村を楽しむ」 マリンスポーツにグルメ、絶景スポットも
PR
もう、ツアー予約でページをいったりきたりしない!「たびらい厳選ツアー」

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

「恩納村を楽しむ」 マリンスポーツにグルメ、絶景スポットも

  沖縄本島を代表するリゾートエリア恩納村(おんなそん)。オーシャンビューを楽しめるリゾートホテルに美しい海でのマリンスポーツ、村内の特産品が集まった道の駅など、さまざまな魅力にあふれている。

美しい海岸線には多くのリゾートホテルが立ち並ぶ

  那覇空港から車で1時間ほどの位置にある恩納村は、国内外から年間350万人が訪れるという人気の観光エリア。海沿いにはリゾートホテルが並び、万座毛(まんざもう)真栄田岬(まえだみさき)などの観光スポットも多い。また最近ではリゾートウエディングも人気で、ビーチではフォトウエディングを楽しむカップルの姿も見られる。多くの旅人を魅了する恩納村について達人に案内してもらった。

更新日/平成28年(2016)12月

《この記事を読む人におすすめの情報》

長浜 保治さん
(ながはま やすはる)
長浜 保治さん

恩納村観光の達人
  恩納村役場商工観光課課長。生まれも育ちも恩納村。地元愛にあふれ、恩納村の観光をいっそう盛り上げるべく奔走している。県内外から恩納村に遊びに来てくれる人に、感謝の気持ちを込めたおもてなしと恩返しをしたいと心を砕く。好きなスポーツは卓球。

恩納村はマリンスポーツの宝庫!

多くのダイバーたちを魅了する青の洞窟

  「恩納村の一番の魅力はなんといっても美しい海」と語る、達人の長浜さん。「海岸線に沿って走る国道58号からは、エメラルドグリーンから紺碧へと変わる海が見られます。また、村内の宇加地(うかじ)から名嘉真(なかま)を結ぶ県道6号線から国道58号は『おんなサンセット海道』と呼ばれ、夕暮れ時にはうっとりする風景が見られますよ」。
 美しいビーチではマリンスポーツが楽しめ、シュノーケリングやダイビングが人気。特に真栄田岬にある「青の洞窟」と呼ばれるスポットは、県内でも屈指のシュノーケリング、ダイビングスポットとして知られている。洞窟内部の海面が太陽光線の反射で青く輝き、その神秘的な世界を一目見ようと観光客が大勢集まる。
 恩納村では、海に潜らなくてもできるマリンアクティビティも豊富だ。「泳ぎが苦手な方でも楽しめるのが、恩納村ふれあい体験学習センターです。浜釣り、船釣り、海人(沖縄の方言で「漁師」のこと)と一緒に体験する追込み漁のほか、海辺の生物を観察するツアーもあります」と達人。遊んでよし、眺めてよし、恩納村の海はワクワクがいっぱい詰まっている。

恩納村のリゾートホテルへ

遊具が充実した大きなプールを持つホテルも多い

  「恩納村のリゾートホテルはどれも個性的でそれぞれに魅力的なサービスがあるので、旅の人数や目的に合わせて使い分けるのがおすすめです」と長浜さん。例えば、友人同士ならマリンアクティビティが充実しているホテル、ファミリー層にはイルカと触れ合えるマリンプログラムがあるホテル、というように選択肢は豊富だ。
 「ホテルに泊まる一番の利点は、たっぷり恩納村に触れられること。地元産の食材を使ったメニューを味わい、スタッフの真心込めたサービスを受け、海や夕陽といった沖縄の美しい自然を体感してください。国道58号や高速道路も近いので、北部地域や南部地域へ行く拠点としても便利ですよ。平成27年(2015)4月に北中城村に九州最大規模の商業施設『イオンモール沖縄ライカム』がオープンして話題ですが、そこへも車で30分ほどで行けます」。宿泊はもちろん、観光地へのアクセスの良さも恩納村の魅力の一つだ。

おんなの駅で美味しいもの三昧

お土産選びにも便利なおんなの駅なかゆくい市場

  地元のグルメを味わいたいならと達人が案内してくれたのが、おんなの駅なかゆくい市場だ。「農産物や海産物、お菓子も豊富。恩納村水産物直売店という店は地元の人たちにも人気で、ウニソースをたっぷりかけて焼いたムール貝が名物です。また、市場に隣接する各店では、マンゴーやパッションフルーツがたっぷりのったかき氷や、恩納村で穫れたもずくを使ったもずく饅頭、真っ黒なイカスミのジューシー(沖縄風炊き込みご飯)などが味わえますよ。やちむんや琉球ガラスなどの工芸品や恩納村で造られた泡盛など、お土産探しにもぴったりです」。ちなみに、達人の一番のお気に入りは、甘酸っぱさがたまらないマンゴージュースなんだそう。

