沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. たびらい
  2. 観光情報
  3. 沖縄観光情報
  4. OKINAWAフルーツらんど 子どもが笑顔になるフルーツ王国へ
OKINAWAフルーツらんど 子どもが笑顔になるフルーツ王国への記事イメージ

OKINAWAフルーツらんど
子どもが笑顔になるフルーツ王国へ

沖縄本島北部の名護市にある人気施設「OKINAWAフルーツらんど」には、子どもが笑顔になるフルーツにまつわる仕掛けや謎解きがたくさん! いざフルーツの王国へ冒険に出掛けよう。

更新:2017年9月29日

[タイアップ]

子どもが大はしゃぎ! トロピカル王国物語の記事イメージ

子どもが大はしゃぎ!
トロピカル王国物語

フルーツへの関心や知識を広げてもらうため、園内にはフルーツにまつわるさまざまな謎解きや仕掛けが施されています。

OKINAWAフルーツらんどの記事イメージ
園内に散りばめられたスタンプを集めて物語を進めていきます。
OKINAWAフルーツらんどの記事イメージ
フルーツに関するクイズがあり、正解するとスタンプがもらえます。
OKINAWAフルーツらんどの記事イメージ
夢中でスタンプを集める子どもの顔には満面の笑みが。
OKINAWAフルーツらんどの記事イメージ
クイズだけでなく、ボタンを押して謎解きをクリアする場所。
OKINAWAフルーツらんどの記事イメージ
ヒモを引っ張ると、答えが導き出されるなど、工夫がたくさん。
OKINAWAフルーツらんどの記事イメージ
バードゾーンでは、ゴシキセイガイインコとご対面。
OKINAWAフルーツらんどの記事イメージ
園内にはヤギがいて、エサやり体験もできますよ。
OKINAWAフルーツらんどの記事イメージ
たくさんの仕掛けや動物との触れ合いがあり、子どものテンションも最高潮に。
OKINAWAフルーツらんどの記事イメージ
謎解きを最後までクリアすると、かわいらしい手作りのストラップがもらえます。
OKINAWAフルーツらんどの記事イメージ
OKINAWAフルーツらんどの記事イメージ

スタンプラリーや動物たちとの触れ合い、数々の仕掛けなど、 OKINAWAフルーツらんどには、子どもが笑顔になれる工夫がたくさんあります。すべてフルーツに関するクイズや謎解きなので、小さな子どもから大人まで、楽しみながらフルーツの知識を得ることができますよ。

OKINAWAフルーツらんど

【住所】名護市字為又1220-71
【営業時間】9時~18時 ※最終入園 17時30分
【定休日】年中無休
【利用料金】大人1000円(高校生以上)、小人500円(4歳以上)
【電話番号】0980-52-1568
南国フルーツを使用した 絶品スイーツの記事イメージ

南国フルーツを使用した
絶品スイーツ

OKINAWAフルーツらんどでは、その名の通り、南国のフルーツを使用した絶品スイーツが味わえます。

OKINAWAフルーツらんどの記事イメージ
店内には座席や子どもが遊べるキッズスペースが完備されています。
OKINAWAフルーツらんどの記事イメージ
6種類のアイスとフルーツを盛り合わせた「フルーツアドベンチャー」。
OKINAWAフルーツらんどの記事イメージ
南国フルーツとブルーシールアイスを一度に楽しめます。
OKINAWAフルーツらんどの記事イメージ
フルーツの素材を生かした「フレッシュジュース」は女性に人気です。
OKINAWAフルーツらんどの記事イメージ
季節の果実を味わいたいなら「フルーツボード」を。
OKINAWAフルーツらんどの記事イメージ
豆乳ソフトを使ったヘルシーな「そぼくな極み」もあります。

施設内にある「フルーツカフェ」では、旬なフルーツを使用した絶品スイーツが味わえます。6種類のブルーシールアイスクリームとたくさんのフルーツを盛り合わせた「フルーツアドベンチャー」はインパクト抜群。コラーゲン入りのフレッシュジュース、創業当時から続く人気の「フルーツボード」、カロリーを気にする女性におすすめしたい逸品「そぼくな極み」などがあります。

フルーツカフェ

■フルーツアドベンチャー 料金:2000円(税込)
■フレッシュジュース(各種) 料金:600円~(税込)
■フルーツボード 料金:1200円(税込)
■そぼくな極み 料金:550円(税込)

ローカル案内役
井上 滉(たびらい編集部)

浦添市出身。沖縄の海が大好きで、週末はシュノーケルを楽しむ。月に一度は県内ホテルに泊まるホテル通。

[タイアップ]

詳しく知る

OKINAWAフルーツらんどの入り口
フルーツらんどのキャラクターが出迎える正面ゲート

OKINAWAフルーツらんどとは?

