1. 「プロ野球沖縄キャンプ」の楽しみ方

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

「プロ野球沖縄キャンプ」の楽しみ方

  毎年2月、日本のプロ野球各チームが一斉に沖縄入りします。普段は見ることのできない憧れの選手や監督の表情を間近で見ることができるのがプロ野球キャンプの魅力です。

響く打球の音と白球の軌道を目で追い、のんびり練習風景を眺める

  寒さ厳しい2月。コートが手放せない本州とは異なり、沖縄では曇天や雨の日はあるけれど、最低気温が10℃を切ることがほとんどありません。天気が良ければ20℃を超えることもあり、汗ばむ日もあるほどです。そんな中、2017年は日本のプロ野球12球団中9球団と、韓国プロ野球の6球団が沖縄県でキャンプを行いました。プロ野球キャンプのいいところは、選手を間近で見ることができ、直接声を掛けられるところです。写真撮影やサインをもらうことができ、プロ野球ファンには選手と接することができるまたとないチャンス。キャンプ場がそれほど離れていないので、ドライブをしながらキャンプ地巡りができるのも沖縄ならではのキャンプの楽しみ方です。毎年、キャンプ地を巡りながら、各チームの動向を観察している達人に、プロ野球キャンプの楽しみ方を教えてもらいました。
2018年沖縄プロ野球キャンプの日程はこちら

取材/嘉手川 学
記事更新日/2016年 12月


《この記事を読む人におすすめの情報》
2018年のプロ野球沖縄キャンプを見に行く沖縄旅行・ツアー特集はこちら

[たびらいセレクション]

沖縄プロ野球キャンプウォッチャーズ

プロ野球キャンプウォッチャーズ

沖縄プロ野球キャンプ巡りの達人
  左から生盛幸明(せいもりこうめい)さん、仲本政賢(なかもとせいけん)さん、上運天正己(かみうんてんまさみ)さん。毎年、キャンプシーズンになると県内各地のキャンプ地を巡り、チームの練習内容をチェックして、練習風景からチームの力量を勝手に分析。上運天さんは、学童野球の「内間ベアーズ」(浦添市)の監督を10年間務めました。生盛さんは息子が内間ベアーズで野球を始めがのがきっかけで、父兄コーチとして上運天さんをサポート。仲本さんは浦添市でスポーツ用品店を経営。キャンプ地巡りは子どもたちにプロの技、練習方法、選手の素晴らしさを知ってもらうために通い始めたのがきっかけだといいます。

沖縄プロ野球キャンプならではの見どころ

移動中は憧れの選手に近づける貴重な時間

  プロ野球キャンプの楽しさは、シーズン中には見られない選手や監督の姿を間近で見られることです。グラウンドで練習している選手に声援を送ると気軽に手を振ってくれるし、休憩時間にはタイミングが合えばサインをしてくれることもあります。ただし、練習の妨げにならないよう心がけて選手を見守ることが大切。球場の入口には、選手の背番号が記された練習スケジュール表が張られているので、お目当ての選手の練習時間を知ることができます。「サインをもらいたい選手の背番号のTシャツやユニフォームを着ていると、選手は喜んでサインをすることが多いですよ」とコツを教えてくれたのは生盛さん。選手との接触を厳しく管理している球団でも、ファンサービスとしてサイン会を開くことがあるので、事前にホームページを確認しておきましょう。キャンプイン前の1月末には、ホテルの宴会場でファン交流会を行う球団もあるそうです。「抽選会ではサイン入りのバットやボール、グローブなどが当たり、参加者は全員球団グッズが貰えますよ」と話す仲本さん。選手とファンの距離が近く、サービス精神旺盛な選手だと、その場でファンになる人も多いといいます。懇親会への参加は、球団がキャンプを行う球場の自治体か、球団のホームページでも紹介しているのでチェックしてみましょう。

2軍選手の活躍と今後の動向も見逃せない!

2軍選手の活躍と今後の動向も見逃せない!

