沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 沖縄本島北部・OKINAWAフルーツらんど徹底ガイド
PR
“疲れる旅選び”をなくしたい!おすすめプランだけを集めた「たびらい厳選ツアー」

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

沖縄本島北部・OKINAWAフルーツらんど徹底ガイド

  OKINAWAフルーツらんどは本島北部の名護市にあり、雨の日でも楽しめる人気の観光スポット。平成25年(2013)の創業40年を機にリニューアルしたフルーツらんどのおすすめの楽しみ方を達人が伝授する。

フルーツらんどのキャラクター、ペッカーが出迎える正面ゲート

  年間40万人の来場者数を誇るOKINAWAフルーツらんど。中山パイン園を母体とし、海洋博をきっかけに土産店としてスタートしたのが原点。以降、時代とともに変化を続け、ショッピングや食事だけでなく、熱帯のフルーツや鳥たち、蝶のオオゴマダラと触れ合える全天候型亜熱帯体験施設として人気を博してきた。そのOKINAWAフルーツらんどが平成25年(2013)、創業40周年を記念して「施設体験型・オリジナル絵本」トロピカル王国物語をコンセプトに大幅にリニューアル。さらに魅力的な観光スポットに生まれ変わった。

取材日/平成26年(2014)6月10日 取材者/黒田史夫

《この記事を読む人におすすめの情報》
沖縄観光で”役に立つ”情報100選

安里博樹さん
(あさとひろき)
安里博樹さん

OKINAWAフルーツらんどの達人
  生まれも育ちも沖縄県名護市というOKINAWAフルーツらんど4代目社長。創業者である祖父から父、叔父へと引き継がれてきたファミリービジネスの変革に積極的に取り組んでいる。「すべてのお客様にフルーツの物語をお伝えしたい」という思いからトロピカル王国物語のプロジェクトをスタート。自ら園内に立ちガイド役をすることもあるというOKINAWAフルーツらんどの達人。

「施設体験型・オリジナル絵本」トロピカル王国物語とは何か?

地図を手に、トロピカル王国の探検にスタート

  OKINAWAフルーツらんどはフルーツゾーン、蝶ゾーン、バードゾーンなどのエリアを併設したショッピング施設だった。しかし生き物であるフルーツや蝶、鳥たちのコンディションを常に最高の状態に保つことは極めて困難。時期により「フルーツが少ない」などの不満の声を耳にしたこともあったという達人。試行錯誤の末、フルーツのおいしさだけでなく、フルーツと人間にまつわる幸せの物語を伝えたい、という気持ちが湧き上がってきた。そんな達人の思いが、従来の「見て、触って、食べる」だけの施設を生まれ変わらせた。園内にはトロピカル王国物語のストーリーに沿って様々な謎が仕掛けられている。地図を手に、その謎を解きながら進むうちにフルーツの秘密などを学べる、という仕組みになっている。

フルーツらんどでフルーツを満喫

沖縄の南国フルーツをお腹いっぱい

  やはり、南国のフルーツを満喫できるのがOKINAWAフルーツらんどの魅力。園内のフルーツゾーンは南国ムード満点の熱帯果樹園だ。季節により、パパイヤ、マンゴー、グァバ、ドラゴンフルーツなど30種類以上の南国フルーツが栽培されている。なかでも必見はギネス認定の世界最大のフルーツ、パラミツ。成熟すると独特の香りを放つ、その果実は小さいもので重さ1~5キロ、大きいものは45キロにもなる。
 トロピカル王国物語のストーリーに沿ってフルーツゾーンを歩いたら、フルーツのおいしさも楽しみたいところ。ショッピングゾーン内ではパイナップル試食の食べ放題が、フルーツカフェでは南国フルーツをたっぷり使ったオリジナルのスイーツが用意されているので、心ゆくまでフルーツを楽しみつくそう。

オオゴマダラ(蝶)の飛び交うバタフライガーデン

オオゴマダラと金色のさなぎ

  1年を通して楽しめる施設へと進化したOKINAWAフルーツらんどだが、せっかくならフルーツやオオゴマダラがたくさん見られる時期に訪れたいところ。達人によると、フルーツやオオゴマダラが最盛期をむかえる7月から9月にかけての夏休みシーズンがベスト。この時期、バタフライガーデンでは日本最大の蝶オオゴマダラが優雅に舞う姿を観察できる。
 また、ここは人気ナンバー1の撮影ポイントでもある。ガーデンに入りしばらくすると蝶たちが周りに集まってくるので記念写真を忘れずに。なお、特定の香水や色に反応してオオゴマダラが近づいてこない場合もあるので要注意。自然界では珍しい金色のオオゴマダラのサナギも必見だ。黄金の蛹が葉っぱに連なる姿はまるでゴールドのアクセサリーのような輝きだ。