達人に聞く! 恩納村の「ここは行くべし」

2016年にオープンした恩納村文化情報センター

  見どころ満載の恩納村だが、さらにおすすめ情報があるかと達人に聞いてみると「うんなまつりと、平成28年にオープンした恩納村文化情報センターです」との返事。
 うんなまつりは恩納村で一番大きな祭りで、特におすすめなのが牛汁の特別販売。「3メートルを超える大鍋で約1500食分の牛汁を作って、ライス付1杯500円で販売します。このためにわざわざ村外から駆けつけるファンもいますよ」。
 おんな道の駅の隣にできた恩納村文化情報センターでは、自分だけの観光案内マップを作成・出力でき、思い出の写真を共有するウェブサービスも展開している。2階の図書館は誰でも貸出可能で、窓からの眺めもいい。「恩納村には女流歌人で有名な恩納ナビーという人物がいます。『国頭方西街道』という琉球王府時代からの道もあり、史跡散策が楽しめます。文化センターではそのような歴史に関する案内もしています」。恩納村博物館ともつながっていて、無料で恩納村の歴史文化に触れることができる。
 ほかにも恩納村の文化や工芸を知ることができる施設としては、大型テーマパークの琉球村、変わり種では沖縄科学技術大学院大学(OIST)沖縄宇宙通信所(JAXA)などの見学も可能。恩納村の文化的な懐の深さも、ぜひ体感しよう。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート

きれいな海においしいグルメ、恩納村のあれこれ情報

恩納村おすすめビーチ

  青い海に、白い砂浜。マリンアクティビティも充実!

  • 「快水浴場百選」では沖縄県内で3ヶ所しかない「特選」にも選ば
  • ダイヤモンドビーチ
  • 恩納村海浜公園ナビービーチ
おすすめポイント
  まず、沖縄のビーチを代表するといってもいいほど有名なのが万座ビーチです。雑誌などの撮影にもよく使われています。マリンスポーツが充実し、ビーチの沖に万座毛を見ることができるのも人気の理由です。御菓子御殿裏手のダイヤモンドビーチは人があまりいない穴場的なビーチです。無人ビーチなので泳ぐ場合は注意して下さい。恩納村海浜公園内にあるナビービーチは、今一番のおすすめです。貴重な無料ビーチで施設も充実。マリンスポーツや体験、バーベーキューなどいろんな楽しみ方ができますよ。

恩納村の厳選グルメ

  新鮮な海の幸以外にも、こんなおすすめグルメはいかが?

  • 昔から人気が高いクラブサンド
  • 目の前で調理をするので、料理を待つ時間も楽しめる
おすすめポイント
  ハンバーガーや鉄板ステーキ、パッションフルーツなどはぜひ食べてほしいですね。ドライブ中の休憩なら、昔ながらのシーサイドドライブインをおすすめします。地元でも人気がある24時間レストランです。

恩納村で楽しむ大人のための社会科見学

  沖縄にこんなところあったの!?恩納村で満たす知的好奇心

おすすめポイント
  ハイレベルな国際的研究施設兼大学院大学のOISTは建物もきれいで、一般の人でも館内のカフェが利用でき、料理もおいしいと評判です。沖縄宇宙通信所はJAXAの施設で、気象衛星ひまわりの画像を見ることができ、宇宙や衛星について学べます。また、恩納ガラス工房で琉球ガラス作りにチャレンジするのも沖縄らしい体験ができると思います。

本島北部のホテル探しなら「宿くらべ」

  • 恩納村で朝食が人気!ホテル4選
  • 恩納村のお手頃リゾートホテル3選
  • 大人数で泊まれる恩納村のホテル3選
編集部の視点
  沖縄のいい宿研究会が厳選した本島北部周辺のホテルを目的別にご紹介。お得に楽しくホテルを選んで沖縄を旅するヒントがたっぷり詰まっています。自分好みのプランがきっと見つかるはず。
⇒「宿くらべ」をもっと見る

絶景ホテル!空に近いインフィニティプール

恩納村(恩納村役場)への交通アクセス情報

  那覇空港から恩納村役場までは、沖縄自動車道を利用して約1時間。

車(レンタカー)で

  那覇空港より国道58号を北上。沖縄自動車道利用の場合、石川ICあるいは屋嘉ICを利用して約1時間程度。

路線バスで

  那覇空港、旭橋駅前(旧那覇バスターミナル)より名護西空港線(120番)、名護西線(20番)で恩納村役場前。

施設情報

  ■恩納村役場
【住所】
国頭郡恩納村字恩納2451
【電話番号】
098-966-1200

■恩納村文化情報センター
※観光案内やイベント情報、歴史文化も学べる情報発信ステーション
【住所】
沖縄県恩納村字仲泊1656-8
【電話番号】
098-982-5432
【URL】
http://www.onna-culture.jp/