  沖縄でのキャンプ中、普段見ることのできない練習風景を楽しめるのはもちろんですが、チーム内での紅白戦や、沖縄でキャンプ中の他球団との練習試合も見どころのひとつです。「練習試合はレギュラーよりも1軍入りを狙う若い選手の出場機会が多く、首脳陣の目にとまるよう自分をアピールするので、選手たちは真剣」と語る達人の生盛さん。また、「オープン戦は有料だけど練習試合は無料。レギュラー選手が調整のために出ることもあり、韓国球団との試合も面白いですよ」と話してくれました。
 「2軍選手はファンが育てるもの」と語るのは仲本さん。「ボクの知り合いはドラフト5位や6位の高校卒業選手のTシャツを買い、サインと一緒に目標を書かせるんです。翌年、そのTシャツを持って、その選手に目標達成できたか聞いて『ハイ』と答えたら、新しいTシャツにまたサインと目標を書かせ、達成できなかったら『何やってるの』と説教と叱咤激励をしています。数年後、その選手が1軍に上がったときにサインをもらいに行くと、選手も喜んでくれるのがうれしんだって」と語った。仲本さんも2軍キャンプを巡り、地元出身の選手に差し入れをして「頑張れ」と励ますといいます。1軍だけでなく2軍キャンプも面白いので、ぜひ見てほしいですね。

沖縄がキャンプ地に選ばれた理由は温暖な気候

陽が射すだけで2月とは思えない陽気になる沖縄

  沖縄でプロ野球のキャンプが行われるようになったのは、今から36年前の1978年。日ハムの1軍投手陣が名護市営球場で行ったのが最初です。日ハム投手陣はランニングや投球練習など基本的な運動で体を作り、その年は、初めてシーズン順位が上位に入りました。翌年も投手陣がキャンプをするとエースの高橋直樹が20勝を挙げ、1980年も新人の木田勇投手が22勝を挙げて最多勝と新人賞を獲得し、チームは3年連続3位と好成績を残しました。1981年になると大沢啓二監督は、チーム全体のキャンプを高知県から沖縄へ変更。「このときは毎日雨ばかりで、大沢監督が『こんな雨ばかりじゃあ2度と沖縄には来たくないよなぁ』と言ったんだよね」と上運天さん。しかし、この年、念願のリーグ優勝を果たしました。それから大沢監督は気温が10℃から20℃の間が体作りにいいと知り、名護キャンプが定番になったそうです。
 その後、広島が沖縄市でキャンプを始め、中日、横浜とチームが増え、現在は9球団が沖縄キャンプを行っています。1998年からは韓国プロ野球チームが初の沖縄キャンプを開始し、今では韓国の6球団がキャンプを行っています。

球場の内外でファンを楽しませるジャイアンツキャンプ

試合前にスターティングメンバーがベンチ前でウォーミングアップ

  巨人軍の沖縄キャンプに足を運んでみると、平日にもかかわらず、大勢の人が訪れていました。さすが球界きっての人気球団! 球場横の広場では、沖縄キャンプ限定のグッズ販売や飲食店が軒を並べ、ステージでは沖縄出身のアーティストのライブや伝統芸能のエイサー、巨人軍OBによるトークショーが行われ、ファンを楽しませていました。また、キャンプ期間中、球場内の芝生で記念撮影やキャッチボール、選手のウォーミングアップが間近に見られる「朝のグラウンド体験ツアー」や、三塁側ベンチ前から選手の打撃練習が見られる「打撃練習見学ツアー」といったファンサービスも。選手たちは、練習をきっちりこなしながらファンサービスもしっかり! 巨人軍の人気の理由のひとつが、沖縄キャンプから感じられました。
 取材中、あるキャンプ場で楽しそうに練習風景を見ている女性グループに出会いました。どこから来たのか尋ねると「メンバーの住んでいる場所はバラバラだけど、毎年沖縄キャンプで落ち合っている」と話してくれました。数年前に沖縄キャンプで知り合い、同じチームのファンということで意気投合。それからは毎年、沖縄で会うようになったそうです。「選手に会えるのも楽しみだけど、みんなに会えるのもうれしい」と笑顔で答えてくれました。プロ野球キャンプをきっかけに年に一度出会う仲間がいます。これもプロ野球キャンプの楽しみ方のひとつではないでしょうか。

[たびらいセレクション]