OKINAWAフルーツらんどで食事を楽しむ

レストラン安里家の内観

  トロピカル王国物語の体験エリアを抜けるとショップとフルーツカフェ、レストランの安里家がある。本格的な食事が楽しめる安里家は大ホール・個室、全280席の大型レストラン。地の味、今の味にこだわった郷土料理を中心に提供している。人気は「琉球料理食べ放題」のランチバイキング。その他、ランチプレートや沖縄そばなどメニュー豊富。フルーツらんどのレストランならではのメニューとして、トロピカルフルーツの専門家「フルーツクチュリエ」が目の前で調理するジュエリーフルーツプランなどのスイーツメニューも用意されている。施設入園料なしでレストランのみの利用も可能なので、気軽にランチや軽食に立ち寄れるのがうれしい。

写真提供:OKINAWAフルーツらんど

こだわる・癒される・よろこぶ 沖縄女子旅

OKINAWAフルーツらんど特選情報

フルーツカフェの人気メニュー3選

  OKINAWAフルーツらんどならではの南国果実をたっぷり使ったオキナワンスイーツが大人気のフルーツカフェ。フルーツのビタミンと爽やかな甘さが旅で疲れた体を癒やしてくれること間違いなし。

  • そぼくな極み(OKINAWAフルーツらんど提供)
  • 美汁果汁シリーズ。写真はミックス味
  • 旬なフルーツがたっぷりの「フルーツボード」
おすすめポイント
  フルーツカフェのスイーツメニューはフルーツ本来のおいしさを最大限に活かすよう工夫がなされている。豆乳ソフトの使用もその一例。存在感を抑えた豆乳ソフトの甘さがフルーツの持ち味を一層際立たせている。加えて、各種フルーツの効能を用いた健康志向のメニューにも特徴がある。

人気のおみやげ3選

  お土産なら何でもそろう品揃え豊富なOKINAWAフルーツランドのショッピングゾーン。販売課主任の新崎知恵子さんおすすめの人気商品3選を紹介。

  • トロピカル王国物語の世界観をイメージしたパッケージが人気
  • 王さま御用達シリーズとは異なるイメージの安里家ブランド
  • カステラを手にする新崎主任
おすすめポイント
  OKINAWAフルーツらんどではオリジナル商品を「王さま御用達シリーズ」「安里家シリーズ」としてブランド展開をしている。ここで紹介したサーターアンダギーやちんすこうぼうろも2つの異なるパッケージが用意されている。全国どこでも1カ所まとめて1080円の宅配サービスも行っているので、荷物を気にせず買い物を楽しめる。

OKINAWAフルーツランドと合わせて立ち寄れるスポット3選

  OKINAWAフルーツランドから近場にあるおすすめ観光スポットの紹介

  • やんばるのいいとこ、ぎゅぎゅっといっぱい!
  • 様々な鳥とふれあうことができ、子どもは大喜び
  • 古宇利大橋から眺める海の風景は、沖縄でも指折りの美しさ
おすすめポイント
  道の駅許田は、全国道の駅ランキングで1位になるほど人気の道の駅。沖縄県の北部の名産品が一堂にそろう。ネオパークオキナワはたくさんの動物と直接触れ合える自然動物園。県内の子どもたちにも人気のテーマパークだ。古宇利島は、古宇利大橋で沖縄本島とつながる離島で、美しい風景が広がる。

本島北部のホテル探しなら「宿くらべ」

  • 恩納村で朝食が人気!ホテル4選
  • 恩納村のお手頃リゾートホテル3選
  • 大人数で泊まれる恩納村のホテル3選
編集部の視点
  沖縄のいい宿研究会が厳選した本島北部周辺のホテルを目的別にご紹介。お得に楽しくホテルを選んで沖縄を旅するヒントがたっぷり詰まっています。自分好みのプランがきっと見つかるはず。
⇒「宿くらべ」をもっと見る

もっと沖縄を身近に。沖縄旅行の新しいスタイル“沖縄民泊”

OKINAWAフルーツらんどの交通アクセス・施設情報

  名護市と本部町を結ぶ県道84号沿いにあるOKINAWAフルーツらんど。周辺には八重岳やナゴパイナップルパーク、森のガラス館などがあり、美ら海水族館へも約15キロ、車で30分圏内という好立地だ。

車でのアクセス

  那覇空港から国道58号北向け、県道84号を経由して約80キロ、1時間40分。沖縄自動車道利用の場合は終点・許田ICを出て国道58号へ合流。約1時間20分。

さらに詳しく知る⇒ 那覇空港からOKINAWAフルーツらんどの距離と所要時間の目安

施設情報

  【住所】
名護市字為又1220-71
【電話番号】
0980-52-1568
【営業時間】
9時~18時(安里家ダイニング&キッチンの営業時間も同じ。ランチバイキングは11時~15時)
※最終入園 17時30分
【定休日】
年中無休
【利用料金】
大人1000円(高校生以上)
小人500円(4歳以上)
【駐車場】
あり(無料)
【URL】
http://www.okinawa-fruitsland.com
【備考】
身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保険福祉手帳の交付を受けている方は入園料が半額。