■恩納村ふれあい体験学習センター
【住所】
恩納村恩納5973
【電話】
098-966-2893
【URL】
http://www.onnaweek.jp/

達人が答える恩納村Q&A

Q 恩納村までの交通手段は何がいいですか?
A バスやレンタカーをおすすめします。恩納村は西海岸に沿って長く伸びているので、ゆっくり景色を楽しみながらドライブできますよ。特に、「おんなサンセット海道」と銘打った宇加地から名嘉真までの区間は、美しい夕陽が見えることでも有名です。
Q 恩納村のお土産はどこで買えますか?
A おんなの駅なかゆくい市場は、地元で採れた野菜からフルーツ、菓子、泡盛などたくさんの土産物が揃っています。海産物なら恩納村水産物販売センター、泡盛なら恩納酒造所など、それぞれの品に特化した場所もありますよ。
Q 恩納村ではどんなイベントがありますか?
A 5月の前兼久ハーリー(旧暦5月4日)や7月の県知事杯争奪万座ハーリーフェスティバルなど海の祭りや、夏には村の一大イベント「うんなまつり」、旧暦8月15日のウシデーク(収獲を神に感謝する奉納舞踊)、豊年祭があります。11月には文化祭・文化展、2月には恩納村産業まつりが行われ、村はにぎわいます。特に「うんなまつり」は村外からたくさんの人が遊びに来る人気の祭りです。

沖縄のいい宿研究会厳選!「宿くらべ」をもっとみる

いざないの一枚

その他の達人指南を見る

万座毛といえば、象の鼻の形をした岩が有名

「万座毛」沖縄を代表する絶景!恩納村の人気観光地
どこまでも青い海と空、広場の緑が美しい万座毛は、沖縄を代表する絶景の観光スポット。海に沈む夕日が美しく、沖縄らしい風景を満喫したい人におすすめだ。

旬の野菜や果物が並ぶので、観光客だけでなく地元の利用者も多い

「おんなの駅」で南国グルメを食いだおれ
「なかゆくい」とは沖縄の言葉でひと休みのこと。沖縄本島北部・恩納村(おんなそん)の国道58号線沿いにある「おんなの駅なかゆくい市場」は、お土産に人気の地元の特産・・・

北部にはきれいなビーチが目白押し(万座ビーチ)

沖縄本島北部のビーチならココがおすすめ
沖縄本島の北部は「ヤンバル」とも言われ、自然豊かな地域として近年人気が高まっている。北部ビーチの魅力は東と西で大違い。ヤンバルの自然に抱かれたような東のビーチと・・・

沖縄の伝統的な衣装の貸し出しが人気

「琉球村」体験プログラムが豊富な観光施設
沖縄県北部・恩納村真栄田岬近くにあるテーマパーク「琉球村」。体験プログラムを通して、“昔ながらの沖縄”のゆったりとした懐かしい時間を感じることができる。

工房の奥には登り窯。たくさんの器が焼き上がるのを待つ達人

「やちむんの里」読谷でお気に入りの器を探す旅
沖縄の伝統的な焼き物「やちむん」は、日々の暮らしの中で使うほどに味が出る器。「やちむんの里」は、そんなやちむんを作る15もの工房が軒を連ねる工芸の村だ。職人の作・・・

地元の人からも愛される残波岬の全景

「残波岬」断崖絶壁が2km続く迫力の絶景
沖縄本島で夕日が最後に沈む場所、それが残波岬。晴れた日には絶景が楽しめる。

琉球史ヒーローのひとり、護佐丸が築城した座喜味城

世界遺産・座喜味城跡の楽しみ方
沖縄本島中部・読谷村(よみたんそん)にあり、名将・護佐丸(ごさまる)によって築城された。戦国時代の要塞として最高傑作といわれ、戦火を逃れたため保存の良い状態で残・・・

世界最大級の水槽「黒潮の海」は必見!

沖縄美ら海水族館の楽しみ方を徹底ガイド
沖縄の人気スポットである「沖縄美ら海水族館」は、ジンベエザメやマンタが悠々と泳ぐ、超ビッグスケールの水族館だ。開館13年を迎え、展示内容がますます充実した水族館・・・

迷路のような並木道は、散策するにピッタリの場所だ

「備瀬のフクギ並木」緑のトンネルを歩く癒しスポット
美ら海水族館のすぐ近く、およそ2万本ものフクギが立ち並ぶ、備瀬(びせ)のフクギ並木。差し込む陽射しや揺れる木の葉がきらめき、木々の間を歩いているだけで、心が癒さ・・・