野球がきっと、もっと好きになるキャンプ巡り

巨人、阪神、広島のキャンプ地情報

  巨人、阪神、広島のキャンプ地情報を紹介します。注目の選手に会えると大盛り上がり。

  • 阪神タイガースとLGツインズの練習試合の風景
  • コザしんきんスタジアム。広々としたバックネット
おすすめポイント
  那覇空港から車で10分と好立地にある沖縄セルラースタジアム那覇では、2011年から巨人軍のキャンプが行われています。高速道路の宜野座インターチェンジのすぐそばにあるのが阪神タイガースのキャンプ地である宜野座村野球場。緑に囲まれて遠くに本島北部の山々や見渡せる天然芝が美しい球場です。沖縄市の広島東洋カープのキャンプ地は、コザしんきんスタジアム(沖縄市野球場)。完成したばかりの新しい球場で、2014年2月22日、対阪神戦でこけら落としをしました。

中日、ヤクルト、横浜のキャンプ地情報

  中日、ヤクルト、横浜のキャンプ地情報を紹介します。どこも那覇空港から約1時間とアクセス良好。

  • 北谷公園野球場。ファンや子どもに人気の巨大ドアラがお出迎え
  • ヤクルトスワローズ。プロ野球沖縄キャンプ
  • 横浜DeNAベイスターズのキャンプ地・宜野湾市立野球場
おすすめポイント
  北谷公園球場は地元の若い人や観光客で賑わう商業地の美浜アメリカンビレッジやデポアイランドの近く。キャンプ見学後は、カフェやレストランで食事をしたり、ショッピングで沖縄土産を買うのもいいですね。浦添市民球場の敷地内には陸上競技場や体育館、近くには浦添市美術館や市民会館のてだこホールがあり、文化の香り高い場所。宜野湾市立球場の周りは住宅地と商業地が混在していて、飲食店も多いです。ランチタイムは球場を離れて近くの食堂やレストランで沖縄そばなどの地元料理を味わいたいですね。

日ハム、ロッテ、楽天のキャンプ地情報

  日ハム、ロッテ、楽天のキャンプ地情報を紹介。北部や離島にも足を延ばしてみましょう。

  • 名護市営球場。海の見える球場として人気
  • 千葉ロッテマリーンズのキャンプ地・石垣市中央運動公園野球場
  • 久米島野球場・キャンプ中は多くの島民や観光客が球場に訪れる
おすすめポイント
  今から36年前に沖縄で始めてキャンプをした日ハムファイターズのキャンプ地は、名護市営球場。海のそばにあり、絶好のロケーションが魅力です。ロッテの石垣島でのキャンプは、2007年11月 のドラフト会議で大嶺祐太投手を一位指名したのが縁で始まりました。2004年に球団ができた楽天は、久米島の熱心な誘致により翌年のキャンプから久米島キャンプをスタート。島を挙げての応援に選手も感動。球団創設9年目に日本一になり、久米島の人を歓喜させました。

沖縄のホテル探しなら「推し宿」

  • ビーチが自慢!沖縄リゾートホテル5選
  • プールがすごい!沖縄ホテル5選
  • ペットと楽しめる沖縄のホテル5選
編集部の視点
  沖縄のいい宿研究会が厳選した沖縄のホテルを目的別にご紹介。お得に楽しくホテルを選んで沖縄を旅するヒントがたっぷり詰まっています。自分好みのプランがきっと見つかるはず。
⇒「推し宿」をもっと見る

達人が答えるプロ野球キャンプQ&A

Q キャンプはいつから始まり、いつ頃までですか?
A 毎年2月1日に各球団とも一斉にキャンプインします。最終日は球団によって違いますが、早いチームでは2週間ほどで二次キャンプ地に向かいます。2月中、沖縄で練習を行う球団もあります。
Q 何球団が沖縄でキャンプをしていますか?
A 2017年はセ・リーグ6球団、パ・リーグ3球団、韓国プロ野球6球団がキャンプしました。
Q キャンプをしている球場の入場料金は?
A 無料です。
Q 雨の日も練習はやっていますか?
A 各球団とも決まった練習スケジュールがあり、雨天時は室内練習場を利用するので休養日でない限り練習をします。
Q サインはすぐもらえますか?
A 選手によりますが、タイミングとマナーさえ守っていればサインをもらうチャンスも多いです。球場には球団グッズを販売している場所があり、お目当ての選手のユニホームやTシャツを着ていくとサインがもらいやすくなりますよ。
Q 紅白試合や練習試合は有料?
A 無料です。有料の試合はオープン戦だけなので、紅白戦や練習試合は無料で試合が見られることから、野球通は練習試合の選手の動きでシーズン中の活躍を占っています。
Q おすすめのツアーはありますか?
A お得なプロ野球キャンプ観戦ツアーはこちら
各旅行会社の沖縄行きパッケージツアーを徹底比較