********************************************************
OKINAWAフルーツらんどをはじめ、沖縄の人気観光施設を格安で巡れる割引チケット!
9つの観光施設の入場が丸ごとセットで、通常7330円が2500円に!
詳しくはこちら⇒ OKINAWA丸ごとポン
********************************************************

OKINAWAフルーツらんどの達人が答えるQ&A

Q パインの食べ放題があると聞いたのですが、どこで食べられますか?
A ショッピングゾーンにて年中実施しています。
Q 赤ちゃんのオムツ替えスペースはありますか?
A ショッピングゾーン内トイレ横にベビーベッドを設置してあります。
Q 鳥の餌を購入したのですが鳥が食べてくれません。どうすればよいでしょうか?
A 鳥たちがお腹いっぱいで餌に集まらない場合があります。時間をおいてからもう一度お試し下さい。時間の都合などで再度お試しいただけない場合は餌代を返金致します。
沖縄をお得に楽しむコツ教えます!―観光施設を格安で巡る―

OKINAWAフルーツらんど

  OKINAWAフルーツらんどをはじめとして、沖縄の歴史や文化、自然を体験できる観光施設が格安で遊べる"OKINAWA丸ごとポン"は、9つの施設の合計入場料が通常7330円のところ2500円で遊べる、便利でお得なクーポン。
 沖縄旅行のプランを立てるなら、まずチェックしておきたい。
 
⇒ "丸ごとポン"が使える観光施設、購入方法はこちら

沖縄のホテル特集 最安値プラン!公式サイトからのご予約がお得

いざないの一枚

その他の達人指南を見る

入り口には大きなパイナップル。いざパイナップル尽くしの園内へ

ナゴパイナップルパーク 名護の人気観光地
沖縄県北部・名護市内の高台にあるナゴパイナップルパーク。青い空の下、パイナップルの畑を眺めて散策ができたり、試食ができたり、土産物を選んだりと楽しい時間が過ごせ・・・

様々な鳥とふれあうことができ、子どもは大喜び

「ネオパークオキナワ」人気の自然動植物公園の魅力
本島北部の名護市にあるネオパークオキナワ。広大な敷地に放し飼いにされた動物たちとのふれあいが人気の自然動植物公園の魅力を、達人目線で一挙紹介。

沖縄本島から車で行ける近さながら、とびきり美しい海が広がる

「瀬底島」車で日帰りできる美しき離島
沖縄本島北部、本部半島と橋でつながり、車で気軽に立ち寄れる瀬底島(せそこじま)。この島には小さい中にも、沖縄の歴史と離島の魅力が詰まっている。

世界最大級の水槽「黒潮の海」は必見!

沖縄美ら海水族館の楽しみ方を徹底ガイド
沖縄の人気スポットである「沖縄美ら海水族館」は、ジンベエザメやマンタが悠々と泳ぐ、超ビッグスケールの水族館だ。開館13年を迎え、展示内容がますます充実した水族館・・・

迷路のような並木道は、散策するにピッタリの場所だ

「備瀬のフクギ並木」緑のトンネルを歩く癒しスポット
美ら海水族館のすぐ近く、およそ2万本ものフクギが立ち並ぶ、備瀬(びせ)のフクギ並木。差し込む陽射しや揺れる木の葉がきらめき、木々の間を歩いているだけで、心が癒さ・・・

古宇利大橋から眺める海の風景は、沖縄でも指折りの美しさ

沖縄本島北部にある「古宇利島」古宇利大橋で行く絶景スポット
沖縄本島の中でも特に海が美しい北部エリア。その中でも今帰仁村にある古宇利島には澄みわたる海が広がり、透明度もピカイチだ。さらにその海の上に延びる古宇利大橋は、絶・・・

今帰仁城跡の平郎門(へいろうもん)。カンヒザクラが美しく咲く

世界遺産・今帰仁城 英雄伝説の残る絶景
首里城に匹敵する敷地面積を誇る今帰仁城跡(なきじんじょうあと)。北山王(ほくざんおう)の居城として高台に築かれ、広さは4ヘクタール。万里の長城のように堅牢な造り・・・

やんばるのいいとこ、ぎゅぎゅっといっぱい!

「道の駅許田」人気の道の駅全国1位が進化
やんばる(沖縄本島北部エリアのこと)の名護市にある道の駅許田。やんばるの良さが詰まった定番の観光スポットだが、最近さらに進化を遂げてますます注目を集めている。果・・・

北部にはきれいなビーチが目白押し(万座ビーチ)

沖縄本島北部のビーチならココがおすすめ
沖縄本島の北部は「ヤンバル」とも言われ、自然豊かな地域として近年人気が高まっている。北部ビーチの魅力は東と西で大違い。ヤンバルの自然に抱かれたような東のビーチと・・・