OKINAWAフルーツらんどは本島北部の名護市にあり、雨の日でも楽しめる人気の観光スポット。年間40万人の来場者数を誇ります。中山パイン園を母体とし、海洋博をきっかけに土産店としてスタートしたのが原点。以降、時代とともに変化を続け、ショッピングや食事だけでなく、熱帯のフルーツや鳥たちと触れ合える全天候型亜熱帯体験施設として人気を博してきました。そのOKINAWAフルーツらんどが平成25年(2013)、創業40周年を記念して「施設体験型・オリジナル絵本」トロピカル王国物語をコンセプトに大幅にリニューアルしています。

トロピカル王国の探検を楽しむ親子
地図を手に、トロピカル王国の探検にスタート

「施設体験型・オリジナル絵本」トロピカル王国物語とは?

OKINAWAフルーツらんどはフルーツゾーン、蝶ゾーン、バードゾーンなどのエリアを併設したショッピング施設でした。しかし生き物であるフルーツや蝶、鳥たちのコンディションを常に最高の状態に保つことは極めて困難。時期により蝶がいなかったり、フルーツが少ないなどの不満の声を耳にしたり、さまざまなことがあったそうです。試行錯誤の末、フルーツのおいしさだけでなく、フルーツと人間にまつわる幸せの物語を伝えたい、という気持ちが湧き上がり、従来の「見て、触って、食べる」だけの施設を生まれ変わらせました。園内にはトロピカル王国物語のストーリーに沿ってさまざまな謎が仕掛けられています。地図を手に、その謎を解きながら進むうちにフルーツの秘密などを学べる、という仕組みになっています。

フルーツアドベンチャー
心ゆくまでフルーツを楽しみつくそう

フルーツらんどでフルーツを満喫

トロピカル王国物語のストーリーに沿ってフルーツゾーンを歩いたら、フルーツのおいしさも楽しみたいところ。フルーツカフェでは南国フルーツをたっぷり使ったオリジナルのスイーツが用意されているので、心ゆくまでフルーツを楽しみましょう。

レストラン安里家の内観
郷土料理を中心に提供

OKINAWAフルーツらんどで食事を楽しむ

トロピカル王国物語の体験エリアを抜けるとショップとフルーツカフェ、レストランの安里家があります。本格的な食事が楽しめる安里家は大ホール・個室、全280席の大型レストラン。地の味、今の味にこだわった郷土料理を中心に提供しています。人気は「琉球料理食べ放題」のランチバイキング。その他、ランチプレートや沖縄そばなどメニュー豊富です。フルーツらんどのレストランならではのメニューとして、トロピカルフルーツの専門家「フルーツクチュリエ」が目の前で調理するジュエリーフルーツプランなどのスイーツメニューも用意されています。施設入園料なしでレストランのみの利用も可能なので、気軽にランチや軽食に立ち寄れるのがうれしいです。

OKINAWAフルーツらんどのアクセス・施設情報

名護市と本部町を結ぶ県道84号沿いにあるOKINAWAフルーツらんど。周辺には八重岳やナゴパイナップルパーク、森のガラス館などがあり、美ら海水族館へも約15キロ、車で30分圏内という好立地です。


施設情報

【住所】名護市字為又1220-71
【電話番号(問い合わせ)】0980-52-1568
【営業時間】9時~18時(安里家ダイニング&キッチンの営業時間も同じ。
ランチバイキングは11時~15時
※最終入園 17時30分
【定休日】年中無休
【利用料金】大人1000円(高校生以上) 小人500円(4歳以上)
【駐車場】あり(無料)
【公式サイト】http://www.okinawa-fruitsland.com
【備考】身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保険福祉手帳の交付を受けている方は入園料が半額。

車(レンタカー)で

那覇空港から国道58号北向け、県道84号を経由して約80キロ、1時間40分。沖縄自動車道利用の場合は終点・許田ICを出て国道58号へ合流。約1時間20分。

OKINAWAフルーツらんどのQ&A

赤ちゃんのオムツ替えスペースはありますか?

ショッピングゾーン内トイレ横にベビーベッドを設置してあります。

鳥の餌を購入したのですが鳥が食べてくれません。どうすればよいでしょうか?

鳥たちがお腹いっぱいで餌に集まらない場合があります。時間をおいてからもう一度お試し下さい。時間の都合などで再度お試しいただけない場合は餌代を返金いたします。

沖縄観光で”役に立つ”情報100選

沖縄でローカルの魅力に触れる

この記事を見ている人におすすめホテル情報

トップに戻る

最新情報はこちらからチェック!

旬な観光情報を現地からお届け