  たびらい沖縄は沖縄専門のツアー比較サイト。格安の沖縄ツアーを簡単検索、最安値で予約できる。
 航空券がセットになったパッケージツアーは、移動や宿泊だけでなくレンタカーやその他の遊びもまとめて予約。ダイビングや家族旅行、島巡りなど沖縄旅行の目的に応じたツアーを現地スタッフの目線で厳選し紹介する。

⇒おすすめのパッケージツアーはこちらから探す

いざないの一枚

その他の達人指南を見る

国際通りの入り口では、沖縄の守り神であるシーサーがお出迎え

国際通りを楽しむための61のスポット【2018年版】
現地の人だから知っている、国際通りの楽しみ方を紹介します。筋道を通ってみたり、沖縄の民謡や食文化に触れてみたりと、普段は見過ごしてしまいそうな隠れた所まで、役立・・・

首里城の守礼門。琉球王朝の歴史が今も息づく街

「沖縄県那覇市」すぐに役立つ!おすすめ観光スポット情報
沖縄の中心地・那覇市。都市化が進む一方で、昔ながらの建物が残り、沖縄の文化や伝統に触れられるイベントが充実しており、観光の拠点にもぴったりな場所です。世界遺産・・・・

浦添大公園からの市街の眺め

浦添市を楽しむ! おすすめ観光情報
那覇市に隣接する浦添市(うらそえし)は、アクセス抜群で見どころ満載。おしゃれなカフェや、琉球の歴史に触れる史跡など、浦添市の魅力を紹介します。

お洒落な家具屋が立ち並ぶ「家具屋通り」

宜野湾市を満喫! おすすめ観光情報
お洒落な家具やカフェ、美しいビーチに、県内有数のイベントまで。魅力満載の宜野湾市の楽しみ方を紹介します。

リゾートタウンらしく、何気ない日常に海のある風景が溶け込む

「北谷町」訪れるだけでワクワクするおすすめ観光スポット
外国人居住者が多く、まるで海外リゾート。ビーチはもちろん、ショッピング、グルメ、そしてマリンと1日中遊べる北谷町(ちゃたんちょう)の魅力に迫ります。

沖縄市は伝統芸能エイサーが盛んな地域

沖縄市(コザ)を楽しむ おすすめ観光情報
沖縄文化とアメリカ文化がチャンプルー(混ぜこぜ)された沖縄市。街にはロックから沖縄民謡などの音楽があふれ、夏にはエイサーの音が鳴り響きます。異国情緒ただよう沖縄・・・

なんぐすく(名護城跡)から一望する名護市内と西海岸

名護市を楽しむ! おすすめ観光情報
沖縄自動車道を北に走り、最終地点の許田ICを下りると名護市に到着します。「やんばる(山原)」と呼ばれる沖縄本島最北部の玄関口といわれる名護市は、東西を囲むように・・・

波も穏やかで透明度も高い人気スポットの漢那(かんな)ビーチ

宜野座村を楽しむ!おすすめ観光情報
沖縄本島の中央に位置する宜野座村(ぎのざそん)は、美しいコバルトブルーの海と緑豊かな山々に囲まれた自然の宝庫。集落には沖縄の原風景を思わせる瓦屋根の古民家もちら・・・

送迎船で久米島から約20分のハテの浜

久米島は「はての浜」以外も楽しい ホタルに森散策
那覇からも気軽に行ける離島として人気がある久米島(くめじま)の情報をお届け。絶景の「はての浜」の行き方や楽しみ方だけでなく、その他の魅力的な観光スポットを一挙に・・・
×